【続】関東以北のブッポソウは絶滅?

先日、以下のような記事を書いた。

関東以北のブッポソウは絶滅?(2018.06.11)

その中に「きっと、きっと細々とどこかに来てるのではないかな。」と書いたので、その後、ネットの情報を探したり、いるんじゃないかとそれっぽい現地調査をしてみた。

その結果?、感想は?、東北(関東以北)にもいることはいるらしい。が、が、岡山・広島のように里山で繁殖、ダムの橋の欄干、巣箱では繁殖はしないっぽい。そもそも、いないので巣箱自体ないけどね。

たぶん、東北ではブナ等の大木がある深い森、そこに出来た樹洞で繁殖しているので、なかなか目につかないんだと思う。が、採餌はダム等がある鉄塔に止まってってがあるっぽいので、ブナの森がある深い森のダムで1日粘れば出逢える可能性があるんじゃないかと思う。

スポンサーサイト

2018.06.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

繰り返される保護という名のツバメのヒナの拉致

2018/06/21 ツバメ

我が家近くの地下鉄駅周辺では、毎季、数ヶ所でツバメが子育てをする。今季も何度か観察に行ったが、残念ながら一番の場所は以下に書いたようにダメっぽい。

カラス蹴りで壊れたツバメの巣?(2018.06.08)

今晩も見に行ったらペデストリアンデッキの下はカラスが入り込まないらしく、今のところ子育て中一ヶ所、抱卵中と思われるとこが一ヶ所あった。

毎季、バイク駐輪所でも子育てするので見に行って係りの方の聞いてみたら、駐輪所ではなしで前述したとこだけとのこと、以下のような会話もした。

係>ヒナがいる巣、ヒナが落ちてしまったと、駐輪所利用者がもってきたことがあるんです
私>そこそこに大きければ、近くにおいてあげると親が餌を運ぶかと
係>そう思い、ダンボールを置いて、そこに放したら親が来ていたようです
係>が、翌日、そこから移動したらしく、また、ヒナが落ちてしまったと、駐輪所利用者がもってきました
係>また、同じようにダンボールに放すと、翌日、また、ヒナが落ちてしまったと、駐輪所利用者がもってきました
係>また、同じようにダンボールに放すと、その翌日は見えなくなりました
私>たぶん、巣立って移動した可能性ありますね
私>(保護という名のツバメのヒナの拉致.....)<<<<(グッと我慢........(^^;)
私>放した際、親が餌を運ぶ、そっと見守ってあげてくださいと書いてあげるとよかったかも

繰り返される保護という名のツバメのヒナの拉致、やっぱり繰り返されるんだなぁと思った。

2018.06.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

8月下になると夏鳥の移動が始まる

先日、以下のよう春の渡りの夏鳥のしんがり、オオムシクイの話題を書いた。

【続】オオムシクイの春の渡り最遅記録更新(2018.06.14)

その後も観察できたので、

[2018]
 渡りが観察できた期間:05/17~06/14
 観察できた延べ個体数:16羽



[2018]
 渡りが観察できた期間:05/17~06/18
 観察できた延べ個体数:18羽

が今日(6/29)現在の記録。

これでほぼ春の渡りの夏鳥が終わるが、8月になるともう夏鳥の移動が始めるんだった。思い立ったので、毎度の歳時記から、以下に過去の記録を拾ってみた。

■アオバズク
 [2017]08/31
■コサメビタキ
 [2017]08/21 [2006]08/31
■キビタキ
 [2017]08/22 
■ムシクイ類
 [2017]08/23 [2016]08/30 [2015]08/20 [2011]08/23 [2010]08/19
 [2009]08/24 [2008]08/19 [2005]08/29 [2004]08/16 [2003]08/27
■センダイムシクイ
 [2017]08/25 [2011]08/22 [2009]08/26 [2007]08/24 [2006]08/31
 [2004]08/16 [2003]08/28
■サンコウチョウ
 [2017]08/25 [2009]08/25 [2008]08/27 [2007]08/24 [2004]08/17
■アカショウビン
 [2015]08/20
■ホトトギス類
 [2011]08/22 [2009]08/07 [2008]08/19 [2004]08/16
■ヨタカ
 [2009]08/26
■エゾムシクイ
 [2005]08/10
■ヒタキ類
 [2003]08/27
■ツツドリ
 [2002]08/30

拾ってみて意外や意外、結構な種類がもう渡り始めるということが。ま、里山で繁殖するのも多々いるので、渡りというかやや移動を始めたのだろうが。10シーズン以上観察し、1度だけの記録はこの時期にあったというのも意外..........(@_@;)。

2018.06.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

烏鷹が小さな猛禽類狩ってた

2018/06/16 ハシブトガラスがモズを捕食

本日は本館に仙台の町中カッコウ、絶滅してなかったと書いたように、カッコウを探しをした。

カッコウ以外の鳥も観察しているとカラスが何かを食べている、ん?、残飯か?。視線を向けると、羽毛を毟っているっぽい、ん?、ん?、いったい何鳥?。

今日はいまいちの天気というのもあるビノキは持って来ず、ミラーレスで撮影し確認すると餌食になっていあのはモズ.......................( 一一).............................え!、え!、小さな猛禽類が烏鷹に刈られたのか....................(@_@;)。

通称烏鷹は、スズメ、ムクドリ、ツバメ等を狩るが、小さな猛禽類も狩るのか!、ほんとびっくりした。

2018.06.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

解散していたハクセキレイの塒

2018/06/15 ハクセキレイ

昨日の日没後、毎度の通勤都市公園を夜探、その後は以前、以下の記事で話題にした「仙台駅東口のハクセキレイの塒」を見に行ってみた。

三月下旬)ハクセキレイの塒まだ健在(2018.03.23)

ほぼ毎夕、ここは通るが塒入りここのとこは記憶にない、たぶん、日の入りが遅くなり塒入りも遅くなったのかなぁと思っていた。塒にしていた木の下には、若干糞もあったようだし。

が、結果はハクセキレイの気配はなし、解散していたっぽいハクセキレイの塒。真夏以外はずっとある、繁殖期に集まるのは非繁殖個体ではないかということらしいが、場所によるんだろうな。

非繁殖個体といえば、今季の通勤・昼休み散策の都市公園(MF)、今朝ハクセキレイの成鳥が3羽いた。過去にここでこの時期巣立ちっ子を観察したし、今季はもうあちこちで観察している。ということは、今季の今現在のMF、非繁殖個体なのかもなぁ。貼ったのは、今朝のハクセキレイのうちの1羽。

2018.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数