トンボがたくさん

本館の続き

きちゃない仙台川、生き物を探していると野鳥以外にもトンボもたくさんいた。

10/07/28 ハグロトンボ?

1番目についたのはカワトンボ系、ど★れどれさんとこに貼っているハグロトンボかな?。撮って貼ってみたが、近づけなかったので?.........(*^_^*)

10/07/28 シオカラトンボ

シオカラトンボっぽいのは、近くで撮れた。ん?、あまりにも鮮やかなような?、違うトンボかな?

10/07/28 ハクセキレイ

ハクセキレイ?、セグロセキレイ?、よくわからないセキレイの仲間の幼鳥もいた。飛び去った鳴き声はハクセキレイだった。

スポンサーサイト

2010.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

気温で盛んに鳴くセミが変わる?

本館の続き

今朝のマイフィールド散策、セミの鳴き声がニイニイゼミより昨日当地では今季初めて鳴き声を聞いたミンミンゼミが多くなった。ツクツクボウシの鳴き声もたくさん聞かれたが、なぜかアブラゼミは聞かれず。

昼休みは.........アブラゼミ>ニイニイゼミ>ツクツクボウシ>ミンミンゼミ、朝1番たくさん聞こえたミンミンゼミの声は1つだけ。

10/07/27 ミンミンゼミ

朝、昼合計するとどの種もそこそこいるはず、朝と昼で鳴き声の数が違うのは..........気温のせいのかな?。それぞれの気温を気象庁の毎正時の観測データから拾ってみると「8時:27.1度」、「12時:32.0度」。観察数から当てはめると、アブラゼミは涼し目が苦手、ミンミンゼミは暑いのが苦手......ということになるのかなぁ......(#^.^#)。貼ったのは苦手な暑さにも負けずに.......昼休み鳴いていたただ1匹のミンミンゼミ。

2010.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

トウネズミモチ?にハナムグリ

本館の続き

10/07/26 ニイニイゼミ

今朝のマイフィールド、セミのオンパレード、せっかくだからと姿を探すとニイニイゼミとヒグラシの姿を見つけた。本館にヒグラシを貼ったので、ここにはニイニイゼミを貼ってみた、いまいち光も加減はよくないけど。

10/07/26 ハナムグリ

アブラゼミ、ミンミンゼミもと探すと.....ぷ~んと濃厚な花の香りがしてきた。香りも元を探すと.......トウネズミモチのよう。これだけ強い匂いだといろんな虫が寄ってきているのでは?、とキョロキョロすると大きめのクマバチ?、マルハナバチ?っぽいのがいた。他は?....更に探すと背中の白い点々がある......ハナムグリがいた。たぶんシロテンハナムグリかな......今季しっかり甲虫を見たのは、甲虫の季節はまだ序の口?に次いでのような気がする。ようやく甲虫も最盛期になったということかな。貼ったはそのハナムグリ。

10/07/26 アブラゼミ

昼休みはアブラゼミが一気に増え......蝉時雨状態....姿も発見!、貼ったのはそのアブラゼミ。

10/07/26 カミキリ

虫網を持った子供連れがいたので.....負けじととセミの姿を探すと(本当は捕って渡してあげたかった....(*^_^*))、こげ茶色っぽい中型のカミキリがいた、ノコギリカミキリでいいかな?。カミキリは凄くたくさん種類がいるんだよね、確か。

2010.07.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

やっぱり鳴けるまで数日かかるのか

本館の続き

10/07/23 アブラゼミの抜け殻?

今朝の通勤、我が家近くの公園でアブラゼミらしき抜け殻数個を観察、またアブラゼミ自体の1匹観察し手を伸ばしたが、無言で飛ばれてしまった....♀だったのかな?。マイフィールドでも大きめの抜け殻があちこちにあった。さくっと数えてみたら4個以上はあった。抜け殻を探していると、一声鳴いてセミは1匹飛び去った、たぶん、アブラゼミの♂。以上から察すると既に複数のアブラゼミが羽化しているはずだが、鳴き声は一向に聞かれず。朝から暑いので気温のせいではない、まさか羽化は♀が早いってわけもないだろうなぁ。するやっぱり鳴けるまで数日かかるのかもねぇ.........(#^.^#)。貼ったのは複数あったの抜け殻の1つ。

10/07/23 ヒヨドリ

昼休みはセミを捕食しているヒヨドリを発見、羽が透き通っているのでヒグラシかな?と思ったが、写真判定したらなんだか緑っぽい色が見えた。もしかしてミンミンゼミだったのかな?

2010.07.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

本物のカラスの行水

本館の続き

10/07/22 カラスの行水

午後遅くベガルタ仙台の練習を見学に向かったら、シャエルコム前の池でカラス(たぶんブト)が水浴びをしたいた。デジカメを向けると1羽は気がついたらしく、カラスの行水で移動してしまった。その後もう1羽が水浴びを始めたのでシャッターを何度か切っていると....またまたカラスの行水で移動あっという間に移動してしまった。今度の原因は、大会に来ているらしい中学生が追い払ってしまったらしい。まぁ、どっちにしても本物のカラスの行水........でも「この諺」はもしかして人為的なのかも。

10/07/22 ツバメ

その後、我が家近くで先日書いたこの時期は夏ツバメを観察、同じ個体かな?

2010.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ツクツクボウシが鳴き出した

本館の続き

マイフィールドでコゲラを観察していると、すぐ近くからツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきた、「ツクツク、ボウシ」と鳴いているのか?、「ボウシ、ツクツク」と鳴いているのか、どっちが正解なのだろうか?.....(*^_^*)。ところでこのツクツクボシ、イメージは月遅れのお盆、早くとも8月になってから聞かれる遅めセミ、今季は随分早い。念のため、毎度のMFセミ歳時記から過去の情報を以下に拾ってみた。

[2010] 7/21 鳴き声(1)
[2009] 7/27 鳴き声(1)
[2008] 7/22 鳴き声(2)
[2007」 8/01 鳴き声(1)
[2006] 8/07 鳴き声(4)
[2005] 8/08 鳴き声(4)
[2004] 7/26 鳴き声(1)
[2003] 8/13 鳴き声(5)
[2002] 8/08 鳴き声
[2001] 8/10 鳴き声(2+)

10/07/21 セミの幼虫

以上の結果から随分早いは.........それほどでもないが過去10年では1番早い.....と言っても2008年に次ぐではあるが。そろそろ当地でもアブラゼミの声が聞かれるのではないか?、昨日は我が家近くの公園で初鳴きを聞いたし、姿だけでも....と丹念の探すとプラタナスと思われる木の根元にヒグラシっぽいの抜け殻発見、じっくり観察してみると.......ん?.........背中に割れ目がないぞ.....そっと触ったみたら......中身が入っている.....ということは羽化していないってこと.....(@_@;)....じゃ、これから羽化するのかな?と思ったら全く動かないのでお亡くなりになっているよう......貼ったのはその幼虫。ヒグラシかぁと思ったが、既に鳴き出したのでツクツクボウシの可能性もありかな。ネットで識別情報を探してみるとまずは全体的な色だとか、ツクツクボウシは色が薄く(ツヤがほとんどない)、ヒグラシは濃い(ツヤがある)そう.....でも中身が入っているんじゃ色では無理か。その他は「髭の第4節と第3節の差」らしい。第3節<第4節がヒグラシ、第3節>第4節がツクツクボウシらしい。

2010.07.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

この時期は夏ツバメ

10/07/20 ツバメ

7月も下旬になるとあちこちの電線でツバメを群れを見かけるようになる、たぶん同じ巣から巣立った兄弟・姉妹なんだろうなぁ、親も混じっているのかもね。この群れが夕方合体して大きな群れになると塒になるんだろうが、仙台では見たことがないなぁ....1度見てみたいなぁ。貼ったのは、今朝我が家マンションの裏の電線にいたツバメ。

2010.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

小型セミの抜け殻多数

本館の続き

10/07/20 セミの抜け殻

本館で話題にしたアブラゼミの幼虫と思われる亡骸、羽化した抜け殻のあってもいいのでは?とマイフィールド南斜面のメタセコイヤ周辺を念入りに探してみた。お!、あったぞ!.......やっぱり羽化したのがいたのね!.....が、じっくり観察してみたらなんだか小さい。やや高いところにあったので、背伸びして捕ってみたら......やっぱり小さいなぁ.....偶然その近くの泥がついたニイニイゼミの抜け殻もあったので並べてみたら一目瞭然........(*^_^*).......貼ったのはその場面、アブラゼミか!と思ったのはヒグラシの抜け殻だった模様。ここ以外でもニイニイゼミ、ヒグラシの抜け殻はあっちこっちにあった。小型セミの抜け殻多数なんだが、大型セミの抜け殻はまだっぽい......見つけられないだけだとは思うが.........(^^ゞ

2010.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

海水浴場へ注ぎ小川でガサガサ遊び

本館の続き

10/07/19 ガサガサ遊び

海水浴の合間には、子供達を連れ海へ注ぐ小川に網を振った。頭が大きいハゼ風の魚、すらっと長細いやつ、フグなども......が、動きが早くなかなか捕獲できず。それでも貼ったようにプラのケースいっぱいになった。子供達と収穫を喜んだ後は海へリリース。

2010.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

甲虫の季節はまだ序の口?

本館の続き

本日は下の子が友達家族と隣県のレジャー施設のお出掛け、そんなわけで今日も早起きして送っていった、見送った後2度寝しようかなぁと思ったが....せっかく早起きしたにだしと近くの林とダムへ生き物ウォッチングに行った。

まず最初に行ったのはとある新興住宅地にある小高い丘がある公園、ここは昨季、シラカシと思われる樹液にカナブンがぶんぶんぶんぶんいたところ。果たして成果は?、もしかしてクワガタ、カブトムシもいたらうれしぞ!

10/07/18 ヒグラシ

幹を丹念に探すと最初に目に留まったのは羽が透明なセミ......鳴かなかったが、大きさからはヒグラシだろうなぁ。今季鳴き声は何度も聞いたが、姿を確認できたのは初。

10/07/18 ニイニイゼミ

別の木ではニイニイゼミがたくさん鳴いている、今季はニイニイゼミの姿もまだ見ていない。せっかくだから出逢いたいなぁと探すといたいた......\(~o~)/.......これでセミの姿は昨日の正真正銘のアブラゼミに出逢ったに続き3種となった。

10/07/18 カナブン

期待の甲虫は発見できず、寂しいぞ......と林の中まで丹念に探すと.......いたいた......ピカピカのカナブンは1匹.......\(~o~)/......今季初物!......が、この1匹だけ......(^^ゞ....記念に写真だけ撮らせていただいた。

次はちょっと遠めにダム.......こっちは話題にするものは全くなかった.....(^_^;).....甲虫の季節はまだ序の口なのかなぁ。

2010.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

正真正銘のアブラゼミに出逢った

本館の続き

10/07/17 オオヨシキリ

泉サッカー場に出向いた後の定番となっているシェルコムの池を今日も散策、一時期大きな声で鳴いていたオオヨシキリの鳴き声は若干静かになった、きっと繁殖は終わったかほとんど終盤だからだろう。じゃ、巣立ち雛がいないかな?.....と探してみたら.......葦原の中から巣立ち雛っぽい鳴き声がする、が、姿を捉えることはできず。危険人物には姿見せたくないよね.......(^^ゞ....が、せっかくだからと葦原の端っこにいる個体を撮ってみたら.....羽毛がぽやぽや?、若干薄いよう、ということは巣立ち雛かな?

10/07/17 アブラゼミ

次は.......池の周り、シャエルコムの駐車場の樹木で......今季初のアブラゼミの姿を探してみる。ニイニイゼミの鳴き声はするが、アブラゼミは全くしない。が、羽化してすぐは鳴かない?、鳴けない?らしいので姿はあってもいいだろう。昨日の来た!、今季初のアブラゼミ....羽だけだがという出来事もあったしね。探すこと数本の幹......いたいたいた.....\(~o~)/......まずはデジカメ撮影、次に携帯電話のカメラで撮影、最後に一応捕獲もしてみるかと手を伸ばすと.......殺気を感じられ逃げられてしまった.....(^_^;)....逃げる際一声鳴いて逃げたので♂と判断。

10/07/17 アブラゼミの抜け殻

飛び去った後、もしか近くに抜け殻があるのでは?、と探してみたら一個発見.....\(~o~)/。捕り逃がしたアブラゼミの抜け殻かもね......他に個体はいなそうだったし。昨日?か一昨日?のTVのクイズ番組で「セミの寿命は1週間」というような表現を使っていたが、これは大きな誤解らしい、少なくとも一ヶ月は寿命はあるそう。なのので、このセミもそのうち他の個体や♀と出逢えるよね。

2010.07.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

来た!、今季初のアブラゼミ....羽だけだが

本館の続き

10/07/16 アブラゼミの羽

今朝のマイフィールド散策、最後に日課のつぶやきを携帯で入力しつつ、ふと足元を見ると.......茶色っぽいセミの羽がある。じっくり見てみるとアブラゼミの羽..........今季初..........\(^o^)/。鳴き声、抜け殻はまだ今季は観察できていない、もしかして昨季の???........という文字が頭を横切ったが..........真新しい羽なのでそれはないと思う。ということで今季初に.......決定!。おそらく、羽化したてをヒヨドリ等が捕食してしまった残骸ではないかと思われる。

念のため..........MFセミ歳時記を紐解いてみたら............過去の情報は以下の通り。

[2009] 7/21 抜け殻(8-)
[2008] 7/22 抜け殻(1)
[2007] 7/25 姿(1)
[2006] 8/07 鳴き声(3)
[2005] 7/29 鳴き声(1)
[2004] 7/21 鳴き声(1)
[2003] 8/4 鳴き声(1~2)
[2002] 7/29 鳴き声

以上の過去の記録と比較すると.......今季はダントツで早い.......もしかするともしかすると、他県から運ばれてきた羽?、それとも昨季のかも........とも思ってしまう..........真相は如何に?



2010.07.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

貴方はどなたのイモリン?

昨日の幾何学的な模様?の幼虫に引き続き、今日も大きな大きなイモムシが目についた。

10/07/14 イモムシ

今日のは足に毛っぽいのがある、大きさからやっぱり大きな蛾の幼虫だと思うが.......いったいどなたのイモリン(イモムシ)だろうか?。詳しいことは?だが、お尻に角みたいなのがないからスズメガの仲間ではないのかな?

2010.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

幾何学的な模様?の幼虫

10/07/12 スズメガの幼虫

昨日の昼休みの散策、おぉ!目を見張るようなイモムシくんがいた。一昔前にネクタイ等の柄で流行ったベイズリー模様のような......(*^_^*)....ついつい足を止めて撮影した。これだけ目玉模様があると.......野鳥達も怖くて捕食にやってこないかもね。さぁて、このイモムシは誰になるのか?、お尻に角みたいなのがあるからたぶんスズメガだよね。ネットで検索したらスズメガ科 幼虫など縮小画像一覧というサイトがあった。そこで見ると「セスジスズメ」っぽい。

2010.07.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

若カルガモ、子育てのヒヨドリ

本館の続き

10/07/10 カルガモ

本館に書いたチドリを観察しているとごさごそと動く鳥影が、視線を向けるとカルガモがうじゃうじゃ、大きさから巣立った小鴨というか若鴨率いるカルガモファミリー、やっぱここでも繁殖していたのね。

10/07/10 ヒヨドリ

泉サッカー場へ着くとピヨピヨとヒヨドリの声が、視線を向けると餌をくわえていた、どっかに営巣しているのだろう。そのくわえて餌をデジカメ写真判定するとニイニイゼミだったよう。貼ったのは餌を運んでいた2羽。

2010.07.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ヒグラシの抜け殻も発見

本館の続き

朝のマイフィールド散策、セミ、セミ、セミの姿、抜け殻.....と痕跡を探していたらニイニイゼミではない抜け殻を発見。

10/07/08 ヒグラシ

大きさ、体色、プロポーションより同じく最近鳴き出したヒグラシと判断。ヒグラシの記録もMFセミ歳時記にメモっているが、夕方と朝早く鳴くので記録がない年もある、そんわけで年毎の比較はできないのは残念。

2010.07.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

クモの子を散らす

本館の続き

10/07/06 クモの子

昨日の夕方マイフィールドで今季初聞きしたニイニイゼミの姿と抜け殻を探していると、ぽちぽちとした物体があちこちにあるのに気がついた。近づいてみたら......クモの子を散らすようにそのぽちぽちがぱあっと動いた。ずばり、その物体は「ように」ではなく「クモの子を散らす」そのものだった。貼ったのは散らす前のぽちぽち。

2010.07.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | むし

ナツアカネ?、それともアキアカネ?

本館の続き

10/07/05 アカネ

今季初のマメコガネにややテンションがあがり.....(#^.^#)......ニイニイゼミはまだだけどカマキリは?.........とそのポイントへ行くと、羽に帯があるノシメトンボではない、羽に帯がない赤トンボ類に出逢った。貼ったのはその赤トンボ。この手は確か..........ナツアカネ、アキアカネ、それから他にも○○アカネというのがいたはず。識別は胸の縦斑のはず、従って捕獲せねば識別不可.....^^;。たぶん、ナツアカネかアキアカネのどっちかなんだろうなぁ。

2010.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

濃さは違うがそっくりな親子

本館の続き

10/07/04 セグロセキレイその1

日本野鳥の会宮城の青葉山探鳥会、五色沼を後にし広瀬川に向かう。大橋の上から眼下の水面を覗くとセグロセキレイがいた、行動を見ていると体を水面に映し.....「私、綺麗?」とでも独り言を言っているように見えた.....(*^_^*)

10/07/04 セグロセキレイその2

他の野鳥も探していると.....色が淡いセキレイもやってきた。ハクセキレイ?、セグロセキレイの巣立ち雛?、行動を観察すると、先のセグロに寄り添っていき、餌をねだるような行動も。ということはセグロセキレイの巣立ち雛だね。よく体色等を観察するとハクセキレイとは全然違う、色が黒が灰色濃さが違うがそっくりな親子だよね。

2010.07.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

スズメもベガルタ仙台の練習を見学

本館の続き

10/07/03 スズメ

本日午前中はベガルタ仙台の練習を見学にいった、練習場は郊外にあり、後背林もある、そんなわけで見学中野鳥の声がよく聞かれる。また、練習場の芝上ではハクセキレイ、セグロセキレイなども見かけたことがある。芝というと、病気にならないよう、虫が付かないよう薬剤を撒いているのではと思っていたが、野鳥が降り立つこともあるのでそうでもないのかな?。今日は芝生にスズメが降りていた、せっかくだからとスズメを入れて撮ってみた、スズメは左隅にちっちゃくちっちゃく写った。スズメもベガルタ仙台の練習を見学に来たんだよね............(*^_^*)...........なんちゃって.......(^_^;)

2010.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

巣立った方々がいっぱい

本館の続き

10/07/01 トビ

一昨日本館に若トビが独り立ちかと話題にした同じ場所の今朝もトビがいた。たぶん、同じ若いトビだろうと思う。貼った写真、見返りトビで........イヌワシ風に見えるような気が......気のせいかな.....(#^.^#)

10/07/01 ハクセキレイ

野外音楽堂付近ではチチチチとハクセキレイの巣立ち雛がいた、もしかするとトイレか音楽堂の屋根の上で繁殖したのかもしてない。どっちも登って確認するわけいかないからなぁ.......残念だが。

10/07/01 ツバメ

昼休みの散策が終わり帰ろうと思ったら電線に巣立ちツバメっ子が複数いた、どっかの人家の軒先で繁殖したのだろう。数年前までは、東側にあった下町風の人家の軒先で巣を見かけたが、今は再開発で見る影もない。でもどっかで繁殖したんだね、よかったよかった。

巣立った方々がいっぱいの日だった。

2010.07.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数