キジバトの七変化

本館の続き

10/08/28 キジバトその1

生き物ウォッチングしていたら..............キジバトが倒れていた......この酷暑で倒れてしまったのかなぁ........^^;......というのは嘘で..........真相は自分で体を捻って万歳をしていたのだ......(*^_^*)。どっか痛くて体を捻って苦しがっていた..........わけではなく、羽の裏を太陽に向けていたので、たぶん、羽の裏の虫干しをしていたのだろうと思う。

10/08/28 キジバトその2

次は顔ぶるぶるキジバト、公園の人工の小川の岸で水飲みをしていたと思って撮ったら、こんなのが写った。もしかして顔が濡れて....顔をぶるぶるしていたのかな?。それとも単なる目を瞑っただけ?

10/08/28 キジバトその3

最後は羽の表を虫干ししていた場面、こっちを気にしつつではあるが、伸び伸びと羽を広げていた。

スポンサーサイト

2010.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

忍者じゃなく耐者ヒヨドリかも

本館の続き

10/08/27 ヒヨドリ

先日忍者ヒヨドリと書いたが、その後も出逢えたり出逢えなかったり、出逢えても1,2羽と少ない。今日は朝は出逢えず、昼休みに追加で出逢えた。よくよく観察してみると、ここ最近出逢えているのは頭がぼさぼさというか薄い個体。ぱっと見、この夏は酷暑でやつれてしまったように燃えるが、複数個体いるのでおそらくそうではなく、今季巣立った個体のよう。ということは、忍者みたいなヒヨドリではなく.........自分で餌を撮る修行に耐えている「忍耐ヒヨドリ」......むりやり「忍者ヒヨドリ」に当てはめるなら「耐者ヒヨドリ」かな........(^^ゞ

2010.08.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'10道東生き物ウォッチング紀行おまけ

'10道東生き物ウォッチング紀行その3の続き

旅行中、携帯を使ってまぐぴ (magpie_sendai) on Twitterでつぶやいたので、おまけで書こうと思う。

10/08/08 キリンガラナ

その昔は仙台から道東の直行便は、毎日ではなかったが釧路と女満別にあった。その搭乗率が悪く夏季限定になり、とうとう廃止路線になってしまった。そんなわけで、最近は千歳経由となった。その千歳で乗り換えの際見つけた「キリンガラナ」、北海道限定と書いてあるのでついつい買って飲んでみた。感想はドデカミンみたいな味、それ系が好きな下の子どもには好評だった。コンビニ弁当でも地域性を感じるものがいいなぁと思ったら、帯広?虫類?辺りの名物の「豚丼」があった。迷わず、それにした。

10/08/08 豚丼

初日は午後遅目に釧路着、更に夕方はトワイライトカヌーツアーを体験したので夕食はコンビニとなった...(*^_^*)。コンビニといったら、本州ではローソン、ファミマ、セブン、サンクス、ミニストップがメジャーだが、道東ではセイコーマートが幅を利かせていた。後日調べてみたら、本社は札幌で店舗は北海道がほとんどで、道外は、茨城、埼玉だけらしい。

10/08/09 昆布ソフトクリーム

旅行2日目、羅臼の道の駅に立ち寄ったら「昆布ソフトクリーム」が売られていた、地域性があるということでやや迷ったものの食べてみた。ソフトクリーム自体が昆布が含まれているのではなく、通常のソフトクリームに昆布のフリカケ(粉末)が掛けてあり、スプーンが昆布というもの。ソフトクリームの甘さと、昆布のしょっぱさ(特にスプーン)がなかなかマッチしていた。

10/08/09 エゾシカバーガーの店

屈斜路湖から羅臼へ向かう途中「エゾシカバーガーの店」という看板が目についた、が、「羅臼のホエールウォッチング(知床ネイチャークルーズ)」へ向かう途中で急いでいたため見過ごした。が、どうしても気になり、ネイチャークルーズが終わった後に戻って、エゾシカバーガーを買って食べた。獣=家畜より臭いがイメージだったが、食してみてそんなことは全然なく、なかなか美味しかった。これから道東へ行かれる方へはお勧め。え!、貴重な野生のエゾシカを食べるの?と思う方々もいると思うが、その1に書いた釧路湿原のトワイライトカヌーツアーのインストラクターによると、エゾシカが大幅に増え農作物への被害がたくさん出て、駆除もたくさん行われその肉も活用されているとのことだった。

10/08/10 硫黄山温泉卵

旅行3日目、硫黄山へ行ってみたら温泉卵が売られていたので買って食べた。感想は「え!......ただのゆで卵じゃん!...(@_@;)」.....温泉卵といったら半熟とずっと思っていたが........どうもい「福島飯坂温泉の半熟温泉卵」のイメージが強すぎそう刷り込まれてしまっていた模様.....(^^ゞ....我が家の温泉卵作り器も「半熟」というような表現があったような気がするが.....(#^.^#)。ん?、ネットで検索すると半熟は温泉卵ってな記述もたくさんある、果たしてどっちが本家、元祖?。貼ったのは、硫黄山の温泉卵を作っている風景。

10/08/10 タンチョウソフトクリーム

旅行最終日は雨模様で......早々と釧路湿原に下りてその周辺を観光。釧路市湿原展望台へ行くと、タンチョウソフトクリームというのが売られていた。もちろん買って食べた、そういえば....道東に来て.....何回ソフトクリーム食べたかな?....(#^.^#)。どこがタンチョウなのか?と思ったら、ソフトが体全体、頭部の赤はイチゴ、羽はビスケットでタンチョウをお目ー時していた。

10/08/10 北海道の獣の缶詰

今回の旅行の最後は釧路フィッシャーマンズワーフMOOで買い物三昧。買いはしなかったが、目についたのが獣肉の缶詰。全て大和煮だが、エゾシカ、トド、アザラシ、クマがあった。ん?、まさか全て道産じゃないよね?、と缶詰の裏等を確認したら、エゾシカと(確か)トドは道産と書いてあり、他は原産地は書かれていないようだった。いくらヒグマの被害があるっていっても、食用にするほど駆除はしていないはずだしね。

2010.08.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | その他の生き物等

'10道東生き物ウォッチング紀行その3

'10道東生き物ウォッチング紀行その2の続き

道東3日目、第一の目的の羅臼ホエールウォッチングを果たしたので、今日はどこいこうか検討。妥当なところは知床観光船か知床五湖かと思ったが、前者は昨日飽きるほど船に乗ったし、後者はただ歩くだけ、これでは子どもが飽きるだろうなぁということで滝上りできる「カムイワッカ湯の滝」に行くことにした。

10/08/10 カムイワッカ湯滝その1

ここは何年か前にも行ったことあり、その時は車がたくさんいて滝登りする人多数で見ただけだった。ここ最近は自然遺産になった関係で確かシャトルバスでしか行けなくなっていたはず、調べてみるとやっぱりそうだった。シャトルバスで別料金....レンタカーがあるからこれは予想外の出費だが、いざ行こうといった以上引っ込みつかず、そんなわけでレンタカーで「知床自然センター」まで行き、そこからシャトルバスでいざカムイワッカ湯の滝へ。不便なためか数年前に来た時よりも人出が少ない、到着後いざ滝上り.......(*^_^*).....残念ながら落石の危険がありといういうこで一の滝までしか行けなかったが、家族皆それぞれ満足。

10/08/10 カムイワッカ湯滝その2

もしかしたらレンタカーにカーナビなかったらというために持ってきた、ポータブルナビでカムイワッカの位置を確認。

10/08/10 メロディロード

知床を後にした後は野付半島へ向かった、目的は別海町観光船、その船に乗ってゴマフアザラシに出逢うこと。そこへ向かって車を走っている中、ガイドブックを見たら「メロディロード」という文字を見つけた。こりゃせっかくだから行って見なきゃ....というこで案内板を探し向かった。が、が、案内板に従ったのに...........どこにもない.......(^^ゞ......運よく後続車が来たので聞いてみたら......同じ目的で来たが同じく見つからないのだという......(・_・;).....散々探しうようやく発見........\(~o~)/。時速60kmで走ると知床旅情が聞こえる「メロディロード」だった。私と家人は口ずさめたが、歌自体を知らない下の子は(?_?)(?_?)......(^^ゞ。

10/08/10 野付半島のタンチョウ

メロディロード探索で時間をロスしたものの、無事野付半島のトドワラに到着。いざ、別海町観光船へと思ったら、もう最終船の乗船に間に合わないとのこと......ありゃ.......メロディロードで時間をロスしたせいかも.....と思ったら、そもそも片道っての乗船ってのは無理で......別海町側から乗船し、往復じゃないと足の確保が無理ってことに後から気がついた、下調べ不足ってことね。とはいうものの、野付半島に干潟ではタンチョウを近場でじっくり観察することができた。

10/08/10 屈斜路湖のミンク

今日最終の目的は「屈斜路湖畔の温泉 砂湯」、暗くなる前に着きたいなぁと車を飛ばすとそこそこの時間に到着、砂湯と店じまいを始めたボートを無理いって乗せてもらった...(*^_^*)。約30分m、自転車を漕ぐように船を漕ぎ....屈斜路湖を堪能、そろそろ時間だなぁと戻ってくると桟橋に何か獣がいる。ん?、イタチ?、テン?、ミンク?、イイズナ?、オコジョ?......私の見立てはミンク.....下船後にボートの係員に聞くと「ミンクはいない、たぶんテンでは」ということだったが、粘って撮影した結果等によりミンクと識別。ここを後に、最終の宿泊地川湯観光ホテルにあった写真にも、見た&貼った写真と同じのがミンクというのがあったしね。

10/08/11 帰路のナビ

最終日の川湯温泉は朝から濃霧、硫黄山へ行く温泉卵を食べ..........その後摩周湖に行ったが濃霧で何も見えず.........そんなわけでいたし方なく釧路へ降り、釧路市湿原展望台、釧路湿原野生生物保護センターに行き、最後はフィッシャーマンズワーフMOOへ行った。帰路、離陸後利用可能のポータブルナビで位置等を確認、へぇ~ちゃんと位置確認できるんだね.........こうじゃなきゃ困るけど....(^^ゞ.....時速はなんと710km......ここまで表示されたのは少々驚き。

残念ながら最終日は雨模様で.....野生の生き物ウォッチング出来なかったが、それ以外の日はまずまず....いや最高の「道東生き物ウォッチング」だった。

おまけへ続く

2010.08.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

'10道東生き物ウォッチング紀行その2

'10道東生き物ウォッチング紀行その1の続き

10/08/09 知床ネイチャークルーズ

今回の第一の目的は、数年に果たせなかった羅臼のホエールウォッチング(知床ネイチャークルーズ)、前回は2日予定したが何れも悪天候で欠航で涙を呑んだ。今回も予約は旅行の3日目(8/10)で予備日(8/11)としたが、旅行前からいまいちの天気予報。こりゃ天気次第で早めに行動がいいかもと思っていたら、予定の前日(8/9)の朝まずまずの天気。こりゃ........急遽行こうと思い立ち、電話で予約後屈斜路湖から羅臼に向かった。いやぁ屈斜路湖から羅臼までは遠いのなんのって、が、流石北海道、渋滞というか車がほとんどいなく予定より随分早く着いた。貼ったのは、羅臼道の駅裏の知床ネイチャークルーズの事務所。

予想より随分早くついたので、下の子と海辺でキャッチボール........え!........なんで旅行地でと思うが、下の子が最近野球に凝っていて.......自分の荷物に私の分も含めグローブを2つ持ってきたとか.....(*^_^*)

10/08/09 マッコウクジラその1

今回はまず無事に出航......\(~o~)/....が、が、目的のクジラ(この時期はマッコウクジラ)になかなか出逢えず。その状態が1時間弱.....こりゃ今回は出航はしたが出逢えずかなと思っていたら.....噴気が見えましたという声が....が、が、地平線のかなた......それもツチクジラだとか.....これじゃ納得いかん!.......と若干ネガティブになってきたら....おぉ!おぉ!....突然船の脇にマッコウクジラが浮上.....我々ウォッチャーもびっくりしたが、クジラもびっくりしただろうなぁ.....(*^_^*)....その後は堰を切ったようにあっちこっちにマッコウクジラ.......\(~o~)/。

10/08/09 マッコウクジラその2

噴気は複数、尾びれを上にしつつ潜水する姿も何度も観察...........撮影することはできなかったが........芳情に満足いく結果だった。

10/08/09 知床ネイチャークルーズ船

その後イシイルカも複数観察、が、イシイルカはほとんど水面に顔を出さないということで撮影できず。貼ったのは乗船した船。

10/08/09 エゾシカ

下船後は知床峠を越えて、本日の宿知床PH風なみ季へ向かった。途中には...エゾシカがうじゃうじゃ......(^^ゞ.....道路の脇に全く警戒心なしで草を食べていた。

旅行前、またカヌーのインストラクターに、ここ最近道東では非常にエゾシカが増えたと来ていたが、ここまで増えているというのが意外だった。何年か前に来たときは、こんなに頻繁に出逢うことはなかったので。

その3へ続く

2010.08.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

'10道東生き物ウォッチング紀行その1

この夏は3泊4日(8/8-11)で道東に家族旅行に行った、目的は北海道の大自然と生き物ウォッチング。

10/08/08 細岡展望台

初日は午後遅めに釧路着ではあったが、それだけではもったいないと思い何かないかいろいろと探したところ、日の入り2時間前に出発する釧路湿原のトワイライトカヌーツアーというのを見つけたのでそれを体験した。コースは「くしろ湿原ノロッコ号」が走る釧網本線の細岡駅前集合で細岡カヌーポートより釧路川へ出て岩保木水門まで。早めに着いたので細岡展望台に行った、貼ったのはその風景。ここの展望台ではアオバトの鳴き声、遥か遠くの湿原のタンチョウの姿が見えた。

10/08/21 エゾシカ

そろそろトワイライトカヌーの集合時間になりそう、ということで向かうとエゾシカの姿を観察、おぉ!こりゃいいぞ!、とレンタカーを止めて撮影。

10/08/08 キタキツネ

メールでのやり取りだけだったが、無事トワイライトカヌーの方と集合場所で出逢え、いざカヌーの出発地点へ。ところが後を追う途中の道路にキタキツネの姿が.......ちょっとだけ遅れて観察&撮影、撮影したのは助手席に乗っていた下の子が撮ったもの。

10/08/08 オジロワシ

いざカヌー出発、カヌーを漕ぎながらエゾシカ、アオサギ、カワセミ、ヤマセミ、ベニマシコ、オジロワシなどが観察できた。ヤマセミを被り、オジロワシはなんと通常では考えられないほどの至近距離で観察することができた。


宿泊は屈斜路プリンスホテル、着いてから気が付いたのだがナイトハイクというツアー、事前に知っていたら申込んだのになぁと思ったが生憎雨ザーザーだったけどね。

その2へ続く

2010.08.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

シカの角拾いの夢は......

先日のエゾシカの角拾いに行きたいの続き

10/8/18 エゾシカの角

いろいろ調べた結果、近いうち牡鹿半島先の金華山へいけばエゾシカではないがホンシュウシカなら角が拾えそうそうなことがわかった。近いうちに行く気ばりばりで........拾える時期の春先前に一度行ってみようと考えていた。下の子は若干熱が冷めてしまったようではあったが、釣りもできるぞと誘えばきっと行くだろうとも思いつつ。

が、が、なんと水曜に............我が家にエゾシカの角がやってきてしまった......^^;.....なんでもシカの角を拾いたいと聞いた家人が......職場で話したとかで、職場の方が趣味で北海道でへシカ狩りに行く方からもらったものをいただいてきたという。おぉ!......拾いに行かなくても我が家に角が来た!.......と下の子が喜んだが.......正直私は拾いに行きたかった.....(^_^;).....物が手に入ればいいんじゃなくて、手に入れる過程も結構楽しみだったのに..........(^_^;).....口が裂けても直接家人にはいえないけどね.....(*^_^*)。そんなわけで、下の子の拾いに行く熱はすっかり冷め切ってしまった模様。

2010.08.20 | | Comments(0) | Trackback(0) |

忍者虫 vs 忍者鳥

本館の続き

10/08/20 スズメ

セミを探すヒヨドリ忍者みたいだよなぁと本館で話題にしたが、虫だって負けてはいない、特にイモムシ系はなかなか見つけることができない。虫だって忍者みたいなもんだよなぁ....と思っていたら、スズメがイモムシを捕食していた。忍者虫 vs 忍者鳥.............勝敗は忍者鳥だった。

2010.08.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台は記録的な猛暑

仙台 2009/2010年8月

今年の夏は日本全国........猛暑.......在住の仙台も同じで毎日毎日暑い。どれだけ暑いか.......気象庁のサイトから仙台2009年8月仙台2010年8月を昨日現在まで参照し切り貼りしてみた。

左側は2009、右側が今年(2010)、真夏日を赤で印をつけてみたら.....猛暑が一目瞭然、昨年はたったの1日、今年は逆に真夏日じゃなかったのがたったの1日。

関東以南の方々には笑われるかもしれないが..........仙台在住者にとっては耐えられないほど暑い夏、真夏日に比例して.........熱帯夜も目白押し。平年並みであれば、冷房はほとんど使わないのでエアコンがない家も多かったはず。きっと、今季買ったお宅多いかもね.....^^;

昨年までは実家の山形のほうが最高気温が高かったが、今季は逆転してしまった日もある。いったいどうなってしまったのかなぁ..........(^^ゞ

2010.08.18 | | Comments(4) | Trackback(0) | 雑記

食べごろはいつか?ゴーヤ

本館の続き

10/08/14 ニガウリ

7月上旬何の前触れもなく家人が買ってきたゴーヤ(ニガウリ)、どんどん背丈は伸び、花が咲き始めたが咲くのは雄花ばかり。約一ヶ月後にようやく雌花が咲き、下の子と喜んで受粉した。その後、どんどん育ってきている実、7センチ程度になった。でも、まだ収穫して食べるのは小さいよね?。よく見るとちっちゃな実も他に2つあり。ゴーヤは食べきれないほど収穫できると聞いたことがあるが、我が家ではそんな状況にはほど遠い。最初に実ったのも、後何日経ったら食べられるのか?。

食べきれないほど生らないのは、使い古しの土を使ってしまったためなのか?、その後追肥はしたが。それとも、苗を買って来た時期が遅かったためなのか?

2010.08.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

残暑も厳しいが秋が早いかも

本館の続き

台風が近づいている影響で天気は曇り時々若干晴れ間風強め小雨のパラパラ、そんな中も毎度の昼休みマイフィールド散策をした。朝同様、蝉時雨........私は嫌いじゃないが暑くて鬱陶しいと思う方もいるんだろうね....(^^ゞ....朝はミンミンゼミが優勢、昼休みはアブラゼミが優勢になるなぁと思いつ歩いていると.......西側で「チッチ、チッチ」とチッチゼミの鳴き声が聞こえてきた、今季初!。ん?、随分早いんじゃないのか?、気のせいかもしれないのでMFセミ歳時記でチェック、以下が拾ったデータ。

[2010:8/12] [2009:8/17] [2008:8/20] [2007:8/15] [2006:8/18]
[2005:8/08] [2004:8/04] [2003:8/25] [2002:8/16] [2001:8/21]

以上の結果から1番早いわけではないがまずまずは止め、ということは残暑も厳しいが秋が早いかもしれない。今季は酷暑続きでほとほと参ったが.......あっという間に秋になり名残惜しい気持ちになるかも....(*^_^*).......正直なところ早く夜だけでいいから涼しくなって欲しいけどね........(^_^;)

2010.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

エゾシカの角拾いに行きたい

日曜から3泊4日の日程で行った道東の家族旅行、釧路湿原トワイライトカヌーツアーを体験した。そのインストラクターがいろんなことを話してくえた中に「エゾシカの角を拾うイベントがあった。それを聞いた下の子、「やってみたい」と一言、好奇心旺盛でなかなかよいこと。親としても是非参加してみたいと思った。

帰り道もその話題が頭から離れず.....(^^ゞ......いろいろと考えてみたら北海道ではなくともシカがたくさんいるところなら可能では?。運良く、宮城の牡鹿半島に金華山にたくさん生息している。金華山とシカといえば....「秋の風物詩の鹿の角切り」が有名。じゃ、子どもの秋休みの合わせて角拾いに行くかぁ!。

でも本家の情報も調べてみなければと思い検索してみた。イベントを主催しているのは札幌のエコ・ネットワーク、場所は今年の情報を見るとえりも町。ん?、時期は秋じゃないくて.......ゴールデンウィークだった。その他の調べてみたら、シカの角が落下するのは3月~4月頃、なので拾えるのは4月~5月ということらしい。本題のイベントは1回ぽっきりか.......その時期に合わせて訪れるってのはちと厳しいかなぁ。

そんなわけで再度金華山情報を検索、目ぼしいもを以下に列記してみた。

宮城県石巻市 みちのく 霊島 金華山 黄金山神社 弁財天
金華山の魅力・ハイキングロード
金華山 (宮城県) - Wikipedia
宮城県/みやぎ観光NAVi/みやぎの自然公園

残念ながらここでシカの角を拾ったという情報は見当たらず、もしかして国定公園になっているので拾っちゃいけないのかな?と思ったが、宮城県/自然公園等区域閲覧サービス/自然公園内の規制を見る限り特に問題はなさそう。単なる船に乗ってわざわざ角拾いいく物好きがいないってことかもね.......(^^ゞ。ということは.......今の時期に行っても拾える可能性ありかな?、とはいうもののおいそれと行ける距離ではない。拾えるかどうかわからないが.......1度はトライしてみたいなぁ........(*^_^*)

2010.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) |

目の前のツクツクボウシ、油断した

本館の続き

10/08/06 ツクツクボウシ

先日ツクツクボウシ見っけ!に記事を書いた後、野鳥の姿が少ないのもあってかセミ目線になったようで、ミンミンゼミ、アブラゼミの姿をよく目にするようになった。その後、ツクツクボウシの姿も見つけられるようになり、今朝は低木のキンモクセイで鳴いているのを発見。こりゃ1度、手づかみで捕獲してみなきゃと撮影しつつ..........手を伸ばしたら飛ばれてしまった、油断してしまったかなぁ............(*^_^*)

2010.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

本州でジョウビタキが繁殖だとか

ここのところの日課となっているTwitterを見ていたら.....富士見町でジョウビタキの繁殖を確認という情報が流れていた、確か本州では繁殖記録がなかったはず。いろいろと記事を探してみたら....たくさんヒットした。

富士見町でジョウビタキの繁殖を確認|長野全県ダイジェスト|信濃毎日新聞[信毎web]←Twitterに流れた元記事
ジョウビタキ:「冬の渡り鳥」長野で繁殖…本州で初確認 - 毎日jp(毎日新聞)
ジョウビタキが諏訪地方で子育て | NNNニュース

「NNNニュース」には.......なんと♂が4羽に雛に餌を与えている動画まであった....(#^.^#)......昨今に文明の利器は凄い。

場所は変わるが.......もう何年も前だが......山形在住の鳥見仲間から夏に月山でジョウビタキの姿を見たという情報を聞いたことがあったのを思い出した、囀りもだったかな?。場所が高山だけにその後の情報はなかったが、繁殖という可能性もあったかもね。

2010.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ごま塩頭のオナガは若いのよ

クモを狩るハチの続き

10/08/01 オナガ

クモを狩るハチを観察しているとオナガの声と飛ぶ姿が見えた、こりゃせっかくだからこっちも観察せねばと.....そんの頃には腰痛は....どこいった状態.....(^_^;)....寝込んでいるようにも気分転換すればよくなることもかな...病は気から.....^^;...ま、症状によるが....(*^_^*)。さぁて、オナガの姿を撮るぞと意気込むが、やっぱり相手はカラス類で賢い、なかなかファンだーに納まってくれず。ようやく撮れたのが貼ったごま塩頭のオナガ、ごま塩頭っていうと我々では白髪交じり=初老?中年?だが、オナガは初々しい若い個体なんだよね。

2010.08.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

クモを狩るハチ

本館の続き

我々人間のように2本足で立ち、我々と似たような姿勢のサギ類、腰痛はないのかな?と考えつつ観察していると........足元の水面で弧を描いている生き物がいる。

10/08/01 クモも狩るハチその1

視線を向けると..........水を張った休耕田の水面にハチっぽいのがいる、そのハチが何かを捕獲して押さえ込んでいる。クモはハチの1.5倍から2倍もある大物。

10/08/01 クモも狩るハチその2

じっと観察していると.....必死でもがくクモ.....力尽きたのは動かなくなった模様、力尽きたのではなく麻酔を打ち込まれたんだろうけどね。

10/08/01 クモも狩るハチその3

クモが動かなくなったのを見計らって、ハチはクモを草に運び、どっこいしょと水面から引き上げた。

10/08/01 クモも狩るハチその4

引き上げた後、ハチは去っていった。クモはこのように草に固定された。きっと麻酔&産卵済みで、数日後にはこのクモを餌にハチの子が育つんだろうなぁ。

クモを狩るハチ、いったいどんな名前なのかな?とネットで検索してみたら虫の写真図鑑ハチ目 ベッコウバチ・アリというのが見つかった。それを見ると「オオモンクロベッコウ」のよう。

2010.08.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数