個体識別できるシメ?

本館と、昨日の可愛い顔のシメもいるんだ!の続き

11/02/25 シメ

本館に書いた「シメは人(鳥)相で個体識別できるかも」の件。貼ったのは昨日と同じところにいたシメ、昨日と同様に強面み見えない.....可愛い顔。「人(鳥)相」というのがあるかどうか?ではあるが、同じ個体に見えた.......(#^.^#).......更に擬人化し過ぎだと思うが.....恥ずかしがって昨日より近づけなかった....^^;....単なる警戒されただけだろうと思うが。

スポンサーサイト

2011.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

可愛い顔のシメもいるんだ!

啓蟄の気温!、クモが起きだしたよの続き........かな

11/02/24 シメ

先日怒る顔に見えるなイカルが....^^;の記事で、アトリ科は全て強面.....と悪口?を書いてしまったが、今日撮ったシメは...........シメ子ちゃん?.......^^;......なんだか可愛い顔をしていた。可愛いシメもいるってことかな?、人相(鳥相)ってのはないかと思っていたが.......そうでもなかったのかなぁ?

2011.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

啓蟄の気温!、クモが起きだしたよ

本館の続き

11/02/24 クモ

今朝、TVニュースで天気予報を見たら、最高気温はぐんぐん上がり3月上旬ぐらいになるとか。3月上旬といえば、虫類が啓蟄だね。と思いつつ、毎朝の日課のマイフィールド散策をしたら......日当りのよいベンチにクモがいた。気象庁発表の9時の仙台は「5.8度」ではあったが、日当りのよいところは10度を超していたのかも。啓蟄の気温!、クモが起きだしたのだろう。クモは昆虫ではないが、この春に虫類を見たのは今朝が始めて。もっとも、シジュウカラ等がイモムシを食べているのはちら見したことがあるが、これは虫が起きだしたといえないような気がする。この気温だと、タテハチョウ等も起きだすかもね。

11/02/24 ムクドリ

他にも春らしい....春爛漫?....という場面が多数あった。ムクドリは先日の撮ったど!、シロハラの尾白に話題・写真を貼ったように、その後も寄り添う姿を観察。今朝は樹洞覗きをし、更に1羽が中を探索していた。毎年、ここの樹洞で子育てしているようなので、今季もその準備なのだろうと思う。

11/02/24 ツグミ

ツグミも高めの針葉樹の枝先でケッ、ケッと鳴いていた。背筋を伸ばし?、朝日に向かって直立不動?(に見えた)....だったので、本当はぐぜりたかったのではないかと思う。昨年記事にしたアオジ、更にツグミが歌いだしたの風景の出逢えるのも間も無くではないかと思う。

11/02/24 マヒワ

昼休みは更に気温があがったので、成虫で越冬するタテハチョウ類の出逢えないか?、日当りのよい草地を散策。するとチョウは見つからなかったが、何か囀っている声が聞こえた。ん?、キクイタダキかな?、それともメジロ?.....複雑な鳴き声で判断付かず。声の主を探さねば......音源を見上げると......いた!、いた!、囀っていたのはマヒワだった............\(^o^)/......ポカポカ陽気でマヒワも囀ったのね。実際囀っている姿は撮ることができなかったので、採餌しているのを撮って貼ってみた。食べているのはヒノキの実のような気がするが........自信なし。

続く

2011.02.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | むし

ネクタイが太いからシジュウカラ男くん?

本館の続き

11/02/23 シジュウカラ

昨日のウグイス色のメジロ...(^_^;)でコメントをもらい、その返事シジュウカラのネクタイも観察してみては?、クルミちゃんに書いたので、今朝はそれをじっくり観察してみた。というか.....偶然チャンスがあったのだが.....(#^.^#)。頭上で採餌するシジュウカラを見上げ、観察&撮影、ネクタイが太いからシジュウカラ男くん、♂ということに決定!。近くにもう1羽いたが、比較する前にどこかへ移動してしまった。そのシジュウカラといっしょに、エナガ2羽がいたので、もしかして今季は当地で子育てしてくれるかな。だとしたら.........嬉しいなぁ。

2011.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

撮ったど!、シロハラの尾白

本館の続き

11/02/21 シロハラ

話題は先日ゾウゲツグミ?、オジロツグミ?と書いた続報。噴水付近を散策していると、植え込みの中からガサゴソガサゴソという音が、シロハラかアカハラだろうと思って、植え込みを覗くとシロハラがだった。またまた近いし、光線もいいの撮ろうしたら、別の植え込みに入っていってしまった。取り合えず、撮ったのが貼ったもの。運良く?、尾羽を撮ることができ.......顔が撮れていないのだが......^^;......オジロツグミの尾白が写った.....\(^o^)/。

11/02/21 アカハラ

南斜面のメタセコイヤ下の植え込みでもガサゴソガサゴソ音、鳥影はツグミっぽいが、藪ガサはほぼシロハラかアカハラ、そっと近づき確認すると、ピンポン!、アカハラだった。貼ったのはそのアカハラ。すぐ近くにツグミもいたが、植え込みや藪ではなく開けたところにいた。

11/02/21 ムクドリ

本館に書いた「意識してしまったらしくそっぽを向いたムクドリ」も撮ったので、せっかくだから貼ってみた。う~ん、意識したんじゃなく、口喧嘩、いや、嘴喧嘩でもしたのかな?.....(^_^;)

2011.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

アカネズミと思い込んだが......

本館の続き

11/02/20 ネズミ

探鳥会の終盤、アオシギのポイントの水場へ行くと、道に何か落ちていると言葉が聞こえた。興味津々に視線も向けるとネズミの亡骸、何ネズミでしょうね?、という話題になり環境等と赤茶色っぽい毛色からパッと浮かんだのがアカネズミ、そんなわけでアカネズミでしょうか、でもわからないですねと。1番普通にいるのはドブネズミだと思ったが、色合いが全然違うしね。帰宅後、アニマルウオッチング書籍で確認してみたら........ドブも茶色っぽいのがいるらしい、更にハツカネズミ、ヒメネズミという選択肢もある、毛色かtらはアカネズミではないかと思うが、図鑑を見ると鼻が大きく見えるから違うような?、だとするとやっぱりドブかな?。う~んネズミって難しいなぁ。

11/02/20 ウスタビガの繭

おまけでウスタビガの繭を撮ったのを貼ってみた、薄緑色が綺麗だった。

2011.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) |

ゾウゲツグミ?、オジロツグミ?

本館の続き

この冬マイフィールドでは、シロハラにほぼ毎日出逢える。そんなわけもあり、ここ以下のように結構話題にしている。

シロハラもインパクトない?
淡い桃、白、橙
シロハラも大忙し

11/02/17 シロハラ

「シロハラもインパクトない?」に書いた通り和名はいまいち、白っていうよりクリーム色だよなぁ。クリーム色って和名にすると.....いったい???.........いろいろ象牙色、肌色、黄肌色......う~ん、1番妥当なのはゾウゲツグミかもなぁ........(^^ゞ.......ゾウゲカモメなんてのもいるしねぇ.....(#^.^#)。

視点を変えてみて目立つところは?......そうそう、今朝もだが尾羽の両脇に白が結構目立っているよなぁ。これを使えば.......オジロツグミ.......尾が全部白いわけじゃないからだめかな?.....(#^.^#)。貼ったのは、若干白い尾羽が写っているか否かの今朝撮った写真。

2011.02.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

「どや顔」のコゲラかも

本館の続き

11/02/16 コゲラ

今朝のマイフィールド散策、終了間際コゲラを間近で観察。頭部にある極僅かの赤い羽毛を撮りたいぞ!、と何枚かシャッターを切った。わくわくしながら確認すると、しっかり頭部は写っているが.........赤い羽毛なし、ということは♀かな?、それとも見え辛いらしいのでタイミングかな?。何枚か撮った中に、偶然餌を捕った場面があった。今どきの表現をすれば.........「どや顔」のコゲラってところかな..........(#^.^#)

2011.02.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

どんより曇りでも歌うんだ百舌鳥

本館の続き

11/02/15 モズ

実はユキアカハラを見つける前に、葉っぱが落ちたモクレン系の枝でコヨシキリ?、アオジ?、その他?といろんな物真似レパートリーで歌うモズを観察。どんより曇り空の逆光の中、露出補正をしつつ撮影した。先日朝日に向かって百舌鳥が歌うという記事を書いたが、晴れ間がなくどんより曇りでも歌うんだねぇ百舌鳥くんは。確たる自信はないが..........モズ以外の野鳥が歌うのは天気も関係しているような気がする、気せいかな?......(^^ゞ......少なくとも我々人間はこんな天気では鼻歌は出ないなぁ......もっともよいことがあったら、天気はんて関係ないkどね。あ!、この百舌鳥くん、天気以外に何かいいことがあったとか.......擬人化し過ぎ?......(#^.^#)

2011.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

シロハラもインパクトない?

本館の続き

11/02/14 シロハラ

今日もマイフィールドで活発の動き回っていたシロハラ、これも本館で話題にしたアオジのようにぱっと見て見栄えがしないよなぁと思った。大きさからスズメと見間違うことはないと思うが、体色からはインパクトないよなぁ。確かに「白い腹」だとは思うが、正直なところ白いとは言い難いような気がする。もしかして和名より英名のほうがぱっとするかも?.....調べてみたら「Pale Thrush」、和訳する「薄いツグミ」、う~ん、和名も英名似たようなもんか。ついでにアカハラも調べてみたら「Brown-headed Thrush」、和訳すると「チャガシラツグミ」かな、こっちおは和名の軍配が上がるかな.....(#^.^#)

2011.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

随分早いタンポポの開花

本館の続き

11/02/14 タンポポ

先日、マイフィールドの近くでオオイヌノフグリの開花を見つけた、つい最近はウメの開花した。本日の昼休み、マイフィールドでもオオイヌノフグリが咲いていないか?、探してみたらすぐにみつかった。が、なんとそのすぐ近くに黄色い花が......ん?、タンポポか、セイヨウタンポポは年がら年中咲くからきっとそれだろうと確認すると、ガク(総包)がそっくり返っていない。ということは在来のタンポポということだよね。だとすると随分早い開花だと思う。

2011.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

インデアンバード、赤い鳥

本館の続き

11/02/11 タゲリ

蕪栗沼を訪れた第一の目的「タンチョウ」は出逢えず、探せず?、第二の目的「オジロワシ」も探せず、猛禽類はトビ、ノスリ、ハヤブサ、チュウヒ、オオタカといたが。第三の目的、頭のインデアンのような飾り羽があるタゲリは.....最初は見つけられなかったが、よく探すとあちこちにいた。もっとも遠くて、ちっちゃくしか見えないし、ちっちゃくして撮れなかったけどね。

11/02/11 ハギマシコその1

さぁ次は鳴瀬川のナベヅル探しだ....と田んぼ道を走っていると、電線の小鳥の群れ。ん?、なんだ?、特に浮かんだ種類名はなかったけれど、車を止めて見てみたら赤い鳥の仲間のハギマシコ。今季は当たり年と聞いていたが初の出逢い.....\(~o~)/。しばらく車を寄せ、止め観察した。20羽以上はいた模様。

11/02/11 ハギマシコその2

ハギマシコの群れ、なかなか地面に降りてくれず、降りてもガードレールで見ることができないような位置。そんなわけで、電線に止まったのを大きく撮ってみた。

11/02/11 ハヤブサ

おまけってわけじゃないが、蕪栗沼についてすぐ電柱の止まっていたハヤブサ若も撮ったので貼ってみた。

2011.02.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

手が届きそうなアオジ

本館の続き

11/02/10 アオジ

先月下旬以降、アオジの活動が活発になり色鮮やかになってきたようなキロジ体力作りに大忙し?のアオジでも話題にしたように、結構近くで観察できるようになってきた。今朝のマイフィールド散策でも複数個体のアオジを観察、杉系の幹に隠れ....木化けしていたら.....どんどんどんどんアオジが近づいてきて、手が届きそうな距離までやってきた。虫網があったら、間違いなく捕れるじゃないかなというほどの至近距離に。貼ったのはそのアオジ、光学12倍のコンデジ撮影ではあるがトリミングなし。どれだけ近かったか、わかってもらえるかな?.....(#^.^#)

11/02/10 ツグミ

アオジの他、ツグミも割と間近で観察・撮影することはできた。やっぱり先日都市公園の野鳥はフレンドリーかもと書いた通りなのかもしれない。このツグミくん、最初は私を気にしていたが、微動だにせずにいたら気にせずに採餌し始めた。野鳥を間近で観察したかったら迷わず都市公園、で、姿を見つけたら飛ばさないようそっと近づき、木化けか石化けして微動だせず観察と。これもトリミングなし。

11/02/10 ヒヨドリ

昼休みはまたまたシロハラを観察していると、ヒヨドリがユズリハの葉っぱをバリバリ毟って食べていた、硬そうだけどけど美味しいのかな?。味がいいのか?、食感がいいのか?、ん?、どっちもヒヨドリは感じない?。飛び去った後のに撮ったのをTwitpicにつぶやいてみた。

11/02/10 ジョウビタキ

それからジョウビ子ちゃんも間近で観察、こっちは○化けして観察したのではなく、あちらからこちらへ寄ってきた。もしかして餌付けした方がいておねだり?、それとも縄張りを守るため威嚇に寄って来たのか?。どっちも考えられるが、たぶん後者じゃないだろうかと思う。これもトリミングなし。

2011.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

淡い桃、白、橙

本館の続き

11/02/08 ウメ

今にも咲きそうなマイフィールドのウメ、が、気温が低めだからのか蕾が固くなかなか綻びず。それが、ようやく今朝ほんのちょっと綻んだ。たぶん、平年並みか若干早めといったところかな。淡い桃色の小さな花、これから見頃になるね。今季はウメに○○は何が撮れるかな、近くにシロハラが居付いているが。

11/02/08 シロハラ

ウメ林の北側では今日も朝、昼とシロハラが熱心に採餌していた。昼はそっとそっと近寄ったら、結構近づけた.....(#^.^#)、淡い桃色に続き白いお腹の野鳥かな。デジカメで写真を撮っていると、ビノキュを持った男性が歩いてきていた、鳥見のような雰囲気はあったが、だとするとシロハラには出逢えたのだろうか。鳥見といえば、今朝も野外音楽堂付近でしゃがんでデジカメで写真を撮っている女性がいた、目線からアオジを撮っていたのではと思うが.....

11/02/08 ジョウビタキ

色シリーズでは、最後に萩の枯れ木で橙のジョウビタキを観察。地上で採餌するシロハラの上にいて、もしかしてバトルもあるか?と若干期待をしたが、どっちも目線を合わせず緊張の場面は過ぎ去った.....(#^.^#)

2011.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

シロハラも大忙し

本館の続き

11/02/07 シロハラ

本館に書いたように、アオジはこの時期群れになり採餌をする。同じ冬鳥のツグミ類は、そのような複数個体で採餌することはツグミ以外は見たことがない。とはいうものの、ツグミも広い芝生をそれなりに距離を取ってのことなので、群れるとは言い難いかもしれない。全く群れになるのを見たことがないシロハラも、今朝は大忙しで採餌していた。例年なら暗めの藪をガサゴソガサゴソだが、今季は明るめの草地で堂々と餌探し、例年の行動と違うのは何故かのか?。いつもは明るいところはアカハラの縄張りなのに、今季はアカハラは暗めの藪メインといつもと逆のような気がする。草地で餌を探し、警戒すると藪へ特急で走りこむ...(#^.^#).....貼ったのは、草地での採餌場面。

2011.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

やっと出逢えた連なる雀

本館の続き

青葉山探鳥会終了後、レンジャクの情報提供者が見たい方を車で先導するというご好意が....おぉ!こりゃいいぞ、と思ったが、今日は地下鉄で来てしまった。鳥見仲間の車の同乗させていただく、ゲット後、バスで帰ってもいいなぁと思ったものの、地下鉄で来た理由は街中での買い物もあったので、今回は泣く泣く涙を飲んだ、またの機会もあるだろうしと思ったので。

11/02/06 レンジャクその1

街中で買い物を済まし帰宅すると、またの機会がやってきた......機会というのは我が家の1台しかない車があったという意味...(*^_^*)。早めの昼食を取り、いざ出発、が、場所を詳しく聞いていなかったので、どこか分からず......(-_-;)。途方に暮れてしまった......が、鳥見仲間の携帯メールへ問い合わせをしてみたら、詳しい情報のお返事をいただけた......\(~o~)/。若干迷ったものの、見事ポインゲット!、いるのは黄?、赤?、じっくり個体個体を見るとどっちもいた。キレンジャクとヒレンジャクが並んでいるのを撮ってみた。

11/02/06 レンジャクその2

連なる雀のお目当ては鈴なりのピラカンサ、じっと観察しているとヒヨドリ、ツグミとそしてレンジャクが食べていた。貼ったように、レンジャクとツグミはそこそこに仲良くお食事、ヒヨドリは独り占めしたそうな雰囲気だったかな。

11/02/06 レンジャクその3

ピラカンサのお宅のお向かいのそのお隣さんのアンテナにも止まっていた。アンテナの止まった+αで合計30羽は超えていたと思う。観察していたら、ピラカンサのお向かいさんから人が出てきて、若干会話をした。その方いわく、今朝たくさんの方々がこの鳥を見に来た、それまで知らなかったとのこと、こりゃ苦言を言われるのかなぁとどきどきしたら好意的で、どんな野鳥かという問いも。更に、リンゴの皮だせば自宅にも来るかなと、皮だけじゃちょっとね、実も若干残してあげたらきっと来るかもというと、じゃやってみようかなということだった。

2011.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ホンドリスも恋の季節らしい

本館の続き

11/02/06 ホンドリス

キッキ、キッキと鳴いているのはいった誰?、聞きなれない声だなぁ?、野鳥には思い当たらない?、探しに探すと野鳥ではなく........ホンドリスだった。それもじっとしていて、手に取るほど間近で観察&撮影できた。こりゃ、他の探鳥会参加にも教えてあげねば......が、既に探鳥会参加者はほとんどずっと先を歩いていた。運よく小学生の女の子が遅れていたので、手招きしてリスを間近で見せてあげた......1人だけ、それも女の子を手招きしたので若干後ろめたさもあったが....(^_^;)、その後、その子のおかさあさんもやってきて、一緒にリスを堪能することができた..............\(~o~)/。約1時間弱後、探鳥会終了後、再度同じところを訪れるとまだいた、それも2頭。行動を見ていると、楽しげに追いかけっこをしていたから、きっとホンドリスも恋の季節なんだろうなぁ、ということはこの近辺で子育てしてくれるかもね。

11/02/06 ダイサギ

解散の帰り道の長沼沿いを歩くと、杉のてっぺんにダイサギがいた。せっかくだから撮って貼った。実は長沼の氷の上にはセグロセキレイが歩いていて、そのすぐ近くに怪しげな行動もモズがいたので、もしかしてモズがセグロセキレイを狩るのでは!、と期待し足をとめていたのだが、こっちはハズレ。

2011.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) |

てっぺんが赤い鳥、黄色い鳥

本館の続き

ベニマシコを見た後は、ルリビタキ、ビンズイなどを期待するが、やっぱり鳥影少なし。こりゃ今日はこれで終わりかなぁと思ったら...............最後の最後に小鳥の群れが.....\(~o~)/

11/02/05 コゲラその1

エナガ、キクイタダキ、コゲラ、シジュウカラの群れを発見、結構近い。もしかするとコゲラのてっぺんの赤い羽毛を見る&撮ることができるかも.......おぉおぉ!、シャッターチャンス、写真判定をすると赤くない....(T_T)

11/02/05 エナガ

エナガも近くにやっていたので撮ってみた、草が込み合った中ではあるが....やっぱり癒されるなぁエナガ。

11/02/05 コゲラその2

もう1羽いるコゲラのてっぺんには赤いのがあるはず!......ビノキュで確認すると赤いのがちらっと見える。撮りたいな!、撮りたいな!、粘って粘って写ったような気がした。写真判定はあるような、ないような.....う~ん、難易度高し。

11/02/05 キクイタダキ

コゲラのてっぺんの赤を撮影を粘っていると、てっぺんが黄のキクイタダキもやってきた、ラッキー!、こりゃいいぞと撮ったがいまいちピントが合わなかった。

11/02/05 ホシハジロ

最後の小鳥達を堪能し、帰ろうすると沼にホシハジロを発見!、くるりと回転した場面を撮影、お腹でも掻いていたのかな?

11/02/05 バン

最後に今季もバンが越冬した別の小さな沼を回ってみたらコガモの群れがいた、バンはいないのかな?......目を更にして探すと遠慮深そうに岸近くにいた。せっかくだからと一緒にいる場面を狙って撮ってみた。なんだかバン、群れでいるコガモを羨ましげに見ているように見えた。

2011.02.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

都市公園の野鳥はフレンドリーかも

本館の続き

ほぼウォークデー毎日散策している都市公園のマイフィールド、公園だけあって出逢える野鳥達はフレンドリーではなかと思う。正確にはフレンドリーではなく、警戒心が弱めということなんだろうが.........(#^.^#)

11/02/03 モズ

その中で小さな猛禽類とも言われるモズは.......そうでもない。まずまず近づけるものの、視線を向けたりデジカメを向けたりすると、瞬く間に飛び去ってしまう。その行動は、まるで田んぼにいるノスリのよう。木の枝に止まり、地面を凝視し急降下で獲物を狙ったりもするので、視力もいいのかなぁ。貼ったのは、木の陰からこっそり撮ったもの、すぐに気付かれ飛び去られてしまったが。

11/02/03 メジロ

メジロは三本指に入るぐらいフレンドリーかもしれない。ちょこまか動き回るものの、カンツバキの蜜を吸ったり、松脂を舐めたりするのを間近で観察できる。近場で観察していても、隣は何をする人ぞといった感じかも。貼ったのは、低木に止まって採餌している場面。

11/02/03 ジョウビタキ

ジョウビタキはモズとメジロの中間ぐらいに位置するかな。警戒心は強くないが、メジロのように隣は何をする人ぞというような雰囲気はなく、ちゃんとこちらを観察している模様。近づかせてくれるものの、ボーダーラインがあってそれ以上近づくと、ちょっとだけ移動する。人家の庭先の実を食べたりすることも多々あるだろうから、人慣れというか人をとよく分かっているのかもね。


2011.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

雪解けで水浴びとは流石エゾヒヨドリ?

本館の続き

11/02/01 ヒヨドリ

昼休みも毎度のマイフィールド散策、朝はこの冬1番の積雪(たぶん)で一面銀世界、が、天気予報通り昼は気温が上がったのであちこち融けてきた。が、日陰はまだまだ積雪が残っているのでそれらを避けて歩いていると、日向に雪解けの水溜りを発見。それに視線を向けると.......ん?.....ヒヨドリは2羽いる。水溜りで水飲みするのかな?、と足を止め観察すると.....嘴だけじゃなく全身を入れ始めた。え?、まさかこの寒いのに水浴び?、ずばり推測通り雪解けで水浴びだった.......(#^.^#)。雪解けで水浴びとは.........流石、北海道で繁殖したエゾヒヨドリ!.......貼ったのはその水浴び。この個体は、亜種エゾヒヨドリに該当するのかは?ではあるが.............(^^ゞ。おそらく、寒冷地で繁殖する種類じゃなくとも、このような状況の場合、水浴びするとは思うけどね、寒くないのか?という疑問が残るけど。

2011.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数