里に来たツグミ、でも電線黒ツグミ..^^;

本館の続き

11/11/27 ツグミ

七北田川原散策もいまいち収穫なし、そのまま帰るのもということでちょっとだけ遠回りして田んぼ道を自転車で走ってみた。まだ14時をちょっと過ぎたばかりなのに冬の日暮れは早い、もう日が傾いてみた。農家の庭先の柿の木にはたわわに実が生っているがツグミ等はいない、寂しいなぁと思っていたらどこからかケケとツグミの地鳴きが.......\(^o^)/。里、というか我が家周辺にもツグミ来た!。姿を探すと、いたいた......電線に、飛ばれる前にと遠目から、逆光ではあるが撮影。日が傾き、それも逆光で黒ツグミしか撮れなかった。ちょっとだけ補正もしてみたど、電線黒ツグミだなぁ........^^;

スポンサーサイト

2011.11.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

冬小鳥と同じく冬水鳥も少ない

本館の続き

風致公園散策で出逢えた鳥が少な過ぎ満足いかず、そんなわけでそのまま買い物に行った後、一度自宅で戻り、自転車で七北田公園沿いの川原へハクチョウ探しに行ってみた。

11/11/27 キンクロハジロ

七北田公園南側の七北田川原へ向かう、ここは毎年冬季オオハクチョウが来ている。さぁ!と行ってみると1羽もいない、ん!、ハクチョウ何よりもカモ類が全くいない。対岸の藪に潜んでいるのか?、そこまでは探さす。冬小鳥少ない少ないと、何度もつぶやいているが、冬水鳥も少ないのかもなぁ。今季、何度か宮城県北部の湖沼群にガンウォッチングに行ったが、ガンは少なくなかった、カモは少ないか否か記憶にない。やっぱり暖かい影響だろうか?。寂しいなぁ、公園に池もとりあえずチェック、そしたらキンクロハジロが3羽いた。

11/11/27 シメ

川原に草地にもほとんど冬小鳥いないぞ、寂しいなぁと思っていたらシメが数羽いた。貼ったのはまずは証拠写真をと撮ったもの、もっと近づきしっかりとと思ったら飛ばれてしまった....^^;

2011.11.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

エリマキバト?、ショールバト?だ!

本館の続き

11/11/22 キジバト

今朝の仙台はこの冬1番の冷え込みだったらしい、目と鼻に先の気象台発表の最低気温は「1.5度」、確かに冷え込んだ。もしかすると霜も降ったのかな?、と草木を観察するが、降った形跡はなし。空を見上げると雲多し、晴れて放射冷却だったら降ったのかな。いやぁ~、冷え込んだ、寒いな、襟元を閉めて防寒すると......おぉ!....おぉ!.....キジバトが襟巻き?、ショール?をしているじゃないか.........(*^_^*)。ぱっと見はエリマキバト。またはシュールバト。

キジバトも今朝の冷え込み対策で、襟元を閉めた、いや、襟巻きかショールを巻いたのか!。真相は喉を含まらせて、デデッポッポウと鳴いていたんだけどね........(^^ゞ

11/11/22 ジョウビタキ

昼休みマイフィールドから職場へ戻る途中、人家のアンテナのジョウビタキの影、撮ろうとしたら電線に移動してきた。近かったので撮ってみた。公園にはいないのに、人家に庭先にいるのは悔しいなぁ.....(*^_^*)

2011.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

自然史関係でもUstreamが流行?

ネットで無料でライブ中継ができるUstream(Wikipedia)、最近よく目にする、流行っているらしい。

発信側はカメラとPC、マイク、ネット回線、見る側はインターネットにパソコンで視聴できるそう。USTREAM 使い方等で詳しい情報が公開されれている。

毎週月曜、生で蹴球魂~ベガルタエクスプレス~を視聴し、Twitterで参加もしている。参加できるってのが結構よい、つぶやきをすると場合によっては、番組で読まれたり、他の視聴者のつぶやきもリアルタイムで読むことができ、なかなか楽しい。

最近は自然史関係でも、これを利用するというのを目にした。

今週土曜(11月26日(土))19:00~20:00の時間で、バードリサーチが、ガンカモ研究例会を生ネット放送するらしい。話題はガンカモ類のモニタリング調査とこぶはくウォッチについて。チャネルは以下。

USTREAM: birdresearch: .

録画だが、過去のネット中継も以下で最近のが視聴することができるよう。

Bird Research / バードリサーチ 活動状況
  第6回研究集会の報告 

また、自然史関係録画Ustreamは、以下にもあるらしい。

大阪自然史フェスティバル2011リミテッドの「鳥のごちそう、猿のごちそう、ひとのごちそう−「うまいもん」から考える生物多様性−」と「東北キャラバンの緊急報告−東北でワークショップをやってきました!−」
Ustream.tv: ユーザー sakumad2003: 鳥のごちそう、猿のごちそう、人のごちそう, Recorded on 11/11/20. 科学
Ustream.tv: ユーザー sakumad2003: なにわホネホネ団東北キャラバンの緊急報告, omnh November 20, 2011 3:03 AM. 科学

著作権?、個人情報?、肖像権?等、いろいろ?ではあるが、なかなか面白いと思う。

2011.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

おぉ!、白いガンもいるじゃん!

本館の続き

11/11/20 ヒシクイ

三工区のガンがガンガンを見ていると、一部に極僅かヒシクイもいた。田んぼ、それも近くで観察できたので撮ってみた。

11/11/20 栗駒山

ガンがガンガンの北西のは薄っすら雪化粧の栗駒山が見えた、絵になるよなぁ。

11/11/20 マガン

二工区に行くと、北東からマガンがたくさん飛んでくる。やっぱりそれも撮らなきゃね、なかなかうまく撮れなかったが、まぁ、見られるかなもあった。

11/11/20 白いガン

二工区でシジュウカラガンを探していると.........おぉ!、おぉ!、白いガンがいるじゃないか。やった!、ハクガンか!.......でもちょっと違うような?。粘って粘って顔を上げるのを観察したら......ありゃ、マガンに白化個体じゃん......(*^_^*)

11/11/20 タゲリ

伊豆沼を1周して、獅子ヶ鼻へ戻ると、タゲリがいることを発見。ハクチョウ、ヒシクイと比べるとちっちゃいよなぁ。

2011.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

まるでカレハチシジミ

本館の続き

11/11/18 ハクセキレイ

本館に書いたように被写体探しをしていたら、足元にハクセキレイが2羽、それも至近距離で逃げない。こりゃ撮って撮ってハクセキレイだな......^^;......せっかくだからとデジカメを向けると....ありゃりゃ.....デジカメを向けるとやっぱり意識して飛び去ってしまった。その飛び上がる瞬間に1枚だけ撮れた。後姿だが、影もうまく写った。

11/11/18 ベニシジミ

一昨日同様に十一月蝶の場所にジョウビタキを探しに行くと、今日もシジミチョウがいた、ベニシジミだよね。枯葉に止まるシジミ、通称カレハシジミ.......(*^_^*)。タテハチョウ類は越冬する個体もいるが、シジミチョウ類は越冬しない、というかできないよね。ん?、越冬できるチョウとできないチョウの違いはいったい?。そういえばクワガタ類も、コクワガタのように越冬するのと、できないノコギリクワガタなんてのもいるしなぁ。

2011.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

ウトウのツノは骨化しても残る

シカのホネホネもあったんだっけの......ん?.....クジラの歯もあったの続き

11/11/16 ウトウに頭蓋骨その1

我が家にも,.....というか実家の私の部屋にウトウの骨格標本......というか頭蓋骨があったのを思い出し、先日実家に行った際に持ち帰った。骨の入手は、若かりし頃、北海道のとある無人島に野鳥の調査に行った際に拾ってきたもの。たぶん繁殖地の離島で着陸等に失敗し、お亡くなりになりそのまま風化してもの思われる。ウトウと分かったのは、ずばりクチバシの上の突起。綺麗な骨格標本にするのは漂白するらしいが、面倒だし、そのままでも十分風化しえいるので、そのまま保管しようと思う。

11/11/16 ウトウに頭蓋骨その2

そういえばこのクチバシ、「拾えばよかった川原のホネホネ」でも話題にしたように、皮というか鞘(嘴鞘というらしい)を被っているのだとか。このウトウの黄色っぽいクチバシも鞘被っているのかな?。ツノは繁殖期が終わると取れるらしいのdえ、これも鞘みたいなもんだろうか。

2011.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

明日から3日、ベガスタジアムDJと盛り上がろう

今晩も月曜定番の蹴球魂~ベガルタエクスプレス~を視聴した。

11/11/14 蹴球魂

明日は先週火曜に「来週火曜は日本vs北朝鮮をベガサポで応援」に書いたイベントの正式告知あり、行きたいなぁ、いけるかなぁ。

明後日は「第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会「ベガルタ仙台vsアビスパ福岡」戦」

明々後日は明後日の福岡のUSTREAM: INSIDE FUKUOKAにベガスタジアムDJ等が生主演する予定だそう。

明日から3日、ベガスタジアムDJと盛り上がりたい、盛り上がろう!

2011.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ベガルタ

臭い木、雪の虫

本館の続き

本日の県民の森探鳥会、最終的に28種類+1種(開催まもなくオオタカ)の記録となったが、ほとんど野鳥の姿見えず。そんなわけで、野鳥以外の生き物ウォッチングもたくさんした。

11/11/13 クサギ

薄い紫色の花と濃い紫色の実................が、かわいそうに臭いという名前がつくらしい。聞いた時には、名前を覚えていたが、あっという間に忘れてしまった......(T_T).....植物も昆虫もなかなか名前が覚えられず。覚えたつもりでも、あっという間に忘れてしまう。ブログに備忘録として書いておけばと思ったが、既に忘れてしまっている.....こりゃ困った......悔しくて悔しくて....ネットで検索、検索、検索.......あったあった!.....臭い木で「クサギ」だった....\(^o^)/。残念ながらその臭い木、山の斜面にあったので嗅げなかった。

11/11/13 ユキムシ

植物の次は虫、本名は忘れたが通称「ユキムシ」、これがあちこちで飛んでいた。空中を舞うのを手で捕獲し、棒杭に止まらせて撮ってみた。残念ながら、捕獲した際、雪に見える綿毛が若干取れてしまった、ごめんなさい。

2011.11.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

東日本大震災の大津波でも鮭が遡上

本館の続き

青葉山探鳥会コースの広瀬川大橋から、眼下を見ると...........

11/11/12 鮭その1

鮭の亡骸らしきが見えた。東日本大震災の大津波があてもでも鮭が遡上したんだ、感無量。

11/11/12 鮭その2

別の場所ではハシブトガラスが鮭の亡骸をスカベンジャーしてた、北海道では主にヒグマ、本州ではクマといえばツキノワグマだが、鮭あ食べるのか?

11/11/12 鮭その3

眼下で泳いでいる鮭もいたが、ほとんどは既に亡骸になっていた。

2011.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

クジラの歯もあった

シカのホネホネもあったんだっけの続き

シカ同様ホネではないが.....クジラの歯も我が家にあったのを思い出した。実は随分前から、magpie HomePageホエールウォッチングの「グッズ」で公開しているもの。

歯クジラの歯キーホルダー

何年前かも忘れるほど昔、仙台新港で公開された捕鯨船を見学に行った際、売っていたか?、記念にもらった歯クジラのキーフォルダー。小さいのでイルカに歯かと思っていたが、クジラに詳しい友人に聞いたところ、ザトウクジラの歯の先のほうではないかとのことだった。長らく、家の鍵等といっしょにキーフォルダーとしていたが、咲昨年夏に'10道東生き物ウォッチングに行った際、購入したシカの角性のシカ笛と交換した。その後、東日本震災のばたばたで行方不明になってしまった......(;O;)

'99/03 マッコウクジラの歯細工

もう1つは1999のオアフ島・マウイ島ホエール&バードウォッチングで購入したマッコウクジラの歯細工、台座はゾウアザラシ(?)の化石を使ってあるらしい。記憶が定かじゃないが、結構高かったように思う。この歯細工も、一時東日本大震災で瓦礫に山に埋没したが、破損せず拾い出すことができた。

2011.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

あったらいいな、ベガルタ仙台応援歌

昨日、Date fm - エフエム仙台 77.1MHzライブ&イベント情報を見ていたら、「東日本大震災復興応援プロジェクト「みんなで強くなる」チャリティアクト 復興応援ライブ 仙台公演」に目が留まった。昔懐かしい....イルカが来るんだって....行きたいなぁと思ったら既に申込は締め切り済みだった....(;O;)。

その出演者情報を見たら「イルカ、島谷ひとみ、神部冬馬」と、ん?、確か冬の馬と書いて「とうまくん」って、イルカさんの息子じゃなかったっけ。早速ぐぐってみたら、イルカ (歌手) - Wikipediaに1人息子という記述あり、更にシンガーソングライターなんだとか。親子で歌手、それも今回は親子でライブだったらしい、行きたかったなぁ。

更に情報を見ると......なんと神部冬馬くん、ヴァンフォーレ甲府の公認応援歌を歌っているらしい、作詞・作曲も。ここに詳しい情報あり。概略をTwitterでつぶやたら、本人からコメントをもらった.....(*^_^*)

そういえば.........お隣のモンテにも公認応援歌できたっていう情報を見たような気が........探してみたら「'11公式テーマソング『夢の彼方へ』」だとか。ん?、公認応援歌じゃないのかな?

他チームに件を話題にしたが...........あったらいいな、ベガルタ仙台公認応援歌。氣志團が逆カバーしてくれた「スタンディング・センダイ」は公認ってわけじゃよね。

2011.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | ベガルタ

メガネセキレイ....(*^_^*)

本館の続き

今朝のマイフィールド、雲1つない快晴、眩しくてサングラスをしての散策。こんな時、鳥達は眩しくないのか?、ふと疑問に思ったが、サングラスなんてあるわけない.....^^;。きっと目への直射日光が当たらないようにしているんだろうなぁと思った。が、動き回っているのでよく分からず。

11/11/10 ハクセキレイ

そんな中、ハクセキレイ1羽、公園中央の芝生に佇んでいる個体がいた。そのハクセキレイ、寒いから日向で日光浴をしているのか?、それとも眩しいから何か対策をしているのか?。結果は....なんと後者.....日向と日陰の境、どっちかというと日陰にほうに立っているように見えた。もしかして.....これって眩しいから顔は日陰に、寒いから体は日向にいたのかも。だとすると、なかなかやるなぁ!.......ハクセキレイ。

そういえば.....ハクセキレイって過眼線あり、それがメガネのツルみたいに見える。西日本には過眼線がない亜種ホオジロハクセキレイというのがいる、逆にそれが基本としたら、過眼線があるのはメガネハクセキレイという命名ではどうだろうか。メガネハクセキレイ、略してメガネセキレイってのはどうよ!........(*^_^*)。野鳥以外にメガネと付く生き物は、メガネザル(猿)、メガネカイマン(ワニ)というのがいるが、鳥類はいないね?

2011.11.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

シカのホネホネもあったんだっけ

最近、当ブログにホネホネのカテゴリを作成したので、過去に書いたホネの話題、我が家にあるホネ類について書こうと思う。

10/8/18 エゾシカの角

我が家にあるホネ.....といえば「シカの角拾いの夢は......」に書いたエゾシカのホネ....というか角。同じ頃の「エゾシカの角拾いに行きたい」に書いたように、そのうち牡鹿半島の先の金華山へ行ってみたいなぁと思っていた、既に角は我が家にあるが。近いうちにと思っていたが.......東日本大震災が起き、いけるような状況、気持ちではなくなってしまった。1年後、2年後、落ち着いたら「旅のついでのホネホネ拾い」も含めて行ってみようかってとこかなぁ。

2011.11.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ヤブアオジからキウエジに......^^;

本館の続き

昼休みも毎度の散策をすると、南西でチッというアオジ?、ん?、別のホオジロ類の地鳴き?が聞こえてきた。朝のアオジは藪に潜むヤブアオジだった。ということは、藪じゃなく樹上から聞こえるってことは、別のホオジロ類ではないのか?。探して、探して、探してみたら、すぐ目の前の桜の樹上、至近距離に黄色っぽいアオジがいた..........\(^o^)/。どうみてアオジじゃなく、キロジ.........キアオジってのは別にいるしね。

11/11/09 アオジ

朝は藪に潜む習性からヤブアオジと命名した....(*^_^*).....昼休みは木の上にいたので.....キアオジ、あ!、これは別種がいるんだった。じゃ何と命名しようか?......(^^ゞ.....キウエアオジ.....いや、語呂がよくない。若干短めにして「キウエジ」ってことでそうだろうか。

2011.11.09 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

拾えばよかった川原のホネホネ

昨日旅のついでのホネホネ拾いの記事を書いたが、そういえば旅jたなくともたまにホネホネを見つけることもあったのを思い出した。

11/08/28 カルガモ

以前にそのホネを拾って記事にしたのは「生態ピラミッド ?(2011.08.28)」、その写真を再度掲載してみた。少々頭蓋骨が潰れてはいたが、立派なホネホネの標本になったよね。クチバシの色もちゃんと残っていたし。海辺にいかなくとも、川原でも拾えることあるんだな。いやぁ~、拾えばよかった川原のホネホネだった。

ところでクチバシに色、先日のホネホネサミットによると、通常の標本はこれを剥がし漂白するらしい。それをしないとこの写真のようになるんだとか。サミットに真っ赤な色がついたままのアカショウビン、大きなクチバシでチ有名なサイチョウが展示されていたっけ。

2011.11.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

旅のついでのホネホネ拾い

現在、先月ホネホネ、カワカワな方々に書いた「ホネホネサミット2011」に行った際、購入したホネで学ぶ、ホネで楽しむを読んでいる。

基本的骨格に説明文を読み、実際の骨の写真は飛ばし、いざ骨格標本作成を読んでいる最中。肉の除去は鍋で煮る、水で腐らせる、土の埋める、虫に食べてもらう等いろんな方法が書かれているが.......我が家はマンション、何れもなかなかなぁ......(^^ゞ。それらをほぼ読み終わった後、その処理をしなくとも、ホネホネ化した物を海岸で拾うという方法もあるという文面を発見!、う~ん、これならいいかも......(*^_^*)。もっとも、東日本大震災後、海辺にはなかなか行きたい思わなくなったが......

じゃ「ついで」ってありでは?、そういや旅のついでのバードウォッチングって本もあったっけ。「旅のついでのホネホネ拾い」ってのもありかな。

どっか遠出を........遠出といえば9月中に大船渡市へ、9月下に青森龍飛岬へへと行ったんだった。どっちも海辺、いやぁ~もったいないことした.......(^_^;)

あ!、海辺に流れ着くものといえば、漂着物学会(社会科学のメーリングリスト)というのにも入っているんだった。似たようなのにbone(生物学のメーリングリスト)も。前者は結構メールが流れてくるが、後者は滅多にない。せっかくだから、どっちも利用しなきゃね.........(*^_^*)

海岸に流れ着くホネホネといえば、「ホネホネサミット2011」に出展の福井市自然史博物館の骨部の方からいただいた冊子に、海岸でよいところがあると載っていたのを思い出した。検索してみたら、ずばりBeachcomber's Logbook : ホネホネサミット@若狭が.......おぉ!、おぉ!、こんなにも拾えるなんで凄すぎ!。そこからリンクされていた漂着物学会 - Web漂着物事典もなかなかの情報.........\(^o^)/

2011.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

仙台では十一月桜なのか

本館の続き

十月中旬に寂しいなぁ、十月葉桜でという記事を書き、その後も時々観察しているとハイイロアオジ...^^;...十月桜に書いたように、続々とまではいかないが開花する花が増えてきた。

11/11/07 十月桜

今朝も十月桜、開花が増えたか見に行ってみると、またまた増えているように感じた。先月行った大阪城公園生き物・歴史散策)その1では、間違いなく10月のほぼ満開だったし、名札に「十月桜」と書いてあった。ここ仙台では十月桜というより、十一月桜なのかな?。

もしかすると十月桜ではないのかな?、十一月桜なんてのないよね?、確か似たようなのに四季咲き桜ってのがあったと思う。が、しかし、当地のは春先に咲いたっけかな?

2011.11.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

山形にシカ、イノシシって生息してるの?

本館生き物ウォッチングが好きのタイトル通り、生き物、特に野鳥と獣ウォッチングが好き。

昨日はノックゲラ、迷惑だろうな.....^^;に書いたように、大井沢自然博物館の「-秋の特別展-ホネっこ展~ホネってどだなだや?~」を見に行ってみた。昨日現場からTwitterに「ニホンジカだって、山形にいるんだ」とつぶやいたが、ここにも書いておこうと思う。

東北地方のニホンジカの生息は、以前にアニマルウォッチング(本州編)に書いたように、金華山(宮城県三陸牡鹿半島沖の離島)、岩手県五葉山に限られるらしい。ここ数年、宮城では金華山から海を渡って、牡鹿半島にも随分いるという話を聞いたことがあるが。

つぶやきには「青森にもいる」とコメントがあった。ネットで調べてみたら、以下があったのでそうらしい。

デーリー東北:北奥羽ニュース:階上にニホンジカ/県内での目撃に驚き(2011/10/06 14:02)

また、以下も興味深い。

下北のシカを考える - 仙台・宮城・東北を考える おだずまジャーナル - 楽天ブログ(Blog)

11/11/03 ニホンジカ

さて、本題の山形に生息しているかについて。貼ったのは、そのホネっこ展に展示して山形(山形市内?)でロードキルのホンシュウジカの骨。うろ覚えであるが、山形大学の「やまがたやまね研究会」の方々の展示物だったと思う。場所はどっかの線路と書かれていたように記憶している。

ネットで検索してみたら、以下がヒットした。

山形の雪山で絶滅したとされた幻の生物を発見!
列車が90年前に絶滅したはずのニホンジカはねる。山形

ずばり、2つ目の記事がこの骨のよう。絶滅したというホンシュウジカ、絶滅していなかったのか?、どこからかやってきたのか?、飼育のが逃げたのか?

ホネっこ展を見、実家へ戻り父親に話すと、イノシシも出たとか。なんでも数日前の新聞に「放射性物質検査」関係記事で載っていたとか。イノシシも山形には生息していないはずだったはず、またまたネットで探すと以下があった。

野生鳥獣の肉における放射性物質検査について — 山形県ホームページ

なんでも上山市で捕獲されたのだとか。宮城ではその昔、県南部の丸森・角田が北限だったが、昨今は仙台市内でも急増し、農作物への被害は相次ぎ、県北部にも生息を広げているらしい。そんな話をしたら、父親が上山から宮城への低めの峠を越えてきたのではという。地図を盛ると金山峠のことらしい、有り得る話なのだろうか?。今後の情報に注意してみたいと思う......なぜ?注意するの?、と聞かれると困るけど.........(*^_^*)

2011.11.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

来~た!、梢ツグミ!

本館の続き

11/11/01 ツグミ

今朝のマイフィールド散策終盤、南東の林の行くとツィーというツグミ類の地鳴きが複数聞こえた。この地鳴き、なかなか姿を見つけることができず、悔しいんだよなぁ....(-_-;)。いったい誰ツグミなの?と思っていると、ケケと、微かにただツグミの地鳴きが聞こえてきた。空耳じゃないよね?、キョロキョロきょろきょろ姿を探すと、南東に1番高木っぽい。が、まだその木、葉っぱが結構あって見通し聞かず。初物だもん、是非に是非に撮影したいぞ、と首が痛くなるほど見上げ姿を探すと、いたいた!.........初物の姿ゲット!、次は撮影だぞ!.....と思ったが、目を離しファインダーを覗くと......え!..........え!.........え?.......入らないぞ......(ToT).....粘って粘って、ようやく撮影成功。遠くていまいちだが、ツグミってわかるよね。飛び去ったのは合計3羽いた。

貼ったツグミのように、当地でに初認は梢を移動する「梢ツグミ」、地上に降りて採餌する(地上ツグミ)のはずっと先のはず。梢を移動だけじゃなく、果実を食べる頃になるのももちっと先かな。

初物なので、過去のツグミ初認記録をMF歳時記から、以下に拾ってみた。

['10/10/25] ['09/10/28] ['08/10/22] ['07/10/26] ['06/10/20] ['05/10/25]
['04/11/15] ['03/11/10] ['02/11/08] ['01/10/30] ['00/10/23] ['99/10/28]

以上より、ここ7年では1番遅い記録、その前はもっと遅い年もあるが。

2011.11.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数