マオジなアオジ...(*^_^*)

本館の続き

12/01/31 アオジ

朝のマイフィールド散策は傘差そうかどうか迷う程度の小雪だったが、昼休みは、え!、ほんと仙台なの?、というほどの本降り。そんな中でも、傘片手に散策、雨には雨の雪には雪のそろぞれの観察があるので.......(*^_^*)。雪の中の動きは......何かなにの?.......と探すと、藪をがさごぞ動く鳥影あり。足を止めじっと観察すると、藪から舗装路にアオジが出てきた。おぉ!、近すぎ......\(◎o◎)/!....デジカメを出そうとしたが、向かいの藪に移動してしまったが、まだがさごそしている。またまた待っていると、来た!、アオジ、それもどんどん近づいてくる、間近アオジ.....マヂカアオジ.....マオジ......^^;。更に撮れなかったが、ウグイスも間近で観察。やっぱり、雪は雪でいろんな観察ができるんだね。

スポンサーサイト

2012.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

オオタカに襲われそうになった?

本館の続き

今朝のマイフィールド散策、開始早々にカラス類が鳴き叫び(擬人的?)、ドバトは慌てて飛び回った。原因を探すとオオタカがオォタッカ、ドバトはカラス達に守られているともいえないことはない。いや、待てよ.....都市公園の頂点鳥というような場面も多々見ているから、餌を守るためにオオタカを追い回すという面もあるか.......^^;。そのオオタカは、追われて西方面へ消え去った.......ように見えた。

12/01/30 オオタカその1

昼休みも毎度の散策、秋田のなナマハゲの気分で.....「あがいのはいねが?(アカハラはいないか)」、「しろいのはいねが?(シロハラはいないか)」、「るりいろはいねが?(ルリビタキはいないか)」と藪を探していると、最後のルリビタキの地鳴きっぽい?、空耳????が。足を止め、耳を澄ますと、背後からカラスの鳴き叫び声が。ん?、と思った瞬間、頭上をさぁっと大きめの鳥影が飛び、目の前に枝に止まった。確認すると、またまたオオタカがオォタッカ、オオタカに襲われそうになったかも......(^^ゞ......頭上を低めに飛んだだけだが。慌てて、デジカメを出して撮影、が、が、背中しか見えない........(ToT)......でも動いたら飛ばれると思い、撮影した。

12/01/30 オオタカその2

何枚か撮った後、そろりそろり、襲われないように.....^^;......いや、飛ばれないようにそっと位置を変え、なんとか顔も見る角度で撮影.........\(^o^)/。一瞬に出来事だったけど、心臓がバクバクした.......(*^_^*)

2012.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

凍傷にならないんだよねハクセキレイ...^^;

本館の続き

12/01/30 ハクセキレイ

本館にも書いたように、今朝はいやぁ~冷えた。今日のブログの話題を探すと、公園中央芝生の凍った積雪の上にハクセキレイがいた。土曜の七北田公園で足指が冷たくちぎれそうになったのを思い出し、ハクセキレイもちぎれるぐらい寒いのでは?、凍傷になるのでは?、と気の毒に思ったが、鳥達はそんなことないんだよね........(*^_^*)。ところでこのハクセキレイ、凍った積雪でも採餌をしていたように見えたが、いったい何をついばんでいたのか?、まさか氷を食べていたの?

2012.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

見っけ!、ルリタン!

本館の続き

散策開始早々、なんの実か?、なんて木?、わからない木に小鳥が数羽いた、ビノキュで確認するとなんとウグイス。こりゃ珍しいなぁとデジカメを準備したが撮れず。

12/01/29 コゲラ

ウグイスの次に来たのがコゲラ、いったい何の実?、コゲラ2羽がぶら下がって実を食べていた。

12/01/29 ルリビタキその1

シロハラに出逢った後、またまたこの実に木に来てみたら.....おぉ!、おぉ!、ルリタンがいるじゃん!......\(^o^)/。ちょこまか動く中、何枚か撮影、なんと1番見られるのは、背後のマンションが写った風景.......なんだかなぁ........(*^_^*)

12/01/29 ルリビタキその2

おっし!、シロタン、ルリタンをゲットしたんだから、トラツグミも探せばいるんじゃないの!、再度探しに戻ると、シロタンとルリランに再会。ルリビタキは同じ個体だろうか?、場所は違うので違う個体のような気がするが。

結局、トラツグミ、エビフライは探せずタイムオーバー、が、今日も満足行く散策だった。家でゴロゴロしてなくてよかったなぁ、今日はオーバーダウンパンツ履いたので全然寒くなく、ポカポカだったし。昨日もやせ我慢せず、履けばよかったなぁ......(*^_^*)

2012.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

オオがつくハクチョウ、カワラヒワ、バンの額板

本館の続き

珍しく七北田公園沿いの川原にオオハクチョウとコハクチョウの両方がいた、これまでここで観察できたのはオオハクチョウのみ、せっかくだから探鳥会終了後、写真を撮ろうと川原へ行ってみたら、コハクチョウの姿は見つからなかった。1度帰宅し、昼食を食べた後暇だったので、その撮影+結構いるらしいオオカワラヒワに姿探し+探鳥会終了後質問されたオオバンの額板観察に再度川原へ行ってみた。

12/01/28 ハクセキレイ

貼ったのは探鳥会で見かけた人馴れしたハクセキレイ、随分近いなぁとデジカメで撮ってみたら......左足指が欠落していた........(;O;)........何かの事故で欠落してしまったのだと思う、でもたくましく生きているんだね。

12/01/28 ハクチョウその1

まずオオハクチョウとコハクチョウ、ば、ば、ばんざい....\(^o^)/.......並んでくれたぞ!。真ん中がオオハクチョウ、両脇がコハクチョウ、明らかにオオハクチョウが大きいし、背も高い!。

12/01/28 ハクチョウその2

次、クチバシの黄色と黒の割合が違う点、トリミングして並べてみた。上がコハクチョウ、下がオオハクチョウ、はっきりわかるね。

12/01/28 シメ

次、オオカワラヒワの識別、とカワラヒワの群れを探すとシメがシメシメといたので、近づいて撮ってみた。

12/01/28 カワラヒワ

たくさんのカワラヒワの群れ発見!、地面にいたのたのでまずは撮影、その後確認しようと思ったら、通行人が来て枝に飛び上がってしまった。それを確認したが、三列風切が白く見えるのはいない。う~ん、そんなに簡単にはいないもんかな。が、が、帰宅後、写真判定すると結構三列風切に白が目立つのがいる、これかな?、オオカワラヒワ。

最後のバンの額板は、探鳥会参加者のSさんにオオバンの額の白はいったい?と聞かれたもの。これまで気をつけてみたことがなかったが、確かに目立つ白。羽毛なの?、タンチョウのように禿なの?、Twitterでつぶやいてみたら「額板」というらしい。図鑑でもチェックしたら、そう書いてあった。羽毛ではなく、禿でもないうらしい、クチバシが特殊化したものか?。ん?、ウトウのツノみたいなもん?。結局、オオバンは見つからず、次回以降のお楽しみに。

2012.01.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

お目当ての鳥達がガンガンガガン

本館の続き

12/01/27 ミサゴ

コクガン等を観察していると、上空に猛禽類の影、オジロワシ、オオワシだったらいいなぁ、でもトビだろうなぁと見上げるとミサゴだった。蒲生の干潟があった頃は、ミサゴが複数いたこともあったっけ。でも戻ってきてくれているってことだよね。

12/01/27 ホオジロガモ

目の前の水面にはホオジロガモがいた、割と近いので撮ってみた。雪は舞い、薄く暗めだったので、頭の色がうまく出なかったが、頬が白いのと、目が金色、なんとかわかるよね。他にもカモ類がいたし、旧干潟奥にはシギ類の飛ぶ姿が見えたが、体が凍りついた、というかコクガンをゲットできたので、次へ向かった。

12/01/27 アメリカコガモ

次、海岸から若干内陸に入った沼、鳥見仲間の情報ではアメリカコガモがいるという話。沼に着き、車でぐるっと回って姿を探すが見当たらない。アメリカコガモは未知、是非、逢いたいなぁ、亜種なんで見た鳥1種増えたことにはならないけどね。ぐるっと1周するがお目当て見つからず、カモ達ほとんど寝ているからなぁ。隠れて見えないのかもしれない!、2周目をするが、やはり見つからない、3周目するかと思いつつコガモの群れを丹念に見ると、ん?、灰色の鳥影が低空飛行、確認するとハイイロチュウヒ......そういえばこれもいるって情報聞いていたっけ、慌ててデジカメを準備しようと目を離したら、それっきりう見失ってしまった.......(;O;)。が、が、そのお陰で......寝ていたと思われるアメリカコガモを見っけ!........\(^o^)/。

コクガン、ハイイロチュウヒ、アメリカコガモと着々と目的達成、こりゃ最後にコクマルガラスで〆なきゃ.......(*^_^*)

12/01/27 コチョウゲンボウ

コクマルガラスが混じっているというミヤマガラスがいる田んぼへ向かう途中、畦道に小さ目の猛禽類発見、確認するとコチョウゲンボウ!、今季初。なんだか、運がよ過ぎじゃないの.........(^^ゞ

12/01/27 コクマルガラス

さて本日最後の目的、コクマルガラスは?.......ありゃりゃ........先日いたポイントにミヤマガラスいないじゃん.......(T_T).......こりゃ運もここまでか........^^;.......全てうまくいくなんて稀だよね。さぁ、帰るか、と思ったら..........いたいたうじゃうじゃのミヤマガラス。車でそっとそっと近づき、1羽1羽確認、1つ目の大きな群れ、いない、次の群れ、いない、角度を変えて確認すか。車を移動させ、助手席の窓にスコープを乗せて、1羽1羽確認すると.......いた!いた!いた!...........白色タイプのシロマルガラス!、車を出ると飛んじゃう可能性があるので、車の中からコンデジで撮影。撮影していると、通行人が歩いて車の脇を通った、が、ミヤマガラス飛ばず、こりゃ車を降りてデジスコで撮れるじゃん、さぁ準備しようか、と思ったら近くの飛行場からヘリコプターが飛び、その音でミヤマガラスが右往左往、これでコクマルは見失ってしまった。

2012.01.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

びっくり顔のアオジ

本館の続き

12/01/25 アオジ

今朝のマイフィールド散策、ツグミの鳴き声がしたので姿を探していたら、アオジの地鳴きもした。二兎追うものはなんとやらではあるが、探すと枝?、蔓?だけのフジに止まった、遠目ならでも、黄色の目立つこと目立つこと.....(*^_^*)......目だっているなぁと本人(本鳥)も自覚があったのか?、撮ってみたらびっくり顔のアオジだった......なわけないよ......^^;

2012.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

寒椿絨毯に蒿雀

本館の続き

12/01/24 アオジ

昨日はウメが1輪咲いたし、先日からアオジじゃなく、クサジかヨモギジにすればよかったのに....^^;に書いたように、アオジの動きが活発になってきた。今朝は、寒椿絨毯の上で採餌していた。先日書いたように「蒿雀(ヨモギスズメ)」とも書くらしいので、「寒椿絨毯に蒿雀」という題目にしてみた。

もしかして早々とぐぜるかも?、参考にMF歳時記をチェックしてみたら、これまで1月にぐぜりという記録はない。今月中にぐぜると、これまでで1番早い記録になるなぁ。

2012.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ウメが1輪咲いた>仙台、早過ぎだよね

本館の続き

以下の記事に書いたように、昨日は七北田公園でマンサクを、年明け早々にマイフィールドでロウバイの開花を観察。

まんず咲くが咲いた!(2012.01.22)
ロウバイの開花がここ14年で1番早い>仙台(2012.01.05)

12/01/23 ウメ

もしかしてウメも開花?、まさかね、でも蕾は随分膨らんでいるのでは?、とウメ林で注意して観察してみたがまだまだ蕾は堅い。例年1番の開花する噴水南側のウメの木にも行っていたが、こっちも同じ状況、こりゃまだまだ先だなぁと思っていたら......なんと公園東側のマンション1Fの庭先で1輪咲いていた、ちょっと早過ぎだよね。何故に1輪だけ?、日当りはいいのか?、だとするとどんどん咲くよね。

2012.01.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

リスのエビフライを見てみたい

生き物ウォッチングは好きで好きで.......(*^_^*)......関西の博物館のメーリングリストの参加させていただいている。最近、そのメールの中で「リスのエビフライ」という文字を目にした。ん?、何それ?、聞くよころによると「松ぼっくりを食べ跡は特徴的な形をしていて、リスのエビフライ総称する」とか。

毎週のようにあっちこっちと生き物ウォッチングに行っていると、結構な割合でニホンリスに遭遇する。過去の記事をさくさくっと拾ってみたのが以下。

【続】 初獣ゲット!(2012.01.14)
土竜、栗鼠.....獣尽くし?(2011.12.18)
茶髪なリスくん(2011.09.04)

結構な頻度とは書いたが、記事は月に1回ぐらいだった..........(^^ゞ。

が、が、1度も「リスのエビフライ」は見たことがない。見た覚えがあるのはクルミの食痕ぐらい、探し方が足りないのか?、注意力が足りないのか?、はたまた私が出逢うフィールドのリスは松ぼっくりを食べないのか?。たぶん....最後のはないだろうなぁ。

リスの出逢いたい、出逢いたいと思い、樹上をメインで探し、食痕がある地面を見ることは少ないからなのかもなぁ。是非、是非、近いうちにリスのエビフライを見てみたい!

2012.01.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | お試し好奇心

水鳥はなかなか

本館の続き

七北田公園・川原の散策、冬小鳥は少なかったが、水鳥はまずまずいた。

12/01/22 カワアイサ

最初に出逢った水鳥はカワイアサ、ここのは毎年警戒心が強いが、今日は積雪があって小雨模様だったからか人影が少なかったからやや近めで観察できたのかも。他にいた水鳥はマガモ、カルガモ、オナガガモ、カイツブリ、水辺鳥はダイサギ、アオサギ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、と下に貼ったオオハクチョウ。

12/01/22 オオハクチョウ

オオハクチョウは珍しく、水面に浮かんでいるのではなく川原の草地にいた。やっぱり、これも人影がないからかな、犬の散歩がいないのは大きかったのかも。

水鳥以外に出逢った小鳥も記録も以下に書こうと思う。

■1年中見られる留鳥
 ヒヨドリ、ハシボソガラス、シジュウカラ、カワラヒワ、トビ、エナガ、キジバト、ハシブトガラス、スズメ
■冬小鳥
 シメ、ビンズイ、ツグミ、ジョウビタキ

ツグミはケケケという鳴き声のみで、姿は探せず。公園を後にし、我が家近くの公園を通りかかったら、ツグミ×3がいたので、ツグミもそろそろ増えてくるような予感。

それからハクセキレイがモビングしている小さ目の猛禽類がいた、チョウゲンボウかハイタカっぽかったが識別できず。

2012.01.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

まんず咲くが咲いた!

本館の続き

12/01/22 マンサク

例年1月の中旬?、下旬になると七北田公園のマンサクが開花する。まんず咲くから命名されたという説の「マンサク」がぴったり、もっとも里山の自然種はもっと遅いらしいが。ここのは栽培種なのだろうと思う。まんず咲く=初春で最初に咲く花というイメージがあるが、既にロウバイの開花がここ14年で1番早い>仙台という観察記録もあったからなぁ。

貼ったのはマンサクだけじゃ芸がないかなと思い、イラガの繭と一緒に撮ってみたもの。

2012.01.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

軽いからカルガモではないのね...^^;

本館の続き

12/01/21 カモ

カワセミを撮る前に、カルガモとコガモが並んだ風景を狙ってみた。コガモって名前通り「子鴨」な、小さい鴨だからコガモなんだよね。カルガモとコガモ、並ぶと倍ぐらい違うから、名前の由来を調べなくとも間違いないよね?

カルガモは......軽い鴨.........のわけはないよね.......^^;......ネットで調べてみると、万葉集に詠まれた「軽の池(かるのいけ)の鴨」の「軽(カル)」に由来する説、夏も残っている唯一のカモ「夏留鴨(カルガモ)」の意とする説の2つがあるらしい。万葉集が読まれた頃からカルガモって名前が付いていたってのはなんだかうそ臭い、そんな昔々からだってのいがね、有り得ない話ではないけど。夏の残っているから、夏(か)留(る)鴨」はぴったりのような気がする、こっちも取ってつけたような名前ではあるが.......(^^ゞ。個人的にはこっちを押すなぁ。

2012.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

アオジじゃなく、クサジかヨモギジにすればよかったのに....^^;

本館の続き

12/01/20 アオジその1

マイフィールドの朝の散策でも多数出逢えたアオジ、昼休みは更に活発になり3羽が至近距離で観察することができた。

12/01/20 アオジその2

しかし、アオジという名前、どう考えても青に見えない、昔はこの色を青っぽいと言ったらしいが。そういえば、アオジの名前の由来を調べていたら、漢字では「青鵐、蒿鵐、蒿雀」と書くという情報があった。「鵐」というのは「シトド」と読み、どうもホオジロ類の古名らしい。従って「青鵐」は、青いホオジロの仲間となる。蒿鵐と蒿雀は?、蒿は「ヨモギ」という意味だとか。ということは、「蒿鵐」はヨモギ色のホオジロの仲間、「蒿雀」はヨモギ色のスズメということになるかな。

12/01/20 アオジその3

どう見ても青くは見えない、ヨモギ色(蒿)には見えるかも。アオジじゃなくて、ヨモギジかヨモギシトドって名前だったらよかったんじゃないかな。語呂がよくないようなら、ヨモギ=草色で「クサイロジ」、ん?、「臭い路地」って変換される、じゃ「クサジ」というのはどうかな........(^^ゞ

2012.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

実よりも皮が美味しい果実

先日、日本野鳥の会宮城県支部の「四方山探鳥会(亘理町)」に参加した。

JR亘理駅前に集合し、探鳥会担当者の指示で亘理町上大畑公会堂へ移動、するとそこにはこれまで見たことがない「黄色い?レモン色?の実」がなる光景が目に入った。鳥見仲間に聞くと、ユズだとのこと。ユズは前日「ユズの北限って宮城県南なんだ」に書いた通りで、仙台近郊ではない.....たぶん、そんなわけで初見の風景だった。

さてそのユズ、ユズ湯というのは聞いたことがあるが、そのまま食べるというのは聞いたことがない。ミカンのように生食しないのか?、ネットで調べてみたら、以下が参考になった。

ゆずをたくさん頂きました。おすすめの食べ方を教えてください! - Yahoo!知恵袋
柚子の活用法レシピ 柚子茶風シロップ....柚子ピール ぜんぶ食べた?
香酸柑橘のページ

それらの情報を読むと、生食はしないらしい。理由は、「一般的なみかん類とは違って酸味が強く、生食にむかない」からだとか、レモンも同じだとか。へぇ~へぇ~だった........(*^_^*)

同じ疑問をTwitterでつぶやいたら、皮が美味しい(食べる)のかユズのほかにキンカンもだというコメントもいただいた。同じくネットで調べてみたら、衝撃的な情報が......(@_@;)

「キンカン」の食べ方、、、 - Yahoo!知恵袋

それを見るとなんと皮だけ食べて、中身は捨てるとか。また、前述したサイトにも以下が載っていた

きんかん(香酸柑橘のページ)

恥ずかしながら.........これもへぇ~へぇ~だった......(^^ゞ.....以前、スーパーで珍しいなとキンカン買った際、美味しい皮を剥いて捨てて実を食べていた。なんだか美味しくなく、買ってまで食べるもんじゃないという感想だったが、食べ方が間違っていたのか......(^_^;)

2012.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ヒヨドリに負けるなツグミン...^^;

本館の続き

12/01/18 ツグミ

朝のマイフィールド散策で、サンシュユレストランにヒヨドリ様ご一行が訪れていた。よく観察したら、ツグミも1羽混じっていた。が、目立たない。昨日書いたようにツグミは、こっそり?、ひっそり?、ツグミンということが多いからなぁ......(^^ゞ......春先になると、湿った芝生で採餌するようになると目立つけどね。昼休みも、同じところでじっと観察していると、朝同様にヒヨドリ様ご一行の合間を見つつ、サンシュユを食べているようだった。ついつい、ヒヨドリに負けるなツグミンと声をかけたくなった。

貼ったのは、サンシュユからやや離れた木に止まって、チャンスを待っていると思われるツグミ。

2012.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

何故公園に来ないの?、ジョウビタキとアカハラ

マイフィールド(公園)ではアカハラ、ジョウビタキは冬鳥、この冬は観察はしたものの定着していない。今季は冬小鳥が少ないからなんだろうなぁと思っていたが、ここ数日、公園の東側の道路?、人家?のピラカンサとナンテンの実があるところでジョウビタキ♂を見かける。先日は、ジョウビタキは狭いところが好き?という記事も書いた。今日の昼休みも公園散策の行き返りに寄ってみたら、帰りに出逢うことができた。せっかくだから撮ろうかなぁと思ったら、ジョウビタキよりも大きめの鳥影が飛んだ。

12/01/17 アカハラ

ジョウビタキよりは大きいかな、ぱっと頭に浮かんだのはイソヒヨドリ。先日のまんまるイソヒヨドリのイメージが、まだ頭に残っているからかな。飛び去った後を視線で追い、確認すると......え!......アカハラじゃないか.......\(^o^)/........枝被りではあるが撮ってみた。貼ったのはそのアカハラ。前述したジョウビタキも、このアカハラも何故に公園に来ないのかな?、アカハラも狭いところが好きなのだろうか?。今季の公園は、公園管理員に綺麗好きな方が来たらしく、昨年よりも頻繁に綺麗に落ち葉を掃除をしている、その影響なのかなぁ.....(^^ゞ

2012.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

たわわのサンシュユ、まだ食べないのは何故?

12/01/17 ヒヨドリ

マイフィールドのサンシュユは今季豊作、そんな年はその実を目的にヒヨドリ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキなどがお客様としてやってくる。が、今季はまだ食べられた形跡がほとんどない。ヒヨドリ以外は、今季は滅多に出逢えていないのでそのせいかと思うが、何故かヒヨドリも食べていない。他に実が生る木、トウネズミモチはほとんど食べつくされ、ユズリハも今食べる真っ最中。何故に、たわわに実ったサンシュユ、食べないのかな?。もっとも、ヒヨドリに食べつくされ、他に冬小鳥は来ないのは寂しいけどね。貼ったのは、そのサンシュユに止まったヒヨドリ、食べる気配はなく、止まっただけの模様。

2012.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】 雪を食らうカラス達

本館の続き

12/01/17 ハシブトガラス

昨日雪を食らうカラス達という記事を書いた、その中に「雪を喜ぶ少年・少女のような感覚なのかもしれない」と書いたが、今朝も雪を食らうハシブトガラスがいた。昨日はハシボソガラスを撮って貼ったので、今日はハシブトガラスを撮って貼ってみた。

先日、公園の東側の駐車場で、融けかかった水を飲むジョウビタキを観察した。カラス類の雪食は、水分補給、水飲みなのかもしれない。

2012.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

鶴?、大詐欺か......^^;

本館の続き

12/01/16 ダイサギ

今朝のマイフィールド散策、本館に書いたように西から東へ飛ぶ大きな鳥影を発見、先日雁詣と千年鳥詣に書いたようにタンチョウがまだ記憶に新しい。そんなわけでもしや!、と思ったが、あっという間に視界から消えるだろうと、ビノキュの前にデジカメ撮影。行ってしまった後、写真判定をしたら......首を曲げて飛んでいたし、白一色だった。そんなわけで鶴ではなく.....大詐偽.....いやいや、ダイサギだった.....(^^ゞ。

ダイサギといえば、MFの撮り鳥始めは恐竜の末裔.....(*^_^*)に書いたように、'12のMF撮り始めだった。当地は水辺がないので稀にしか出逢えない種類、今年に入って2度目っていうのは何かいいことあるかな......だといいなぁ.....ん!、毎日こうやって散策できるのがいいことか........(*^_^*)

2012.01.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

枝に生る土団子、ハチの巣か?

本館の続き

12/01/15 ハチの巣?

野鳥に会宮城県支部の四方山探鳥会、鳥影薄し、最初にデジカメ撮影の食指が動いたのが貼ったこれ。カマキリの巣では?、ハチの巣では?....はたまた子どもが作った泥団子が偶然枝に付いたのでは?.....とまで意見が出たが.....結局、ハチの巣ではというこになった。トックリバチってのはいるが、そんな形はしていない、スズメバチ類か?、これも鱗模様がない、ハチの巣でいいのかな?、最終的には断定できず。

■追記('12/1/16)■

Twitterに「これってハチの巣?、教えて」とつぶやいたら、スズバチの巣だというコメントをいただいた。ネットで検索してみたら、スズバチ(ハチ目)が参考になるよう。コメントをいただき、スズメバチの仲間と勘違いしてしまった.......^^;....「メ」はないスズバチだった。命名は「鈴のような形の巣を造るハチ」だからと、なるほど、確かに。

2012.01.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

またまた獣、一応赤い鳥も

本館の続き

12/01/15 ニホンリス

昨日の初獣ゲット!に引き続き、積雪にニホンリスと思われる足跡ゲット!、昨日にように姿を見つけることはできなかったが、林道を移動していったというアニマルトラックはできた。そういや、アニマルウオッチング書籍で公開しているアニマルトラックの図鑑、最近活躍していないな、野外に持参しなきゃ活躍しないか。

12/01/15 ベニマシコ

念願の赤い鳥、オオマシコはかすりもしなかったが、ベニマシコはたくさんいた、近くでは観察できなかったが。貼ったのは、1番近いのを撮ったもの。

2012.01.15 | | Comments(0) | Trackback(0) |

まんまるイソヒヨドリ

異種カモが仲良くの後は、手袋が擦り切れたのでそれを買いに行った。

12/01/14 イソヒヨドリ

手袋を買い家路へ着くと、我が家近くのピラカンサに鳥影、足を止め観察するとイソヒヨドリの♀、せっかくだから撮影。たぶん、先週ピラカンサ三つ巴合戦が始まるかもに貼ったのと同じ個体じゃないかな。今日は冷凍庫のような気温、そのためかまんまるイソヒヨドリだった......(*^_^*)

2012.01.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

異種カモが仲良く

午前中は初獣ゲット!、昼前には戻り、若干買い物をし帰宅し、部活から帰ってきた下の子どもにお昼ご飯を食べさせた。下の子、食べた後は元気に出掛けた、私も午後の部の散策に行こうと思ったが、ついついコタツムリになってしまい、コタツでうとうと......(^^ゞ....が、が、これじゃいかん!、2時間ぐらいごろごろした後、今度は徒歩で自宅近くを散策。

12/01/14 異種カモ

おぉ!、裏に用水池の潜水鴨っぽい鳥影、ここの池は餌になるものがないので、滅多にカモ類は入らない。魚はいるようで、たまにサギ類はいるが。そっとそっと回り込んで観察してみたら、ピンポン!、潜水鴨のキンクロハジロ、ん?、もう1羽いるな、♀かな?、ん?、違うカモじゃん。こりゃ異種カモもカップルか?。じっくり見たら、キンクロハジロ♂とコガモの♂、ということはカップルではない。何故に異種カモ♂が一緒にいたのかな?

12/01/14 ツグミ

カモの観察に回り込むと、カツラの木に飛び上がった鳥影が、ん?、誰?、確認するとツグミ。今季巣少ない少ないと思っていたが、来てないわけじゃないんだね。

2012.01.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】 初獣ゲット!

本館の続き

12/01/14 ニホンリスその1

本館に書いた初獣の足跡の主はこの方、そうニホンリス、あっという間に姿を消すかと思っていたら、目の前の枝でクルミを食べ初めてくれた。手で押さえなくとも、軽々とくわえていられる、我々なら小玉のスイカをくわえているぐらいの大きさだろうか。

12/01/14 ニホンリスその2

手で押さえて、かじって食べ始めた。いやぁ~、今年も獣の出逢え、なかなかよい年になった......きっと、よい年になるだろう.....と思います......(*^_^*)

2012.01.14 | | Comments(0) | Trackback(0) |

厳冬期だけに生息する蛾がいるのか

本館の続き

12/01/13 ウスバフユシャク

今朝のマイフィールド、散策する前にトイレへ......^^;.....そしたら、壁の蛾が張り付いていた。真冬に蛾!、晩秋に羽化し、そのまま逝ってしまった亡骸か?、でもそのまま逝ってしまっているようには見えない。こりゃ話題性あるな!、と思い、携帯電話のカメラで撮り、毎度のTwitterでつぶやいてみたら.......虫に詳しい方から「厳冬期だけに出てきて活動するウスバフユシャク」ですねというコメントをいただいた。いやぁ~厳冬期だけに生息する蛾がいるなんて、びっくりびっくり......っていうか知らな過ぎなのか........^^;。この蛾の名前、素人の私でも「薄羽冬シャク」なんだろうなとわかる。ということは、冬限定のフユシャクという蛾の仲間がたくさんいるってことなのか。

フユシャク 仲間 - ウェブ検索してたら、たくさんヒットした。以下が参考になりそう。

フユシャクの仲間
フユシャクガ
フユシャク

冬に成虫が発生するシャクガ科の総称をフユシャクといい、冬にのみ出現、種類によっては普通に見られるとか。へぇ~、へぇ~、へぇ~だった。

貼ったのは、朝撮った携帯電話のカメラではいまいちだったので、昼休みに改めて撮ったもの。

12/01/13 アオジ

朝は地鳴きをちらっとだったアオジ、昼休みは足元まで寄ってきてくれたので撮ってみた。もしかすると、今季ぐぜり出すのは早いような予感。

2012.01.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

チョロギ、初飴

昨晩、毎度のTwitterを見ていたら、「チョロギっていったいなんだ?」的はつぶやきがあった。

なんでも、主に東北地方で食されるとか。山形市出身、仙台在住が長いが、そんな名前聞いたことない。知らない?、いったい何?とコメントしたら........お正月でよく食べた、甘酸っぱくてカリカリするものというコメントをいただいた。

あ!、それなら赤や白で色付けされ、巻貝みたいな、ソフトクリームの渦巻きのソフトの部分を小さくしたようもの、お正月に食べたことある!、名前を知らなかっただけか........(^_^;).........恥ずかしい。

なんでお正月に食べるの?、チョロギ - Wikipediaを見たら、「縁起をかついで「長老木」「長老喜」「長老貴」「千代呂木」などと書かれることもある」からだとか、なるほどなるほど........(*^_^*).......賢くなった。お正月に「難を転ずる」という語呂でナンテンを飾るのも、似たようなものかも。

同じくお正月の食べ物で、この正月で知った意外や意外は.....山形市の大きな神社の初詣、初市で普通の売られている初飴が、地域限定だったということ。どこでもそういう名前、で売られているのかと思っていた、以下が参考。

飴 - 山形市観光協会
山形人:初あめ

仙台でも似たような昔ながらの飴、ありそうだよなぁ、と探してみたら、以下がそれに該当するっぽい。

宮城,白石の蔵王の昔飴本舗(むかしあめほんぽ)-オリジナル飴,無添加飴,手作り飴

ん?、昔ながらの手作り飴か、それらで検索したらたくさんヒットした。山形の初飴は、商品名ってことかな。

2012.01.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

正真正銘のはと胸....^^;

本館の続き

12/01/12 キジバト

今朝のマイフィールド散策、この冬1番の冷え込み、そろそろアカハラが来ているのでは?、毎年越冬する藪を歩いてみたら........この方いた。羽毛を来ていらっしゃるが、寒くて羽毛?、胸?を膨らませていた。これぞ正真正銘のはと胸....^^;

2012.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

雪鳥、雪花

本館の続き

今朝の仙台はこの冬1番の積雪.......だと思う、街中も。今季は何度これぐらい積もるかな.....(*^_^*)

積雪があると、子どものようのはしゃいだ気持ちになるのか、まだまだ精神年齢が幼いからかな?.....^^;.....もっとも隣の山形のように、毎度毎度の積雪ではそんな気持ちにもなれないと思う、雪国の方々、すみません......m(__)m

折角の積雪だから、雪鳥、雪花を狙ってみた。

12/01/10 モズ

積雪がある枝に止まるモズ♂、ここに止まる前は舗装路の縁石に止まり、積雪が解けた場所を見ていたので、きっと餌を探していたのだと思う。積雪がないと、枯れ葉や落ち葉の下で土壌生物やイモムシ等を探せるだろうが、この積雪では厳しいだろうな。こんな日は、餌は何を捕るのだろうか?

12/01/10 トビ

噴水北側のシラカシには、トビがと止まっていた。積雪がある枝に猛禽類、ぱっと見、オジロワシにも見えるけどなぁ.....差別しちゃいけないが、風格の違いはあるかな?......^^;。

12/01/10 ロウバイ

雪花はロウバイの開花がここ14年で1番早い>仙台の書いたもの。どんどん咲いてきたなぁと思ったら、積雪、花は凍みないのか?と見たら、大丈夫の模様。この時期に咲く花は、凍みちゃだめだよね。ところで、凍みない花、凍みる花、葉っぱも同じく、いったい何が違うのだろうか?

2012.01.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ジョウビタキは狭いところが好き?

12/01/11 ジョウビタキ

ウィークデーのマイフィールド散策、今季ジョウビタキは11月と12月の数回観察、年末近くと年明けしてからはとんと出逢えっていない。公園内には、サンシュユはたわわに実っているのに。公園近くの人家の庭先にも、ナンテン、ピラカンサがまだたくさん残っているけどね。そこの実、きっと鳥達が食べにきているだろうと思い、通る都度にキョロキョロしている。これまで出逢ったのは、ヒヨドリとジョウビタキ。そのジョウビタキ、今日の昼休みの観察。どうせなら、公園に来てきれればいいのになぁと思うが..........(^^ゞ。そういえば、人家の実のなる木、開けたところはヒヨドリが独占しているっぽい。ジョウビタキは遠慮して、狭いところで採餌している、狭いところが好きなのだろうか。真相は生存競争で、優位な場所は体が大きく強いヒヨドリ、ジョウビタキはヒヨドリが来ないそうなところを狙ってなんだろうな。公園のサンシュユは、まだヒヨドリも来ていないけどな>ジョウビタキくん、ん?、サンシュユよりピラカンサのほうが美味しいのか?

2012.01.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数