天売島生き物ウォッチングその3

【続々】 天からウトウが降って来る島の続きの続き

天売島最終日も、フットパス方面で早朝バードウォッチング。

12/06/24 ノゴマその1

やっぱりうじゃうじゃいたのはノゴマ、で、やっぱり撮った。

12/06/24 ノゴマその2

今朝の目標はアリスイと真っ赤なベニマシコ、そのポイントで聞き耳を立て姿を探すとやっぱりノゴマ、ノゴマ......(*^_^*)......もう何年分見たかな.....^^;...またまた撮影した。そのうち、ハヤブサの鳴き声らしきが聞こえてきた。ん?、ハヤブサか????.......姿を探すと、幹に平行に止まる鳥影が.....おぉ!、アリスイ!......\(^o^)/.......ハヤブサのような鳴き声、アリスイだったのか。その後、真っ赤なベニマシコもゲット!、どっちも撮影できなかったけどね。

12/06/24 ハナムグリ

今朝も十分散策を堪能、宿へ戻る途中、ハナムグリもいた。

12/06/24 ハシボソガラス

10時過ぎ、北海道本土へ戻るフェリー乗車、港へ向かうとハシボソガラスがツブガイをくわえて、飛び上がり落下させていた。あ!、割って食べる行動だね、せっかくだから撮影。

12/06/24 利尻富士と焼尻島

天売島から北海道本土へ戻る途中に寄る焼尻島、そこのオロロン鳥のオブジェと残雪が残る利尻富士を撮ってみた。

12/06/24 ヒメウとウミウ

焼尻島の岸壁には、ヒメウとウミウが並んでいた。

12/06/24 シノリガモ

焼尻島の消波用のテトラポットにはシノリガモがいた、悲しいぐらい遠いが撮ってみた。

12/06/24 北斗星

帰りも羽幌沿海フェリーで2時間弱、沿岸バス特急はぼろ号で3時間で札幌へ。札幌からは寝台列車特急北斗星で帰路についた。

先週木曜晩から月曜早朝までの4泊5日の旅、なんだか1週間も旅してきたような感覚、いろんなこと、楽しいことたくさんたくさんあったからね。4泊5日、宿泊は4泊だったが、生き物ウォッチングは3日、従って実質4泊3日と変則的ではあったけどね............(*^_^*)

スポンサーサイト

2012.06.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

【続々】 天からウトウが降って来る島

天売島生き物ウォッチングその2の続き

天売島滞在2日目の夜も、ウトウナイトウォッチングに行った。初日は曇り天からウトウが降って来るだったが、今日は早朝hが雨だったが、その後晴れ、なので晴れ天からウトウが降って来る場面を期待。

12/06/23 夕陽

夕陽が............日本海にジューと音を立てながら沈んだ..........気がした...........(*^_^*)。

12/06/23 ウトウその1

北方面には利尻富士が僅かに夕陽色になっている、その前をゴミがついたようにウトウの群れがうじゃうじゃ降ってきていた、画面をクリックして、拡大しれば見えるよね?

12/06/23 ウトウその2

夕陽が沈んだ後には、月に善知鳥が被った.........う~ん、これもなかなかいいよね。

天売島生き物ウォッチングその3に続く

2012.06.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

天売島生き物ウォッチングその2

天売島生き物ウォッチングその1の続き

12/06/23 ウミガラス

海鳥観察舎から見える崖にはウミガラスのデコイがたくさん、これだけ本物のウミガラスが復活すればいいのになぁ。自然の世界はそう簡単にはいかないかもしれないが、是非、是非、復活して欲しい。

12/06/23 カナヘビ

次は観音岬に行くとカナヘビがいた、ガイドさんに聞くと植樹した木で運ばれてきたのではとのこと。他に、マムシもそれっぽいような話も。これで貸切バスの、島1周は終了。お昼ご飯は、炭火海鮮番屋で、またまた海鮮料理を堪能した。

12/06/23 コムクドリ

午後は歩きでふっとパスを散策、あちこちにいるコムクドリを撮ってみた。人家近くでも、林でもたくさん子育てしていた。

12/06/23 サメビタキ

林ではサメビタキを観察、撮ってみたが証拠写真にもならない写りだった.....^^;

12/06/23 ノゴマその3

またまたノゴマもうじゃうじゃ、でも撮ってみた。

【続々】 天からウトウが降って来る島へ続くy

2012.06.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

天売島生き物ウォッチングその1

【続】 天からウトウが降って来る島の続き

天売島滞在2日目、もともとの予定では早朝バードウォッチングがあったが、ウトウナイトウォッチングで十分満足したためか、参加は有志で集合時間は4時半となった。

12/06/23 ノゴマその1

朝起きてみると、ん?、ん?、雨じゃないか......(T_T).......2度寝するかなぁとも思ったが、起きたんだし、同部屋の仲間も同じ気持ちだったらしいので、えいやっと起き出し、いざ集合場所へ。有志という割には、お休みは2名だけだった。早朝の散策結果はノゴマ来た!.......\(^o^)/.....いやぁやっぱり北の大地だね、あ!、離島か。他は電線に止まるツツドリなども観察、これも北海道ならではかもね。最後に、1人集団から外れたら結構間近でノゴマを観察・撮影、貼ったのはそれ。が、集団を外れたことで、真っ赤なベニマシコを見損なった.....^^;

12/06/23 ヒメウ

朝食後は、昨日のウトウツアーの天売島観光バスを、我々貸切で1周の観光、っていうか生き物ウォッチングツアー。バス運転手兼ツアーガイドさんの案内でいざ出発、まずはヒメウがいるかもしれないポイント。今日はいませんねということだが、私が見っけ!、こりゃ私のほうが目が肥えているぞ......(*^_^*)

12/06/23 ゴマフアザラシ

赤岩展望台では、今回の第二、いや、第一の目標のオロロン鳥を探す、が、見当たらず。とりあえず、ガイドさんに任せ、他の生き物を探すと......遠くにゴマフアザラシ発見!.........実はこれも大きな大きな目標......\(^o^)/......9頭が岩の上の寝転んでいた。

12/06/23 ケイマフリその1

展望台眼下を赤い脚のケイマフリ、ウトウ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ウミウ、ヒメウなどが飛ぶ。ウトウは昨晩ゲップが出るぐらい見た、ケイマフリはフェリーでちら見程度、なのでじっくりみたいぞ!。と思っていたら、すぐ近くの岩に来た!.......\(^o^)/。オオセグロカモメウミネコといっしょに撮影。

12/06/23 ケイマフリその2

ケイマフリだけも撮影、十分に満足。目の周りが白いのは既知、頭の若干白いのは換羽中なのかな?。

そのうつにガイドさんが、オロロン鳥ことウミスズメを探してくれた......\(^o^)/......日本ではここでしか逢えないオロロン鳥、2羽をじっくり見せていただく。残念ながら、あまりのも遠く、ビノキュで捉えられず、撮影できず。ウミスズメは昨日のフェリーで遠いながらも観察、これでここで繁殖する海鳥8種、全て制覇!!

12/06/23 ノゴマその2

次行ってみようといことで、海鳥観察舎へ移動、途中のオオイタドリ等にノゴマがたくさんいた、凄い!

天売島生き物ウォッチングその2へ続く

2012.06.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】 天からウトウが降って来る島

本館の続き

天売島探鳥会初日、ウトウナイトウォッチングに行ったが、あまりにも想像を絶する「天からウトウが降って来る」光景に圧巻で......撮影はほとんどできなかったというか、シャッターを押したがいまいちだった。その中で、2枚はまずまずだった。

12/06/22 ウトウその1

ヒナの与える餌のイカナゴ?、カタクチイワシ?をくわえて来たところ。空からどんどん降ってくるウトウ、たぶん何れも餌をくわえて戻ってきているのだとは思うが、あっという間に土の中の巣に姿を消してします。理由は、その餌を横取りしようとするオオセグロカモメ、ウミネコとそして同じ仲間のウトウまで待ち構えているため。結構な割合で奪われていたが、親鳥自信は戻ってくる前にお腹一杯で帰ってくるし、この時期にヒナは魚を1匹食べれば、2~3日は絶食でも大丈夫らしい。

12/06/22 ウトウその2

自分では餌を取らず、他のウトウから魚を奪うとしているウトウの面々。いかにも、物欲しそうな顔をし、あちこちをキョロキョロ、擬人化し過ぎかな?........^^;

天売島生き物ウォッチングその1に続く

2012.06.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

巣立ちっ子のクチバシの黄色

本館の続き

12/06/20 ムクドリ

本館に書いた「巣立ちっ子のクチバシの黄色」のハクセキの前に、今朝は話題がないかもとカオジロムクも撮った.........^^;。カオジロムクとは、ほっぺがまだ白っぽいムクドリの巣立ちヒナ。そういえば、親鳥だって頬が白いよなぁ。椋の実を食べるから「ムクドリ」と命名されたらしいが、カオジロムクかホオジロムクという名前でもよかったかも。貼ったムクドリっ子、やっぱりクチバシの根元黄色いよね。ん?、ここまで書いて.....ムクドリのクチバシはそもそも黄色か、じゃ違うかな????.......^^;

12/06/20 メジロ

昼休みのマイフィールド散策はメジロの群れの出逢った、おぉ!、こりゃ目白押しの場面を見ることができるか?、デジカメをかまえ期待する。結果は1羽がもう1羽へ、更にもう1羽へという餌渡しの場面を見ることができたものの、目白押し場面は見ることできず。餌の受け渡しから、右側のが巣立ちっ子と思われる。この個体、クチバシの付け根が若干黄色っぽいかな?、肉色っていうか淡いピンクっているのかな?

12/06/20 ハシブトガラス

巣立ちっ子の最後はハシブトガラス、親に襲われたらやだなというので撮影は遠慮していたが、水浴びしていたので遠目から撮ってみた。あ!、あ!、カラスの巣立ちっ子ってクチバシの根元黄色じゃなかった、赤だった。体が真っ黒だから、黄色じゃ目立たないから?、そんなわけないか.........(^^ゞ

2012.06.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

別のはぐれウグイス?が歌う

本館の続き

昼休みのマイフィールド散策はずばり暑かった、そろそろ木陰が恋しい季節かも。これでは鳥達の動きもほとんdのないだろうと思ったら、なんとまたまたウグイスが鳴いていた。越冬ウグイスがいなくなてから戻って来たのは2度目、記録を拾ってみたら前回は「6/05-07」と滞在。それから10日以上経つから、同じ個体の可能性は薄いかな?。

前回の記事は以下。

はぐれウグイスが歌う(2012-06-05)

12/06/18 ウグイス

判断できないよな、無理だよなぁと思っていたら、前回のよりも間違いなく歌っていうか囀りが下手。ということは、きっときっと別のはぐれウグイスだよね。また、今回のは前回と比べて、明るい枝先で歌っている場面を観察できたしね。今どきにはずれウグイスって、あっちこっちほっつき歩いて、いや飛び回っているのかもね。

2012.06.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

もう水棲から陸棲になっちゃったの?

本館の続き

セッカの前に逢いにいったのはサンショウウオの幼体、ここ1、2年、近くの森の泉で育っているのを観察しているので。ここは山奥ではないが、最近珍しい携帯電話の圏外地。更に、今日はあちこちに「クマ注意」の新しい看板多数。最近散策のお供にしているメッセンジャーバックにクマ鈴は入っているが、カランコロンと鳴らしながら歩くにはちょっとなぁ。

さてお目当てのサンショウウオの幼体は?、暗めの泉を覗く。ありゃ!、今日は偏光サングラスしてくるの忘れた!、出掛ける時分は曇りだったので、ついついしてこず。この偏光サングラスがあると、水中をうまく覗けるのだが。ないのは致し方ない、しゃがんでそっとそっと覗くが.......見当たらない......^^;。そっとそっと、枝でこつんこつんとあっちこっち突っついてみるがやっぱりいない。もう水棲から陸棲になっちゃったのかな?、昨季はまだ今ごろまだいたように記憶しているが。他の泉、小川も探してみたが、結局見つからず。もしかして産卵しなかったのかな?、今の時期で逢えないってことはもう今季は出逢えないってことだよなぁ、う~ん寂しいぞ。

他の生き物はヤンマ系がいた、そういえばここも泉ヶ岳山麓のようにエゾハルゼミがいてもよさそうな環境だが、全然鳴き声がしないし、抜け殻もないってことは、標高が関係するのかもね。

野鳥はへぇ~ここにもいるんだと以外だったのがヤブサメ、キビタキ。特にヤブサメが声枯れるほど、元気に元気に鳴いていた。他にホトトギスとノスリっぽい鳴き声も、そして尾がながぁ~い方もいた。


【“もう水棲から陸棲になっちゃったの?”の続きを読む】

2012.06.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

これからの散策はイノシシ注意かも

昨日の晩、毎度のTwitterを読んでいたら、岩手県でイノシシの農作物への被害がというつぶやくが目についた。

その昔、その南隣県の宮城でもイノシシの生息は県南部の丸森町、角田市までだった。が、いつの頃からか仙台市内にも出没するようになり、宮城県のサイトには以下のような情報も載った。

宮城県イノシシ保護管理計画について

保護という文字はあるが、農作物の被害が大きくないよう管理をということらしい。え!、え!、と思ったのが、県南部以北には生息しなかったのは、イノシシの足より根雪がある地域には住めないからだと思っていたが、眉唾だったらしい........^^;.......江戸時代までは本県にも広く生息していたとか.......いったい誰から?、どこから?の情報だったのか。

イノシシの足より根雪がある地域には住めないというのを信じ込んでいたので、まさかまさか山形にはいないだおると思っていたが、根雪が関係ないとするといるわけだよなぁ。最近、捕獲されたってニュースも目にした記憶があるしなぁ。

この記事を書くことになった発端の岩手県の情報、探してみたら以下があった。

岩手県 - イノシシの目撃情報の提供のお願いについて

これまで野山での生き物ウォッチングは、クマに出逢いそうな場所はクマ鈴ぶら下げてだったが、これからはイノシシも注意しなきゃいけないかもしれないなぁ。

出逢った場合の対策は?
 イノシシ 出会ったら - ウェブ検索
にたくさんヒットした。

宮城県のサイトにはないが、仙台市のサイトには以下があった。

野生動物への対応 - よくある質問 | 仙台市
 Q12 イノシシに出会ってしまったらどうしたらいいですか?

出逢ったしまったら興奮させないこと、出逢わないようにするには......イノシシは夜行性で昼間は草深いところなどに潜んでいるから、そんなとこへ行かないことだとか。草深いところに行かないことは、生き物ウォッチング好きだから無理だな........^^;........仙台市内でイノシシに襲われケガ、第一号にはなりたくないけどね.......(*^_^*)

2012.06.14 | | Comments(0) | Trackback(0) |

大詐欺なんでトンボウォッチング......^^;

本館の続き

本館に書いたように蕪栗沼探鳥会にたくさんいたのは.....ダイサギ.....ダイサギ.....大詐欺......^^;.....そんなわけで今日のブログの話題は???.....困ったぞ!....ということでトンボを撮ってみた。

12/06/13 ショウジョウトンボ?

まず最初は赤トンボぐらいの麦わら色のトンボ、あ!、これ、先日マイフィールド散策中にTwitterに、この時期ナツアカネ?アキアカネ?ってつぶやいたらショウジョウトンボの雌では?とコメントいただいたのではないかな。

12/06/13 イトトンボ類

水辺近くには水色のイトトンボがたくさん、ホソミイトトンボでいいのかな?。トンボの図鑑も欲しくなってきたなぁ。

12/06/13 沼アジサシ

今日もメインイベントは......沼上空を飛翔した沼アジサシ、クロハラアジサシ?、ハジロクロハラアジサシ?、羽の裏が黒くないのと嘴が赤いといことで、クロハラアジサシということになった。ダイサギがいっぱいで、他の鳥達が極僅かで大詐欺じゃないかとギャグが出たが、最後の逆転満塁ホームラン来たかも.......(*^_^*)

2012.06.13 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

クロアゲハでいいのかな?

毎年、この時期になるとマイフィールドがいろんなチョウが飛ぶ。

12/06/11 クロいアゲハ

ここ最近はアオスジアゲハ、アゲハと「クロ「い」アゲハ」がよく飛ぶ。この「クロ「い」アゲハ」、カラスアゲハなのか?、クロアゲハなのか?、それとも別の「クロいアゲハ」なのか?、今までよく観察・撮影・識別したことがなかった。

今朝は撮影できたので、我が家の図鑑と、先日書いたスマホにすれば図鑑いらず?に引用したサイトで調べてみた。結果は「い」が取れて「クロアゲハ」だと思うのだが、いいのかな?。

2012.06.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

バードウォッチングならぬリスニングと他の生き物

本館の続き

野鳥の会宮城県支部の早朝泉ヶ岳山麓探鳥会、時期が時期だけにバードウォッチングとは言いがたく、バードリスニング会かな。開始早々、キビタキ、アオジ、クロツグミ、ホトトギス、ツツドリ等が鳴いた。姿をじっくり見ることができたのはコサメビタキぐらい、お約束で「小雨ビタキ」ってな声が聞こえたが、「小鮫ビタキ」なんだよね。

12/06/10 エゾハルゼミ

じっくりじっくり見ることができたのがエゾハルゼミの抜け殻、下見に来た先週はミョーキンとたくさん鳴いていたが、今朝は雨模様で気温が低いため一声も聞かれず。う~ん、何故こんな気温の時に、羽化するのかな?、もっと暑くなってから羽化すればいいのに、真夏に羽化するよりもメリットがあるのだろうか?

今日の探鳥会もメインの目的、オオジシギの草原に行くと......う~ん....影も形もないぞ!、じっくりじっくり時間をかけて耳を澄ますと....ズビヤクが聞こえた......頭上を探すと小雨の中に1羽ディスプレイフライトをしていた。どっちかというと、これもリスニングがメインかな。

12/06/10 モリアオガエルの卵

草原近くの沼には毎年モリアオガエルの卵が木の枝にぶら下がっている、そろそろ時期だよな、と探しに行ってみたら1つもない?、今季は産卵が遅めなのか?、探鳥会の時期が若干早いからかな?。探鳥会終了後、別の水辺も探すと、そこにはあった。というのとは、今まさに産卵期なのかも。

12/06/10 イモリ

モリアオガエルの卵があった水辺いはイモリもいた、お腹に赤いのは見ていないがイモリだよね?、サンショウウオじゃないよね?

ここから先にもう1枚、探鳥会開始早々に道路で轢かれていた生き物を......グロテスクなんで注意.....^^;


【“バードウォッチングならぬリスニングと他の生き物”の続きを読む】

2012.06.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

チーと鳴く鴬色鳥、ホーホケキョと鳴くチョコ色鳥

本館の続き

12/06/07 ウグイス

昼休みも毎度のマイフィールドを散策、そろそろ日陰が恋しい季節になってきた.......(#^.^#)。そんな中ではあるが、今朝に引き続きホーホケキョと鳴いていた。まだ歌いたい気温なのか?、婚活に燃えているのか?。後者だろうだろうなぁ。今朝は被写体として狙ってみたが不発、昼は狙うつもりはなかったがとりあえず姿を探してみると.....頭上をチーとう鴬色の鳥が飛んだ......(*^_^*)......鴬色鳥ではあるが、ウグイスではないメジロね.....^^;。そのうちに花期が若干過ぎて茶色くなってきたニセアカシヤにチョコ色鳥を発見、鴬色ではないけどウグイスね......(*^_^*)。せっかくだから撮ってみた、いまいちではあるが貼ったはそれ。

12/06/07 ハクセキレイ

朝は出逢えなかったハクセキレイにも出逢えた、北東の角と噴水東側にそれぞえいた。北東の角にいる個体は、昨日もみかけた片足の指は欠損した個体。確か、過去にも出逢えたことがあったよな?、MF(マイフィールド)散策記録で探してみたら、はっきりとは書かれていないが「'10/12/16」だった模様。同一個体だとすれば、1年半は元気だったということになる。前にも話題にしたっけか?、記事を探すと片足でも頑張れというのがあったが、場所は我が家近くでMFではなかった。ということは、事故で欠損する個体って結構いるのかな?

2012.06.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

スーパームーンが食った(しょくった)

今晩は天文ショーが続々となんだに書いた部分月食、それも普通より大きいスーパームーンの月食だとか。

急ぎ足で帰宅し、19時前に東の空を見上げると.........え?.......月がない.......(T_T).....まだ上っていないのか、いや違うな雲の中だな。全く出ていないので、家族と夕食を食べ運を天に任すことに......^^;

12/06/04 月食その1

19時半頃にベランダから東の空を見ると.....出た出た!月が!、丸い丸い真ん丸くない......^^;......なんじゃい出たが......右下がまだ雲の中かよ......ん?、でも食が始まっているはず。ビノキュでよぉく見たら、雲の中じゃなくて食だったので。今回こそ、試行錯誤で写真を撮りたい、星空モード、夜景モード、プログラムモード、AIモード....と試すが、全て光がにじんでしまったようでなんだかうまく写らず。今回も試行錯誤失敗で終わりか、と思いつつにじむってことは、オーバー補正で撮ればいいのか?。それが貼ったもの、既に20:17頃で食の最大を若干過ぎていた。

12/06/04 月食その2

次は真ん丸か、食が終わる時間帯まで観察し、最後に撮ってみた。が、が、なんだか右下がまだ欠けている?。ビノキュで見ると、今度こそ雲っぽかった。

曇り空で見られないかな?、と思っていたが、そこそこに満足がいった天体ショーだった.......\(^o^)/

2012.06.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | アウトドア

ドクガの幼虫でいいのかな?

12/06/04 ドクガ?

最近、文一総合出版イモムシハンドブック2を勝った。イモムシハンドブックは既に持っている。薄いので待ち歩きに便利ではあるが、四六時中持ち歩くわけにはいかない。果たして、どうやってうまく使えばいいのか?。得た答えは、イモムシを見つけたらまずは携帯電話のカメラで撮り、Twitterでつぶやこうかと。で、コメントがついたらそれを元に帰宅後に図鑑でチェック、なくても図鑑でチェックと考えた。

先週、その週間が来た!.......が、公園にいた他に人の視線が気になり......断念......(;O;)。その次のチャンス、今日の昼休みに来た!.....\(^o^)/。ムクゲに葉っぱにいた毛虫。ネットでも調べてると、以下もサイトがよさげだった。

幼虫図鑑

右フレームの「縮小画像で検索」を押し、「毛虫(注2)」を押し、「毛虫型の幼虫」でチェックしてみると「ドクガ(毒蛾)」よう。ドクガの幼虫でいいのかな?。

帰宅後はもちろん「イモムシハンドブック」でチェック、その結果やっぱりドクガに見えるな。

2012.06.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

亜麻色の君に再会

12/06/02 アマサギ

今朝は早起きして、泉ヶ岳山麓を散策した。現地へ向かう途中の根白石の田んぼに白っぽい鳥影、ちら見するとシラサギだった。この時期の内陸の田んぼのシラサギは、たぶんチュウサギとアマサギ、アマサギなら是非帰りに観察・撮影し、昨年の亜麻色の貴婦人?貴公子?で話題にした歌を口ずさみたいなぁ......^^;。ということで、帰路は予定通り田んぼでアマサギ探し。また亜麻色がぼわとしているが、無事ゲット!、全部で3~4羽はいた。あ!、アマサギで満足して、チュウサギの有無、確認するの忘れた........(^_^;)

2012.06.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

天文ショーが続々となんだ

先日、金環日食後、ツバメが歌いだすに書いたように、世紀の金環日食を見にいった。

その情報を調べている際、金星の太陽面通過する天体ショーという情報が目についた。確か、それって来週だよね。在住の仙台では何時頃?、ネットで検索してみたら以下があった。

6/6 金星の太陽面通過(仙台市天文台)
 それを見ると、7時10分36秒に太陽面通過が始まり、13時47分32秒まで続くとのこと。早めの通勤すれば、天気次第では公園で観察できるな。

他に、以下の天体ショーもあるんだね。

6/4 部分月食
 食の始まりは全国共通で18時59分、最大食は20時03分に0.37食分、21時07分には月食が終了
 仙台では18時45分に月の出となるため、月の出後すぐに月食が始まる

来月以降には以下もあるとか、いやぁ天文ショーが続々となんだね。

7/15 木星食
8/14 金星食

2012.06.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | アウトドア

【続】 昆虫料理を食べてみたい

先日の昆虫料理を食べてみたいの続き

「昆虫食入門(平凡社新書)」の中に、タイの調味料?香辛料?にカメムシが入ったものがあると載っていたような気がする。読書中の本、前に戻って探してみたら......あった!、あった!....が、カメムシではなくタガメ、それもタイワンタガメだった。読んだばかりなのに、記憶って曖昧ね.....^^;。調べてみたら「チリペースト メンダー味」、メンダーてtのがタイワンタガメのことだとか。チリペースト メンダー味 - ウェブ検索してみたら結構ヒットした。もしかしたら、タイの食材店で買えるかな?。たぶん、買っても家族は誰も使わないと思うが、お試し好奇心をしたい......(#^.^#)

次の話題、更にこの本を読み続けたら、毎年「東京虫食いフェスティバル」というが開催されているらしい。ネットで検索してみたら、以下がヒットした。

昆虫料理を楽しむ : 510「東京虫食いフェスティバルVol.3」
虫フェス : 昆虫食ポータルサイト 「むしくい」

うわぁ、興味津々.......^^;......そのうち試食体験会(昆虫食彩館)に載るのかな?

2012.06.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | お試し好奇心

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数