自然の中での出来事については見守ることが基本

先日、Twitterに、福岡県のサイトに「野鳥のヒナや傷ついた野生鳥獣について」、ズバリなるほどという情報が書かれているというのを目にした。さくっと読み流したが、思い出し再度情報を探してみた。

紹介のwebページは、以下の情報。

野鳥のヒナや傷ついた野生鳥獣について(福岡県庁ホームページ)

要約の要約をすると、「自然の中での出来事については見守ることが基本」ということ。保護するのは、「人が原因で傷ついたものや、数が減って保護が必要な野生動物」とも書かれている、的確に書かれていてなかなよい。

では、在住の宮城県は?............と情報を探してみると、以下のwebページが該当する。

ヒナを拾わないで!! (宮城県公式ウェブサイト)

誤ったことは書いてないが...........いまいちその場に居合わせたら、悩むような書き方だと思う。

一番問合せが多いと思われるサイトには、以下のページあり

ヒナを拾わないで!!キャンペーン(日本野鳥の会)

内容は、福岡と宮城の中間ってとこかな.......(^^ゞ。

もう1つおまけに....お隣の山形県も探してみたら、以下があった。

なぜヒナを拾ってはいけないの?(山形県ホームページ)

ん!、山形県も福岡県と似たような書き方になっていた。

スポンサーサイト

2013.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

今、鳥見も果物狩りも山形が面白い!

先日、山形の鳥相について、以下のような記事を書いた。

仙台と山形の鳥相
【続】 仙台と山形の鳥相

そこに書いたように、山形は仙台のお隣ではあるが、ズバリ観察できる野鳥は特徴がある。過去の記事にも書いたは、この時期に出逢える特徴がある種類は、チゴハヤブサ、アオバズク、トラフズクなど、それから真っ赤な鳥のアカショウビン、それから猛禽類。

他に野鳥ではなく食い気のほうで、サクランボ、蕎麦......温泉もたくさんある。

今、鳥見も果物狩りも山形が面白い!..................よ!................\(^o^)/

食べ物、温泉については、ネット等で情報を収集すれば、それなりに楽しめる、が、が、野鳥観察はそれなりの案内人が必須。その案内人、鳥見仲間さんが以下で始めたそう。

バード・コンシェルジュとびしまんちゅのブログ「鳥いだがぁ?」
  バードウォッチングツアーのご案内
    みちのく初夏の野鳥とさくらんぼ狩り
    みちのく山形の猛禽類と花笠まつり

時間とお金の余裕があり、興味を持たれた方、お勧めかな................私は関係者ではなくて、単なる鳥見仲間です..........念のため......................(*^_^*)

2013.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2013/05/27) クロジ子ちゃん、オオムシクイ

午後に出掛ける予定があったので、昼休みに公園散策をしてみた。仕事が煮詰まっているので.....止めようかとも思ったが......(T_T)......リフレッシュと気合を入れて、が、メモは手抜きしちゃった......(^^ゞ

【 年月日 】 2013年05月27日(月) 11:50~12:50
【 天 候 】 晴れ
【 観察種 】
01.スズメ       02.ヒヨドリ
03.ムクドリ      04.コムクドリ(V3)
05.ハシブトガラス   06.カワラヒワ
07.シジュウカラ(V3)  08.ツバメ(V3)
09.クロジ(V♀1)    10.トビ(V1)
11.キジバト(C1)    12.オオムシクイ(S1)

【コメント】
・コムクドリは、ソメイヨシノ等の実を食べている♀、飛んでいた2羽がいた
 もしかして、今季は繁殖中?
・西中で聞きなれない地鳴きが、もしや渡りが遅いコルリ?、もしやノゴマ?、期待して探すとクロジの♀だった
 クロジの♀なんで、クロジ子ちゃん
・ジジロと鳴くオオムシクイ(旧亜種コメボソムシクイ)、もういないかなぁと思ったら、南西の林で1羽辛うじて聞けた

13/05/27 クロジ

クロジの♀、クロジ子ちゃんだと思う、これから繁殖地の山に行くんだろうか。

2013.05.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

【続】 スーパーヒヨドリ、ヤクショヒヨドリ

本館の続き

13/05/26 イソヒヨドリその2

ヤクショヒヨドリ子ちゃん、たぶん、子育て中なのだろうと思う。しばらく、遠目で観察していたが、餌を運ぶ姿は見かけなかったので、巣立ったヒナを守っていたのではないのかな?

13/05/26 イソヒヨドリその3

スーパーヒヨドリ雄くん、♀はいなかったのでまだ育て中で、餌を探しに行っていたたのか?

2013.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】 仙台と山形の鳥相

本館の続き

仙台と山形、鳥相が違うのは仙台は平野、山形は盆地だからだろうか?

13/05/25 月山

盆地の内陸からは、平野の庄内との間に月山がある、これで庄内と内陸が分断されている。庄内が仙台と似ているかな?。

13/05/25 葉山

月山の隣には葉山が見えた。

13/05/25 ノスリ

本館には書かなかったが、ノスリも多い。鎮守の森、田んぼで普通に目にする。

13/05/25 コムクドリ

どこに行ってもうじゃうじゃういるコムクドリ、いったいムクドリとどう住み分けているのか?

13/05/25 チョウゲンボウ

鎮守の森の樹洞では、チョウゲンボウも子育てをしていた。

13/05/25 トラフズク

冠羽が耳に見える、ウサフズクもいた。

2013.05.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2013/05/23) オオムシクイ、サンコウチョウ通過

本館の続き


【 年月日 】 2013年05月23日(木) 07:50~08:45
【 天 候 】 晴れ
【 観察種 】
01.スズメ(V6,C1)       02.ハシブトガラス(V1,C2)
03.ヒヨドリ(V2,C3)      04.ムクドリ(V7)
05.コムクドリ(V♂1)      06.カワラヒワ(C2)
07.シジュウカラ(V1,C1)    08.ツバメ(V2)
09.キジバト(V2)        10.コゲラ(V1)
11.オオムシクイ(VS1)      12.ハクセキレイ(C1)
13.メジロ(C1)         14.サンコウチョウ(V1)
15.トビ(V1)

【コメント】
・コムクドリは、西中で鳴き声を聞き、姿を発見
・ジジロと鳴く旧亜種コメボソムシクイ、現オオムシクイはウメ林の南斜面にいた
・サンコウチョウは尾が短いタイプ
・ツバメは西側砂利に1羽下りていた

13/05/23 ツバメ

当地でのツバメは、上空を飛ぶ姿を観察できる程度で、地面に降りているを見かけることは極めて稀、過去に巣立ちツバメがあった程度。が、が、今朝は砂利に降りているのを観察。乾いた砂利なので、巣材集めとは思えないし、いったい何をしていたのだろうか?

13/05/23 オオムシクイ

ウメ林の南斜面で、ジジロと鳴く、旧亜種コメボソムシクイを観察。葉っぱが生い茂っていたが、運良く姿を発見、撮影。

13/05/23 サンコウチョウ

1周目の散策では見つけられなかったが、2周目で西中のコブシ?、タムシバ?の樹内にいるサンコウチョウを発見!.......\(^o^)/.....やっぱり通過する時期だったのね。パッと来て出逢えた強運、ありゃ運を使い切ってしまったか.........(^^ゞ。ちらっと見ただけで、すぐ見失ってしまったが、そこから西側の針葉樹で再発見、撮影もすりうことができた。

2013.05.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

榴ヶ岡公園散策(2013/05/21) 初夏の都市公園でコサメビタキが歌う

本館の続き

午後に出掛ける予定があったので、昼休みに公園散策をしてみた。

今朝起きて、窓を開けたらホイホイホイと尾の長い鳥の鳴き声が聞こえたような気がした。耳を済ますと、尾は長い鳥ではあったが、期待のアイリングがブルーな方ではなくて.......翼と尾がブルーな鳥だった。そんなわけもあって、期待はサンコウチョウ!

【 年月日 】 2013年05月21日(火) 11:47~12:47
【 天 候 】 晴れ
【 観察種 】
01.スズメ(V5,C2)      02.ハシブトガラス(V1,C3)
03.カワラヒワ(V2,C3)    04.ヒヨドリ(C4)
05.コサメビタキ(VS1,V2)   06.ムクドリ(V6)
07.シジュウカラ(V3)     08.コゲラ(C1)
09.ハクセキレイ(C1)     10.ツバメ(V1)
11.トビ(C1)

【コメント】
・コサメビタキは、北側テラスの西端っこで囀っていた個体、北西の林に1羽、西中の林に1羽いた
・ハシブトガラス(1)は、子育て中のムクドリの巣を狙っていあt
・トビは警戒する鳴き声、おそらく、カラスにちょっかいを出されていたと思われる

13/05/21 コサメビタキその1

西中の林を動き回っていたコサメビタキ。


13/05/21 コサメビタキその2

北側テラス北側の木で歌っていたコサメビタキ、初夏の都市公園でコサメビタキが歌う風景ってなかなかよい!。この囀り、複雑で文字にできないが........(^^ゞ。

2013.05.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

撮り鳥やさん、写真好きにはお勧めかもInstagram

Twitterをやっていて、時々、「instagram.com/p/.....」というのを目にする。

いったい何もの?、とつぶやいてみたら「写真メインのSNS」というコメントをいただいた。ん?、Twitterだって写真は貼れるし、どこが違うのかわからない。体験してみるのが、一番とネットで情報を探してインストールしてみた。参考にしたのが、以下の情報。

ASCII.jp:カッコいい写真を投稿できる「Instagram」を徹底解説 (1/3)|柳谷智宣の「神アプリの説明書」
Android版 Instagram(インスタグラム) ダウンロードと使い方

ほんでもって開設したのが、以下のURL

magpie_sendai on Instagram

アプリはiOS用が先にリリースされAndroid用もある、パソコンのプラウザからは閲覧可能、いいねも可能、コメントも可能だが、写真のアップはできないらしい。

どんなものか体験するためインストールしてみたが、これがなかなかよい。Twitterで十分かなぁと思っていたが、連携もできるので写真メインはこっちが楽かも。

で、で、撮り鳥やさん、写真好きさんでブログをやってみたいが、いまいち敷居が高いしって方々にお勧めかも、但し、スマホは必須ふぁけど。アップする写真は、 Instagram自体でも撮れるし、スマホのカメラで撮ったのをアップするのもできる。また、デジカメで撮ったのをパソコン経由でスマホの送ってアップもできる。

デジカメやスマホで写真を撮ってはいるが、撮り貯めいるだけで自前で公開の場を設けていない方々、これお勧めだと思う!

2013.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

子平町の樹齢400年の藤の花

昨日は本館、やっぱり環境なんだ、コムクドリに書いたように、朝一で子平町にある千田邸の樹齢400年の藤の花を見に行った。

以下、その写真を貼ってみようと思う。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花1

事前調査によるると、2013年の一般公開は5月13日(月)~19日(日)までの1週間、時間は午前9時30分から午後5時までとのこと。随分早く着いたので、周辺を散策し時間をつぶし、数分前に門も前に。開門を待つ方の列少々、3人ぐらいいたかな。開門間近になったら、プラス3人ぐらい。もっと、もっとたくさん並ぶかと思ったら、そうでもなかった。貼ったのはその門。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花2

門には、一般公開について張り紙がしてあった。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花3

入ってすぐにの風景、仙台市の天然記念木の看板あり。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花4

看板の拡大。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花5

いままさに、満開かと思ったら、やや早かったよう、。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花6

樹齢400年というので、大木をイメージしたが、藤は大木にはならないらしい。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花7

地下茎で繋がって、複数からツルが出ていた。

13/05/18 子平町の樹齢400年の藤の花8

1番、鮮やかに咲いていたところ。

満開にはやや早かったので、来年も行ってみたくなった...............(*^_^*)

2013.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

イソヒヨドリが食べているのはオケラ?

昼過ぎ、以前話題にしたヘビイチゴが虫刺されに効くらしいを作ろうと、ヘビイチゴ探しをした。

まずは焼酎、果実酒用ではなくて、ワンカップを利用するのがらしい。アルコールは35%がいいらしい、それを探してみたが果実酒用以外は25%だった.........(T_T)。次、ヘビイチゴを探しにあちこちに行ってみたら、ない!、ない!、ない!、どうもまだ花期で実がないっぽかった。

がっかりしての帰路、イソヒヨドリ♂を観察。

13/05/18 イソヒヨドリその1

せっかくの出逢い、撮影させてもらうと、ん?、餌をくわえている、近くで子育て中なんだね。

13/05/18 イソヒヨドリその2

何枚か撮ったら、餌はオケラっぽかった。オケラっぽいなぁの写真、トリミングしてみた。

2013.05.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 野鳥

期待のミョウキンゼミは聞けなかったがトンボはいた

本館の続き

13/05/18 トンボ

子平町にある千田邸の樹齢400年の藤の花を見、仙台の寺町で鳥見をした後は、来月、野鳥の会宮城県支部で探鳥会が実施される泉ヶ岳へ行ってみた。時間が遅かったので鳥たちはたぶん少ないだろう、そんなわけで1番の期待は「ミョーキン(私はビョーキーと聞こえる)」と鳴くエゾハルゼミ。結果は、気温が上がり、間違いなく鳴くだろうと思ったが一声も聞かれず、抜け殻も探してみたが見つからず。まだ、やや早いのか?、代わりってわけじゃないが、小さなトンボはいた。

出逢えた鳥たちは以下、使ってみれば案外いいぞ、メモアプリのEvernoteに書いたアプリでメモしてみた。

01.アオジ   02.ヒヨドリ    03.コゲラ
04.ウグイス  05.クロツグミ   06.アカハラ
07.ホオジロ  08.キビタキ    09.シジュウカラ
10.ヤマガラ  11.メジロ     12.ヒガラ
13.モズ    14.ハシブトガラス

2013.05.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

クサチヒヨドリぐらいか......=^O^=

昨日は晴れたもののいまいちぱっとせず、今日の仙台も晴れ、今日は正真正銘の五月晴れって言っていいかと。

そんなわけで職場近くの公園をちょっとだけ散策してみた、昨年晩夏だったか晩秋だったかに一度行ったことがあるところ。その時はあまりパッとしなかったが、今どきは夏鳥の渡りの季節、もしかして青い鳥、黄色い鳥に出逢えないかとちょっとだけ期待して。

13/05/17 イソヒヨドリ

結果はカワラヒワ、ムクドリ程度がいただけで...........寂しい限り.............(T_T).........が、最後の最後にツグミ台の鳥影。近づいいてみたら、昨今街中で増えているビルヒヨドリだった。この個体もビルヒヨドリ?、行動を観察すると、公園の芝生に下りて採餌、枯れ幹のてっぺんに止まったり、餌に止まったりしていた。ここのは、ビルヒヨドリっていうよりクサチヒヨドリかなぁ............=^O^=......正式和名のイソヒヨドリ、どう考えても合わないよね........(^^;

2013.05.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

渡りのキビタキが♂若、♀になってきたかな

本館の続き

午後に出掛ける予定があったので、昼休みに公園散策をしてみた。

【 年月日 】 2013年05月15日(水) 11:54~12:45
【 天 候 】 曇り
【 観察種 】
01.スズメ(V11)       02.ハシボソガラス(C1)
03.ハシブトガラス(V1,C1)  04.ハクセキレイ(V2)
05.ムクドリ(V6)       06.シジュウカラ(C1)
07.トビ(V1)         08.ヒヨドリ(V5)
09.キビタキ(V♂3♀1)    10.コゲラ(C1)
11.メジロ(V1C1)       12.キジバト(V1)
13.カワラヒワ(C1)      14.クロジ(V3+-)
15.アカハラ(V5+-)      16.センダイムシクイ(S1)

【コメント】
・キビタキは北西に林、黄色みが薄い♂の若い個体、♀もいた
・西中の薮の中でツグミ類っぽいのががさごそ、確認するとアカハラが複数出てきた
 他のツグミ類との混群の可能性もあるが、そこまでは確認できず
・クロジっぽい地鳴きがするなぁと思い、粘って姿を探すとピンポンだった
・スズメ、ムクドリは既に子育て中のよう、ヒナっぽい鳴き声がした
・トビは過去に営巣した木の梢付近に止まっていたので、今季も営巣中の可能性あり

13/05/15 キビタキ♀

北西のカエデ系にいたキビタキ♀、クルクルという鳴いていた。

13/05/15 キビタキその1

北西の杭に止まったキビタキ♂。喉は山吹色だが、背中の黒が薄い、若い♂かな。

13/05/15 キビタキその2

北西のフェンスに止まったキビタキ♂。喉は山吹というよりレモン色、背中の黒が薄い、若い♂かな。

13/0/15 アカハラ

藪に潜んでいたツグミ類、粘って写真を撮ったらアカハラだった。

13/05/15 クロジ

アオジの地鳴きじゃないよな、クロジだよな、が、姿を見ないとと思い、粘って撮ったらやっぱりクロジだった。

2013.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

使ってみれば案外いいぞ、メモアプリのEvernote

スマホを使い始めてから約2ヶ月、ゲームはしないし、音楽も聞かないがそれなりに使っている。

スマホは買ったままでは使い難い、不要なアプリは削除、便利なアプリはインストールをそれなりにした。便利という情報を見聞きしインストールしたが、つい最近まで使っていないアプリがあった、以下はそれ。

Evernote(Google Play の Android アプリ)

アイデア次第では最高に便利という歌い文句だが.........アイデアが浮かばない、必要性もない......そんなわけでずっと放っておいたが、重い腰を上げてみた.........(^^;

あったら便利なアイデア、まずは通勤電車の時刻表。

駅に貼ってある時刻表を撮影し、それもメモとして貼る方法もあるらしいは、時刻表サイトの印刷ページを画面キャプチャーして、メモとして貼り付けてみた。これがなかなかよい!.........\(^o^)/。貼り付けた画面は小さいが、タッチパネルで拡大できる、こりゃええわ!。

次、時々参加している野鳥の会宮城県支部の探鳥会情報、以下からコピー&ペーストでメモにしてみた。

探鳥会予定 - 日本野鳥の会 宮城県支部(Yahoo!ブログ)

これまでは手帳を見たり、ネットでアクセスして見てたりしたが、このメモで楽々に参照可能。

その他、これからやりたいこと、調べたいこと等、いろいろメモした。

更にChromeブラウザでスマホとブックマークを共有と、その他のブックマークもメモにしてみたら、そこから該当サイトへアクセスも出来るようになった。

タグをつけたら更に使いやすくなったし、同期機能を使うとスマホと自宅・職場のパソコンで同じ情報を共有できると、なかなか便利もん。

2013.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

鳥の匠、ん?、巣の匠?

13/04 エナガ

先日のとある日、とある場所を散策していたら、エナガが餌を運んでいた。

何気なく目で追うと、おぉ!。、おぉ!、クモの巣を匠に使った見事な巣があった。

エナガって、エナガって「鳥の匠」、いや、「巣の匠」、いや、「巣作りの匠」だよねぇ。

2013.05.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

おかえり!、チュウサン

本館の続き

13/05/11 ウミネコ

水が張られた、田植えが済んだところでアマサギを探していると、タンボネコがいた.......(*^_^*).....本名はウミネコだが、海じゃくて田んぼだから......^^;

13/05/11 チュウサギ

アマサギ、アマサギ、とシラサギ類をチェックすると、ダイサギとチュウサギがいた。ダイサギはたぶん留鳥のチュウダイサギだろうなぁ、チュウサギは夏鳥だからおかえりかな。残念ながら、田んぼに降りているアマサギの姿は探せなかった。

13/05/11 ヒバリ

別の田んぼでは、地上でヒバリが囀っていたので、撮ってみた。

2013.05.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2013/05/10)【続】 都市公園でツグミ、ムシクイ、ヒタキが乱舞

別館の続き

【 年月日 】 2013年05月10日(水) 7:45~8:40
【 天 候 】 晴れ
【 観察種 】
01.ヒヨドリ(V3)      02.カワラヒワ(C1)
03.スズメ(V16)       04.ハシブトガラス(C2)
05.ムクドリ(V2)      06.アオジ(C1)
07.アカハラ(V1)      08.ハクセキレイ(V1)
09.シロハラ(V1)      10.シジュウカラ(V3)
11.センダイムシクイ(VS2)  12.エゾムシクイ(VS1)
13.キビタキ(V♂1,S1)    14.コサメビタキ(V1)
15.ツバメ(V2)        16.コゲラ(V1)
17.ヤマガラ(C1)      (18.シメ(V2)

【コメント】
・ツグミ類は姿を確認できたのは2種(それぞれ1羽)だが、地鳴きからはもっといた
・センダイムシクイ、エゾムシクイはカリン林周辺
・キビタキは、ツクツクボウシ似の囀りが南側、姿は南東の林
・クロジらしき地鳴き、シルエットを見かけたが、特定するには至らず
・シメはこの時間帯以外、参考記録

13/05/10 コサメビタキ

コサメビタキも初物だったので、随分高いところではあったが撮ってみた。なんだかなぁな写りではあるが、貼ってみた。最低でも、おめめクリクリなお顔が写ればよかったんだけどね........(T_T)

2013.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

あ!、ツルだ!......(#^.^#)

本館の続き

13/05/09 ダイサギ

本館に書いた「小さな男の子「ツルがいるよ!」との声」、せっかくチュウダイサギを撮ったんで貼ってみた。目先が緑色、夏羽っていうか婚姻色になっていて中々綺麗。今どき、ここにいるってことは、近場で繁殖もするってことなんだろうなぁ。思い当たる繁殖地は、以前調査等に行ったことがあるキリンビール工場の敷地内。東日本大震災で大きな被害を受けたが、操業を再開しているはず。サギのコロニーも復活したのかな?、大震災以来行ったことがないが、そのうち行ってみようかな。

13/05/09 アカハラ

本館に書いた、我が家すぐ近くの公園にいたアカハラ、これもなんとか撮れたので貼ってみた。

2013.05.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2013/05/08) 赤、黄、青い鳥が乱舞、黒も?

本館の続き

午後に出掛ける予定があったので、昼休みに公園散策をしてみた。

【 年月日 】 2013年05月08日(水) 11:50~12:50
【 天 候 】 晴れと時々曇り、やや風強し
【 観察種 】
01.スズメ(V5)     02.センダイムシクイ(S1+)
03.ツバメ(V2)     04.ハシブトガラス(V1)
05.アカハラ(V2)    06.ムクドリ(V3)
07.ヒヨドリ(V3)    08.ハクセキレイ(V1)
09.アオジ(C1)     10.カワラヒワ(C2)
11.コゲラ(C1)     12.キジバト(V1)
13.キビタキ(V♂3)   14.オオルリ(V♂3)
15.コムクドリ(C1)   16.クロジ(V2+)

【コメント】
・アカハラは西中の薮の中にいた
・キビタキは、西中の低木、ウメ林、御衣黄の若干上にそれぞれいた
・オオルリは、ウメ林、カリン林に2羽いた
・センダイムシクイは、ウメ林でチヨチヨビーと鳴いていた
・コムクドリは鳴き声のみ、やや自信なし
・クロジは肉眼のみでの観察のため、やや自信なし
・赤(アカハラ)、黄(キビタキ)、青い鳥(オオルリ)が乱舞と最高の散策だった、黒(クロジ)も撮れたらよかったが

13/05/08 アカハラ

南西側から公園に入ると、望遠レンズをもった鳥見仲間さんに出逢った。レンズの先には、お腹が赤っぽいツグミ台の鳥影が。アカハラ?、クロツグミの♀?、マミチャジナイ?、伺うとアカハラとのこと。私もお腹の赤だけしか映らなかったが撮ってみた。

13/05/08 キビタキその1

祝日月曜の「間近でキビタンなら都市公園かも」を期待し、北西のポイントに行ってみたが、ここには鳥影ほとんどなし。代わりに、西中の低木に中にキビタキ♂がいた。黄色ではあるが、囀らないと木々と同化して目立たない。

13/05/08 オオルリその1

ウメ林付近にクロジっぽい鳥影が複数、何度か姿を追うと代わりにオオルリ♂を発見!。

13/05/08 キビタキその2

オオルリを撮っていたら、ここにもキビタキ♂がいた。先に貼った個体が移動してきた可能性もあるかな?

13/05/08 オオルリその2

カリン林にもキビタキとオオルリ、一瞬だけツーショットの場面は見られたが、残念ながら撮れず。ここには、オオルリ♂が2羽いた。2羽いたオオルリのうち、瑠璃色が鮮やかな個体。

13/05/08 オオルリその3

瑠璃色がやや黒っぽい個体、たぶん、若い個体だろうなぁ。

2013.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

今季はチゴハヤブサが早いらしい

午前は冬鳥、午後は夏鳥(2013-05-04)の続き

13/05/04 チゴハヤブサ

山形市周辺の寺社仏閣巡りの鳥詣、チゴハヤブサも撮ることができたので貼ってみた。確か、いつもの年はサクランボ狩りが始まった頃にやって来たんじゃなかったけかな?。出逢いやすくなる頃が、その時期だったっけかな?。うろ覚えではあるが、鳥見仲間からの情報でこれまでで1番早いのではないかとのこと。余りにも早すぎ、渡りの途中で居つくかどうかという話もあるらしいが、ディスプレイ飛行も見たので繁殖するんじゃないかな?。

2013.05.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2013/05/06) 緑のサクラ、御衣黄が見ごろ

本館の続き

【 年月日 】 2013年05月06日(祝(月)) 10:00~12:00
【 天 候 】 晴れ
【 観察種 】
01.コゲラ(V1)     02.キビタキ(V♂3+-)
03.トビ(V1)      04.シジュウカラ(V2)
05.アオジ(C2)     06.センダイムシクイ(V1+)
07.ハクセキレイ(V1)  08.ハシブトガラス
09.スズメ       10.ムクドリ
11.ヒヨドリ      12.キジバト
13.ツバメ       14.シメ(C1)
15.マヒワ

【コメント】
・キビタキは、♂同士がブンブン羽音を立てていた
・観察記録はメモせず、記憶を頼りに.......^^;
・センダイムシクイは頭央線で識別が1羽、識別できないムシクイも
・マヒワはチュィーンと鳴いて飛んでいた

13/05/06 御衣黄その1

噴水の南東側下にある、緑もサクラ、御衣黄が満開で見ごろ

13/05/06 御衣黄その2

全体ではいまいち色がわかり難いので、花を拡大してみた

13/05/06 御衣黄その3

更に花を拡大、緑の花がやや盛りを過ぎたためか白からややピンクにかわりつつあった。

2013.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数