レンズだけカメラ「DSC-QX10」で撮り鳥

この春、携帯をスマホにした際、どうせならカメラの望遠レンズ機能がついているのが欲しかった。が、どの機種にもそんな機能はなし。なんでも、この薄さ、大きさではその機能を付けるのは無理ということだったとか。

それから数ヶ月経ったある日、ソニーからスマホに接続して使える望遠レンズもどきが発売されるという情報を目にした。それほど高くないなら是非購入したいな、もちろん使い勝手もあるけれど。発売近くなったら、以下のような情報を見つけたので読んでみた。

レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(後編) (1/3)
レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(前編) (2/3)
レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(後編) (3/3)

なるほど、スマホには接続はしてもしなくてもいいのか、Wi-Fi通信になるのか。発売されてから現物みてからでもいいかな、が、即完売で入荷待ちってのもなんだな。ということで、発売前にカメラのキタムラに行って聞いてみたら、価格はたぶん一番安い、が、ネックは発売当日に入荷せず、注文必須で11月に入らないと入荷しないとのこと。う~ん、欲しくなったら待つのはなぁ、ということでヨドバシカメラに聞いてみたら発売日に入荷あり、それもまだ予約いっぱいではないらしい。価格を聞いたら、やや高めだったがポイントがつくというので即決予約をした........(^o^;;

発売日の翌日の土曜、現品を引き取りに行き、実家へ帰る帰る予定があったのでそのまま実家へ。到着後、開封すると、まずは充電しなきゃいけないってことで充電開始、更にスマホにそれを制御するアプリをインストール。購入した日は、それまでで終了。

次に日、初撮り鳥は電線にいたスズメ、その次は神社の落ち葉を上を歩いていたキジバト、その次はNDスタジアムのモンテ参戦に行った際、遥か遠くのの向こうにいた相手チームのマスコット一平くんを撮って、そろぞれInstagramに貼ってみた。キジバトは、切り張りしてシメシメじゃないな……(^^;にブログの記事として貼った。



その後は、自宅近くの公園でジョウビタキを狙ってみたが、動きが追いつけずデジカメ撮影に変更。(撮りジョビ太........\(^o^)/)。その後、同じくその公園で赤とんぼ(動きが少ない生き物なら)、通勤途上の小河川散策でも赤とんぼ(通勤小河川散策にもジョウビタキ)を撮った。そして、今朝の通勤途上の小河川散策で、対岸の電柱に止まっているアオサギを撮ってみた。貼ったのは、撮ったすぐにInstagramにアップしたのを利活用。今日の本館にも書いた通り、使い勝手は大きめので動きがない鳥であればそこそこに撮れると思う。小鳥でも近くで、動きがない場合もそこそこに撮れるのでがないかと思う。きっと、先日撮り鳥逃がしたジョウビタキ、縄張りがしっかりしてきて、見通しがよいところに止まるようになると撮れるのではないかと思う。

スポンサーサイト

2013.10.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

仙台花壇名物クルミ割りカラスの残骸?

昨日は、本館のキヅタの花にスズメバチに書いたように、野鳥の会宮城県支部の青葉山平日探鳥会の参加した。

探鳥会のコースは、毎月第一日曜の青葉山探鳥会とは違い、集合場所から大橋を渡り、下流へ向かって左岸を評定河原橋まで歩いた。よくよく確認したら。青葉山探鳥会ではなくて広瀬川平日探鳥会だったが........(^^;。



そのコースの最終地点近くは、自動車学校の車にクルミを割らせて食べる「クルミ割りカラス」が有名.........だったはず。確か、クルミ割りカラスの発見はここが最初だったはず.........自信はないが.....(^^;。今では全国的に見られる事象で、それほど珍しくなくなったが。それらの行動をすると思われるカラス、姿を探してみたら、自動車学校のコースの鉄柱に2羽いた。やるかな、やるかな、と期待して視線を送ってみたが観察できず。代わりにと言ってはなんだが、貼ったような割れたクルミを見つけた。ほぼリアルタイムでInstagramに貼ったら、綺麗に割れているねというコメントをいただいた。え!、綺麗すぎて車が轢いて割れたのではない?、この近辺にはホンドリスもいるし。もしや誤認か?、と思ったが、よくよく見直せばリスにしては割り方が雑、なのでやっぱり「仙台花壇名物クルミ割りカラスの残骸」じゃないかな?................真相は如何に................(*^_^*)

2013.10.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

バードリサーチに報告したよジョウビタキ初認記録

昨日の本館の記事、橙の鳥、青い鳥×2に書いたように、今季初ジョウビタキを観察、残念ながら写真は撮れなかったが。

2013/10/23 季節前線2013ジョウビタキ

ブログには書いたが、どっかに報告もでき役に立ったらいいなぁと思ったら、野鳥の会宮城県支部ブログそろそろジョウビタキに出逢える季節という情報。

せっかくだから、そのバードリサーチにアクセスをして「 季節前線ウォッチ > 調査結果2013」の報告をしてみた。ジョウビタキ以外にも、屋敷林を中継地にヒヨドリの渡りに書いたヒヨドリの渡りもね。

2013.10.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

バリバリ現役なんだ中山式快癒器.....(*^_^*)



最近はそうでもなくなったが、バリバリの肩凝りさん。最近そうでもなくなったのは、年取ったせい?、いや、逆か?.......(^^;。肩が凝ると、目にきて、更に頭痛に発展する。そんな私、昔から愛用しているのは貼った中山式快癒器。子どもの頃から実家にあり、それをもらってきたもの。見てわかる通り、年季が入っていて、人には見せられないような代物、っていうかネットに貼っちゃているけど........(^^;。

今時、この種のものは売っていないだろうなぁ、と思っていたらInstagramに貼ったら、バリバリ現役らしい。え?、そうなの?、ネットで調べてみたら...........あった、あった...............(*^_^*)

快癒器 - 中山式産業

昭和22年(1947年)に発売以来、半世紀以上も愛され続けている当社一番のロングセラー商品だとか。

年季が入ったのは実家に返し、新しいのを買おうかな。いろんな商品が出てて、ふわふわマジコってのがいいなぁ、持ち運びも便利っぽいし。

私と同じ肩凝りさんに、お勧めかもなぁ................(*^_^*)

2013.10.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

榴ヶ岡公園散策(2013/10/12) アオマツムシは真昼間でも鳴くらしい

先週土曜の「榴ヶ岡公園散策(2013/10/12) ヒタキ類の群れ」の続き




先週土曜の記事には書かなかったが、ウメ林に行くと、アオマツムシのようなそうでもないような?鳴き声はウメの木の梢からした。まさか見つけられないだろうなぁ、でもひょっとしたら?、と視線を向けてみると、それらしき緑色の生き物が動くのを見つけた........\(^o^)/.......ビノキで確認するとアオマツムシのよう、貼ったのはそれ。



しばらく観察していると、羽をガルウィングのように跳ね上がて鳴き始めた。先日から賑やかに鳴き始めたアオマツムシ、実は姿は下の子が小学校2年生頃(アオマツムシの北限(2006-04-27))に見たのみ。

へぇ~、夜じゃなくても鳴くんだ!、とTwitterでつぶやいたら、気温が低くなると真昼間でも鳴くというコメントを頂いた。また、鳴き声は文字で表現するのは難しいが、夜のとは違うとも。確かに、毎度夜の聞いている鳴き声とは違っていた。

2013.10.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

榴ヶ岡公園散策(2013/9/11) オオルリ♀

Instagramには、写真を貼ったが、ここには書いていなかったので改めて貼ってみた

【 年月日 】 2013年09月11日(水) 昼休み前後
【 観察種 】
01.オオルリ(♀1)



最初はキビタキ♀かと思ったが、大きさ、喉の赤っぽい色からオオルリ♀と識別

2013.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2013/9/19) 赤色型ツツドリ、キビタキ♀

Instagramには、写真を貼ったが、ここには書いていなかったので改めて貼ってみた

【 年月日 】 2013年09月19日(木) 昼休み前後
【 観察種 】
01.ツツドリ(V1)  02.キビタキ(V♀1)



やや迷ったが、キビタキ♀でいいよね?



赤色型のツツドリ

2013.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

榴ヶ岡公園散策(2013/9/25) 赤色型ツツドリ2羽?

Instagramには、写真を貼ったが、ここには書いていなかったので改めて貼ってみた

【 年月日 】 2013年09月25日(水) 昼休み前後
【 観察種 】
01.ツツドリ(V2)

【コメント】
・公園1周で、以下の二箇所で赤色型ツツドリを観察
 もしかすると、同じ個体の可能性もあるが、判断できず



南東のカリン林の南側の桜にいた。



北西の林にいた。

2013.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

榴ヶ岡公園散策(2013/10/12) ヒタキ類の群れ

本館の続き



貼ったのは、キンモクセイの花きりスズメの下のキンモクセイの絨毯

【 年月日 】 2013年10月12日(土) 9:45~11:40
【 天 候 】 曇り
【 観察種 】

01.スズメ(V9)      02.ハシブトラス(V4,C1)
03.シジュウカラ(V4,C1) 04.ヒヨドリ(V6,C1)
05.ハクセキレイ(C1)   06.ムクドリ(V7)
07.コゲラ(V2,C1)     08.キビタキ(V♀2+)
09.モズ(C1)       10.メジロ(V2)

【コメント】
・ヒヨドリは、ユズリハの実を食べていた
・スズメは、キンモクセイの花切りをしている個体がいた
・キビタキは、ヒタキ類の群れ4羽+、キビタキ♀と識別したのは2羽。その他にオオルリ♀っぽいのもいたが、識別に至らず

2013.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

Instagramアップ、1000投稿に!

怒涛?のInstagram画像アップ.....(*^_^*)、めでたく.........キリ番の「1000投稿」を達成.............\(^o^)/.......以下に、その画面をスマホで画面キャプチャーして、昨日書いたInstagramにアップの画像をブログで連携をしてみた。



一番最初に写真をアップしたのは「5/16」、それから5ヶ月で1000投稿。計算してみると1日当たり5~6枚、エンジョイし過ぎかなぁ.............(*^_^*)

感想はズバリ、撮り鳥やさん、写真好きにはお勧めかもInstagramかな。【続】 撮り鳥やさん、写真好きにはお勧めかもInstagramも................(*^_^*)

2013.10.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

福島グランデコから宮城へ北上するアサギマダラ

【続】 仙台市内のアサギマダラは福島グランデコからやってきたの続き..............といえば続き...........(*^_^*)



本館の仙台市内のアサギマダラは福島グランデコからやってきたの「PS2」に書いたように、南下せずに一生を終える個体もいるのでは、是非探してみてはと、マーキングされた方から言われた。

夏場の蔵王であればヨツバヒヨドリ、秋の平地であればフジバカマだが、これからの季節はどんな花で探せばいいのか?。ネットで検索したら、以下が見つかった。

アサギマダラが集まる花(大阪周辺)

ズバリ、いろんな花に来そうだなぁ、ということは絞れないような気も.............(^^;。主にキク科っぽいが、植物園や、植物がたくさんある公園に行くぐらいしか思い浮かばない。

検索している中で、以下も発見。

福島県グランデコから宮城県蔵王にアサギマダラが約55km移動した....

福島グランデコから宮城へ北上するアサギマダラって、前例が複数あったのね。季節は8月~9月で、10月というのはないが。

その他、以下も非常に参考になる。

驚異の飛翔2000キロ アサギマダラの神秘

貼った写真は、ここのブログ、Instagramにアップした画像も取り込めるらしいので試しにやってみた。

2013.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

Instagramにアップの画像をブログで連携

7月下旬に書いた「怒涛?のInstagram画像アップ.....(*^_^*)」、今も健在...............(*^_^*)

すっかり生活に一部になってしまった..............(^^;...........週末の出かけた際は、被写体を探し、シャッターを押しアップ。平日は、通勤途上の川原等で被写体探し、スマホ撮影なんで草花、昆虫類が主。先日、「スマホでも野鳥撮影の時代?で話題にしたレンズを買えば、鬼に金棒......というか更に楽しめる。

アップするのも、「いいね」ボタンを押しもらえるのも楽しいが、他の方の写真を見るのも楽しい。

更に、本日、ここのブログに記事を書いている際、「Instagram」のマークを発見した。ん?、いったい?、もしやInstagramにアップした画像を使えるの?。ボタンを押し説明を読んだら、ピンポン!、アップした画像を利用できるそう。こりゃ便利、これまではスマホで撮った写真、ブログでも使う場合は、別にアップしていたが、この連携使えば一度で済む。

ここのブログだけ?、goo blogは?、livedoor blogは?。調べてみたら、前者は機能見当たらず、後者はあった.........\(^o^)/

2013.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

【続】 仙台市内のアサギマダラは福島グランデコからやってきた

より大きな地図で 38.239073,140.87395への徒歩ルート を表示

本館の「仙台市内のアサギマダラは福島グランデコからやってきた」に書いた記事、プレビューでみたらGoogleルートマップのタグ(iframe)正常に表示できていたが、実際の書き込みをしたら見えなかった。

そんなわけで本館(goo)には、画像をキャプチャーして貼った。ここのブログでは見られるのを確認したので、以下に改めてタグ貼った。

右上の+(拡大)、-(縮小)、上下左右矢印(移動)も使える。また、「より大きな地図で」も利用可能。特に使うことはないようにも思うが、せっかくの機能だからね................(*^_^*)

2013.10.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

【続】 平地でアサギマダラをマーキング!

本館の続き

先日に引続き平地でアサギマダラをマーキング!をした。

13/10/04 アサギマダラ再捕獲

最初に捕獲したのは、既にマーキングされていた個体。本館にも書いた通り、「デコ 8/31 SRS  3572」と書かれていた。

13/10/04 アサギマダラ(SYF4)

再捕獲した個体、左側に「SY4」とマーキング。ほんとうなら、前回の続きで数字は「7」とすべきを、前回とタブってしまった........(-_-;)......他の方のマーキングした個体を捕獲したので舞い上がっていたんだな、きっと...........(*^_^*)

13/10/04 アサギマダラ(SYF7-8)

その他2頭いたので「SYF7~8」をマーキング、全て♂だった。

2013.10.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

ツリガネニンジンって山菜の王者なの?

先日、我が家近くの田んぼに稲刈り鳥ことノビタキを探しに行った。その際、田んぼの畦等にツリガネニンジンの華麗な花がたくさん咲いていた。

13/09/26 ツリガネニンジン

綺麗だったのでスマホで撮って、Instagram貼ってみた。ツリガネニンジンという名前、由来はきっと花がツリガネのような形をして、根っこがニンジンみたいだからではないかと思った。そのニンジン状の根っこ、是非見てみたいと引っこ抜いたがさっぱりそれらしきがなかった。っていうか、根っこが出てこず茎でちぎれてしまった可能性大だが。

その後、同じツリガネニンジンをInstagramに貼った方がいたので、根っこのニンジンを見たことあるか?、とコメントしたらないそう。え!、もしかして根っこはニンジン似じゃないのか?。図鑑を見てみたら、なんとかニンジンに葉っぱが似ているからと書かれていた。こりゃやっぱり、根っこがニンジンじゃないんだ.........(^^;

念のため、ネットでも検索してみたら.................え!、え!..........ややニンジン似で食べれるらしい。

ツリガネニンジンの根の天ぷら(野人エッセイす - Ameba)
ツリガネニンジンの根を食べました(ZTV)

なんと「山菜の王者とも呼ばれるツリガネニンジンの根」とも書かれている、ってことは美味しいのか。出身の山形では、全国的に雑草と言われる、例えばスベリヒユ(ヒョウ)も食べる食文化がある。その山形でも、ツリガネニンジンを食べるとは聞いたことがない。

前述した引っ張ってもニンジンが出てこないは、やっぱり切れちゃっていたらしい。根を採るには、シャベルで掘る必要があるんだとか。山菜の王様と呼ばれているのなら、食べてみたい気もする。料理は天ぷらがいとか、天ぷらはやらないからなぁ..............(^^;

2013.10.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

作ってみたいマテバシイご飯、スダジイご飯

13/09/29 栗ご飯

この前の日曜、アサギマダラのウンチクを語る方多し(^^;に書いたように散々遊びまわって自宅へ帰ると、ポストに栗が三個入っていた。こりゃきっと、下の子が拾ってきたんだな、せっかく拾ってきてくれたのだからと、栗ご飯を作ってみようと思った。

が、自炊歴はそこそこだが作ったことがない、ネットで調べるという手もあるが、手っ取り早いということで実家の母親に電話で聞いてみた。それによるとレシピは簡単、まずは皮剥いて、渋皮も剥いて、軽く茹でて残った渋皮も剥く。その後、お酒少々、塩少々を入れてご飯を炊くだけと。初体験で作ってみたが、子どものも好評だった、貼ったのはその栗ご飯。

栗といえば似た仲間にどんぐりがある、美味しくないので基本的に食さないらしいが、その中でもマテバシイとスダジイはそこそこ美味しいらしい。そういえば、過去にそれらの実探してみたことがあったっけ。過去記事を探すと、以下があった。

マテバシイを生食したい、仙台にはないの?
寒空の中、マテバシイ探し

その記事を書き、結局拾えたんだっけ。

きっと私と同じ考えの人いるんじゃないの?、ネットで探してみたらやっぱりいた............(*^_^*)

スダジイのどんぐりご飯
マテバシイで、おいしい、おいしい栗ご飯♪

それらを見ると作り方は栗ご飯と同じでよう、おっし、そのうち作ってみるか.........\(^o^)/。あ!、あ!、その前に今も拾えるかだよなぁ、マテバシイ、スダジイの実。確か温暖な地方には普通にあるが、仙台ではなかなかお目にかかれないはずだったので.................(^^;

2013.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | お試し好奇心

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数