宮城蔵王の樹氷鑑賞ツアーを体験

先日書いた「宮城蔵王の樹氷鑑賞ツアーに行きたい!」、善は急げじゃないけれど昨日、えいやっと行ってみた。



最初に考えた足は「仙台発「樹氷号」」を使って往復バス、と思ったが、行きはよいよい帰りは待ち時間が多いので車で行くことを考えた。が、遠刈田から先はばりばりの雪道だろう、ということで「遠刈田温泉発 無料送迎バス」を利用することにした。貼ったのはそのバス、町営無料駐車場から乗ったのは私一人、始発の温泉から乗車のお客さんは数名、ロイヤルホテル前から乗ったお客さんも数名いた。



送迎バスに乗ってきたお客さんだけじゃ少ないよね、これでやっていけるの?、自家用車でたくさん来ているの?、と思ったら、別途ツアーバスのお客さんがたくさんいた、なるほどね。バスを降り、レストハウス内受付カウンターで受付、窓口は2つあるのに案内がよくなく、並んだ側では受付してもらなかった.......(T_T).....改善すべきだな。待つ時間、雪上車を見に行ってみた、貼ったのはそれ。係りの方に聞いたところ、スタッフ以外は概ね8人乗りだとか。



雪上車は全部で6台いるそう、今回は1台点検中で、総勢5台、満席なら40名(5×8)、それに近いぐらいいたかな。



雪上車の運転席、車みたいな丸いハンドルはないらしい。変速ギアはあるが、止まらないとギアチェンジできないとか、へぇ~へぇ~。案内人の言葉通り、乗り心地はよくない、言葉を借りれば「戦車同様で世界で一番乗り心地がよくない」とか。当たり前だが、戦車は乗ったことないけどそうなのか。気になったのは、稀に横滑りすること、キャタピラ履いててもそうなんだ。



さて本題の樹氷鑑賞、2時間コースだが、そのほとんどの時間は往復の雪上車に乗っている時間。コースはすみかわスノーパークから宮城県観光道路を通り、大黒天からエコーラインに出て樹氷がたくさんある場所へ...............と、と、なるはずだったが........大黒天から先はホワイトアウト......猛吹雪で真っ白以外何も見えない。そんなわけで安全第一で樹氷鑑賞まで行かずに、途中で引き返すことになってしまった..........(T_T).......貼ったのは、その引き返す場所付近の僅かな樹氷。自然が相手だから、致し方なしだな。前の記事にも書いたように、そもそも樹氷は見たことがあったので。



ツアー終了後は、遠刈田温泉のはせがわ屋に行って、豆腐ソフトクリームと三角あぶらあげを買った。



豆腐ソフトクリームは、神の湯の足湯に入りながら、何年か前、同じようなことしたっけ、と楽しい思い出に浸って食べた。



三角あぶらあげは、帰宅後、オーブントースターで炙って下の子と食べた。大きなあぶらあげだったが、なかなか好評だった。

スポンサーサイト

2014.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

クレーンゲームでポップコーンメーカー



先週の土曜の夜、下の子が映画を見に行って、ゲームセンターのクレーンゲームでポップコーンメーカーをゲットしてきた。正直、こんないらんものを........^^;......と思ったが、クレーンゲームって燃えるよね.....(*^_^*)

14/01/20 ポップコーンメーカー

せっかくだから、昨日の夕方ポップコーン用のコーンを買って早速試してみた。電源をつなぎ、コーンを入れてしばらくすると、ポンポンとポップコーンがはじけてきたこりゃ面白い。早速味見、が、が、なんも味しない.........(T_T)。ポップコーンと言ったら、デフォルト塩味でしょう。が、何も混ぜてないから味がしない。通常は油を少々、更に塩を入れて作るらしい。じゃ、入れてみればいいのかも、と、説明書を読むとコーン以外は入れちゃいいけないと書いてある........(*_*)。致し方ない、出来上がった後に塩をふりかけてみた。が、が、はじけたコーン、乾燥しているから塩がつかない。ネットで使食べてみると、出来上がった後に解かしたバターを塗って塩をまぶすか、塩水を霧吹きで等が対策らしい。

自宅で手軽にポップコーンを作って食べられる、こりゃ便利なもんだなと思ったが、そううまくはいかないもんだなぁ、味付けに手間がかかるのではね。

2014.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

宮城蔵王の樹氷鑑賞ツアーに行きたい!

先日書いた「龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”に行きたい!」に引き続き、行ってみたい病.............(*^_^*)........コウモリもまだ行っていないが、備忘録ってことで「宮城蔵王の樹氷鑑賞ツアー」について書こうと思う。

樹氷と言えば、山形蔵王と宮城蔵王が有名。山形蔵王は何度もスキーに行ったので見たことがある、宮城蔵王のは黒カントリースキーで登った際見たことがある。じゃ、どっちも見たことあるじゃんなのだが、宮城雪上車に乗って見に行きたいと思っている。

情報を探してみたら、以下がズバリそのツアー

みやぎ蔵王の樹氷めぐり

料金は「おとな 4,700円」、結構するなぁ、ま、こんなもんかな.....^^;。場所はすみかわスノーパーク、ツアーの時間は「11:00出発〜13:00戻り」。

車で行くしかないのかな?、と思って更に情報を探すと以下があった。

アクセス・送迎バス

おぉ!、これ使うと便利かも。「みやぎ蔵王樹氷めぐり」とセットで申し込む「蔵王の樹氷めぐり ツアーパック」だと「おとな 6,700円」になる。これ使うと往復運転しなくてよくて楽かもなぁ、が、行きはいいが帰りの待ち時間が結構あるなぁ。遠刈田温泉まで車で行って、「遠刈田温泉発 無料送迎バス」を使えば待ち時間がほとんどなしでOKの模様。思い立ったらなんとやら、近いうちに行こうかなぁ。

2014.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

榴ヶ岡天満宮にも鷽替えがあった

昨年春に福島市飯坂温泉西根神社(高畑天満宮)の「うそ替え祭り」に行ったが、お正月にもありそっちのほうが盛大だとか。お正月のも行ってみたいが、今回はちと厳しい。

今年は下の子の受験というのもあり、昼休みに榴ヶ岡天満宮に合格祈願に行ってみた。



そ、そ、そしたら.............鷽替えという文字が書かれた絵馬が.......更に、木彫りに鷽もあった。え!、え!、東北で鷽替えは福島飯坂温泉だけじゃないの?。ここのも替えるのか?、神社の方に聞いてみたら、特にその神事はないとか。鷽を替えるではなく、よくなかったことを真赤な嘘にするらしい。



鷽替えの御守、これにはちゃんと「よくなかったことを真赤な嘘に」と書かれていた。



鷽のおみくじもあった。

榴ヶ岡天満宮にも鷽替えがあったのねぇ、ってことは他に天満宮にも同様なのがあるのかも。

2014.01.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”に行きたい!

「コウモリ」でクリッピングしているメールに、以下の情報が届いた。

北の鍾乳洞でコウモリ充

北って北海道か?、記事を読むと、在住の宮城県のお隣の岩手県の龍泉洞だとか。なんでも、冬眠中のコウモリをそっと観察する会らしい。ここは昔々、上の子が小さい頃に行った記憶が、その記憶は定かだと、隣県とは言え、随分遠かった覚えが。

が、取りあえずgoo地図でルート検索。結果は、総距離は260km弱、東北道を盛岡で降りるコースで5時間ちょっと。積雪がある冬場だし、こりゃ車では厳しいなぁ。

じゃ、その他の交通手段は?、検索してみたら以下があった。

JRバス東北(盛岡-岩泉(龍泉洞)

イベント開催の詳しい情報もなきゃね、検索したら以下があった。

今日はコウモリうぉっちんぐ♪(龍泉洞ぶろぐ)

1日4便、所要時間は2時間20分、これを使うのがいいかもしれない。仙台~盛岡は?、これもJRバス東北があり。が、「コウモリうぉっちんぐ」をし、岩泉は日帰りとするプランだと高速バスでは無理。岩泉に宿泊し、三陸の海岸線で海鳥ウォッチングってのもありだが、それなら車で行かないとなぁ。仙台~盛岡間は新幹線だと1時間ちょっと、少なくとも往路は新幹線、復路は高速バスってのもありかな。

次は行く時期だよなぁ、龍泉洞ぶろぐを参照すると「~3/31までの土日祝日」。寒いし、積雪が心配なので3月に入ってからかなぁ、あ!、3月になればJリーグ始まるじゃん!。ってことは、今月か来月だよなぁ。

コウモリうぉっちんぐ以外に楽しめるものは?、岩泉町の観光情報見たが、特にこれといったのはないなぁ。やっぱり、日帰りで盛岡泊が妥当かな。盛岡では何かあるかな?、北国だから公園でクロスカントリースキーなんてのは?、探してみたが雫石スキー場までいかないとないらしい。バードウォッチングは?、特によさげな場所はわからないが、高松の池辺りが妥当なか。

2014.01.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ドコモメールをインターネット経由で使う

年末年始、実家へ帰郷した際、久しぶりのスマホの雑誌を買った、暇つぶし用に。ちらちらっと眺めていたら、スマホで使っているspメールをクラウド化へ移行するアプリ情報が掲載されていた。



これまでspメールは、スマホからしか使えなかった、これが案外不便、ってことで「ドコモスマホのdメニューからアプリ一覧に行ってダウンロード」して早速インストールしてみた。利用するには、SPモードメールからドコモメールにアップデートする必要があるらしいので、指示画面に従い移行した。バックアップうんうんと表示されたが、SPモードメールは特に必要なものはないのでそこはスキップした。

以上の操作で、ドコモメールの利用は可能となった。移行後のドコモメールは、「クラウド」というタグで利用、SPモードメールは「ローカル」のタグで見ることができた。ずばり感想は、これまでのSPモードよりは使い勝手がよい、インターネット経由で使わなくても、移行はお勧めかも。

その数日後の今日、プラウザを使って、以下からインターネット経由でアクセスしてみた。

ドコモメール(ブラウザ版)

ん?、「docomo ID/パスワード」ってなんだっけ?..........(^^ゞ

docomo ID/パスワードをお忘れの方....

を参考に確認...........(*^_^*)

これでいざアクセスOK...................の、の、はずが..............「1305_lwprap29」というエラーが出てログインできないじゃん............(?_?)..........(?_?)...........(?_?)。

困った時のネット検索、早速検索してみたら、以下のサイトがよさげ。

ドコモメール利用開始してwebメールを使えるようにしてみた。

なるほど、「docomoID利用設定」も必須なのか...........(^_^;).......エラー表示だけじゃなくて、そこも表示するべきだよなぁ。そのWebpageからリンクのマルチデバイスでのご利用方法の「STEP 2 ドコモメールのdocomo ID利用設定を有効にする」を実施、説明と若干流れが違うが、とりあえず完了。

スマホのメールはgmailをメインに使っているが、携帯メールしか登録できないサイト、携帯メールのみでインターネットからは受け付けない相手先もあるので、このクラウドは便利かも。万が一、スマホを自宅に置き忘れてきたり、電池切の際なども便利かもね。

2014.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

山形市の実家のおせち(おふくろの味)

子供の頃から、もう何十年も食べている山形市の実家のおせち、おふくろの味、今回はスマホで撮ってInstagramにアップしたので、以下の説明もつけてブログ記事としても書いておこうと思う。




まずは、真ん中は「栗きんとん」、いつもは金色(黄色)のみだが、今回はたまたま紫芋があったので紫バージョンも作ってくれた。

その上は「昆布(コブ)巻き」、時計回りに「田作り+きんぴらごぼう」、「伊達巻+紅白かまぼこ」、「煮しめ」、最後は「ゼンマイの煮物」。田作り、伊達巻、紅白蒲鉾は買ってきて、並べただけとのこと。田作りって何の小魚か?、田と書いてあるからには、川魚なのか?、と思ったらカタクチイワシの幼魚らしい。



上記の器に乗りきらなかったので、別の器。上から「カズノコ豆」、時計回りに「なます」、「黒豆」。

おせち料理の由来?、意味?は、いろんなサイトにいっぱいあった。

御節料理(Wikipedia)

上記はいちばんまとまっいて見やすいかな.........(*^_^*).........意外や意外だったのが「田作り」、「カタクチイワシを田の肥料としたところ.....(略)」なのか。

2014.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

奥州仙臺七福神に詣でた

毎年の年末年始は実家の山形市で新年を迎え、元日には家族の干支の神社へ初詣が定番。が、今回はいろいろあって初詣は行わず、元旦昼過ぎには自宅でUターンした。

そんなわけもあり、4日に森へ生き物ウォッチング(ンデジ初撮り鳥は茶色い子たち)に行った際、その近くの青麻神社へ初詣に行ってみた。



本殿はさておき、ほう!、へぇ!、と思ったのが石造りの七福神があったこと。それも1つの神ではなくて、全部勢ぞろいだったこと。なんだか、凄く得したなぁ、ご利益ありそうと、ついつい思った。



七人の神様を揃って撮ったら、横に長すぎるので、左側4神様を撮ってみた。



次は右側3神様を撮ってみた。七福神の並びは、それぞれ別の神様だから特に決まっていないということらしいが、この並びが標準なのかな?

こりゃ春から縁起がいいわい、七福神を一挙に全部拝めたなんて........と、と、思っていたら、その日の夜に藤崎百貨店で「奥州仙臺七福神出開帳」というニュースが。こりゃまたまた春から縁起がいわい、ってことで拝みに行ってみた.......(*^_^*)

尚、以下の写真は、撮影許可をいただいての撮影です。




藤崎えびす神社のえびす様。これが、藤崎屋上の神社内に鎮座しているのか。



青葉区北山秀林寺の大黒天。7神様で、大黒天が一番迫力ありと感じた。



若林区荒町満福寺の毘沙門天。この神様だけ、掛け軸、理由があるのかな?



若林区新寺林香院の弁財天。八手なんだね、知らなかった。



太白区鈎取鈎取寺の福禄寿。弁財天もだが、掛け軸と併用なのか。



青葉区通町玄光庵の寿老尊



太白区門前町福聚院の布袋尊。掛け軸にほうが大きいのね。



「奥州仙臺七福神出開帳」のポスター



招福スタンプラリー



招福スタンプラリーでいただいたおみくじ、吉末(^^;、福禄寿だった。大望の神なのか。それを今年、受験の下の子の話すと、欲しいとのこと。もちろん快諾したら、財布の中に入れておくとか。

2014.01.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

【2013夏】何年か越しの夢、八木山動物園ナイトZOOに

2014年を迎えてしまったが、2013年に書き?、まとめ残したことがあったので、以下にInstagramから画像を拾ってみた。

内容は八木山動物園ナイトZOO、その当時ナツハヤブサっ子?、バンカハヤブサっ子に出逢えたにちびっとだけ触れただけだったし。

実は2012年夏も、夏休みで帰省していた上の子と最終日に動物園に向かった。が、それ目当ての車が大渋滞を引き起こしており、目と鼻の先まで行ったのに、閉園まで間に合いそうになかったので泣く泣く諦めた。今回は万全を期して、旧休暇で臨んだ.........(*^_^*)。が、あまりにも早く着き過ぎ、時間をもてあまし、駐車場の車で時間をつぶした.....(^^ゞ



ナイトにはまだ時間がある、が、暇過ぎたので早めに入ったら「ナイトミュージアム」という企画があり。ナイトミュージアムって、映画があったよね、どっかの博物館でもやっていたよね。ずばり、感想は子供には受けるかもねかな。



やや薄暗くなってきたので、園内を歩き始めたが、初めてというのもあって、なんだかいまいちポイントがわからない。暗いだけの動物園じゃん、ライトアップは?、ややがっかりして歩き回ると「日の入り前のサル山」を見っけ!。



う~ん、ナイトZOOはこれからだな。次は子供が生まれたというスマトラトラを見に行ってみた、もちろん子供が公開時間ではなかった。



スマトラトラは、たくさんの人でいっぱいだった。「スマトラトラを見入る女の子たち」と題して撮ってみた。顔が写らないように撮ったんで、アップしても問題ないよね?



二匹目のドジョウではないが、「ホッキョクグマを見入る女の子たち」と題してまたまた撮ってみた。動物園に女の子、これって絵になるよなぁ。



ようやくすっかりナイトZOO、夜行性の「サイとカバ」を撮影、この頃になるとライトアップもそこそこにされ雰囲気は最高。



入園した頃は全然だったフラミンゴ、暗くなってライトアップされ「暗闇に舞うフラミンゴ」になった。ここ、たくさんの来園者の撮影ポイントになっていた。




「ダチョウとシマウマ」と夜行性なんだろうぁ、いまいち暗かったが撮ってみた。もちっと明るきゃとふと思ったが、それじゃナイトじゃないよね........(^^ゞ



「ダチョウとシマウマ」を撮っていたら、奥の奥の大きなうごめく影あり。いったい?、いったい?、誰?、どなた?、じっくり腰を落ち着かせ確認するとゾウだった。粘って粘って、撮ったぞ!、「暗闇から出てきたゾウ」

何年か越しの夢、「八木山動物園ナイトZOO」、2013夏に達成したよ............\(^o^)/

2014.01.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

仙台でのキタキチョウの成虫越冬って普通?

本館に書いたコンデジ初撮り鳥は茶色い子たちを観察した後、土手の陰でキタキチョウを観察した。



成虫越冬するチョウはタテハチョウ類だけかと思っていたが、以前の記事冬小鳥が少ない、昆虫が目立つようなに書いたようにキタキチョウも越冬するのは既知。その当時、フィールドガイド日本のチョウでも確認したが、再度図鑑を見てみた。そこで疑問が、冬季のライン上の成虫に「東京近郊」と書いてあることが。わざわざ東京近郊って書いてあるってことは、仙台での越冬記録は少ないのか?。ネットでもいろいろ検索してみたが.............仙台でのキタキチョウの成虫越冬って普通なのか?、稀なのか情報見つからず。我が家にある他のチョウの図鑑でも確認してみたが、キタキチョウの名前すらなかった.........^^;.....キチョウというのはあったけど。

どんどん生息域が北上しているツマグロヒョウモン、アオスジアゲハってのもいるのでキタキチョウも越冬域を広げているとか?.......キタキチョウの越冬域、情報お持ちの方、いらっしゃいましたら教えてくださいませ............m(_^_)m

2014.01.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数