ハクセキレイの花は30分で満開に!

昨日('14/2/26)の夕方、仙台国分町にある「ハクセキレイの塒」、レンズだけカメラ(QX-10)で撮影し、Instagramにアップして、ほぼ生中継してみた。

【日の入り】 17:26
【17時現在の気象状況】
気温:7.1    降水量:0.0  風向:南南東  風速:4.1
日照時間:0.5  積雪深:0   湿度:57    気圧:1029.7



17:33現在の状況。既に日の入り後だが、塒入りしているハクセキレイは30羽弱。ハクセキレイの花が開花し始めたかな、とういう雰囲気。



17:37現在の状況。ものの5分弱で、塒入りのハクセキレイは倍以上になった。



17:43現在の状況。どんどん、どんどん、塒入り。



17:50現在の状況、うろちょろしている個体はいるがほぼ落ち着いたように見えた。



18:00現在の状況、約30分で塒入り完了。ハクセキレイの花は30分で満開になったなぁ、と感じた......(*^_^*)



塒入りしたイチョウの木、上部を拡大して撮ってみた。



これまでは、塒木の歩道側(北)から撮っていたが、角度を変えて東側からも撮ってみた。



塒のメインは葉っぱが落ちたイチョウの木だが、常緑樹にも少数塒していたので撮ってみた。白い点がそれだが、常緑樹だといまいちわからないよね。

スポンサーサイト

2014.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】ビルの谷間の緑地でもシメシメ、ツグミン、赤いマンサク、

本館に書いたように、今日は街中へ通勤、そのため街中公園を散策した。



この時期の街中公園、勾当台公園といったら赤いマンサクを是非見なきゃね。公園についたら、即効でマンサクのポイントへ行ってみた。下の枝のほうはちょっとしか花がついていなかったが、上のほうが見事に赤いマンサクが咲いていた..........\(^o^)/。花で季節を感じられる、季節を感じて笑顔になれる、なんだかいいよね。隣に普通の黄色いマンサクも咲いていたが、赤いのを撮って満足したので撮らず......(^.^;



赤いマンサクの木のすぐ近くには、まだ積雪が残っていた。その積雪近くでシジュウカラが餌探し、せっかくだから撮ってみた。



地上では藪ツグミだったツグミ、樹上にいるのはばっちり観察できた。高いので写真はいまいち、が、撮ってみたら。え!、え!、アリスイ!!!!........みたいに見えた、っていうか写った。間違いなくツグミンだけどね...............(*^_^*)。

2014.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

榴ヶ岡公園散策(2014/02/19)冬小鳥が集約?

前回榴ヶ岡公園生き物ウォッチングのカテゴリーの記事を書いたのは「2013/12/11」、それ以降も時々散策したが、毎度毎度鳥影が少な過ぎ記事を書くに値しないので書かなかった。

先々週末、先週末に大雪が降ったので、もしや鳥たちが増えたかもしれないので今日も散策してみた。成果はなかなか!..............ツグミ、シメ等の冬鳥が目、耳につき冬小鳥が集約したのではという状況だった。

【 年月日 】 2014年02月19日(木) 11:45~12:45
【 観察種 】
01.ツグミ(V5)     02.シロハラ(V1)    03.アトリ(V2)
04.シジュウカラ(V2)  05.キジバト(V2)    06.アオジ(V1,C1)
07.コゲラ(C1)     08.ハクセキレイ(V1)  09.ヒヨドリ(V4)
10.スズメ(V3)     11.シメ(V2,C4)     12.ムクドリ(V2)
13.トビ(V1)

【コメント】
・ヒヨドリは、南斜面のロウバイを食べている個体がいた
・シジュウカラが、イモムシを捕食していた



久しぶりの散策した公園の芝生は、一面銀世界だった。道路の積雪は随分融けている、除雪しないとまだこんなに残っているんだ、目と鼻の先にある仙台管区気象台発表の積雪は「14cm」、たぶん、気温が低めだから消えないんだろうなぁ。あちこちにかまくら、かまくらもどきがあった。



南西にユーカリの木の近くには雪だるまもあった、豪州の木の近くだから雪だるまも日本離れしている?。豪州カウラ市産らしいって書いてあるし......雪だるまじゃないけど........(*^_^*)



噴水の東側の松林は積雪がほとんどなく、ツグミは地上で採餌していた。地上ツグミを見かける頃になると、貼る近しなんだよね。



地上ツグミ、レンズだけカメラ(QX10)で撮影していたら、どんどん近寄ってきた.......\(^o^)/。Instagramに貼ったら、ももひき長めですねとコメントいただいた。確かに、モモの羽毛が長いように見える。ハリモモツグミ、ケアシツグミとでも名付けようか..............(*^_^*)

14/02/19 アトリ

当地では比較的稀なアトリを、それも間近で観察することができた。たぶん、まだまだ積雪があり、餌を採れる場所が限られているため間近で観察できたのだと思う。

2014.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 榴ヶ岡公園生き物ウォッチング

十月桜、十一月桜、十二月桜、一月桜、二月桜.......延命桜....(*^_^*)

約2年半前の2013/7月まで、ウィークデーの朝、昼休みに散策していた榴ヶ岡公園には秋口に咲く十月桜がある。昨年初夏からInstagramにアップしたので、以下にまとめてみた。



仕事の関係で時々した散策できなくなったが、開花の初認は「2013/10/30」、ぎりぎりで十月桜になった



開花から約一ヶ月経った十一月桜(2013/11/21撮影)。開花した頃は、花びらが白っぽかったが、ややピンクかかってきた。



それからまた約一ヶ月経った十二月桜(2013/12/11撮影)、まだまだ蕾があった。



年を越しての一月桜(2014/1/10撮影)、蕾は少なくなりたくさん咲いていたように思う。



一番寒い時期に二月桜(2014/2/3撮影)、終わった花もあちこちに見られた。

これから先も、ソメイヨシノが開花する頃まで咲き続けていたと思う。十月桜、十一月桜、十二月桜、一月桜、二月桜になっている、花の命が長いので延命桜と呼んでもいいかも....(*^_^*)

十月桜の花期って?.............検索してみたら..........「4月上旬頃と10月頃の年2回開花」らしい。ということは、1年の中で咲いていない時期のほうが少ないのか。

2014.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

行ってみたよ!、龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”

先日、書いた記事、龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”に行きたい!、えいやっと行ってみた.............(*^_^*)



前日は盛岡泊(先日の生き物ウォッチングは別記事に)、早起きし6時前後に出発、盛岡市内の道路も凍結していたが、そこから北上山地を越える峠筋はさらにつるつるで圧雪の道だった。岩洞湖を通ると、凍った湖面にはたくさんのワカサギ釣りのテントがあった。車の温度計を見ると、氷点下9度だった、こりゃがちがちの凍るよなぁ。



ずばり、岩泉町は遠かった、雪道じゃなきゃそうでもないのかもしれないが。8時半頃、龍仙洞着、周辺はほとんど積雪がなかった。同じ県内でも、こんなにも気候が違うんだね。



あまりにも早く着き過ぎたので、道の駅やコンビニで時間をつぶした。更に、こうもりウォッチングの鍾乳洞ではない。新洞を先に見学した、ずばりいまいちかな.......^^;。11時ちょっと前、龍泉洞でこうもりウォッチングの案内人を待つが、時間になっても人影が現れない。入り口の係り員に聞いてみると、チケット売り場に迎えに行ってくれた。いざ、こうもりウォッチング出発、参加者は私一人だけだった.....^^;。入り口には、恋人の聖地という看板も。



鍾乳洞では早速、コウモリに出逢えるのかと期待をしていたら、鍾乳洞の説明が始まった。どうもメインは鍾乳洞、サブ?、おまけ?でコウモリっぽい。が、途中コキクガシラクモリですという案内あり.........\(^o^)/........遠目だし、先に行くといっぱいいるだろうと撮影せず。一番奥まで行き、戻りのコースに、なんでも蝙蝠穴付近が一番コウモリの密度が高いらしい。

当地で出逢えるコウモリは、コキクガシラ、キクガシラ、ウサギ、テング、モモジロの5種、が、年中見られるのはキクガシラ類の2種だとか。他の3種は、夏は森林に棲み、冬季だけ洞窟に冬眠にやってくるんだとか。蝙蝠穴は、キクガシラ類が夏に出入りする場所らしい。



ようやくぶら下がるキクガシラコウモリ、間近で観察&撮影することができた.......\(^o^)/......もっとうじゃうじゃいるかと思ったら、この1頭だけだった。



別の角度から撮ったキクガシラコウモリ、名前の由来になった鼻の菊模様も見えた。



キクガシラ類は岩にぶら下がるが、ウサギ、テング、モモジロは岩の隙間に入り込んでいるらしい。念入りに探すが発見できず。が、最後の最後にテングかモモジロのどっちかを発見、結局、どっちかわからずだったが、帰宅後、デジカメで撮ったのを拡大するといテングコウモリだった模様。

あっという間の案内で終了、案内人と別れた後、1人戻り再度観察。当初、11時と14時の両方に参加する予定だったが、2度目も同じということなので1回のみとした。



鍾乳洞、コウモリを楽しんだ後は、売店で龍仙洞の水を使った、地ビール、サイダー、珈琲等をお土産に買った。なんでも、岩泉町の一般家庭の水道は、ここ龍仙洞を流れる水を取水しているとか。あ!、わざわざお土産かわなくとも、町内で水を汲めばよかった?......まさかね.....(*^_^*)



昼過ぎの帰路の峠道、朝よりは上がったものの氷点下だった。従って、帰りも路面はつるつる。が、行きよりもややましになったので、ヤドリギにレンジャクでもいないか探すと........いた!、いた!.........ヤドリギのレンジャクってほんとうなのね..........\(^o^)/。コンデジでも撮影、そっちは本館に記事を書いて掲載した。

帰宅後、コウモリに詳しい方から聞いた話だと、観光地でのコウモリウォッチングは難しいらしい。何がというと、コウモリが警戒して移動してしまうことが多いからと。そういえば、案内人の方、先日は岩の隙間で越冬する仲間、間近で観察できたが近づきすぎて移動してしまったような話をされていた。龍泉洞ぶろぐを見ると、ウォッチングを開始したのは昨年度から、ということは今年度は2度め。商業ベースでやっていくのであれば、ウォッチングガイドラインが必要なんだろうなぁ。できたらコウモリにも優しい、そしてウォッチャーも楽しめるイベントとして長続きして欲しい。

もしかしたらコウモリの会にガイドラインあるんじゃ?......覗いてみたらコウモリ観察会実施ガイドラインってにがちゃんとあった.......^^;。

2014.02.04 | | Comments(0) | Trackback(0) |

滝沢森林公園ネイチャーセンターでスノーシューを初体験!

先週の金土(1/31~2/1)、岩手県岩泉龍仙洞にこうもりウォッチングに行った。

まずまずの遠出、これだけではもったいない、他に目的もといろいろ探したが、時間の都合上よさげなもの見つからず。盛岡城跡でも散策するかと思っていたが、時間の余裕ができたので滝沢森林公園・ネイチャーセンターへ行ってみた。



ネイチャーセンターには餌台があり、暖かい室内から間近に鳥たちは観察できる。午前はここ、午後は盛岡城跡に行こうと考えていたが、ぬくぬくで鳥見できるんでここの長居することにした。一、二の個体数の多さは、シジュウカラとヤマガラ。貼ったのはそのシジュウカラ、ヤマガラは落ち着きはなく撮れず。




シメも何個体かいた。ネイチャーセンターの方の話では、シメはここで繁殖しているらしい。図鑑には北海道と北東北で繁殖と書かれていたのを記憶しているが、ここがそれに該当するらしい。巣立ちの若シメが見られる時期は、8月頃らしい。




アカゲラも割と頻繁に、餌台の脂に来ていた。



1日、ネイチャーセンターに入り浸りとは思ったが、入口に無料貸出のスノーシューを発見。一度、体験してみたいと思っていたので、体験しないわけにはいかない........(*^_^*)。外で買ってきた昼食弁当を食べた後、御借りして散策路を歩いてみた。体験前のイメージは、輪かんじき(和かんじき)と、歩くスキーことクロスカントリースキーの間。雪に沈まず歩け、坂はやや滑ることができるかと思っていた。が、実際は滑ることはできず、単なる西洋かんじきだった。ずばり、これだったらクロスカントリースキーのほうが楽しいなぁ..............^^;。滝沢森林公園内は、まずまずの積雪、クロカン貸出したら人気でるんじゃないかな、あ!、靴のサイズの揃えておかなきゃいけないから厳しいか。久しぶりにクロカンやりたくなってきたなぁ。何年か前、仙台市秋保ビジターセンターから二口林道方面に行ったっけ、今季は積雪どうなのかな?

2014.02.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数