2月なのにキセキレイがいた



明日明日には3月だが、仙台では冬季は比較的珍しいキセキレイに出逢った。今季暖冬気味だからなのか?、年々暖冬になりつつあるからなのか?。

同じような種類は、バン、ゴイサギもかな。バンは今季はいないが、我が家近くの沼で何年か越冬した。ゴイサギは、鳥見仲間の情報では旧通勤小河川散策のコースにいるそう。

気候も環境も関係するんだろうから、暖冬が関係しているとは、一概には言えないだろうけどね。

スポンサーサイト

2016.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

眼力ありヒヨポンを見た!

先日書いたヒヨポンの眼力って凄い!のミカン、買う毎に傷んでいるのが入っている。そんなわけで、引き続きをそれをベランダに出した。

ほんとんど完食されたが、そのまま出していると.....................



日曜の今朝、出掛けるため家事をしていると、そのミカンの鳥影がやって来るのが見えた。そっと、そっと、が、慌ててデジカメを持って観察................(#^.^#)。やって来てたのは、予想通りヒヨドリだった、イソヒヨドリも若干期待したが。



ほとんど実がなくなったミカン、が、嘴を突っ込んでついばんでごっくんしてた。

2016.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コクマルガラスも増えつつあるのか?

本日は、本館名付けてニジュウマルガラス......(#^.^#)に書いたように、若林区の海沿いの田んぼに旅烏を見に行ってみた。



一時期より、田んぼ全般にいたミヤマガラス、いるエリアが狭くなったような気がするが、これは東日本大震災で津波の大きな被害があった田んぼの圃場整備中だからなのかも。いるとこには、こんなにうじゃうじゃいた。その昔は、そのうじゃうじゃのミヤマガラスの中に僅かにコクマルガラスがいたが、ここんとこ結構な割合で混じっている。この写真も、実は左上の写っている。



群れの中を探すと、こんな場面もあちことに。

ここ以外でも、
何故、毎季、ほぼ同じとこに来るの?(2016.01.11)
に書いたように、今季は県南部にも複数いた。

もしかして、年々コクマルガラスも増えつつあるのか?

2016.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ハシボソガラスも都市鳥に?

その昔は、比較的山に暮らすハシブトガラスを「ヤマガラス」、比較的里に暮らすハシボソガラスを「サトガラス」と呼んでいたらしい。

が、いつに頃からかブトが街に適応し、昨今はビル街でゴミあさりするようになった。更に街路樹等で繁殖もするようになり、場所によっては人を襲うことも。

ボソはというと、街に進出し、ゴミあさりをしたとは聞いた覚えがない。また、繁殖期に人を襲ったというのも。

これはきっと、未だにボソはサトガラスなんだからだろうなぁ。と、と、思っていたら、ここ10数年前から通勤都市公園でも、極々普通に目をするようになった。ブトよりは遭遇頻度は低いし、個体数も少ないが。随分前からだが、ボソのくるみ割り行動を見かけるようになった、それって街中で見かけるようになったのは関係はあるのかな?。通勤都市公園にもクルミの木があり、それを上空から落として割っているのを観察したことがある。



今日は仕事の関係で、街ど真ん中の公園、勾当台公園をさくっと散策した。そしたら、バリバリ街中なのに、ブトよりはかない少なく数えるほどだったがボソが何羽かいた。ブトは餌付け人の餌に群がっていた、ボソは何をしているのか?、観察するとやっぱり餌付けに寄ってきていた。え!、え!、と思ったのが、そのボソがワンクワン?、カポンカポンとへんてこな鳴き声を出していたこと。もしかして、餌付け人の餌をおねだりしていたのかな?。こんな街中にもボソがいるってことは、ハシボソガラスも都市鳥になりつつあるのかな?。

2016.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ウメの開花宣言、仙台より盛岡が早かった

盛岡管区気象台にも掲載されたように、盛岡のウメの開花宣言は「2月22日」だった。

在住に仙台は、仙台管区気象台にあるように「2月23日」。

従って1日だが、仙台より盛岡が早かったということになる。



え!、え!、もうたくさん咲いているのに発表が遅かったのでは?、と、今朝見に行ってみたら............ありゃりゃりゃ........数えるほどしか咲いてないじゃないか.................(^^;.............桜の開花宣言は五輪程度咲いたらが基準らしいが、それだとまだウメ開花じゃないのでは?..............(?_?)。もしかして、盛岡の発表があったので、慌てて発表しちゃった???。

仙台管区気象台の標準木は、上記の通りだが

仕事(散策)始めにウメとロウバイとサクラが)仙台(2016.01.04)

に書いたように、すぐ近くの榴ヶ岡公園では仕事始めに咲き始めたんだけどね..................(#^.^#)。

2016.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ヒヨポンの眼力って凄い!

今週月曜日、S駅前のSらの百貨店の地下でミカンを二袋買った。帰宅後、早速食べようと思ったら、買ったばかりなのに腐りかけているのがあった.....(+o+).....こういうのって買う時に、ちゃんとチェックしないほうが悪いのか?......^^;。

そのミカン、いつもならゴミとして捨てちゃうが、先日、そのようなのは切ってベランダに出しておくと、野鳥たちの餌になるというつぶやきを見た。早速、その晩にやってみた。翌朝確認すると、全然食べた形跡はなし。やっぱり、そう簡単に鳥たちの目に付くわけないよな!、見つかられるのが早いか?、乾燥してカラカラになるのが早いか?



と、と、思ったら、夕方帰宅すると、切ったミカンを入れたプラスチックの皿が吹っ飛んでいた。あれ?、風?、ミカンを確認すると、貼った写真のように完食されたいた。いやぁ~びっくりだ!、たぶん、お客様はヒヨドリかイソヒヨドリだろうなぁ。どっちもヒヨドリと名前が付くから、ヒヨポンの眼力って凄い!って言っておこうと思う.....(#^.^#)。



今朝見たら、そのヒヨポンの落し物、糞が手すりに残っていた、置き土産ってやつね.....(^_^;)。

2016.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

magpie HomePage 移行中

最近は、ホームページよりもblog等のSNSだが、未だにNiftyでmagpie HomePageを運用中、備忘録っていうか個人のデータ等として。公開を開始してから約16年、陳腐化して削除して整理もしたが、未だに通勤バードウォッチングは更新中。

が、が、以下のようなお知らせがあり。

【ご案内】@niftyホームページサービスへの移行方法

簡単にいうと、これまでのユーザは暫定で機能限定の移行サービスを準備、が、有料へ移行せいってことらしい。

そんなわけ当blogのホームページに移行することにした、現在移行作業中だが、以下がそれ。

magpie HomePage(http://tinnunculus.web.fc2.com/)

2016.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

2月は振り込まん、よもぎあじまん

1月はアーモンドチョコ、タコポンもに引き続き、 2月の期間限定山形を食べた。



2月は振り込まん!、と題し「よもぎあじまん」、あんこで生地がよもぎ。中身はあんこなので、なかなかだった................(#^.^#)

2016.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

鳥学会でもイソヒヨドリの内陸への繁殖分布拡大が話題に

約20年前から、在住の仙台市内でイソヒヨドリの繁殖を目にするようになった。その情報は、以下のまとめて公開している。

宮城県仙台市近郊のイソヒヨドリの生息

その後は、何度もブログの記事を書いている、以下は餌についてまとめたもの。

イソヒヨドリ、雑食だから増えているのか?(2015.05.14)
イソヒヨドリの食性ってヒヨドリ似のような気が(2012.11.13)

こりゃ、他の鳥と餌がバッティングするのでは?、そもそも生息している種類の影響は?、思っていたら、今年度の 日本鳥学会でポスター発表があったらしい。前述したように、我が家近くでも普通の観察できているので、かなり興味がある。

都市鳥研究会にも、日本鳥学会大会・自由集会終わる・イソヒヨドリ全国調査開始という情報があるので、これからどんどん解明されていくだろう。



今日は、我が家のご近所さんのピラカンサに、ヒヨドリ、ツグミ、そしてイソヒヨドリがいた。特に争わず、時々交代して食べていたように見えた。たぶん、きっと戦わずして、気合いで順番が決まっていたっぽいが。今日に順位は、ツグミ>イソヒヨドリ>ヒヨドリに見えた。

2016.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】 枯木にハクセキレイの花



本館に書いた枯木にハクセキレイの花、枯れ木の咲いたほうも貼りたいと思う、Instagramにアップしたのの流用だが。

落葉した枝先のゴミのように見えるのが全部ハクセキレイ、鳴き声から少数セグロセキレイもいたように思うが、暗くて確認には至らず。

2016.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

リトライするかなこうもりウォッチング

以前、岩手岩泉の龍泉洞へこうもりウォッチングに行った、昨年だったけか?、と思って過去blogを探したら、以下を書いていた。

お尻フリフリこうもりウォッチング(2014-02-01)

そうか、昨年じゃなく一昨年だったのか.............^^;。また行ってみたいかも、今季はやっているのかな?、情報を探すと以下があった。

冬の龍泉洞☆(龍泉洞ぶろぐ)

それを見ると

◇開催期間:平成27年12月5日(土)~平成28年3月21日(月)
※期間中の開催日・・・土日祝日

とのこと、おぉ!、まだやっているのね。一昨年行った時は、峠筋はがっつりアイスバーンで、車のお尻フリフリで行ったが、3月に入ってからまた行ってみようかな。

思い立ったらなんとやら、早速、日程等検討してみるか!。実は、ここ以外にもどこ行こうか?、どんな予定にするか?、これを検討するのが、結構楽しかったりするのよね..................(#^.^#)。

2016.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) |

梅田川新田大橋界隈通勤散策が小学生の学習教材に

'12/7~'15/5までの3年弱、通勤途上の小河川で生き物ウォッチングをした、その記録は、梅田川新田大橋界隈通勤バードウォッチング(仙台市宮城野区)で公開もした。

umedagawa.jpg

そのコンテンツが'15年初夏にその近くの市民センターの方の目に留まり、そこの素顔(撮影できた野鳥)を元に市民センターの方が「新田大橋鳥類図鑑」を作成し、近隣の小学校に置いて学習に使っていただけることになった。

自己満足で公開していた通勤途上の小河川散策の生き物ウォッチングのデータ、いや、バードウォッチングデータ、有効利用してもらえるというのは嬉しい.....\(^o^)/。今現在、編集の最終段階でまだけど、間もなくだと思う。

2016.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 梅田川新田大橋界隈生き物ウォッチング

ヘラサギ繁殖して欲しいな。がんばれコハク!

昨日は本館シジュウカラガンの雁行、ガガガン...(;O;)に書いたように、宮城県北部に鳥見に行った。



蕪栗沼には、いつの頃からか滞在しているヘラサギ、今回もいた。昨季も、あれ?、夏もいたんでは?。といことは、ここかなり居心地いいのではないか?。1羽しかいないが、連れ合いみつかって繁殖してくれたらいいのになぁ。お隣の韓国で繁殖しているはずなので、日本でも繁殖してもいいように思うだが。ん?、これってクロツラのほうだっけか?。



次はコハクチョウの話題、川面に浮かぶのを観察していたら、嘴の下がへん?。もしや、釣り針?、かと思ったらどうも欠損してるよう。不自由だろうが、がんばって生きて欲しい。

2016.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

植物季節観測対象から外れたが、スイセンが咲いた

昨日、我が家近くの区役所の花壇前を通った。もしかして、そろそろスイセンが咲いているのでは?。と思って、ぐるっとスイセンが生えているところを散策してみたが、咲きそうな蕾すらなかった。ここのスイセンは、たぶん、肥料もせずそのままの状態だからというのもあるのかも。



今日の昼休みは、出掛けたついでに仙台管区気象台構内の植物季節観測標本を見に行ってみたら、咲き始めていた。この状態だと、数日前に開花したんだな。発表はいつだったのか?、植物季節観測を見てみたら......あれ?、ない。

え!、過去にも話題にしたような気が、過去に書いた記事を見ると以下があった。

標準植物じゃないのかな?(2009.02.24)
スイセンもまもなく開花しそう(2007.02.22)

以上の記事から察すると、'07頃は植物季節観測対象だったが、その後、対象から外されたよう。そんな経緯があって、気象台構内の植物季節観測標本エリア内にはあるが、発表がないってことなのかもね。見た限り、ちゃんとした花壇だし、肥料もやっているようだから、観測して発表もすればいいのにねぇ。

気象台全体でのことなのか?、「生物季節観測 スイセン」でググってみたら、他では観測対象というとこが結構あるね。在住の仙台管区気象台で、対象外になったのは残念。

2016.02.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

あれ?、山形で越冬するシロハラって?

昨日、本館の記事、見っけ!、絶滅危惧のシロタンに書いたように、MF(マイフィールド)で、久しぶりに越冬っぽいシロハラに出逢えた。



Instagramにも貼ってそこでは絶滅危惧と書いたら、西日本の方から「こちらではごくありふれた鳥です」というコメントをいただいた。

シロハラについては、以前、以下のような記事を書いた。

アカハラの越冬域は謎だな(2010-12-20)

その記事はアカハラが本題だが、シロハラについても書いて、山形では極普通に越冬すると書いた。改めてシロハラはどんな地域で越冬するのかググってみたらびっくり、基本的に根雪がない地域で越冬するとか。そう考えると、関東以西の都市公園で極々普通に観察できるのは納得がいく。在住の仙台では以前はよく目にしたが、こんとこ減っているのは散策している場所の藪が無くなっているからかもしれない。



大きな疑問は、根雪はある山形で極々普通にシロハラが越冬すること。前述した記事通り、山形でアカハラが越冬しないのは根雪があるのが原因らしいが、シロハラも根雪は苦手らしい。なのに、なのに、何故山形ではシロハラが越冬するんだろうか?。私自身、実家山形市で冬場に見かけるし、山形のネット仲間さんのブログにも時々載っている。他の東北六県、北海道での越冬、ググってみたが越冬という情報はヒットしなかった、探せなかっただけなのかな?。

2016.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

時代と共に変わる都市鳥



極々普通の公園で見かけるヒヨドリ、40か50年くらい前は都内での繁殖はしておらず冬鳥だったらしい。もしや在住の仙台、出身の山形でもそうあったのかな?。残念ながら、その頃の情報は未知なのでわからず。

そんじゃそこいらに極々普通のハクセキレイも、同じく山形ではその頃は冬鳥だったと鳥見の先輩から聞いたことがある。

記憶にないし、昔は?って聞いたこともないが、もしかすると街中で普通に見かける、ゴミ漁りで問題になっているハシブトガラスもそうだったのかな?



私が都市鳥になったのでは?、と実感が持てるのはハシボソガラス。通勤途上の都市公園散策で、以前はほとんどいなかったのにここ最近よく見かけるようになった。貼ったのは、そもそも生息している郊外の写真だが。

コゲラ、イソヒヨドリもしかり、時代と共に変わるだね都市鳥って。

2016.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

二月桜になった



十一月桜になったって、仕事(散策)始めにウメとロウバイとサクラが)仙台にあった十月桜、二月になっても咲いていた。

が、が、甲虫がなる木、根元から切っちゃうなんて.........(T_T)関係の工事で、もう一本の十月桜が撤去されてしまった。かなり、かなり残念、淋しい、悲しい......................( ;∀;)。

2016.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

甲虫がなる木、根元から切っちゃうなんて.........(T_T)



マイフィールドでは、前の夏に樹液が出ているシラカシがあり、カナブン、カブトムシ、チョウの姿を観察するとができた。

虫網を持った少年少女もいた、ここの公園、藪を撤去したり、いらぬ舗装をする区の公園課にうんざりだったが、まだまだ自然が残っていて捨てたもんじゃないとやや思っていた。

が、が、秋口、公園内の木の赤いテープが貼られ、該当した木が伐採するとか。なるべく自然を残して欲しいと要望したが、聞く耳持たずの行政....................(T_T)..................そんな中、先日、甲虫がなる木、根元から切られてしまった。根元から切らなくても、伸びすぎたとこの剪定、腐りかけたとこの撤去だけでいいと思うだが。かなり老木で、切らないと危ないと思われる桜は、手厚い手厚い治療をするのになぁ。

2016.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数