スマホのアプリをPCで

スマホアプリには、Twitter、Instagram、LINE、FacebookとまとめてSNSという便利な?、楽しいもの?が複数ある...........(#^.^#)。

Twitter、Facebookは、プラウザを使ってPCからフル利用できる。

Instagramはプラウザを使って閲覧とコメントは可能、書き込みはツールを使えばできるらしい。

LINEは、以前書いたLINE(ライン)を始めた(2014.05.15)通り、専用アプリが必須、今もそうだと思う。更にProxyがあるネットワーク環境では中継するソフトが別途必要だったが、最近はProxyに対応したっぽい。

他には...............電話番号でメッセージをやり取りするSMSも使えたら便利かもと思ったら、以下の手順で「Chromeに機能追加」「スマホにアプリをインストール」すれば可能になるらしい。

GmailからSMSを送信する方法

他にEvernoteもPCと連携すれば、メモ書きの共有ができてかなり便利だと思う。

スポンサーサイト

2017.05.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

亜麻色のサギは白鷺のしんがりだった

以下に書いたように、4月中旬から市内のサギのコロニーを観察。

ダイサギの目元の婚姻色が綺麗(2017.04.18)

何度か通ううちに、続々とコロニーのサギ類が帰還し、以下の記事を書いた。

4種のサギの婚姻色撮ったど!(2017.05.04)

以上の観察結果より、サギ類が渡ってくる順番を以下に書まとめた。

あれ?、コサギは帰還は遅いの?(2017.05.06)

その記事を引用すると

 ダイサギ > チュウサギ > ゴイサギ >コサギ

の順だった。ダイサギ、コサギは1年中見られる留鳥、チュウサギ、ゴイサギは夏鳥なのにコサギが遅いのは意外だった。ダイサギは、冬鳥のオオダイサギ、夏鳥のチュウダイサギと亜種で分けるらしいが.........(^_^;)。

残るはアマサギ、これまでの初認記録を拾ったのを、以下の記事にまとめた。

アマサギはいつ帰ってくるのか?(2017.05.05)

まとめた結果によると、早い年もあるものの結構遅いような気がした。が、もしかしてアマサギは白鷺類のコロニーには混ざらないのかな?。そんなことを思ってもいたが、前の週末、ようやく4月中旬から通った市内のサギのコロニーでアマサギに再会できた。



東日本大震災が起こる前は、今現在のコロニーよりもサギ類はたくさんいたと記憶しているが、津波の影響で営巣する木が激減したからか、コロニー自体が小さくなったように思える。そのためか?、これから増えるのか?、確認できたアマサギは1カップルだけだった。

が、ここ約一ヶ月半の観察によると、サギ類がコロニーに戻ってくる順は

 ダイサギ > チュウサギ > ゴイサギ > コサギ > アマサギ

であることがわかった...............\(^o^)/。

ちなみにアオサギは、ここのコロニーでは見かけなかった。南部のコロニーでは、コサギを見かけた頃にはいたはず。基本的にコロニーに参加ししないササゴイは、4/30に蒲生海岸に観察した。それらも無理やり順に入れ込むと、以下になるかな。

 ダイサギ > チュウサギ・ササゴイ > ゴイサギ・アオサギ > コサギ > アマサギ

2017.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

内陸には普通のカッコウ

先日、東日本大震災で沿岸部のカッコウが減った?と書いた。たぶん、沿岸部は津波の影響で、草地、木々が無くなったので、影響はあったと思われる。が、それ以外でも仙台市内では減ってるのも事実だと思う。



前の土曜、亜麻色の髪の乙女は奥手.....(^^;に書いたように、県南部の内陸にサギのコロニーを見に行ったら、極々普通にカッコウが鳴いていた。

インスタグラムに、その写真をアップしたら、仙台市内でも名取川近くでは普通に鳴いているというコメントをいただいた。あれ?、仙台市内でも内陸には普通のカッコウなのか?、我が家周辺にはいないけど??。

2017.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

絶滅?、県南のコシアカツバメ?

先日、Twitterなまかさんがコシアカツバメの話題をつぶやいていた。

そういえば、そういえば、うん十年前、県南勤務だった際、そこで営巣しているって聞いて、見に行った覚えがある。



本日、その地へ行ってみた。結果は、過去に使った巣の残骸のみ、歩いて探すと、10巣程度はあった。その残骸、どうもスズメが使った?、乗っ取ったように見えた。絶滅?、県南のコシアカツバメ?かもなぁ。

2017.05.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

変なんアリ?、アリグモらしい

今朝の通勤都市公園散策、モクレン科の葉っぱにヘンテコな蟻んこっぽい生き物を見つけた。



近づいてよく見るとアリではなく、どうクモっぽい。いやぁ~、アリにそっくりだ。インスタに貼って何クモって書いたら、アリグモではというコメントをいただいた。そんなクモいるのね、初見だし、名前も初めて聞いた。

2017.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

ムクリンキラーが出没

本館に書いた、むっくんが一斉に?巣立ちの続き。



本館にも書いたように、今朝の通勤都市公園散策で今季初のムクドリの巣立ちっ子を観察。更に、それを待っていたかのようにムクリンキラーこと、ムクドリの巣立ちっ子を狩るハシブトガラスを観察。林を追い回し、植え込みに追い込み、最終的に捕獲&捕食していた。

巣立つ数日前から、営巣中の樹洞を覗き込む姿が見られ、その後、親ムクドリに追われてはいたが、やっぱり機会を伺っていたんだろうな。

2017.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

朝に咲くヒルガオ

昨日の通勤都市公園散策、朝だけどヒルガオが咲いていた。

そういえば、過去にアサガオ系の話題を書いたことがあったはず。検索してみたら、以下があった。

西洋朝顔と朝顔と朝鮮朝顔(2016.08.13)

朝顔じゃないが、てっきりヒルガオも書いていたと思っていたら、書いてなかった。



たぶんその頃、ヒルガオもググっていたはず。再度、ググってみたら以下の旨の情報あり。
---
ヒルガオはアサガオ同様に朝に咲いて、昼になってもしぼまないからヒルガオという命名
---

従って、昼に咲くからヒルガオじゃなくて、昼も?、昼まで?咲いているからヒルガオなんだよね。今後は、朝にヒルガオ?と違和感を持たないよう、しっかり覚えていようと思う...................(#^.^#)。

2017.05.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】鎮守の森って生き物の宝庫

先日、鎮守の森って生き物の宝庫と書いた。



鎮守の森の近くの果樹園等があると更によい、ノスリが営巣したりトラフズクが営巣したりする。

鎮守の森って生き物の宝庫だよね、巨木になると、維持管理がなかなか難しいと思うが、枯れない限りはうまく残して欲しいなぁ、果樹園もね................(#^.^#)。

2017.05.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

鎮守の森って生き物の宝庫

この土日、実家の山形へ行った、山形は巨木が残っている鎮守の森が結構ある。



土曜の夜、その1つにアオバズクに逢いに行ったら、暗くなる前にチゴハヤブサがいた。あっという間に飛び去ってしまったが、しばらくして餌っぽいのをぶら下げて戻ってきた。もしかして、子育て中なのかも。



お目当てのアオバズク、暗くなってから出逢えた。



今日は別の鎮守の森へ、樹洞窟でチョウゲンボウが子育てしていた。

鎮守の森って生き物の宝庫だよね、巨木になると、維持管理がなかなか難しいと思うが、枯れない限りはうまく残して欲しいなぁ。

2017.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台) シジュウカラ巣立ち

今季の、今季も?、巣立ちっ子の初認は通勤都市公園散策の地でかなと思っていた。



が、が、本日、我が家近くの公園でシジュウカラの巣立ちっ子を観察.....................\(^o^)/\(^o^)/、可愛いかった.................(#^.^#)。

週明けの明日から、通院都市公園散策でも、続々と巣立ちっ子に出逢える予感.................(#^.^#)。

2017.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

出逢える鳥相の変化?

昨年のGWに、以下のような記事を書いた。

今後、東北でも稀じゃなくなる?(2016.05.02)



今回のGW始めは、アボセットことソリハシセイタカシギに出逢えた。これもその昔はかなり稀な珍鳥だったが、ここ最近は、あちこちで出たという情報を目にするような気がする。出逢える鳥相の変化?、それとも観察する方々が増えたから?。

2017.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】亜麻鷺は?、雨鷺は

本館に書いた、亜麻鷺は?、雨鷺はの続き。



一昨日、リトライしてみた、雨ではなく快晴だったので雨鷺はいなかったが...................(^^;。

結果は今回のアマサギの姿はなし、ここのコロニーには混ざらないのか?、それともまだ来ないのか?、それともここのは絶滅したのか?、それともアマサギは他の白鷺とはコロニーを作らないのか?..............(?_?)。

2017.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

[5~月]今季(2017)の探蝶

■5月12日



街中事務所に行く前、青葉山散策、今季初のコミスジを観察、複数個体いた。

■5月08日



随分前の今季初認したが、通勤都市公園散策でようやく今季初撮影することができた。咲き始めた、カリンの花の蜜を吸っていた。

■5月05日



住宅地の中の森林公園)ヤブサメまだ帰還せずを書いた森林公園で、複数飛んでいるスジグロシロチョウを観察。

■5月02日



宮城)コサギが絶滅危惧?の婚姻色ゲットの際、今季初のベニシジミを撮影、姿はもっと前の観察していたけどね。

観察したが、まだ撮れていないのはアゲハチョウも、なかなかチャンスなし。

2017.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

カタツムリって普通に何種見られるのか?

昨日、Twitterのフォロアーさんがカタツムリを話題にしていたので、雨模様だしということで探してみた。



極々普通に見られるカタツムリ、そうなるとカタツムリハンドブックというのがやっぱり気になる。昨日撮ったカタツムリは、ネットでググってみたら「ニッポンマイマイ 」っぽい。カタツムリハンドブックの売りは、「日本に800種が知られるカタツムリのうち約150種を収録したフィールド図鑑」ということだが、在住の東北でも普通に複数種類を見られるのか?。似たようなハンドブックに「タンポポハンドブック」というのがあり、先日購入し、先日、以下のような記事を書いた。

タンポポハンドブックにがっかり(2017.03.23)

もしやカタツムリハンドブックもタンポポと同じではないのか?、極一部で見られる種、南西諸島、西日本などで見られる種を多数掲載しているのではないのか?。この辺りがわからないからなぁ..........(^^;。この手の図鑑は、〇〇地方で見られる△△種を掲載てな表現にしてほしいと強く思う。

2017.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ホシゴイって繁殖できるの?、それともヘルパー?

ここのところ、観察に行っているサギのコロニーに、ホシゴイことゴイサギの幼羽がいる。



たまたまかなと思ったら、今日も複数いた。もしかしてホシゴイでも繁殖できるのか?、性成熟は?、ググってみたら、この幼羽は2~3年で、成羽になってから性成熟らしい。それがほんとだとすると、ここに来ているホシゴイはいったい?。繁殖に混ざらなくとも、群れる性質がある?、寂しがり屋だからなのかな?。それとも、子育てを手伝うヘルパーなのかな?。

2017.05.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

都市公園にハシボソガラスが進出?

毎朝の通勤都市公園散策、勤務地の変更で3年弱中抜けしたが、約18年散策している。



カラス類は、ハシブトガラスとハシボソガラスの記録があるが、散策を開始した頃はほぼハシブトガラスで、ハシボソガラスは稀に出逢えるぐらいだった。

たぶん、ハシボソガラスは農耕地を主に、ハシブトガラスは都市鳥化しているんだろうと思っていた。生ごみ等のゴミ漁りをするのは、ハシブトガラスだし。

が、が、ここ数年、通勤都市公園散策でハシボソガラスに普通に出逢えるようになってきた、まだまだブト>ボソではあるが。ここ最近、仙台の街ど真ん中の勾当台公園でも見かけるようになったし。

そもそも棲み分けていたと思われるカラス2種、都市公園ではどう棲み分けるのだろうか?。

2017.05.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

冬鳥の北帰行のしんがりはシメ

本館に、本日「2017MF)コサメビタキ通過」の記事を書いた。その中に、まだシメがいたと書いた。

そういえば、過去にも同じような話題を書いたような記憶が、検索したら以下を書いていた。

冬鳥で1番渡去が遅い鳥(2010-05-20)



そこに書いてあった終認記録を引用、その後も拾ってみたのが以下。

[2016] 05/13(金) 姿1
[2012] 04/27(金) 鳴き声1
[2011] 05/20(金) 姿1 
[2010] 05/28(金) 姿1 、鳴き声2
[2009] 05/26(火) 姿1、 鳴き声1
[2008] 05/21(水) 姿1
[2007] 06/01(金) 声1
[2006] 05/15(月) 鳴き声1
[2005] 05/23(月) 姿1
[2004] 05/12(水) 鳴き声1
[2003] 05/06(火) 鳴き声1
[2002] 05/24(木) 鳴き声1

以上からすると、まだ出逢える可能性があるっぽい、冬鳥の北帰行のしんがりはシメに決定かな.................(#^.^#)。

2017.05.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

十月桜は七ヶ月桜になったのか?

延命桜が返り咲き!(2017.04.10)と書いたMFの十月桜、五月でも咲いていたら七ヶ月桜になる。



GW前の4/28は、このようにまだ若干咲いていた。今日も咲いていたら、間違いなく七ヶ月桜だ!、見に行ってみたら花は皆無、葉っぱだけのなっていた。かなりな延命桜だったが、六ヶ月桜までだった.....................(#^.^#)。

2017.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

緑の桜がピンクの桜に変身

先日、以下と書いたMFの御衣黄

2017仙台)御衣黄が開花(2017.04.24)



開花から満開までは緑の桜だが、満開を過ぎるとピンク色になってくる。満開から2週間経った今朝、そのピンクの桜に変身していた。

緑の桜がピンクの桜に変身を、観桜できるのも御衣黄の楽しみかも。

2017.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

干潟は復活の兆し

前の日曜、シギ・チドリの調査の前、さくっと蒲生干潟へ行ってみた。

ずばり、干潟の手間の葭原が丸坊主で、目も当てらてないほど........(T_T)。そもそも工業用地だったという話もあるが、ここまで平地にしなくとも、これまでの生き物の生息実績もあるだから、若干は残して欲しかったのになぁ.............(;O;)。

先日は、その少ない葭原に
 【続】 一等地のオオヨシキリの渡来は早い?
というのはあったが。

前回は日和山側から干潟へ行ったが、今回は仙台港向洋海浜公園側から行ってみた。



メダイチドリ3兄妹見っけ、オレンジ色のエプロンが素敵..............(#^.^#)。ハマシギ、トウネンといっしょに行動していた。



キアシシギもたくさん、ハマシギについで多い個体数。



ハマシギはすっかり腹黒の夏羽、群れは警戒心が高めだったが、単独でいるのは間近で観察することができた。



ハマシギの群れに、若干のトウネンが混じっていた。これも、赤味がある夏羽になっていた。



ダイゼンは数羽、全て冬っぽかった。



チュウシャクシギ、オオソリハシシギも数羽いた。オオソリハシシギは、赤味がある夏羽と赤味がない個体がいた。

前述したように、干潟の手間の葭原が丸坊主で目も当てらてないほどだが、干潟は復活の兆しは朗報だと思う。

2017.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

あれ?、コサギは帰還は遅いの?

昨日、アマサギはいつ帰ってくるのか?という記事を書いた。

それによると、アマサギにもそろそろ再会できていいはず。



ということで、今日も近いほうのサギのコロニーに行ってみた。ビノキでさくっと探すが、やっぱり亜麻色のサギはまだいない。っていうか、ここのコロニーに混じるのか記憶にないが..........^^;。もしや、まだ亜麻色になっていないだけでは?。更にビノキで探すと。え?、え!、え?、先日はいくら探しても居なかったコサギがいるじゃないか..............(@_@;)。たまたま1羽いただけか?、と思い、更によく見ると数羽いた、もちろん婚姻色の個体が。う~ん、といことは1年中見られる留鳥だが、コロニーでのコサギは帰還は遅いのかも。

本日、ここでコサギを観察し、全部で4種となったが、再会できた順は、以下の通り。

ダイサギ > チュウサギ > ゴイサギ >コサギ

もしかして、しんがりはアマサギになるのかな?。

2017.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

アマサギはいつ帰ってくるのか?

昨日、4種のサギの婚姻色撮ったど!という記事を書いた。

その中に「アマサギはさておき」と書いたが、アマサギもコロニーにやってくるよね?。いったい、アマサギは仙台ではいつ頃出逢えるだっけ?。以下に、過去に書いた記事を拾ってみた。

亜麻色の髪の乙女がいっぱい.....\(^o^)/(2016-07-09)
もういた亜麻色の髪の乙女を口ずさむ方(2015-05-05)
金糸猴鷺見っけ!、亜麻色の君?(2014-06-07)
今季も亜麻色の髪の乙女を口ずさみながら.....(*^_^*)(2013-06-30)
おかえり!、ギョギョシい鳥さん....^^;(2013-05-11)
亜麻鷺ならぬ雨鷺だな...^^;(2012-06-10)
麻色の貴婦人?貴公子?(2011-06-18)

ずばり毎季、亜麻色のサギを観察していた。拾ってみた結果は、6月にはほぼ確実、GW開けにはほぼ来ているっぽい。ということは、先に書いた婚姻色探しの記事通り、そこにはまだ来ていないのではないかと思う。

というこで、そのうち亜麻色のサギを探しに、コロニーを訪れてみたいと思う.............................(#^.^#)。

2017.05.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

4種のサギの婚姻色撮ったど!

最近、サギ類の婚姻色に興味を持った。

最初に観察できたのは、以下に書いたダイサギ。

ダイサギの目元の婚姻色が綺麗(2017.04.18)

次は、以下に書いたチュウサギ。

チュウサギの目元の婚姻色は黄色(2017.04.22)

次の次は、以下に書いたゴイサギ。

ゴイサギ の婚姻色(2017.04.30)

アマサギはさておき、コサギで締めくくろうと思ったが、何故か?、何故か?、極々普通に見られると思っていたのに難易度高し。



やっと探し当てて観察した結果は、本館に宮城)コサギが絶滅危惧?の婚姻色ゲットとアップしたが、インスタの画像を再度流用してみた。

これで「4種のサギの婚姻色撮ったど!」.......................\(^o^)/。

2017.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

雪の回廊、もう遅かった....^^;

先日、<蔵王エコーライン>輝く雪の回廊歩いて楽しむ(4/15)というニュースを見た、一度は行ってみたいと思って、GW中に行ってみた。



行ったのは一昨日の5/2、雪の回廊を期待したが、思ったよりも雪の壁が少なかったし、低かった。記事になってから、半月以上経ってしまっているから、当たり前といえば当たり前か。次回は、早々に行ってみようと思う.................(#^.^#)。

2017.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

[3~4月]今季(2017)の探蝶

■4月23日



我が家近くの農家さんの畑で、モンキチョウを観察。

■4月16日



サクラとジャコウアゲハを観察にいった山形の川原でシジミチョウを観察、ルリシジミだと思う。

■4月15日



我が家から歩いてすぐの公園で、今季初のキタキチョウを発見!。キタキチョウは成虫越冬するらしい、従って、越冬から目覚めた個体の可能性大!。

■4月8日



仙台市北部のカタクリの森で、ヒメギフチョウを初見!。



ヒメギフチョウを観察していたら、スジグロシロチョウも飛んできた、これも初見!。

■4月5日



マイフィールドの通勤都市公園のウメ林で、今季初のモンシロチョウを観察。

■3月20日



実家山形市の市民農園でキタテハを観察、越冬個体だと思われる。



実家山形市の市民農園でアカタテハを観察、越冬個体だと思われる。

2017.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

お菊虫の開花は?

春のダブル妖精に逢いにの帰り、桜もお菊虫も間もなく開花のお菊虫、そろそろ開花したのでは?、と見に行ってみた。



先日の桜はもちろん終わり、葉っぱがたくさん出ていた。だからか?、なかなかお菊虫探せず。成虫こと、ジャコウアゲハも全然飛んでいない。じゃきっと、黒っぽく色付き、今にも羽化しそうサナギあるはず。気合い入れてさ探してみたら、あった!、あった!、が、何れも先日のままだった。う~ん、まだまだ羽化は先なのか?。

2017.05.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

春のダブル妖精に逢いに

昨季は、以下に書いたようにGW近くに二度、ヒメギフチョウとギフチョウに逢いにいった。

春のダブル妖精弾丸ツアー(2016-04-20)
晩春?初夏?の妖精に再会に(2016-05-06)

今季も行きたい、行きたいと思い、GW3日目の今日行ってみた。時期は昨季の中間、従ってそこそこに出逢えると確信して...............(#^.^#)。



ウスバサイシンはそこそこにあるし、カタクリも終わりかけではあるが咲いているが、何故かヒメギフチョウとギフチョウも姿なし。風がややあったからか?、今季はハズレなのか?、はたまた一段落して不在の期間なのか?。



かなり気合を入れ、時間を掛け粘ると、卵を何ヶ所かで見つけた。成虫は、1匹だけ飛んでいる姿を見つけた。昨季はGW後半には孵化した幼虫がいた、今日は見当たらず。

う~ん、う~ん、今季は遅めでこれからが最盛期なのか?。季になったのは、たぶん、昨季の大雨の影響でか、あっちこっち崖が崩れていたこと、この影響もあるのかな?。

2017.05.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数