越夏していたコブハクチョウ

コブハクチョウといえば外来種だが、この春、「コブハクチョウ「絶滅」危機…市「保護に全力」 : 読売新聞」と「東京新聞:増え過ぎたコブハクチョウなど 「偽卵」で減らせ:茨城(TOKYO Web)」という記事を見た。

その際、日本にはどれぐらいいるのか?、ググってみたら以下の情報あり。

日本白鳥の会:400羽近く野生化

外来種なんで、以下も参照してみた。

コブハクチョウ / 国立環境研究所 侵入生物DB

結果は、日本全国津々浦々いるんだなぁ。っていうか、在住の宮城県含み、東北4県に記録なしになっている。

確か数年前の冬、隣の市のK沼にいたような、前の週末は雨模様だったので行くとこないというのもあって見に行ってみた。



もしかしたら国立環境研究所 侵入生物DBに書かれているように、北海道ウトナイ湖で繁殖した個体が越冬に来ていただけかも、と思ったら1羽佇んでいた。数年前から、ずっと居ついている個体だろうか?。

数年前の冬に見た記録、検索してみたら「2014年12月27日(土)」。この個体がずっといるのかな?、だとすると約3年半いることになるが。

スポンサーサイト

2017.07.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

セミの脱け殻が生る木、生らない木

ネット仲間さんから、セミがいる木といない木があるがどうしてという問いがあった。

たぶんセミは好む木というのがあって、木の種類によってと、翅はあるがそれほど移動しないからじゃないかなぁと返事した。

せっかくだからググってみたら、セミが好む木は以下の情報があった。

●アブラゼミ…サクラ、ケヤキ、モミ
●ミンミンゼミ…サクラ、モミ
●ニイニイゼミ…サクラ、ケヤキ、エノキ、マツ、モミ
●ツクツクボウシ…アカメガシワ、モミ

翅はあるがそれほど移動しないというのは、クマゼミに印をつけて移動を調査した情報があったが、個体差があるようでなんとも言えないような気がした。

セミが好む木、これ以外にも情報があり、でどうやって判断しているのかまたまだググると脱け殻の有無で判断しているっぽい。

じゃ私も、ということでほぼウィークデ散策しているMF(マイフィールド)で、さくっと脱け殻を観察してみた。

その結果、カリン、サクラ、メタセコイヤ、ユーカリ等にたくさん脱け殻あり。

あれ?、ないのかは、シラカシ、ユズリハ、キンモクセイ等。

ちなみに脱け殻はアブラゼミorミンミンゼミのもの、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシもいるが、何故か脱け殻はほとんど目に付かず。ニイニイゼミは、過去にウメに多かった記憶があるが。

MFについては、セミが好む木というより、セミの脱け殻が生る木、生らない木があるというぐらいしか言えないような気がする.............(^_^;)。

2017.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

年を重ねると聞こえなくなるセミもいるのか

以前、年を重ねるとスイッチョンも聞こえなくなるの?、アオマツムシも?(2012.09.14)、今年は遅いって、鳴いているのにスイッチョン(2012.09.16)という記事を書いた。

昨季辺りからセミの鳴き声も、年を重ねると聞こえなくなるらしいということに気が付いた。

在住の仙台周辺で平地で聞くことができるセミの鳴き声の周波数、ググって以下に拾ってみた。加齢で聞こえなくなるというヤブサメの鳴き声、「8000~10000Hz」とも比較してみた。

■ニイニイゼミ
 5,500~11,000Hz
 7,000~9,000Hzが中心で8,000Hzあたりがメイン
 ★聞こえなくなる(母親が聞こえないらしい)

■ミンミンゼミ、アブラゼミ
 5,000Hzあたりと10,000~15,000Hzあたり
 ◆半分は聞こえ、半分は聞こえない

■ツクツクボウシ
 5,000Hz~15,000Hz
 ◆聞こえる部分と聞こえない部分あり

■チッチゼミ
 9,000Hz以上
 ★聞こえなくなる

以上より、年を重ねると聞こえなくなる可能性があるのはニイニイゼミ、チッチゼミの2種。聞こえ方に相違が出てる可能性があるのは、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシの3種ということになるかな。

2017.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

アサギマダラのマーキングは卒業しようと思う

前の土曜、コウゲンチョウに逢いにに書いたように、蔵王のアサギマダラを観察に行った。

最初は蝶影が見つからなかったが、歩いて探すと全部で6頭ぐらいの乱舞を観察。



以前は、【続】 グランデコでマーキングしたアサギマダラが鹿児島県喜界島へ(2014.10.24)等に書いたようのマーキングもしていた。が、その後、とある場所で撮り屋とトラブルになり、一方的の撮り屋の怒鳴られただけだが.................(T_T)..........それ以来、マーキングする気がしなくなった。今回は高山なので私しかいなかったし、手掴みできる個体もいた。が、が、その後、やっぱり撮り屋が来た.................(+_+)。そんなこともあって、若干足を突っ込んだが、アサギマダラのマーキングは卒業しようと思う。

2017.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

今季もセミの羽化観察

昨季、お手軽にできるセミの羽化観察(2016.07.22)という記事を書いた。



今季はもういいかなと思ったが、夏梟が無事にヨンバズクの夜の部観察に行った際、セミの幼虫を複数見つけたので....................元気そうな1匹だけ拉致しちゃった...................( ̄▽ ̄;)。無事、実家のカーテンで羽化成功!。



翌朝は色付き、ちゃんとアブラゼミのなり、夏空、いや、梅雨空で飛んでいった..................\(^o^)/。

2017.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

イバラトミヨ?、トミヨ?

一昨日、【続】 今度、見に行こう天童のイバラトミヨ生息地(2015.07.06)と書いた地へ、この週末近くまで行ったので小川をさくっと覗いてみた。



いた!、いた!、イバラトミヨっぽいの............(#^.^#).........岸近くのいたので手ですくってみた。トミヨの仲間であるとは思うが、イバラトミヨかただのトミヨなのか?、残念ながらわからず。そもそも、ここのどっちもいるかも不明.............(^^;。

2017.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

仙台)来た!、ツクツクボウシの'17初鳴

昨日、本館にセミの声・姿が目立って来たら悲鳴も多数(2017-07-19 )と書いた。

その中に、「次の期待は、夏蝉になったツクツクボウシかな」と書いたら、なんと今朝、それを確認.............\(^o^)/.........やっぱり、もうバリバリ夏蝉になってしまった模様。

ツクツクボウシの初鳴がどんどん早くなっている件、昨季は【続】 仙台のツクツクボウシ初認が年々早くなっているような?(2016.07.20)という記事を書いた。それに書いた過去の記録に、昨季と今季も追加したのが以下。

 [2017] 7/20 [2016] 7/20 [2015] 7/21 [2011] 7/25 [2010] 7/21
 [2009] 7/27 [2008] 7/22 [2007] 8/01 [2006] 8/07 [2005] 8/08
 [2004] 7/26 [2003] 8/13 [2002] 8/08 [2001] 8/10

2006年頃までは例外はあるものの初鳴は立秋前後だったが、年々早くなり2008年以降は7/20過ぎになった。

2017.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

仙台MF)夏蝉4種の初鳴を確認

先日、仙台)来た!、ヒグラシの'17一鳴き(2017.07.11)と書いた。

その後、初鳴は「ミンミンゼミ:7/14」、「ヒグラシ:7/18」を聞いた。



次はアブラゼミだよな、これまで一鳴き、姿は何度も見ているので。が、が、朝の散策ではなかなか聞けず、最後の最後に聞くことができた、昼休みは複数鳴いていた。ということで、4種の夏蝉の初鳴を確認....\(^o^)/。貼ったのは鳴いていたのではないが、今季幹に止まるのをじっくり見たので撮ってみた。

そういえば、セミの鳴き時間、過去に調べたことあったっけ。検索してみたら、以下を書いていた。

【続・備忘録】 セミについて(2016.08.19)
【備忘録】 セミについて(2016.07.20)

あ!、アブラゼミって主に午後に鳴くのね、だから今朝は少なかったのか。

2017.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

珍鳥キノボリハクセキ...^^;

ハクセキレイといえばここ最近は都市鳥、街中の公園、歩道、コンビニの前でもよく目にする、もちろん川原にもいるけど。主に餌は地上で捕るらしく、木の枝や電線に止まる姿は滅多なことでは目にしない、ような気がする。



その木の枝に止まる、珍鳥キノボリハクセキを昨日の朝の散策で観察&撮影........\(^o^)/。これって、これって案外レアだよね?......(#^.^#)。

実は........巣立ちっ子ハクセキレイが私を警戒し、枝に止まったのが真相のよう。そういえば、以前も何度か、巣立ちっ子が枝に止まっているのを観察した記憶があった..............(#^.^#)。

2017.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

前の連休はツシマヤマネコに逢いに

海の日で3連休の前週はツシマヤマネコに逢いに行った、と言っても盛岡市動物公園に、更に3連休だが1泊2日で。

が、が、それ以外も盛沢山の内容で.........................(#^.^#)。

まずは青森県三沢市のラサール条約登録湿地の仏沼へ行った、私は美女?と歌う鳥(^^;を堪能!。

その晩は岩手県二戸市へ行き、二戸市折爪岳ヒメボタルは別格だったを楽しんだ。そのまま二戸へ泊る予定あったが宿が取れず、東北道のサービスエリアで車中泊した。

次の日はまずは滝沢森林公園に行き、ネイチャーセンターからホンドリスが間近を楽しんだ。

最後に盛岡市動物公園へ。



まず最初になかなかいいねと思ったのがツキノワグマ、野山でばったりは出逢いたくないが、沢を隔てた距離ぐらいで観察したいなぁ。



期待にワクワクのツシマヤマネコ、いた!、いた!.........................\(^o^)/.................ほんとベンガルヤマネコそっくり、見たことないけど(笑)。1頭のみってのがなぁ、絶滅危惧ⅠA類なんだから種の保存で繁殖をと思ったが、ツシマヤマネコ - Wikipediaを見ると場所によってはやっているらしい。



その後は他の日本の獣を観察し、写真も撮った。ここの動物園、日本に獣類はなかなかよいと思う。



夜行性の日本の獣コーナーにはモモンガ、ムササビ、ヤマネ、アカネズミ、ヤチネズミ等がいた、ここもよかった。

正直にいうと、ここの動物園に印象はひと昔前のイメージ、予算がないんだと思うがもっと今風にすればもっと流行るのではと思った。展示コーナーに名前はるが、動物自身に写真がないのは大きな減点だと思った。行った日、前日の夜半から大雨で日中も降ったり止んだり、そんなわけで入園者が少なかったのかもしれないが。

2017.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) |

【続々備忘録】 ヒメボタル

昨年、【続備忘録】 ヒメボタル(2016.03.04)という記事を書いた。

今季はその前に【備忘録】 ヒメボタル(2014.07.16)に書いた二戸市折爪岳山頂付近に行ってみた。

計画を立ている最中、ヒメボタル、宮城県内にいるとこいくつかあるのね(2016.07.11)に書いた「宮城県気仙沼市本吉町の山あい」の続記事が載っていた。場所は「仙沼市本吉町と南三陸町にまたがる田束山(たつがねさん)(512m)」とのこと、が、それ以上詳しい情報なし。

もしかして知れ渡っていないだけで、東北にももっとあるのでは?、再度ググってみたら以下がみつかった。

休暇村岩手網張温泉
 休暇村からの所要時間:徒歩約5分、観賞できる時期:7月中旬頃

網張ビジターセンター
 実施日:7月11日(火)月~17日(月)
 行事系:「岩手山まるごと体験ネットワーク」夏の網張の森ヒメボタル観察会

どうも同じ場所っぽいけどね。

蛍のいる場所(東北の撮影地情報)
 ここにも「ヒメボタル」という文字がちらほらあるが、今も健在なのかどうなのか?。

2017.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

二戸市折爪岳ヒメボタルは別格だった

今季のホタル狩り、またまたホタル狩りにと二度行っているが、7/15(土)えいやっと遠出で【備忘録】 ヒメボタルに書いた二戸市折爪岳に行ってみた。

二戸市にヒメボタル観賞会のお知らせを見て情報取集をし、初めての地なのでシャトルバスの申込をしたところ既にいっぱいとのこと。が、ツアーの定員はまだ若干余裕があり、バスの後ろを追尾してくれればOKですというので迷わず申し込んだ。

夜のイベントなのでと、宿を探すが全ていっぱい、なんでも中総体の野球が大会はあるとかで。近場の宿も探してみたが、そもそも近場になし、というこで諦め掛けたが、車中泊することにした。

さて本題のヒメボタル観賞会、シャトルバスの出発1時間以上前になにゃーと物産センターに着いたが、それ関係っぽい人影なし。あれ?、あれ?、運良くまだ観光協会が開いていたので聞いてみたら、なんと今日は通常より2時間早く出発したとか.....(-_-)。携帯の電話番号も通知してあるのに、音沙汰なしで置いてけぼりかよ.......(+o+)。が、観光協会の方が詳しく地図で教えてくれた........\(^o^)/......単独で行けるか心配だったが。



時間にまだ余裕はある、というこちで二戸名物のひっつみ汁をいただいた。暑かったので冷たいのを食べたかったが、名物ではあるがソバでは味気ないと思ったので。選んで正解、美味しかった!.......\(^o^)/。



ポイントは交通規制になる前に現地現地着、折爪岳のヒメボタルのポイントには同じ目的の方々がたくさんいいた。木製のベンチ、自前の折り畳み椅子に座って待つ方々、露店で飲食する方々、全部で50~60人ぐらいはいたかな。手持無沙汰なので辺りを散策すると、ホトトギスとクロツグミが盛んに鳴いている。薄暗くなってきているので、姿を探すが発見できず。

いよいよ日の入りで辺りが暗くなった、すると間もなく、あちこちから光ったよと歓声が上がる。どこどこ?、歓声を上げた方に近づき聞くと目の前。確かに数匹が、チカチカと光っている、目が慣れてくるとあっちにもこっちにも。観察している人が、この世のものではないという表現も........(#^.^#).....あの世は行ったことないが同感同感。21時の交通規制解除まで、心置きなくヒメボタルの愛のささやきを堪能した。事前に調べたホタルの撮影方法(マニュアルフォーカス、ISO1600、シャッタースピード30秒)で撮ってみたが、悲しいほど何も写らなかった........(+o+)。致し方ないので、止まって光っているとの、ちょっとだけ手に止まってもらい撮影した。

ずばり、二戸市折爪岳ヒメボタルは別格だった.......\(^o^)/......遠出した甲斐があった、ここは一見の価値ある!。

遅い時間になると、薄く曇っていた雲が流れ満点の星空になった、天の川も見えた.............\(^o^)/。

(PS)
置いてけぼり食ったのは、私が時間を間違ったのか?、再度確認したが、特に案内のWebページにはそんな記述はなかった、翌日(7/16(日))は17時出発と表記はあったけどね。

2017.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

仙台)来た!、ミンミンゼミの'17姿

本日の本館に来た!、アブラゼミの'17一鳴きという記事を書いた。

暑いものの、昼休みもアブラゼミを探しに行かなきゃというこで、昼休み散策もした。



すると、朝は散策しなかったコースのマツ系の幹にセミの脱け殻、というか脱けている途中の物体をみつけた。体全身はうまく脱けたが、運悪く翅が引っかかってしまい広がり切れずだった模様。なんとかならないか、ちょっとだけ翅に触れてみたが張り付いていてどうにもならず........(+o+).....気の毒だがこのままにしておくしかなかった。

茶色く色づいていないのでミンミンゼミのような気がしたが、脱け殻の触覚をチェック。アブラゼミとミンミンゼミの識別は、触覚の毛深さと第2節と3節の比較。毛深くなく、第2節と3節はほぼ同じ長さということでミンミンゼミと識別。

本日は朝にアブラゼミの一鳴きとシルエット、昼休みにミンミンゼミの姿(羽化失敗)と2種を初認。ニイニイゼミの初鳴は7/3に確認、、昨日ヒグラシの一鳴きを観察したので、取りあえず今季も4種のセミを観察。

2017.07.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

仙台)来た!、ヒグラシの'17一鳴き

毎度の通勤都市公園散策の結果は、榴ヶ岡公園通勤バードウォッチング(仙台市宮城野区)で公開している。

野鳥以外にも、セミの歳時記も公開している。

在住の仙台でのセミの初鳴は、以下に書いた通り。

仙台)来た!、ニイニイゼミの'17初鳴(2017-07-02)

通勤都市公園散策では来た!、MFにもニイニイゼミの初鳴日(2017-07-04)、次はヒグラシだろうと思っていたら、今朝鳴き声を観察、一鳴きだが..................(^^;。

2017/7/11 セミ

早速、歳時記に書いてみた、初なので過去のヒグラシの記録も以下に拾ってみた。

[2016]7/13一鳴き、8/01初鳴 [2015]7/21姿 [2011]7/21初鳴 [2010]7/08脱け殻

ずばり平年並み、っていうか夕方鳴くセミだけに、朝の散策ではなかなか観察は難しいかもなぁ。

2017.07.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

右巻き、巻きなし、左巻きと3タイプのネジバナ

今季のネジバナの開花は、以下の書いた通り平年並みに観察。

仙台)'17ネジバナ開花(2017.07.03)



その後も続々と開花を観察、そういえばネジバナって右巻き、巻きなし、左巻きと3タイプがあるんだよね。早速、今日、それを観察すると、ピンポン!、3タイプをみーつけーた!.....................\(^o^)/。

2017.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ふなばし三番瀬海浜公園のミヤコドリっていったい?

17/07/08 ミヤコドリ

ミヤコドリといったら、日本では基本的に稀な?、数は少ない冬鳥だったず。が、が、何年か前からふなばし三番瀬海浜公園では、ほぼ1年中見られるようになったという情報を聞いたことがある。

野鳥観察記録を見ると、5月~6月を除き観察できるらしい。更にピンポイント情報を見ると、どんどん見られない時期は減っている。もしかするとふなばし三番瀬海浜公園で見られない時期、日本のどこかに移動しそこで観察されている可能性はあるかも。

もしかすると、日本のどこかで繁殖している可能性もあるのかな。バードリサーチの生態図鑑 ミヤコドリを見る限り、繁殖地とされている地域は割と日本に近いところもあるっぽい。

セイタカシギやツバメチドリのように、近い将来、日本でも繁殖する野鳥になるかもね。セイタカシギもツバメチドリも、繁殖地域が広がるのでは?、と言われてはいたが、その傾向は今のところなさげではあるが。

2017.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

またまたホタル狩りに

先日、大郷町川内ホタルペ)自力でヒメボタル探せたが...(2017.07.03)に書いたように、仙台市北部の大郷町にホタル狩りに行った。結果は記事に書いた通り.....................かなり残念なだった。

今季はもう終わりかと思っていたら、地元紙にゲンジボタルが見ごろという記事が目に留まった。こりゃ、こりゃ、行くしかない!。と、と思ったが、場所がよくわからない。が、が、その昔、ネットニュースが健在だった頃、情報をもらっていった記憶もある。

取りあえず、場所に目星を付けてえいやっといってみた。現地へ着くと、ありゃりゃ、同じ目的っぽい車は数台..............(^^;........新聞の影響は大きいよなぁ。

いそうな田んぼをちょっとあけ歩いてみたら、え!、え!、田んぼの境の見慣れないひも状のものが張り巡らされているぞ。もしや、もしや、イノシシ避けの電気柵じゃないのか?。ライトで照らして確認すると、ピンポン!、それだった。ま、触れれても、命にかかわるもんじゃあいと思うが、注意するに越したことはない。



結局、ピンポイントの場所はわからず、が、いるんだよね、世話焼きのじいさん.................(#^.^#)。出てきて、ポイントを教えてくれた、イノシシ避けの電気柵注意もね。世話役、いや、ありがたいじいさんの教えを請い、ポイントへ向かうとそこそこにゲンジボタルはいた。乱舞とまではいかなかったので、畦道に下りてたのを手中で撮ってみた。

(PS)
地元紙の影響で、ホタル狩りの人々が押しかけ、地元の方々の若干ご迷惑をおかけしたよう..............<(_ _)>。私も含め、申し訳ありませんでした。この種の情報公開は、なかなか難しいなとふと思った。

2017.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

来た!、MFにもニイニイゼミの姿!

一昨日、本館に来た!、MFにもニイニイゼミの初鳴日という記事を書いた。



昨日、今日と朝からニイニイゼミの鳴き声がたくさんかと思ったら昨日は朝も昼もなし、今朝は遠くで聞こえた。う~ん、まだまだなのかと思ったら昼休みの複数鳴いていた。また、近場でも鳴き声が聞えたので姿を探すと、今季初の姿もゲット!............\(^o^)/。

2017.07.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

簡単に切れるクルミ

先日、通勤電車で「鳥ってすごい!」を読んでいたら、以下のような記述に目が止まった。

----------
秋田では、最近、人にクルミを割らせるハシボソガラスが出現した!歩いている人の足にクルミをころがし、ふんづけて割ってもらうのだという。
----------

そういえば、毎度の通勤都市公園にもクルミの木がある。実りの時期になると、ハシボソガラスが拾って、北側の道路で車にクルミ割りさせているのを見たことがあった。

「鳥ってすごい!」に書いてあったふんづけて割るの、私もやってカラスを呼んでみたいなと思い、昨日の朝、そこへ行ってみた。



なんと、もうクルミの木の下には踏んづけて割ってあるクルミの実が落ちていた。たぶん、カラスにではなく、落下していたらから踏んづけてみた人がいたんだろうと思う。この時期はまだまだ未熟でやわらかいので、踏んづけると簡単に割れるというかつぶれるよう。パッと見た限り一般的なクルミとはほど遠く、実は渋そうで食べられる代物ではないように見えた。



クルミの実、未熟ながらもう落下しているのもあるならと、今朝は拾って小さなアーミーナイフで割ってみようと思った。まず拾った感想は、実の表面がべたべたして渋がついているようだった。ナイフを入れると、あれ?、あれ?、スパッと切れちゃった.....(@_@;)。この時期は、種も未熟で簡単に切れるのね。切ったナイフは渋だらけ、指先&爪にも黄色っぽい渋がついちゃった。

写真はインスタグラム連携で、画像をクリックすると別画面が開き、割ってみた連続写真が見られます。

2017.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

口内炎対策に引き続き、足裏拭き拭きの蚊対策も

以前は「ガッテン!」、旧「ためしてガッテン」をよく見ていたが、健康に関する内容ではそれが本当なら、何故に全国的に広がらないの?。個人差があるのか?、眉唾物じゃないのか?、と思い、最近は見なくなった。

が、が、その中で効果あるじゃんと思ったのが2つあり。

1つ目は口内炎について、内容は過去に書いた以下の記事通り。

口内炎が3日でほぼ治るは誤解だった(2009.04.13)

これを初めてから、口内炎がなりそうにはなるが、悪化したことはほぼない。

2つ目は、昨年放送された
人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦!

これまでは生き物ウォッチングの散策でかなり悩まされ、昨季には以下の記事を書いた。

夏場の生き物ウォッチングの蚊対策(2016.08.18)

今季も備え十分で散策開始かなと思ったが、ガッテンの対策「足裏拭き拭き」を思い出した。早速、今季、散策前に百均のウェットティッシュで実行してみた。

結果は効果ありあり、完璧なほど蚊に刺されなくなった。そもそも、蚊が近寄って来なくなった。もちろん、虫除け、虫刺されも持参はするが、ほとんど使わなくともよくなった。

ちなみ先月下旬から、ほぼ毎朝、自宅で足裏拭き拭きしてから通勤都市公園散策しているが、今日の昼休みに約1週間ぶりに刺された。たぶん暑くなってくると汗をかくので、昼休みに散策に行く際は、その前に拭く必要があるのかも。

2017.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

大郷町川内ホタルペ)自力でヒメボタル探せたが...

この週末は、仙台にしては気温が高め、ということはきっとホタル狩りが最高ではないか!。ということで、昨日(7/02)、仙台市北部の大郷町川内ホタルのページェントに行ってみた。

ここのイベントは過去にも行ったことがあり、その際は気温がいまいち上がらずホタルは数えるほどだった。今回は二度目というのもありかつて知った場所、余裕で出掛けたが、カーナビに任せ過ぎ行き止まりで一時迷子になってしまった......^^;。が、大通りに出て、案内ののぼりを探し、無事到着。仮設駐車場には、日曜日というのもあってか、かなりな車が止まっていた。



まずは現地で、大郷町名物のモロヘイヤウドンをいただいた。食感はもちもちして歯ごたえあり、体にもいいんだよね.....(#^.^#)。完食した後は、いざホタル狩りへ出発。が、が、全然いない......(+o+)。前回は確か、ポイントへ向かう途中の田んぼでも若干飛んでいたはず。暗くて見えないが、色合いが違う田んぼがあるっぽいので、もしかしてここも減反が進んでいるのかも、乾いた田んぼじゃホタルはいないよなぁ。

全然いないぞのままポイントへ到着、が、そこでもちらほら飛ぶ程度。所々に係りの方はいるものの、特に案内はなし。「ホタルのページェント」と名を売っている以上、今現在どんな状況なのか、例年と比べてどうなのか?、今季のポイントはなど案内すべきではないのかな?。結局、ゲンジボタル、ヘイケボタルと思われる光はいつくか飛んだ、今回は気合入れて写真も撮ろうと三脚ももってきたが、シャッターが切れる状態は皆無.....(*_*)。かなりな時間粘ったものの乱舞なし、こりゃ期待のヒメボタルは逢えないだろうなとがっかり来ていたら、最後の最後に2頭を自力で見つけることができた......\(^o^)/。

結局、1枚も写真は撮れず、また多くの方々がこれしかいないの?(?_?)とがっかりして帰っていったように思う。自力でヒメボタル探せたが、かなりがっかりしたホタルのページェントだった。

そもそもこの程度しかいないのか?、それとも時期がいまいちマッチしなかったのか?、天気は湿度は高く気温もそこそこ、風もほとんどなかったので天候的には最高だったはずなのだが。

そういえば、以前はいつ来たっけ?、過去の記事を探すと、以下を書いていた。

念願のヒメボタルに逢いに(2014-07-07)

前回は3年前だったのか、記事を見て、え!、と思ったのがヒメボタルが見られる時間帯は遅めで21時過ぎということ。ここのページェント、配られたパンフレットには「ホタルは午後8時半以降は飛ぶ数は少なくなります」と書かれていた。ゲンジ、ヘイケ、ヒメの3種が見られると案内がありながら、ヒメが見られる時間は一言も触れられていない、これじゃ片手落ちだよなぁとふと思った.....^^;。

2017.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

仙台)'17ネジバナ開花



ここ数日、今か今かと毎朝通勤途上探していたネジバナ、本日(7/3)開花を発見!。場所は、毎期咲く職場近くの中央分離帯に一輪!。

昨季の記録を探すと、以下の記事を書いていた。

ネジバナは草刈がお好き?(2016.07.04)

ほぼ昨季と同じ時期に開花、ということで平年並みだった。

今季も草刈が終わった中央分離帯、そこに草刈数日後に開花。偶然なのか?、それともやっぱりネジバナは草刈がお好きなのか?、謎だよなぁ。

2017.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数