クルミ割りカラスを期待したが........

通勤都市公園のクルミについて、以前、以下のような記事を書いた。

簡単に切れるクルミ(2017.07.05)
約一ヵ月で簡単に切れないクルミに(2017.08.04)



9月も下旬になりしっかりしたクルミになって、クルミ割りカラスが現れるころかと見に行ってみた。結果は、あれ?、あれ?、落下したクルミがないぞ。あ!、あ!、この前、ここで散歩のじいさんが何か拾っていたっけ。こりゃ、きっとそのじいさんがクルミを拾って行っちゃったんだな.................(-_-;)..................カラスにも残しておいて欲しいぞ。

よくやく1個を探せ、踏んずけてみたらなかなかしっかりしたクルミになっていた。さ!、ハシボソガラスさん、クルミ割りカラスやっていいよ..................(#^.^#)。たぶん、もう少し経つと、果肉が取れて?、腐って?、ちゃんとしたクルミのなるんだと思う。

スポンサーサイト

2017.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ヒヨドリが渡るってマイナー

昨日、本館のヒヨドリの渡りが始まった、やや早目と書いたように、この秋、ヒヨドリの渡りを初観察。



記録は昨晩バードリサーチの、季節前線ウォッチ > 調査結果2017に報告したら、早速本日掲載してくれた..................(#^.^#)。

あれ?、と思ったのが、他地域ではまだあまり記録がないこと。これからなのと思う半面、もしやヒヨドリが渡るってマイナーっていうか、渡るって知らない方々が多いのでは?、とふと思った。何せ、図鑑ではヒヨドリは1年中見られる留鳥になっているしね。ん?、最近の図鑑はちゃんと書いてあるのもしれないけどね。

ヒヨドリは1年中見られる留鳥ではあるけど、秋と春の渡るんだよ!。

ヒヨドリの渡りのついては、過去の以下の記事を書いたっけ。

【続】たくさん渡るヒヨドリ、どこへ行くの?(2016.10.14)

2017.09.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

今季は日中によく鳴くアオマツムシ

今季のアオマツムシ、やや遅めだったが、マイフィールドの都市公園で鳴き始めた。それらの情報は、過去5シーズン分、以下にまとめてみた。

ヒガンバナ・アオマツムシ歳時記

ここ最近のマイフィールドは、毎夕アオマツムシシャワー、爆音と言ってもいいぐらい。が、我が家周辺は今季は鳴き声がかなり少ない。



そんな中、今季は夕方のみでなく、通勤散策、昼休み散策の日中でもよく鳴き声が聞こえる。夕方のシャワーにはほど遠く、遠慮がちに鳴いてはいるが。

本日の昼休みもあちこちで鳴いていた、う~ん、今季はよく鳴くような気がする。やや、低めから鳴き声が聞こえたので、五感を総動員して....^^;....探してみたら、ウメの枝先にいるのを見つけた。見つけた瞬間、相手も気が付いたらしく葉っぱを移動し始めた。せっかくだからと、枝先をまげて捕まえそうとしたら、草地に落下し隠れ出した。何枚か写真を撮った後、是非、手掴みを!、そっとそっと捕まえて写真を撮ろうとしたら、死にもの狂いで暴れ、足がもげて飛び去ってしまった.......

2017.09.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

オシドリってピラカンサも食べるのね

昨日、本館に書いた山形県の鳥がうじゃうじゃの続き



オシドリはドングリが好きというのは定説だが、鳥見歴はかなり長いが実を食べたところを見たことがない。

今度こそと期待して見に行き粘ることしばらく、カルガモが苦しそうに無理やり飲みこんでいたのは観察できたが、張本人いや張本鳥は何故か食べる素振りがなかった。結局、時間切れで、オシドリがドングリを食べる風景は見ることできず......(^_^;).....運がないよなぁ。たぶん、じっと観察してられず、別の鳥影探しもしちゃったからかもしれない。

ドングリを食べるのは見ることはできなかったが、池に垂れ下がっているピラカンサの実を食べるのを観察した。特に珍しいことではないかもしれないが、初めて観察したので記事を書いてみた。

2017.09.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

この時期は川原より都市公園か?

昨日はやっぱり激減では?、カマキリ類に書いたように、野鳥の会山形県支部の立谷川探鳥会に参加し、渡去の夏鳥、冬鳥はいまいだった。



今日は山形県の鳥がうじゃうじゃに書いたように、実家近くの神社の裏の沼へオシドリに逢いに行ってみた。

なんだか、渡去の夏鳥がいそう、オシドリも観察しつつ、樹上も見上げていたら、ムシクイ類とコサメビタキがいた................\(^o^)/。

もしかして、もしかして..........................この時期は川原より都市公園か?。たぶん、川原の場合、広いので探せないだけだと思うが、それを考えてもこの時期は川原より都市公園か?................^^;。

2017.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

MF)もう1種南方系のチョウがやってきた

昨年、南方系のチョウの宮城県北上について、以下のような記事を書いた。

宮城)アオスジ、ツマグロに続きナガサキアゲハも生息域を拡大なのか(2016.03.31)
仙台北部にもツマグロヒョウモンが来た(2016.10.02)

ツマグロヒョウモンは今季、マイフィールド(MF)でも観察でき以下のような記事を書いた。

MF)南方系のチョウがやってきた(2017-09-04)



もう1種のナガサキアゲハはすっかり忘れていたが、本日の昼休み散策で大きなクロアゲハの仲間を観察。確か、翅に白い紋があるのはモンキアゲハだったっけか?、が、赤も目立つな?。写真判定すべしと、取りあえず撮ってみた。その後、調べてみたらモンキアゲハではなく、昨年話題にしたナガサキアゲハだった。

ということで、先日の「MF)南方系のチョウがやってきた」に引続き、「MF)もう1種南方系のチョウがやってきた」という記録になった。

2017.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

イソヒヨドリは秋まで歌う



本日、早朝、資源ごみを搬出に行ったら、何かの囀りがはっきりと聞こえた。この時期にはっきりした囀り、ピンと来たのがガビチョウ。とうとう我が家近くにも生息するようになったのか?とややがっかり.....(+o+)。

が、が、よくよく聞いてみたらイソヒヨドリだった。我が家周辺、イソヒヨドリは年間を通して出逢える、また、繁殖期以外にも時々囀りを聞く。

参考まで、過去のつぶやきから繁殖以外の囀りを以下に拾ってみた。

■2016年09月07日朝
■2015年09月15日朝
■2014年09月04日朝

1年中聞かれるような気がしたが、結果は9月までだった、ま、イソヒヨドリは秋まで歌うと言ってもいいとは思うが.......(#^.^#)。

ところで何のための歌うのだろうか?、繁殖期以外にも縄張りを防衛するため?、それとも気分がよいとつい歌ってしまう?、う~ん、謎....(?_?)。イソヒヨドリは以外にも、秋口まで歌い鳥って他にもいるかな?。

2017.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

キビタキ雄の秋の渡りは早め?

毎度の通勤都市公園、キビタキの秋の渡りは雌から始まり、遅れて雄が渡るのを観察できる。

今季の雌の渡りは、以下の記事に書いたように観察史上最速だった。

観察史上最速!、キビタキの秋の渡り(2017-08-22)



そろそろ雄の渡りも観察できていい頃では?、まだ先かな?、と思っていたら、本日の昼休みに再会できた。

キビタキの雄、この秋初なので、過去の記録を毎度の歳時記から以下に拾ってみた。

[2016]10/06 [2011]09/27 [2010]09/27 [2009]09/25 [2008]09/29 [2007]09/13
[2006]09/21 [2005]10/06 [2004]10/01 [2003]09/30 [2001]09/18

拾ってみたら、おぉ!、キビタキ雄の秋の渡りも観察史上最速か!と一瞬思ったが、観察記録がある分並べてみたら、3番目に早い記録だった.......^^;。

概ね9月下旬~10月上旬だから、キビタキ雄の秋の渡りは早めと言っていいのではないかと思うけどね....................(#^.^#)。

2017.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

日中アオマツムシ鳴きが始まった

先日の記事、今季はアオマツムシが遅い、長雨の影響?に「以前日中に観察&撮影したことあったはず」と書いた。

なんでも気温が下がると日中に鳴き始めるとか、過去に聞いたのは「2013.10.12」だった。

ここんとこめっきり涼しくなった仙台、もしや早々と日中にアオマツムシが鳴くのでは?。

今朝の通勤都市公園散策、セミの鳴き声もすっかりチッチゼミだけになったので耳を澄ましてみたら、それっぽい鳴き声が聞こえた。

昼休みも耳を澄ますと、しっかり鳴いているのを確認。せっかくだからと、姿も探してみたが高枝で鳴いていたため捉えることできず。

(PS)
我が家近くでも、本日、初鳴を観察、絶滅していなかった。

2017.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

続々と冬鴨ん!

先週、本館におかえりなさい冬鴨ん!と書いた、その鴨はコガモ。

今日は仙台の東部の穀倉帯にノビタキを探しにいったら、コガモが増えあちこちにいた。



更に更に他の冬鴨、オナガガモもうじゃうじゃいるぞ、全部?エクリプスだけどね。もしや他の冬鴨もいるのでは?、スコープで探してみたらハシビロガモ、ヒドリガモもいた。随分早いような?、参考まで野鳥の会宮城県支部の探鳥会記録を見てみたら、そんなことはなくこの時期に続々と渡ってくるっぽい。

2017.09.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

サメビタキ類が当たり年?

本日、本館にこの秋はコサメビタキの当たり年?と書いた。昼休みにも散策に行ったら棒杭にモズっぽい鳥影が、十中八九モズだろうと思ったが念のため確認するとエゾビタキだった....(@_@;)。



この秋、エゾビタキは09/08についで二度目、もしかして今季はサメビタキ類が当たり年?。過去の記録を、毎度の歳時記から以下に拾ってみた。

[2011]09/22(V2)
[2010]09/24(V1),09/30(V1)
[2009]09/10(V1),09/11(V2)
[2007]09/26(V2),09/27(V1),10/01(V1)
[2005]09/26(V1),10/03(V1),10/05(V1),10/06(V1),10/18(V1)
[2004]09/16(V1)

歳時記は1999年~今季分までの18シーズン、その中で記録があるのは6シーズン。今季2度出逢っているというのもあるし、エゾビタキの当たり年と言ってもいいかも。本館に書いたコサメビタキもそこそこ当たりなので、大まかにいうとサメビタキ類が当たり年と言ってもいいかな。

過去の記録を見ると、当たり年は10月まで記録がある、今後も注意して観察しようと思う。

そうそう他にサメビタキというのもいた、識別ポイントは?、ググってみたら以下がよさげ。

コサメビタキ・エゾビタキ・サメビタキの識別(大阪南港野鳥園)

2017.09.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

チッチゼミの脱け殻は根性ないのか?



本館の「サンシュユレストランオープン!」に書いたように、MF(マイフィールド)で、今季チッチゼミの脱け殻の5つ目を発見!。

先日、チッチャゼミの脱け殻3つ見っけ!(2017.09.11)でも話題にしたので、今朝は写真は撮らなくともと思ったが、スマホで撮ってみた。

後で見てみたら...........(^_^;)......ボケ?、ブレ?ていた......(*_*)。残念、昼休みに再度撮るかと行ってみた、もしかしたら運よく、羽化の観察もできたら嬉しいなと思いつつ。

結果は脱け殻探せず、誰か持っていっちゃった?、まさかな。あ!、風で飛ばされちゃったのかも。もしかして、チッチゼミの脱け殻は根性ないのか?、脱け殻のしがみ付く力が弱いのかも。それでこれまではなかなか探せず、幻に脱け殻だった可能性もあるかな。

2017.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

2017仙台)連続雨最多でもアオマツムシは平年並み

先日、今季はアオマツムシが遅い、長雨の影響?(2017.09.06)という記事を書いた、前の土日、まずまずの気温で如何にも鳴き出すではとワクワクドキドキ、外来種ではあるが...................^^;。

が、が、聞かれず.............あーあー加齢で聞えなくなちゃったのか....................( 一一)。

が、が、今晩の帰路、毎度のMF(マイフィールド)で聞くことができた................\(^o^)/\(^o^)/............いやぁほっとした.............(#^.^#)。

まだ走りで数はそれほど多くなく、うるさーいほどにはほど遠い。

本日、ヒガンバナの開花が早いのは、連続雨最多だが暑かったから?と書いたが、連続雨最多でもアオマツムシは平年並みで影響なしのよう。

2017.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

ヒガンバナの開花が早いのは、連続雨最多だが暑かったから?



先日、2017仙台)ヒガンバナが開花、観察史上最速!(2017.08.31)という記事を書いた、今現在、お彼岸を前にほぼ満開。

そういえば、過去にヒガンバナが開花する条件を検索してみたことがあったはず。探してみたら、以下を書いていた。

ヒガンバナは間もなく開花、キンモクセイはまだ(2016.09.06)

その記事の中に、「夏期の高温が開花時期を早期化させる可能性あり」と書いていた。

え!、え!、この夏は仙台の連続雨の日、観測史上最長、+α(2017.09.02)だったのに高温だったの?、そんなことないような気がするが。比較のため年ごとの日平均を気象庁のサイトで確認してみると、雨模様が多かった割には気温は低くない、が、高くもなかった。ということは、「夏期の高温が」は....う~んかなぁ。

いったい、今季、ヒガンバナが観察史上最速だった原因は如何に?。

2017.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

チッチャゼミの脱け殻3つ見っけ!

本日、本館に書いた「チッチゼミ3個の脱け殻」の続き。



先日の記事に「探す技を会得した?」、いやおこがましいか?と書いたが、かなり熟知したと言っても過言ではないかも......(#^.^#)。

ポイントは、以前書いた【続・備忘録】 セミについて(2016.08.19)。そこに書いた、「日中の明るい時間帯に普通に羽化するらしい」ってのも是非、観察してみたいなぁ。たぶん、これはなかり難易度が高いだろうなぁ。

2017.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

蝉の枝歩きって種類差?



昨日行った県北の湖沼群で、あちこちでツクツクボウシが鳴いていた。それをインスタにアップした記事にも書いたが、ツクツクボウシ って後ろ向きに木を下る行動をよく目にする。それ以外にもエゾハルゼミ、これは初夏の山に行かないと出逢えないけど。それからチッチゼミも、こっちは高木で鳴いている場合が多く、姿を探す難易度が高いが。

夏季、極々普通の目にするミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミではそんな行動は目にしたことがない。ということは、この枝歩きって種類差なんだろうなぁ。

2017.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

イモムシを見たら腹脚を数えろなのか...^^;

ここ数日、通勤都市公園散策で出逢った撮った生き物(素顔(野鳥以外)をまとめた。

参考資料として「昆虫の食草・食樹ハンドブック」を見ていたら、葉っぱのイモムシはチョウ・ガだけじゃないというコラムに目が留まった。そうなのか!、と思ったのが腹脚を数えることで、チョウ・ガなのかそれ意外なのかと識別できること。



コラムに載っていたのは「ハグロバチ」、腹脚が4対以下ならチョウ・ガ、5対以上であればハバチなんだとか。そういえば、先日、イタドリを食べていたイモムシ、調べた結果ハチだったというのをインスタに貼ったっけ。ずばり、コラムに載っているハグロバチだった。

イモムシを見たら、チョウ・ガなのか、それ以外なのか腹脚を数えろなのか...^^;。おぉ!、いいこと学んだ、とは思ったものの、実際数えられるか?ではあるが.....(^_^;)。

2017.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

虫が虫の息、蝉だけど.....^^;



毎度の通勤都市公園散策、夏期は蝉も観察しMF(マイフィールド)散策記録にまとめている。鳴き声の数は、体感的なものではあるが........(#^.^#)。

9月に入ってめっきりセミの鳴き声が減った、普通に聞かれるのは秋蝉のチッチゼミ、それからも元秋蝉のツクツクボウシ。ミンミンゼミ、ニイニイゼミは稀に、アブラゼミは発生時期が終わったよう。

が、が、昨日、今日と全くセミの鳴き声なし。今季はもうセミは絶えたかな?、と一瞬思ったが、たぶん、そんなことはなく残暑が戻ってきたら戻ってくるに違いない。

そんなことを思っていたら、地面からセミの羽音が聞こえてきた。姿を探すと、貼ったようなミンミンゼミを発見!。飛び立てないのかな?、と思い、手掴みし木に止まらせてあげたがうまく止まれずすぐ落蝉に。何度かやっているうちに、飛ぶことができたがふらふら状態。あー、虫が虫の息なのかもねもう、蝉だけど。

2017.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

MF)2017ウスギモクセイ?が匂いだした



通勤途上の都市公園、マイフィールドにはキンモクセイがたくさんある。

先週中ぐらいから微かに匂い出したような気がし、毎日の散策時、くんくん&目視に行っているが、未だにこれだという確たる証拠は掴めず......(^_^;)。

今朝もくんくん&目視をすると、東側からはっきりした匂いがした、キンモクセイより淡いのが。鼻と目を総動員して探すと、あったあった!.......\(^o^)/......白っぽいモクセイっぽいのが今にも咲きそうなのを。

う~ん、キンモクセイじゃなくてなんだっけかな?、ギンモクセイ?、過去の記事を探すと以下を書いていた。

ウスギモクセイらしい(2016.09.21)

まだしっかり咲いているわけではないが、昨季よりはかなり早いかも。

再度、検索すると以下もあり。

キンモクセイ・ヒガンバナが着々と開花(2015.09.04)

なんだ早くないじゃん、平年並みだったのね.............(#^.^#)。

2017.09.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

今季はアオマツムシが遅い、長雨の影響?



ここ数日、通勤都市公園散策で出逢った撮った生き物(野鳥)以外をまとめている。

夕方以降に鳴くアオマツムシ、確か、以前日中に観察&撮影したことあったはず。ブログ、インスタ等を探すが見つからず、自宅のパソコンも探してみたらようやく見つかった。観察日は「2013.10.12」、探せたので再度インスタにアップしてみた。

ところでこのアオマツムシ、平年ならそろそろ鳴く頃ではないかと思う。過去の記事を探すと以下を書いていた。

'16の仙台のアオマツムシ、これまでで最速(2016.09.01)

昨季は「9/1」だった、ここ数日、夕方は耳を澄ましているが未だ聞こえず。その前の年は「9/9」だったので、たぶん、そろそろ聞かれる頃だと思う。

もしかして、今季遅めなのは夏の長雨の影響?、そんなこともあり得るかな?。

2017.09.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

ハヤブサを避ける行動が違うシギ

アオアシシギとソリハシシギのツーショットを見ていたら、上空をハヤブサが飛んだ。



おぉ!、どうするんだ?............足を止め観察していたら、アオアシシギは警戒してどっかへ飛んでいった。え!、これってハヤブサのは思う壺じゃあいの????????................^^;。

そんなことを思っていたらソリハシシギを見失った、飛んだのか?。よくよく探すと、葭原の中の隠れているのを見つけた。え!、え!、それってソリハシシギのほうが賢いんじゃないの?。

2017.09.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

あれ?、セイタカシギも普通に渡るのか?

本日は、本館にシギチドリは日替わりと書いたように、シギチの日とした。

その記事にも書いたように、セイタカシギを観察。



あれ?、あれ?、セイタカシギも普通に渡るのか?..........^^;。セイタカシギのイメージは、日本では南関東の一部で繁殖する留鳥、それが渡るのか?、北上してきた?、なんてふと思ってしまった。以前はかなり稀で、情報を聞くとわざわざ見に行ったほどだったし。そういえば、南関東で繁殖するようになってから、目撃例が増えたよね。

図鑑で確認すると、中国東北部・モンゴル・ロシアで繁殖し、越冬地は東南アジアか。ん?、ってことはこの時期、観察できる個体はいったい?。渡りのコースが、東によって日本を経由するようになったのか?、南関東のがふらっと来るのか?。

2017.09.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

4色のヒガンバナ開花

先日、2017仙台)ヒガンバナが開花、観察史上最速!(2017.08.31)という記事を書いた。

通勤都市公園で咲いたってことは、我が家近くのヒガンバナの聖地、UA緑地でも咲いたかも、本日は遠出するにはいまいちの空模様だったのでさくっと行ってみた。



ずばり本家の赤いヒガンバナ、ちょっとだけ咲いていた。他も探すと、白、薄紫、ピンクも咲いていた、何れもちょっとだけね。

地元の方が一人いたので、話しかけてみたら、特に今季は早いということはないらしい、今どき咲くのは以下なんだとか。

・今季(梅雨頃)に植えたもの
 植えた場ばかりの株は、季節感がずれているものがあり、早く咲くことがある
・狂い咲き
 毎季、そこそこにある

更にヒガンバナと一言で言っても、かなりな種類があるとか、たぶん、栽培種ってことなんだろうが、赤、白以外はナツズイセンとも言っていた。

ググってみたヒガンバナ属をヒガンバナっていえば、複数種類あるってことになる、確かに。

(PS)
通勤都市公園のヒガンバナはそもそもは誰かが植えたのかもしれないが、今季植えたのではない思う。更に複数株で咲いていたので、狂い咲きとも考え難い。ということは、今季の開花は気候の関係で早かったのでは?と思う。

2017.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

MF)2019シーズン歳時記オープン



毎度の通勤・昼休み都市公園散策、春・秋の渡りの鳥、冬鳥の初認、繁殖等の情報を歳時記としてシーズン毎にまとめている。

シーズンの区切り、年度毎にすべきか?、年毎にすべきか?、考えた末、一番暑い8月で区切ることとした。

8月頃までは留鳥&夏鳥の繁殖期だし、と、と、思ったら8月の月遅れお盆頃から渡去の夏鳥はもう通過するんだよね。

昨日から9月、ということで2018年の歳時記をシーズンオープン、これで18シーズン目に突入、よくまぁ飽きずにやるよなぁ(笑)。

2017.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台の連続雨の日、観測史上最長、+α

先日、

連続雨の日、明日観測史上最長タイになるっぽい(2017.08.24)

という記事を書いた。

最終的に、観測史上最長タイになり、その翌日、連続雨36日で新記録を達成し、その翌日ようやく雨降らずとなった。



が、が、雨なしは2日のみで、その後3日続けて雨。

結局、2017年8月は「29日雨」、全然ふらなかった日は2日だけとなった。

気温はそこそこあがった特に下旬は、が、なんだか今季に仙台は夏はあったの?、そんな8月だった。

2017.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数