fc2ブログ

'18仙台MF)エゾビタキの当たり年?

18/09/26 エゾビタキ

先週、水曜の昼休み都市公園散策、如何にも如何にもフライキャッチャーことヒタキ類がいそうな枝に、ずばりエゾビタキがいた..................\(^o^)/。

マイフィールドの都市公園、キビタキ、コサメビタキは定期的に出逢えるがエゾビタキは割と稀。が、今季は以前も出逢えた、もしやもしやエゾビタキの当たり年?。

が、記録を見た限りは2度だけ、じっくり見られたからそう思っただけっぽい...................................(^^;( ̄▽ ̄;)。

スポンサーサイト



2018.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

これは越冬ヒヨドリ?

18/09/30 ヒヨドリ

先日、'18仙台MF)ヒヨドリの渡り、やや早目(2018.09.26)に書いたように、この秋もヒヨドリの渡り、南下を観察した。

昨日書いた時間高見、いや、タカ見の場でも、上空をたくさん渡るを観察した。

今日は台風の影響で朝から雨模様、一時止んだ時間帯、我が家近くの公園をさくっと観察したら貼ったようなヒヨドリがいた。このヒヨドリ、これから渡るのか?、それともこのまま越冬、根拠は全くないがたぶんこれは越冬ヒヨドリだろうな。

そういえば、過去のヒヨドリの渡りのついて記事書いたことあったっけ、探すと以下だった。

【続】たくさん渡るヒヨドリ、どこへ行くの?(2016.10.14)

2018.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)ツマグロヒョウが普通種に

18/09/28 ツマグロヒョウモン

先日、本館のMF)今季もツマグロヒョウモン(2018-08-20)という記事を書いた。

昨季はMF)南方系のチョウがやってきた(2017-09-04)と書いたように、出逢えるとワクワクだった。

が、が、今季は何度も出逢えた、それっぽいのも含めるとだが。ズバリ、2018年仙台のマイフィールド、ツマグロヒョウモンが普通種になっちゃったという感じ。イチモンジセセリ、ヤマトシジミ、モンキチョウ、モンシロチョウに次、普通の出逢えるような感じがした。

2018.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

'18仙台MF)ヒヨドリの渡り、やや早目

昨日、バードリサーチのサイトで「ヒヨドリの渡りも見られ始めました」という新着情報を見た。

MFでもそろそろだっけか?、過去の記録みたらそろそろ見られてもいい頃だった。

この時期、まだまだ葉っぱが生い茂り、木陰で渡去の夏鳥観察に没頭しているとヒヨドリの渡りの群れを見逃してします。そんなわけで、今朝は渡去の夏鳥の姿を探しつつ、耳を澄まし上空を見上げつつ歩くと、20羽前後のヒヨドリの群れが南西方面へ飛ぶのを観察!。

ヒヨドリの渡りは当地今季初、ということで過去の初認を毎度の歳時記から以下に拾ってみた。

[2018]09/26 [2017]09/26 [2016]09/28 [2015]09/29 [2011]10/04
[2010]10/14 [2009]09/24 [2008]09/30 [2007]10/02 [2006]09/26
[2005]10/17 [2004]10/01 [2003]09/29 [2002]10/03 [2001]09/25

偶然、昨季と同じ日でやや早め、いよいよヒヨドリの渡りのシーズンも到来。

2018.09.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)謎ツグミの秋の渡り

今朝の通勤都市公園、本館に謎ツグミ、謎ムシクイ、謎ヒタキという記事を書いた。

その謎ツグミはツィーというツグミ類の地鳴き、たぶん、アカハラ、シロハラ、もしかするとマミチャジナイ、クロツグミ、またそれらの混群という可能性もあるが、多くの場合識別不可能、今朝もそれだった。

地鳴きとシルエットだけというのはさて置きこの秋初、毎度の歳時記から、過去の秋の渡りの初認を拾ってみた。

[2017]10/13 [2016]09/20 [2015]09/30 [2011]10/14 [2010]09/14
[2009]09/18 [2008]09/26 [2006]09/22 [2005]10/06 [2002]09/24

上記より平年並みのやや早め、ツグミ類の地鳴き、識別できるようになったら嬉しいのだが..............(^_^;)。

2018.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)エゾビタキの秋の渡り

18/09/18 エゾビタキ

今朝の通勤都市公園、本館に謎ツグミ、謎ムシクイ、謎ヒタキという記事を書いた。ヒタキ類はキビタキ♀1羽を観察したが、鳥影はもっといた。

昼休みも散策に行くと、お腹に縦斑があるエゾビタキを観察。キビタキがいたのは別場所、謎ヒタキがいた場所だからこれだったのかも。

この秋初なので毎度の歳時記から、過去の秋の渡りの初認を拾ってみた。

[2018]09/18 [2017]09/08 [2011]09/22 [2010]09/24
[2009]09/10 [2007]09/26 [2005]09/26 [2004]09/16

少ないながらもほぼ定期的に観察できていたかと思っていたら、そんなことはなくかなりな波があった。通過がなかったのか?、タイミングで出逢えなかったのかは不明。初認の時期は、ほぼ平年並みと思われる。

2018.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

関東以北の太平洋側のタカの渡りコースは?

秋のタカの渡りのコース、ググってみると以下のような情報がヒットする。

■日本海ルート
北海道⇒青森・竜飛岬⇒日本海沿い⇒新潟中越エリア⇒長野県白樺峠⇒琵琶湖南岸(岩間山等)⇒瀬戸内海⇒九州(金御岳等)⇒東南アジア

日本海沿いというは、秋田は高尾山等の3箇所が有名どころ、山形は鳥海山周辺が有名どころ。

■太平洋ルート
関東(天覧山等)⇒太平洋岸沿い⇒伊良湖岬⇒紀伊半島⇒四国(佐田岬等)⇒九州⇒南西諸島⇒東南アジア

あれ?、あれ?、関東以北の太平洋側のタカの渡りコースは?。関東以北にはいないってことないから、知られていないだけだよね。と思っていたら、昨季宮城県南でカウントした方がいたらしい。

じゃ、じゃ、そこから関東へルートは?、関東では阿武隈山地の最南端から西へ渡るルートはあるらしいので、きっと県南のは阿武隈山地へ行くのかと思ったが、その根拠は得られず。う~ん、じゃ、国道4号線沿い?、これもまた根拠得られず。

2018.09.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

この秋もノビタキがやって来た!

18/09/16 ノビタキ

9月も中旬になると渡りのノビタキに逢いたくなる、本日は急遽、タカの渡りを見にに行き、戻ってきた午後に我が家近くに田んぼに探しに行ってみた。

ノビタキは通称稲刈り鳥、あれ?、稲刈りまだ全然じゃん、じゃいない???、と思っていたら、期待通り2羽を発見!.................\(^o^)/。もしかして、今季は稲刈りが遅め?、それとも稲刈り鳥は気のせい?。

この秋も期待のノビタキに出逢えて、よかったよかった.......................(#^.^#)。

2018.09.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

アサギマダラのマーキング個体

根っからの生き物好きで、子供たちが小さい頃はいろんな体験をさせた。子供たちもまんざらではなかったようだが、成長するとすっかり無縁になったように思った。

18/09/16 アサギマダラ1

が、裏磐梯に旅行に行った上の子から、宿の庭のフジバカマにアサギマダラの写真がLINEで送られてきた。

18/09/16 アサギマダラ2

そのアサギマダラ、マーキングされている個体だった。最近、上の子はデジ一眼、その連れ合いはミラーレス買ったのに、写真はどうもスマホで撮ったものっぽい........................( 一一).................マーキングはデコって読めたということなので、すぐ近くのグランデコでマーキングされたものだと思う。

2018.09.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

え!、まだヨシゴイが子育て中なの

18/09/15 ヨシゴイ1

本日散策に行った用水沼、ヒラヒラとヨシゴイが飛んだ。9月中旬、冬鴨トップバッターが来たのにまだいるんだ。忍者のように葭原に下りたが、見つけて撮影した、遠かったけど。

18/09/15 ヨシゴイ2

飛び去った先を見ると、え!、え!、複数いるじゃないか。確認すると巣立ちっ子が数羽、え!、え!、まだ子育て中なのか?、

18/09/15 ヨシゴイ3

このぐらいの大きさだとまだ越冬地へ渡るのはまだ厳しいのでは?、今季は遅いのか?、それともそんなもんなのか?。

2018.09.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ウミアカヒレとヌマアカヒレ

先日、鳥見仲間がアカエリヒレアシシギを観察できたと喜んでいた。そういえば、最近出逢っていないかも。

18/09/15 アカエリヒレアシシギ1

と、と、思っていたら、本日海辺の干潟でアカエリヒレアシシギをかなり久しぶりに観察......................\(^o^)/。が、が、衰弱しているっぽく動きが鈍かった。そもそも外洋のシギだろうから、陸のに来る=台風?低気圧等で飛ばされてきたんだろうから、致し方ないのかもね。

18/09/15 アカエリヒレアシシギ2

海岸線を散策していたら鳥見仲間に出逢った、アカヒレの話をすると用水沼にもいたとか。時間に余裕があったので行ってみたら、沼の干潟にも1羽いた、こちは元気に動き回り採餌していた。

海辺の干潟にいたのはウミアカヒレ、用水沼にいたのはヌマアカヒレかな...........................(#^.^#)。

2018.09.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台)冬鴨帰還

18/09/15 カルガモとコガモ

9月に入ると越冬する通称冬鴨に再会できる、経験上トップバッターはコガモ。本日の散策、用水沼を探してみたら小さな群れがいた、が、飛んで移動しちゃって撮れず。もう1つの沼を探すとカルガモの陰にそれっぽいのがいた。

18/09/15 コガモ

カルガモが移動したら姿が見え、コガモに間違いなし、ということで「'18仙台)冬鴨帰還」......................\(^o^)/。

コガモといえば、以下に書いたよう別の場所だが越夏したと思われるカップルがいた。

夏留子鴨?、越夏でもえっかカモ....(^^;(2018.07.01)

夏にも残る個体がいると渡ってきたのかやや不安になるが、たぶん、渡ってきた個体だと思う。


2018.09.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)オオルリの秋の渡り

18/09/13 オオルリ

今朝の通勤都市公園散策は、本館に書いたように虻蜂取らず改めヒタキ・ムシクイ撮らず状態だった。昼休みは朝より晴れ間が広がり鳥影が探しやすくなったので、朝のレモン色のキビタキと再会を期待し散策。

まずまずの青空だから撮りたいなと探すが残念ながら見つからず、その代わりにオオルリ♀に出逢えた.........\(^o^)/。

この秋初なので毎度の歳時記から、過去の秋の渡りの初認を拾ってみた。

[2016]09/14 [2011]09/26 [2010]10/19 [2009]09/01
[2008]09/18 [2007]09/28 [2006]10/18 [2005]09/28
[2004]09/13 [2003]10/06 [2002]09/09 [2001]09/27

それほど記録はないかも?、と思っていたらまずまずの記録があり、ほぼ定期的に観察できていた。秋の渡りの期間は他の種類でも同じだが比較的長い期間渡る、オオルリも同じで9月上~10月中までと一ヵ月を越す。今季のオオルリの渡りは、その中でやや早めかな。

2018.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【備忘録】コウモリ

以前、コウモリについて以下にような記事を書いた。

新幹線高架でヒナコウモリ探し(2014.08.30)

今季も?、探してみようと思ったが、すっかり忘れていてもう秋になってしまった。思い出したのはコウモリの会の会報を読んでいて。

それによると探すポインはグアノ(コウモリの糞の堆積)、時期は7月上旬~8月下旬頃までらしい。たぶん終わりはその頃だと思うが、開始はもっと早い可能あり、今後のために備忘録として書いておこうと思う。

2018.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) |

今季はサンコウチョウの当たり年?

18/09/12 サンコウチョウ

本館渡去のキビタキ通過が本格化の予感に書いたように、今季はマイフィールドの都市公園のサンコウチョウのこの秋の通過は多目かも。

以下に、その記録を拾ってみた。

08/21(V2)、08/31(V2)、09/07(C1)、09/12(V3)

延べ観察日数:4日
延べ観察個体数:8羽

平年は日数も個体数も少ないように思うが、集計していないからなんとも言えないが、出逢いが多く嬉しい悲鳴..............(#^.^#)。

2018.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)夏蝉終認観察史上最速か?

2018夏蝉終認

マイフィールドの通勤都市公園、夏期はセミの初鳴・終鳴を観察し、以下で公開している。

セミ観察記録

今季の初鳴は、以下に書いたように観察史上最速が多かった。

2018MF)セミの初鳴

この夏は酷暑だったが8月も下旬には暑さも和らぎ、通称夏蝉の鳴き声が聞こえなくなった。何れのセミも、最後に聞いてから既に10日以上経っている。アブラゼミ、ニイニイゼミに至っては、もう20日前後空いてしまった。従って、ほぼ終鳴と言っていいのではないかと思う。

過去にこれほど早い年はあったかな?、もしや夏蝉終認観察史上最速?、過去の記録を調べて以下に終鳴最速記録を並べてみた。

■ミンミンゼミ
 2004/08/19
■アブラゼミ
 2004/08/11
■ニイニイゼミ
 2009/08/06

初鳴が観察史上最速なので、終鳴も最速かと思っていたら、何れの種類もそうではなかった........(^_^;)。年によっては、8月中旬早目で終鳴というのもあるのね。

2018.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

'18仙台MF)ヒガンバナ開花

18/09/10 ヒガンバナ

先週、MFのヒガンバナについて、以下のような記事を書いた。

'18仙台MF)ヒガンバナも間もなく開花(2018.09.06)

4日経った今朝、開花を観察。

シーズン毎にまとめているヒガンバナ開花・アオマツムシ初鳴観察記録を参照すると、平年並みの開花。

開花はまだ一輪?、一株?、膨らんだ蕾はたくさんあったので、見ごろはこれからかな。

2018.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

'18仙台MF)キビタキの秋の渡り

18/09/07 キビタキ

本館に書いたように、昨日待ちに待ったコサメビタキが到着したので今朝も期待したらさっぱりだった........(+o+)。

昼休みは雨は上がったものの今にも降りそうな空模様、が、この時期はタイミング次第だが渡去の夏鳥に出逢える時期。折り畳み傘を持って、昼休みも散策に行ってみた。

まず見つけたのはコサメビタキ、今朝もそれっぽい鳥影が飛んだがやっぱりいたのね。昨日の個体かな?、目で姿を追っているとムシクイ類もいた。朝はタイミングが悪かったのか?、朝引き上げてから入ってきたのか?。ムシクイ類を観察していると、やや大大き目のシルエット、確認するとキビタキ♀だった......\(^o^)/。サンコウチョウ、ムシクイ類、コサメビタキが既に通過しているので、次はキビタキかなと思っていたらその通りとなった。

この秋初なので毎度の歳時記から、過去の秋の渡りの初認を拾ってみた。

[2018]09/07 [2017]08/22 [2016]09/08 [2015]09/02 [2011]09/09
[2010]09/13 [2009]09/08 [2008]09/10 [2007]09/12 [2006]09/15
[2005]09/28 [2004]09/11 [2003]09/30 [2002]09/09 [2001]09/18

以上より、平年並みの渡りかな。貼ったのはなんだかなぁの写りではあるが、複数いたキビタキの1個体。

最後になんとサンコウチョウのギッ、ギッという地鳴きも数回聞こえた、姿は時間切れで探せず。

2018.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)ヒガンバナも間もなく開花

18/09/06 ヒガンバナ1

今季、在住の仙台では以下のようヒガンバナの開花を観察した。

2018仙台)ヒガンバナ開花(2018.09.02)

通勤・昼休み散策の都市公園、通称マイフィールド(MF)でも今毎季咲くが今季はまだ全然。と、と、思っていたら、今朝、やや膨らんだ蕾を発見!、昨日はなかったのに、ということで「18仙台MF)ヒガンバナも間もなく開花」

18/09/06 ヒガンバナ2

別の場所も見たら....................え!、え!、昨日は全然なかったのにかなり茎がかなり伸びていた。雨後の筍ってう表現があるが、雨後の彼岸花って言えるよな............昨日は雨降ったし...................(^^;。

昨季は以下だったので、1週間程度遅い。

2017仙台)ヒガンバナは間もなく開花(2017.08.30)

2018.09.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'18仙台MF)アオマツムシが鳴く

2018アオマツムシ

8月中旬、以下に書いたように横浜で今季初もアオマツムシの爆音を聞いた。

【続】アオマツムシが鳴くきっかけは?(2018.08.25)

それから約半月、昨日の夕方、通勤・昼休み・退社時に散策している都市公園で仙台でアオマツムシの初鳴を聞いた。

いやぁ、なんでこんなにも時期が違うのか?、秋に鳴く虫だから南関東より早く涼しくなる仙台のほうが早くていいような気がするが。

2018.09.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

初鳴から24日でやっと見つけたチッチゼミの脱け殻

18/09/03 チッチゼミの脱け殻

今季のMFでのチッチゼミの初鳴は、以下に書いたよう観察史上二番目の早さだった。

2018MF)セミの初鳴

今シーズンもたくさん鳴き声が聞こえるが、姿を見つけるのはちょー難易度が高い、MFではちゃんと探せたことがないはず。かなりな高枝で鳴いてるのも大きな理由の1つだが、小さいというのもその理由の1つ。

過去記事を検索したら、以下を書いていた、MFではクモの巣にひかかっていたのを見たんだった。

MFでみーつけーた幻のセミの姿(2017.08.28)
チッチャゼミ、いや、チッチゼミってどんくさいのか?(2016.09.11 )

姿以外にも脱け殻を探すのも、他のセミに比べて難易度が高い。今季も脱け殻を散策都度に探している、本日昼休み、初鳴から24日でやっと見つけることができた。

2018.09.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2018仙台)ヒガンバナ開花

18/09/02 ヒガンバナ

先日、2018仙台)ヒガンバナは間もなく開花(2018.08.25)という記事を書いた、1週間経ったのでそろそろ開花したかも?、と見に行ってみたらほんのちょっと開花してた。

18/09/02 白いヒガンバナ

白いヒガンバナは赤?、朱色?より若干早い?、それよりも更に咲いていた。

18/09/02 ヒガンバナ

赤?、朱色?と白を一緒に撮ってみた。

2018.09.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数