fc2ブログ

誰が何の目的でつけたスズメの足環?

19/05/28 スズメ

3日前の通勤途上の都市公園散策、スズメの交尾シーンを目撃。この時期でもまだ交尾するんだ、繁殖期は続いているし、二度目の繁殖もあるから、ま、当たり前といえば当たり前か。

せっかくだからとデジカメを向け、サクサクっと写真を撮ってみた。その後、確認すると上の個体、雄だよね、その右足の足環があるのに気がついた。環境省関係の山階鳥類研究所の足環なら金属製のはず、が、付いていたのはプラスチック製。金属製の足環をつけ、更にプラスチックというのもあるらしいが、金属製は見えず。誰が何の目的でつけたスズメの足環?、調べるすべもないし。

スポンサーサイト



2019.05.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)5月最終週はオオムシクイ皆勤賞

19/05/29 オオムシクイ

ほぼウィークデー毎朝散策しているMF(マイフィールド)、今季の春の渡りのオオムシクイの初認は以下に書いたように今週月曜日だった。

2019仙台MF)渡りのしんがりオオムシクイ初認(2019-05-27)

それ以降も火水と連続観察が続き、以下の記事も書いた。

連続3日、ジジロムシクイ(2019-05-29)

その後も木、金曜の今日まで連続観察が続き、5月最終週はオオムシクイ皆勤賞になった...........\(^o^)/.....詳細記録は以下の通り。

■05/31(金)
 朝:1(鳴き声&姿)
 昼休み:なし
■05/30(木)
 朝:1(鳴き声&姿)、1(鳴き声)
 昼休み:観察
■05/29(水)
 朝:2(鳴き声&姿)
 昼休み:観察
■05/28(火)
 朝:なし
 昼休み:1(鳴き声&姿)
■05/27(月)
 朝:2(鳴き声&姿)
 昼休み:観察

並べてみて、え?と思ったのが、もしや皆勤賞で出逢えたオオムシクイ、ずっと滞在中で同じ個体の可能性もあるかなと。朝も昼休みも観察できたということは、渡らずに滞在していたのかも。当地の渡りの夏鳥の記録は、一般的に朝限りというのがほとんど。

もしや、オオムシクイは毎季、このような状況?、毎度の歳時記を眺めてみると、今季ほどではないが連続観察の傾向はあった、果たして真相は如何に?......(?_?)。

2019.05.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)雨の日に珍客不時着.....^^;

19/05/29 ツバメ

今朝の通勤都市公園散策、本館に書いたよう「連続3日、ジジロムシクイ」という出逢いがあったが、濡れ茫々の草を避け、舗装路のみを歩いたので早目に公園を一周。

そのまま切り上げるのもなぁということで、北側にあるテラスの東側で雨宿りしながら公園中央の芝生を眺めた。流石に雨模様だと、芝生でドッグランさせる迷惑人、ジョギングの人影もない。

過去にこのよう天気の日、水辺なしの都市公園だがカルガモが下りていたことがある。今朝もそんな珍客いないか?、期待していると芝生に出来た水溜りのツバメ2羽が不時着。不時着とはいわないか、下り立ったかな.......^^;。当地でのツバメ、下りているのは随分前に巣立ちっ子を観察したことがあるが、ここ最近は上空を飛ぶ姿のみ。それがそれが、貼った写真のように今朝は下りていた、雨の日に珍客不時着って言ってもいいかな?.....^^;

2019.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)渡去の夏鳥は8月上から始まる

8月下旬に関西に行く予定ができた、遠出する際は毎度、そこでも生き物ウォッチングする。今回も検討して見たが季節的に一番暑い頃、流石に小鳥類は無理だよね、干潟のシギ・チドリ類は渡りが始まるころかな。が、スケジュールを検討した結果、それほど時間がないので干潟に行くのは無理だった。じゃ、渡りのメッカ、大阪城公園か?、以前お世話になった元山さんのこんなん出てます!参照してみたら、この時期、既にコルリ、サンショウクイ、キビタキ、オオルリ、その他の名前が結構ある、8月下でもう渡りが始まっっているらしい。ということで、少なくともここは散策しようと思う。

ほぼウィークデー散策しているMF(マイフィールド)でも、月遅れお盆が過ぎる頃からちらほら渡去の夏鳥を観察できていたような記憶がある。

以下に毎度の歳時記から、8月の渡去の夏鳥の記録を拾ってみた。

■[2018]
 08/21(サンコウチョウ)、08/27(ムシクイ類)
 08/31(ホトトギス類)、08/31(アオバト)
■[2017]
 08/21(コサメビタキ)、08/22(キビタキ)
 08/23(ムシクイ類)、08/25(センダイムシクイ)、08/25(サンコウチョウ)
■[2016]
 08/30(ムシクイ類)
■[2015]
 08/20(アカショウビン)、08/20(ムシクイ類)
■[2011]
 08/22(センダイムシクイ)、08/22(ホトトギス類)、08/23(ムシクイ類)
■[2010]
 08/19(ムシクイ類)
■[2009]
 08/07(ホトトギス類)、08/24(ムシクイ類)
 08/25(サンコウチョウ)、08/26(センダイムシクイ)、08/26(ヨタカ)

以上より、ずばりMFの渡去の夏鳥は8月上から始まると言える、中旬以降からが多いけどね。

2019.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

イタチって泳ぎ得意なのね

昨日はカッコゥいい!に書いたように、今季二度目の夏隼探しに行った。待ち伏せしてていると、葭原からギョギョシギョギョシとオオヨシキリの大きな鳴き声、せっかくだからと観察しに行くと水面のカルガモが浮かんでいた。巣立っち子もいっしょにいないか?、観察すると、え?、え?、その前を何か生き物が泳いでいった。ヘビ?、慌てて確認するとイタチだった、が、が、撮り逃がした。

19/05/25 イタチ1

きっとやつは対岸の葭原にいるに違いない、粘ることしばらくかさこそと動く姿を再発見!、

19/05/25 イタチ2

もしやカルガモの巣立ちっ子を襲う?、親カルガモを?、オオヨシキリを?。

19/05/25 イタチ3

そんなことはなく、葭原のいる何かを捕食していた。

イタチって泳ぎ得意なのね、と思ったひと時だった.......................(#^.^#)。

2019.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) |

2019)夏隼に再会

19/05/25 チゴハヤブサ

本館に書いた、カッコゥいい!の続き。

この時期、夏隼の再会は次回の楽しみに書いたように、夏隼ことチゴハヤブサに再会したい。

前回は夏隼の再会は次回の楽しみに書いたように玉砕、今日はその再トライ。

鳥仲間から今季いたらしいというポイント、過去に繁殖した場所を順々に散策、が、が、見当たらず。最後の六ヶ所に行くと、針葉樹の樹内からキィキィとそれっぽい鳴き声が聞こえた....................\(^o^)/\(^o^)/。

ビノキで姿まで確認できず、じゃ、スコープで、あ!、あ!、車上荒らしに合ってから、スコープは車に常備してなかったんだけ、今日は持ってこず、万事休すか................(T_T)。

あーあー残念!、あ!、地元の鳥見仲間を呼び出してみるか?。電話したら留守電話、でんわってやつね、二度目は出てくれて来てくれた!...................ありがたい!.............で、で、やっぱりチゴハヤブサだった!、ということで2019)夏隼に再会!。

貼ったのはその後、なんとか撮れた今季初もチゴハヤブサ。

2019.05.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)今季はクリリンヒタキが少な目

マイフィールドの通勤・昼休み公園、今季、コサメビタキについて以下の記事を書いた。

2019MF)あれ?、クリリンヒタキは?(2019-05-07)
2019仙台MF)コサメビタキを初認(2019.05.10)

結果的に今季も平年並みの時期に出逢えた、が、が、今季は延べ観察数が少なかったように感じた。

以下に毎度の歳時記から、シーズン毎の春の渡りの総数を拾ってみた、今日までの今季分も含めて。

[2019]3羽 [2018]6羽 [2017]3羽 [2016]5羽 [2012]8羽 [2011]9羽
[2010]9羽 [2009]1羽 [2008]6羽 [2007]9羽 [2006]5羽 [2005]7羽
[2004]3羽 [2003]0羽 [2002]2羽 [2001]1羽 [2000]0羽 [1999]1羽

結果は今季はクリリンヒタキが少な目、並べてみたら年によって結構増減があり、随分前は記録なしというのもあったが見落としの可能性もあるかもなぁ.......(^_^;)。

2019.05.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)キビタキの渡る時期

19/05/23 キビタキ

今朝の通勤都市公園散策、1週間ぶりにキビタキを観察、貼ったのは今朝のキビタキ。

随分遅い記録のような気が、もしや、ここ数年、里山に限らず都市公園での繁殖も増えているらしいから、その影響かな?。

だとするとそれが記録に出てるはず、毎度の歳時記から、以下に過去の春の渡りの終認記録を拾ってみた。

[2018]05/18 [2017]05/17 [2016]05/13 [2015]05/07 [2012]05/23
[2011]05/20 [2010]05/25 [2009]06/02 [2008]05/26 [2007]05/24
[2006]05/24 [2005]05/19 [2004]05/18 [2003]05/22 [2002]05/13
[2001]05/11 [2000]05/22 [1999]05/13

結果は約20年前から5月下旬に記録があった、従って里山に限らず都市公園での繁殖も増えているから、渡りを観察できる期間が遅くなったとは言えず......(^^ゞ。

せっかくだから、MF(マイフィールド)のキビタキの渡る時期をまとめてみようと思う。毎季、初認の記事を書いているはず、探してみると以下を書いていた。

2018MF)キビタキ通過、平年並み(2018.04.26)

その記事から拾ったものに、若干追加したのを以下に書いてみた。

[2018]04/26 [2017]04/25 [2016]04/21 [2015]04/29 [2012]05/01
[2011]05/02 [2010]05/07 [2009]04/23 [2008]04/30 [2007]05/01
[2006]05/01 [2005]04/22 [2004]04/22 [2003]05/01 [2002]04/24
[2001]05/02 [2000]05/02 [1999]05/10

その結果、MFのキビタキの渡る時期は概ね「4月下~5月下」のよう。

2019.05.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台)街ど真ん中公園にオオヨシキリ

19/05/22 オオヨシキリ

今朝の通勤、昨日と打って変わって晴れ、仙台駅東口の電光掲示板の温度計は既に「18度」、今日は暑くなる予感、が、雨上がりの通勤途上の公園、渡りの夏鳥に出逢える予感もする........(#^.^#)。

毎度の通勤散策の公園へ向かう途中、榴ヶ岡三丁目公園からオオヨシキリの鳴き声がした。ここの公園、貼った画像のように仙台駅から200m程度しか離れていない。もちろん葦も水辺もない、木々も疎ら、そんな街ど真ん中公園をオオヨシキリが渡りで通過するとはびっくり。この時期は葉っぱが生い茂り、きっと上空から見ると緑の孤島に見えるのだろう、それでついつい下りて休息しちゃったんだろうか。

ギョギョシ、ギョギョシと鳴き声はしっかり聞こえたものの、姿を探すには至らず。そんなわけで、残念ながら証拠写真はなし......(^_^;)。

葦も水辺もなし(噴水は除く)の都市公園、MF(マイフィールド)散策記録でも、以下のようオオヨシキリの渡りの観察記録は若干あり。

[2017]05/16 [2012]05/16 [2011]05/18-19
[2007]05/30 [2004]05/07 [2001]05/18,5/23
[2000]05/19

拾ってみたら、思ったより記録があり、オオヨシキリって案外葦も水辺もなしの都市公園も通過しているのかもね。

2019.05.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

イソヒヨドリの巣立ちはまだだった

本館に書いた、2019)巣立っ子トップバッターはヒワリンの続き。

19/05/20 イソヒヨドリ

カワラヒワの巣立ちっ子を観察していると、目の前のイソヒヨドリ♂がやってきた。おぉ!、もしやイソヒヨドリ父さんが、イソヒヨドリ巣立っち子の給餌する場面も見られるか?。期待したが、巣立ちっ子は見たらず、鳴き声もせず、が、採餌を運んでいった模様。イソヒヨドリの巣立ちはまだだった、が、近々だと思う。

2019.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

我が家近くの駅のツバメの巣が少ない

19/05/20 ツバメ

先日、以下の記事を書いた、我が家近くも珈琲ショップのテラスのツバメの巣

今季も珈琲ショップのテラスにツバメ帰還

本日、見に行ってみたら巣には座っていなかった。向かい側の使われていない巣、壊され落下していたので、もしかしてカラスに攻撃され放棄しちゃったのかも。

バイク駐輪場の巣も見に行ってみたら、先日は3巣使っていそうに見えていたが、今日は1巣のみしか座っていなかった。

今季は、我が家近くの駅のツバメの巣が少ないかもなぁ。

2019.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

その2)これまで撮ったご当地マンホール

あちこち出掛けた際、足下を見るとご当地マンホールが結構ある。撮ってはインスタにアップしていたが、どこを撮ったかどんどんわからなくなってきた。そんなわけで、過去情報を以下にまとめてみたその2。

ジェフ千葉フクアリ(2018年10月14日)
金沢八景(2018年08月23日)
横浜市(2018年08月22日)
大磯町 (2018年08月22日)
NACK5スタジアム (2018年07月12日)
さいたま市(2018年07月12日)
楽天イーグルス(2017年10月26日)
ジョジョマンホール 3連発(2017年08月05日)
みちのく杜の湖畔公園 (2017年07月23日)
おいらせ町(2017年07月15日)
三沢市(2017年07月15日)
六ヶ所村(2017年07月15日)
塩竈市(2017年05月28日)
白石市(2017年04月09日)
白石市(2017年04月09日)
いずみし(2016年09月11日)
白鷹町(2015年08月16日)
蔵王町(2015年08月01日)

過去にまとめたこともあった...................^^;。

ご当地マンホールその2(13種類)(2015.07.06)
 利府町のグランディ、仙台市泉区、大衡村、仙台駅東口の宮城野通り、仙台市消防局の防火水槽、仙台市内萩図柄
 霞城公園、アウェイ清水戦、岩沼市、仙台市ガス局、大阪市水道局、大阪城公園駅前
ご当地マンホールその1(7種類)(2015.06.27)
 天童市×2、山形市、東京新橋界隈、東京新橋、山形市のいベニバナ、西川町

2019.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

その1)これまで撮ったご当地マンホール

あちこち出掛けた際、足下を見るとご当地マンホールが結構ある。撮ってはインスタにアップしていたが、どこを撮ったかどんどんわからなくなってきた。そんなわけで、過去情報を以下にまとめてみた。

はさま(2019年03月23日)
新横浜(2019年03月03日)
都立公園(2019年03月02日)
多賀城市 (2019年02月17日)
鳴瀬町(2019年02月16日)
釜石市(2019年02月11日)
山田町(2019年02月11日)
宮古市 (2019年02月10日)
岩泉町(2019年02月10日)
名取市(2019年02月02日)
亘理町(2019年02月02日)
山元町(2019年02月02日)
郡山市(2019年01月13日)
三本木 (2018年11月03日)
高清水(2018年11月03日)
市川市 (2018年10月28日)
門前仲町(2018年10月27日)

以上、2019年03月23日~2018年10月27日分、いつ、どこ行ったかバレバレ....................(#^.^#)。

2019.05.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

仙台)オオハクチョウ、1羽しか見当たらず

19/05/19 オオハクチョウ

4月下旬、以下の記事を書いたオオハクチョウ、本日、近くを通ったので見に行ってみた。

仙台)オオハクチョウって結構越夏するもん?(2019.04.20)

前回同様、対岸の岸に1羽いた。前回は2羽いて水面に浮かんでいたが、今回は首を羽に入れていた、寝ていたのか?、弱っていたのかはわからず。

2019.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

201903)日比谷公園ニシオジロビタキ弾丸ツアー

2019年3月上、義弟と以下に書いたよう横浜界隈サッカー応援ツアーに行った。

屋根付き、ドリンクフォルダー、焼酎のお湯割りに蓋のスタジアム(2019.03.02)
【モンテ山形】試合は熱かったがスタジアムは寒すぎ(2019.03.03)

自前で遠征のサッカー応援はそれだけじゃなく、毎度バードウオッチングもする。今回は鳥見に興味はない同行者、いろいろ検討した結果、一番早い新幹線で上京し、待合せまでの2時間弱で年末から出ているという日比谷公園のニシオジロビタキに逢いに行くことにした。

19/03/02 ニシオジロビタキ1

東京駅に08:07着、急ぎ足で山手線に乗り換え有楽町下車、そこからまたまた急ぎ足で日比谷公園に向かった。もしや大砲を構えたカメラマンがうじゃうじゃか?、と思ったが着いてみたら数人いた程度。取りあえず挨拶し、状況を聞くと今日はまだ出ていないとのこと。ありゃ!、ありゃ、外してしまったか?、こればっかりは運次第。カメラマンがいたのは絵になるウメ林、事前に発見者らしいツイ仲さんにポイント情報を伺っていたので、単独で探しに行ってみた。探すことしばらく、いた!、いた!...............\(^o^)/.................正直、こんなにすんなり出逢えるとは思ってなかった。

19/03/02 ニシオジロビタキ2

大都会の真ん中の都市公園だから?、それとも珍しい鳥だから警戒心があまりないのか?、比較的近くにも来てくれた。

19/03/02 ニシオジロビタキ3

十分堪能していると、ウメ林で待ち伏せしていたカメラマンさん達がやってきたので、いる場所を教えてあげた。その後、カメラマンはどんどん増え、20人ぐらいにはなったかな。

2時間弱で観察できた鳥たちは、ニシオジロビタキ、ジョウビタキ♀、ウグイス、オナガ、カルガモ、ヒヨドリ、スズメ、コサギ、シロハラ?。待ち合わせの東京駅に戻る途中に、ハシブトガラス、キンクロハジロ、ユリカモメ、コブハクチョウを観察。

201903)日比谷公園ニシオジロビタキ弾丸ツアー、成果があって最高!。

(PS)
このニシオジロビタキは、4月上まで長逗留だったらしい。

2019.05.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)ムシクイ類の渡る時期

Twitterでメボソムシクイの鳴き声をオオムシクイに誤認?、というつぶやきを目にした。

通勤・昼休み散策の都市公園、オオムシクイは定期的に渡るがメボソムシクイは稀。あれ?、もしかして私も誤認している可能性がある?。オオムシクイは渡りが遅いから、観察できた時期を調べてみれば概ね判断がつくかな。

当地で春の渡りに観察できるムシクイ類4種、毎度の歳時記から以下に初認と終認を拾ってみた。

■センダイムシクイ:4月中~5月下
 [2018]04/24~05/11 [2017]05/08~05/16 [2016]04/19
 [2012]04/24~05/10 [2011]04/25~05/17 [2011]05/10~05/25

■エゾムシクイ:4月中~5月下
 [2018]04/17~05/10 [2017]記録なし   [2016]04/21~05/09
 [2012]04/27~05/09 [2011]05/02     [2011]05/28

■オオムシクイ:5月中~6月下
 [2018]05/17~06/18 [2017]05/29~06/07 [2016]05/26~06/10
 [2012]05/31~06/15 [2011]06/02~06/13 [2011]05/26~06/23

■メボソムシクイ
 [2016]04/26

オオムシクイの渡りは5月中旬~6月上旬、メボソムシクイは繁殖地に5月上~中旬頃渡来らしいので、誤認の可能性は低いと思われる......(^_^;)。

しかし、ほんとに当地でのメボソムシクイの記録は稀。もしかして他のムシクイのようには鳴かずに通過している可能性もあるのかな?、だとしたら識別するのは無理だな.......^^;。

2019.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台MF)渡りの夏鳥連日観察

通勤途上に散策している都市公園、今季の春も渡りの夏鳥がそこそこに観察できている。昨日、ふと思ったのが初認してから、連日観察できているのではないかということ、以下に記録を拾ってみた。

05/14:キビタキ
05/13:キビタキ
05/10:エゾムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、コサメビタキ
05/09:エゾムシクイ、キビタキ
05/08:オオルリ
05/07:ムシクイ類、キビタキ
04/30:クロツグミ
04/26:キビタキ
04/25:ヤブサメ、キビタキ、オオルリ
04/24:ヤブサメ
04/23:エゾムシクイ、キビタキ、オオルリ

土日祝は基本的に散策していないが、今季のMF、渡りの夏鳥を連日観察できていることになる........\(^o^)/、こんなシーズンは記憶にない。

今朝の散策は曇り時々小雨で条件悪し、今日で観察記録が途切れるかなぁと思っていたら、ムシクイ類を観察し、記録を更新.....\(^o^)/。

2019.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台)初エゾハルゼミの脱け殻

19/5/12 エゾハルゼミ

本館に書いたもしやソラジシギ?、いや、オオジシギのように、本日は市内の草原にオオジシギを探しに行った。

この時期、そろそろエゾハルゼミが鳴き始める頃?、いや、若干早いかな?。散策終了で下ってくる山道の木々で脱け殻を探してみたらあっちにもこっちにもあった。今季初のエゾハルゼミの脱け殻、みーつけーた!...................\(^o^)/。あ!、昨季のがまだ張り付いている可能性あり?、積雪多い場所だし、たくさんあったから今季のだよね?。

日差しは強めで車の中はぽかぽかだったものの、風が冷たくやや肌寒い気温、昼近くになったら鳴いたかもしれないが9時ぐらいまでしかいなかったので鳴き声が聞けず。

2019.05.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ガビチョウが我が家近くにも来たっぽい

19/05/11 ガビチョウ

昨日は探鳥会は聞き鳥会に書いたように、台原森林公園探鳥会に参加してみた。

もう随分前からだが、ここの森林公園ガビチョウがたくさんいる、貼ったように結構近くでも目にする。他によく目にするのは、野草園、青葉山、長命館公園、水の森、鶴ケ谷中央公園等、車で走っていると住吉台付近の林でも鳴き声を聞くことがある。ここ最近は、県民の森でも鳴き声を聞くようになった。私は聞いたことがないが、鳥見仲間の話では加美町の薬莱山付近にもいるらしい。

が、我が家近くではまだ耳にしないなぁと思っていたら、GW中に七北田公園沿いの七北田川の対岸で鳴き声を聞いた。あ~あ~、とうとう我が家近くにも来てしまったか............(T_T)......ガビチョウには罪はないが、これ以上増えないで欲しいなぁ。

2019.05.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台MF)コサメビタキを初認

19/05/10 コサメビタキ

毎度の通勤都市公園散策のコサメビタキについて、先日、以下のような記事を書いた。

2019MF)あれ?、クリリンヒタキは?(2019-05-07)

その記事に、もしかしてコサメビタキの渡りのコースから外れた?、新たにコースに入ったのはヤブサメかもと書いたが、今朝、今季も無事出逢えた.......\(^o^)/。

その記事に書いた過去の初認記録を、以下に引用+αしてみた。

[2018]04/24 [2017]05/09 [2016]05/09 [2012]05/07 [2011]04/27
[2010]05/06 [2009]05/18 [2008]05/23 [2007]05/10 [2006]04/26
[2005]05/02 [2004]05/12 [2002]04/24 [2001]04/24 [1999]05/21

過去記事には渡りのコースから外れたと書いたが、5/10前後は極々平年並みだった.....(#^.^#)。

朝の散策ではコサメビタキは撮れず、昼休みも再挑戦したらなんとか撮れた、それを貼ってみたが、証拠写真程度?、それ以下?.......................^^;。

2019.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

今季の冬小鳥の終認は早め?

通勤途上に散策している都市公園、この冬もシメ、ツグミ、アオジが常連で出逢えたいた。月日が経つのは、いや、季節が変わるのは早いものであっという間に出逢えなくなった。

今季、それらの冬小鳥、いつが終認だったか?、以下にまとめてみた。

■2019
 シメ:04/22、ツグミ:04/26、アオジ:04/30

全ての種類がGW前、う~ん、これが平年並みだっけか?、早いような気が。

参考まで、過去3年分の記録を以下に拾ってみた。

■2018
 シメ:05/16、ツグミ:05/08、アオジ:05/07
■2017
 シメ:05/12、ツグミ:04/28、アオジ:04/28
■2016
 シメ:05/13、ツグミ:04/27、アオジ:05/16

比較した結果は、昨季よりは格段に早い、が、それ以前と比較するとツグミだけは早めかな。

アオジは県内でも場所によっては平地で繁殖する、シメは極一部繁殖の可能性あり、ツグミは完全な冬鳥、従って妥当な結果かも。

2019.05.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)GW明けには御衣黄がピンク色に

19/05/07 御衣黄

仙台MF)GW前に御衣黄見ごろ、予想通りGW明けには御衣黄がピンク色になっていた。

早く咲いたから花期が短かったのか?、咲いた後も気温が高めだったからなのか?。

2019.05.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

2019仙台)夏鳥のバン帰還

19/05/06 バン

GW10連休の初日、小雨模様でもチュウシャクシギうじゃうじゃに書いた用水沼は水がたっぷんたっぷんの、今日もそうだったが夏鳥のバンが帰還していた。

バンは東北以南では留鳥、宮城でも年によっては越冬もすることはあるが定着せず、今も夏鳥。今後はどうなるか?、だが季節を感じる夏鳥がいいな..................(#^.^#)。

2019.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台)サギコロ、ゴイサギも帰還

先日、2019仙台)サギコロ、帰還一番バッターはチュウサギ(2019.04.27)と書いた地へ、本日昼頃さくっと行ってみた。

19/05/06 ゴイサギ

前回がいなかったゴイサギ、今日はたくさん帰還していた。昨季も書いたが、帰還したゴイサギの中には通称ホシゴイこと若い個体もいた、う~ん、繁殖するの?、ヘルパー?。

19/05/06 チュウサギ

前回は1羽しか見つからなかったチュウサギ、これもいっぱいいた。

期待のアマサギは見つからず、気合い入れて探しかったが、雨模様になったので引き上げた。

2019.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ジャコウアゲハの食草が.......(T_T)

19/05/05 ジャコウアゲハのサナギ

数年前から観察しに行っているジャコウアゲハが乱舞する川原、今季は若干遅くなったが今日行ってみた。

結果はジャコウアゲハは一頭も舞っておらず、昼過ぎで暑い、飛ばない時間帯だったのかも?。

お菊虫ことサナギはあちこちにあったので、これから羽化するのもいるんだと思う。

が、が、食草のウマノスズクサが....................あれ?、あれ?、ほとんど無くなっている。ん?、食べ尽くされた?、いや、そんなことないはず、草刈した形跡あったので刈ってしまったのかも。昨季は草刈の時期と観察時期が重なり、事情を話し残して欲しいとお願いしたが、今季は刈られてしまったのかも。

2019.05.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

ビルヒヨドリのテリトリーってどれぐらい?

19/05/04 イソヒヨドリ1

我が家近くの地下鉄駅周辺のビルでは、随分前からイソヒヨドリをよく目にする、ビルにいるから通称ビルヒヨドリ。今季もあちこちで目にする、ぱっと見5~6カップルはいるのでがないかと思ってる。営巣場所は、過去に4ヶ所の巣を見つけた、同じカップルが移動した可能性はあるが。

本日午後、急遽予定がなくなったので歩いてイソヒヨドリ探し、巣を見つけられたらいいなぁと思い。巣は探せずではあったが、雄2羽が囀り合戦しているのを観察できた。

19/05/04 イソヒヨドリ2

この時期は既に子育て中か?、抱卵中のはず。囀り合戦しているってことは、テリトリーが接していたのかな?。

ビルヒヨドリのテリトリーってどれぐらいなんだろう?、個体識別できないんでわからないんだよね。

2019.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

宮城では夏鳥?ゴイサギ、が、激減

19/05/03 ゴイサギ

在住の宮城県ではゴイサギは留鳥と思っていたが、ここ最近は冬季は見かけないようになった。もしかしたら、もしかしたら夏鳥だったのかな?。

その夏鳥かものゴイサギ、県南のサギのコロニーで今日今季再会、う~ん、やっぱり夏鳥?。

その昔は、近くの田んぼでも極々普通に出逢えていたが、ここ数年、滅多に出逢えなくなった、激減しているように思う。

2019.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

亜麻色のダイサギ?

19/05/03 ダイサギ

本日、そろそろ再会できるかな?、と、金糸猴似の金糸鷺に逢いにに書いたアマサギに再会に県南のサギのコロニーに行ってみた。

結果が出逢ず、探せず、まだ若干早いのかもね。

が、が、飾り羽の一部が亜麻色のダイサギがいた、まさか、アマサギとダイサギの雑種じゃないよね?。

2019.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

イカリソウとキバナイカリソウが共生

19/05/02 イカリソウとキバナイカリソウ

在住の宮城県でイカリソウと言えば薄紫色、出身の山形県では白っぽい色でキバナイカリソウと命名されている。

本日散策に行った仙台市の北部の森、たくさん咲いていたのは薄紫のイカリソウだが、場所によっては貼った写真のようにキバナイカリソウ(手前)もイカリソウ(奥)と一緒に咲いていた。

たまたま向かいから植物を観察している方が来たので、ここのキバナイカリソウは自生なのかご存じですか?、と聞いてみたら自生だとか。更に詳しい方らしく、ここは仙台と大崎の間ではあるが、冬季はそのどっちもの倍ぐらいの積雪がある、その影響で日本海側のキバナイカリソウがあるんだとも、へぇ~、へぇ~、そうなのか!。この論理だと、太平洋側も標高が高いとこはキバナイカリソウになるような気がするが?、その辺りは果たして?。

2019.05.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

アカアシシラサギ?(笑)

19/05/01 ダイサギ

本日書いたホオアカの聖地へ行ってみたで、アカアシシラサギを見かけた.......................^^;。

正体はダイサギ、あれ?、あれ?、ダイサギって婚姻色で足が赤くなるんだっけ?。

2019.05.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数