fc2ブログ

2019仙台MF)ツクツクボウシ初認(07/29)

2019/07/29 セミの歳時記(ツクツクボウシ)

昨日、夏蝉コンプリートに書いたように、我が家近くの森でツクツクボウシの初鳴を観察。

平年なら通勤・昼休み散策の都市公園でも出逢えていい頃、今季は各蝉の初鳴、数も出だしがいまいちだった。が、今朝はニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミを続々と観察、ツクツクボウシも聞かれるのではと期待。結果は散策終了間際に初鳴を観察!、これでMFでも夏蝉コンプリートとなった。

以下が、今季のMFの各蝉の初鳴のまとめ。

・2019仙台MF)ツクツクボウシ初認(07/29)
2019仙台MF)ミンミンゼミ初鳴(07/26)
2019仙台MF)アブラゼミ初鳴(07/19)
2019仙台MF)ニイニイゼミ初鳴(07/01)

スポンサーサイト



2019.07.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

2019宮城県南)クズ開花(7/28)

ここ数日、秋の花?のクズの葉っぱが目立つようになった。もしや、間もなく咲くかも、と、思っていたら........................

19/07/28 クズ1

昨日、生き物ウォッチングの行った宮城県南で開花を観察。

昨季はいつ頃咲いたっけ?、記事を探すと以下を書いていた。

2018仙台近郊)クズ開花(7/27)(2018.07.28)

昨季は仙台近郊、今季は県南だが、同じ頃ではあった。

19/07/28 クズ2

別の花のは、ドウガネブイブイ?がいた。

2019.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

さくさくっと手掴みアブラゼミ

19/07/27 アブラゼミ

2019仙台MF)ミンミンゼミ初鳴(07/26)に書いたように、今季、ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミの初鳴&姿は観察済。

が、が、いまいち鳴き声は少ない、今季は少蝉なのかなぁ?。昼過ぎ、家人の実家の近くの公園の木でセミの姿を探してみたら2匹見っけ!、さくさくっと手掴みしてみた...................\(^o^)/。そこそこにいるが、まだ鳴き出す最盛期じゃないってことなのかな?。

2019.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

2019仙台MF)ミンミンゼミ初鳴(07/26)

2019/07/19 セミの歳時記(ミンミンゼミ)

昨日、

2019仙台MF)アブラゼミ初鳴(07/19)
2019仙台MF)ニイニイゼミ初鳴(07/01)

に引き続きミンミンゼミの初鳴を観察、当地の夏蝉でまだはツクツクボウシのみとなった。

姿の初認は2019仙台MF)ミンミンゼミ初認(2019.07.24)、この個体が鳴き出したかは?だが、鳴き出すのは羽化数日後なんだろうねやっぱり。

2019.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台MF)ミンミンゼミ初認

19/07/24 ミンミンゼミ

昨日、セミについて以下の記事を書いた。

夏蝉は夏日に鳴き出す(2019.07.23)

そこに書いたように通勤・昼休み散策の都市公園のおひざ元、仙台管区気象台で既にミンミンゼミの初鳴を確認だとか。あーあー、今回は負けたよ.....っていうか、気象台職員はそれも仕事だろうから、負けて当たり前か.......(^_^;)。

今日の天気予報、最高気温は夏日、こりゃきっと朝からセミがたくさん鳴いているかと思ったら全く聞こえず。

昼休み散策はぐんと気温が上がり、気象台発表の気温では既に夏日。こりゃ、こりゃきっとまだ出逢っていないミンミンゼミの鳴き声が聞こえるはず。雲は若干あるものの晴れ間があって暑い、間違いなく初鳴が聞かれるだろうと思ったが、残念ながらセミの鳴き声は全然聞こえず。

が、が、姿も探すと.....みーつけーた!!!......\(^o^)/......ウメの幹に止まるミンミンゼミを1匹発見!!!......貼ったのはそのミンミンゼミ。手が届く高さだったので捕獲を試みたが、油断して飛ばれてしまった。同じ木でアブラゼミの姿も見つけたが、撮る前に見失ってしまった。

19/07/24 脱け殻

他には、ツクツクボウシかヒグラシの脱け殻を1つ観察、鳴き声は最後の最後にニイニイゼミ1を観察。

2019.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

夏蝉は夏日に鳴き出す

19/07/22 アブラゼミの翅

昨日、本館の蝉の声なしは少羽化?、いるけど鳴かない?という記事を書いた。脱け殻があっても鳴かない?、鳴かない?のは、たぶん、気温の影響によるものなのかも?と思った。

じゃ、セミが鳴き出す、鳴ける温度ってあるのか?。ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ等の通称夏蝉、ググってみると25度が境っぽい。

論より証拠、以下の今季の初鳴情報(確認日と最高気温)を拾ってみた。

MFのセミの歳時記
 ニイニイゼミ 07月01日 25.6℃
 アブラゼミ  07月19日 29.2℃

仙台管区気象台の動物季節観測
 にいにいぜみ 07月03日 26.8℃
 あぶらぜみ  07月19日 29.2℃
 みんみんぜみ 07月17日 25.6℃

結果はググった結果通り、通称夏蝉が鳴き出す(初鳴)は25度が境だった。

以下に、昨日現在までに夏日(最高気温25℃)を拾ってみた。

■07/23現在までに夏日(最高気温25℃)
 7月上夏日:3日(01日、02日、03日)
 7月中夏日:4日(13日、17日、19日、20日)

ニイニイゼミは上旬の夏日、アブラゼミとミンミンゼミは中旬の夏日の初鳴を観察という結果になった。

貼ったのは昨日見つけたアブラゼミの翅、鳴いていないのに、捕食されたと思われるのがあちこちにあった。

2019.07.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

ヒメボタルの秘密

地域の宝ヒメボタルフェスティバルin折爪岳2019

先日、本館に東北のヒメボタルの聖地、玉砕.....(;O;)(2019-07-15)と書いたように、一昨年の二戸市折爪岳ヒメボタルは別格だった(2017.07.18)に引続き、「地域の宝ヒメボタルフェスティバルin折爪岳2019(07/14)」に行った。

前回は夜の観察会のみだったが、今回はせっかく行くのだからと講演会「折爪岳のヒメボタルはどんな暮らしをしているの?」とフィールドワークに漏れなく参加した。ズバリ感想は、いろんなことがわかり実に面白かった...........\(^o^)/。

以下、講演会とフィールドワークの要約。

■生息環境、食性
 ゲンジボタルやヘイケボタルの幼虫は水中で生活するが、ヒメボタルの幼虫は湿った陸上、それも積み重なった落ち葉の下で生活している。ここ折爪岳は北上山地の最北端に位置し、太平洋にも近く夏はやませの影響で霧が多いため、生息に適した環境と思われる。 森は手付かずの自然環境ではなく。ヒメボタルの保全に向け管理している。現在、笹薮の管理について調査中(笹藪が生息に適してる可能性あり)。
 幼虫は小さな巻貝、小さなカタツムリを食べる。

■生態
 成虫だけでなく、卵、幼虫、蛹と一生を通じて光るが、成虫以外は微かな光。
 飛びながら明るく強く光るのは雄のみ、雌は翅が退化し飛べず光るのも弱い。
 雄は翅が発達しいるのでいかり肩に見え、目玉が大きく見える
 雌は翅が発達していないのでどっしりした体型、なで肩に見え、雄より大きく見える。雌は飛べないというのもあり移動する力が弱い、そのため地域によって個性(生態)が異なる集団が考えられえている。光る時間帯は日暮れ直後の集団、真夜中に集団分かれている。ここのは「19:30~21:00」に光る集団、西日本(名古屋等)のは真夜中に光る集団。
 暖かい地方では1年で成虫になるが、寒い地方では2年以上かかると言われている。

■フィールドワーク(トラップ)でわかったこと
 成虫がいる時期に、大小の幼虫が捕獲されることから、ここでは成虫になるには2年以上かかると思われる
 同じトラップにマイマイカブリ等に肉食昆虫が一緒に捕獲された場合でも、ヒメボタルの幼虫は捕食されないため、捕食を嫌う成分が出ている可能性が考えられる。
 トラップの餌は切ったイカが一番かかかるが、日持ちせず、カラスの食害もある

■その他
 観察会は、二戸市、九戸村の両方で開催、協賛?。後日確認すると折爪岳は、岩手県二戸市、九戸郡軽米町、同郡九戸村を山域に持つ山ということで、軽米町も協賛だった。
 二戸市のご当地マンホールはヒメボタル、九戸村はヤマドリだった。

2019.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

昨日の鎮守の森巡り1勝

19/07/20 チゴハヤブサ

昨日、本館に書いた鎮守の森巡り1勝6敗だがカッコウは全勝の1勝はこれ、チゴハヤブサ。

毎年、鎮守の森では数つがい観察できるが、今季は1つがいしか探せず。単に探せないだけなのか?、今季は少ないのか。本日書いた日照不足?、低温で?、少蝉?、これも影響あるのか?。チゴハヤブサの子育ての餌、セミをよく捕食しているようなので。

2019.07.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

カルガモっ子は水路を探せらしい

19/07/20 カルガモ

数年前、通勤途上の散策してた、通称、小河川では初夏、かなりな頻度でカルガモの巣立っち子に出逢えていた。他に我が家近くの田んぼ、都市公園の池でも、そんなわけで極々普通に出逢えるものと思っていた。

が、が、ここ最近出逢えず、以前の小河川にも行ってみたし、他でも探してみたが出逢えず。

先週、東部の田園地帯の用水沼に行った際、出逢った鳥見仲間のカルガモの巣立っち子の話をしたら、河川や沼にはおらず水路がポイントとか。ま、確かに広い場所では天敵が多い、数年前に散策していた小河川は、小と名付けただけあって水路みたいだった。

その後も探せず、が、が、今日の散策、ずばり水路でカルガモの巣立っち子を観察.................................\(^o^)/。7月も下旬なんで、子鴨というよりもう中鴨だったが。

やっぱり、やっぱり、カルガモっ子は水路を探せらしいらしい。

2019.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台MF)アブラゼミ初鳴(07/19)

2019/07/19 セミの歳時記

通勤・昼休みに散策している都市公園、アブラゼミの今季の初認は以下に書いたよう脱け殻と姿だった。

2019仙台MF)アブラゼミ初認(2019.07.08)

その後も以下に書いたよう複数の脱け殻を観察、が、が、鳴き声は全く聞こえず。

梅雨寒でセミの羽化進まず?(2019-07-16)

更に昨日は、以下に書いたように初鳴すら聞いていないのにヒヨドリに捕食されているのを観察。

少蝉でセミクイドリも目立たず(2019-07-18)

それほど多くなないが脱け殻が複数、更に捕食までされているのにいつ鳴くんだろう?。

その待ちに待った初鳴、本日の昼休みに観察!............\(^o^)/........時間の関係?、ざーっと雨が降って上がったばかりだったから?か1匹だけだったが。

MFのセミの夏鳴、2019仙台MF)ニイニイゼミ初鳴(07/01)に引き続き観察。

今季初なので、以下にセミ歳時記から過去の初鳴を拾ってみた。

[2018]07/10 [2017]07/19 [2016]07/20 [2015]07/14 [2011]07/13
[2010]07/16 [2009]07/21 [2008]07/22 [2007]07/25 [2006]08/07
[2005]07/29 [2004]07/21 [2003]08/04 [2002]07/29 [2001]07/30

脱け殻&姿を初認してから11日余り、あまりにも遅すぎじゃないかと思ったが、そんなことはなくほぼ平年並みだった。

2019.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

モズが帰還?

19/07/18 モズ

いまいちの空模様であったが、昼休みも毎度の都市公園を散策した。昨日、以下に書いたようにスズメはまだ子育てをしているものの多くの鳥たちは繁殖が終わり、移動を開始した鳥たちもいるかもしれない。

2019仙台MF)ムクドリの2番子巣立ち?(2019-07-17)

ウメ林へ行くと、聞きなれない鳴き声が聞こえた。もしや、繁殖が終わったヒタキ類?、ムシクイ類が通過?。わくわくして姿を探すとさもあらず、モズの鳴き真似だった.....(^_^;)。

一般的にモズは1年中見られる留鳥、当地でもほぼそれに近いが真夏はいなくなる、あれ?、ということは当地では冬鳥?....^^;。これまで繁殖したシーズンもあるが、初夏に巣立ちを迎え、その後一時いなくなる。今季は春先まで観察できたが、その後、出逢えなくなった。過去の記録を参照すると、春の終認は「04/16」、その後今日まで観察なし。

まだ7月中旬だから繁殖する可能性は無きにしも非ずではあるが、今後も注意して観察しようと思う。参考まで、毎度の歳時記から巣立ち時期を以下に貼ってみた。

[2016]05/12 [2008]09/03 [2007]07/09 [2004]07/05

以上より、2008年同様であれば繁殖の可能性もありだが、モズが帰還、帰ってきたが妥当かもなぁ。

2019.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台)ススキ開花?

19/07/17 ススキ

本日、'19仙台MF)ハギが開花に書いたようにハギの開花を観察。

ハギは秋の花って認識あるが、夏本番から咲き始める。同じように秋の花?、草?のススキも秋前の咲くはず。

夕方、仙台管区気象台の標準木があるとこをちら見したら、貼った写真のようにススキは開花していた。

あれ?、こんな状況だとまだ開花って言わない?、花芽が出たかな?。

ちなみに昨季は、以下の記事を書いてた。

2018仙台)ススキ開花(7/28)

2019.07.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'19仙台MF)ハギが開花

19/07/17 ハギ

通勤・昼休みに散策している都市公園、数日前からハギの蕾が膨らんできた。ほぼ毎朝観察しているが、今朝ようやく開花しているのを観察......\(^o^)/。

ハギと行ったら秋ではあるが、毎年今頃に咲くのを観察できる。昨季はいつ頃だっけか?、記事を探すと以下を書いていた。

'18仙台MF)ハギ開花(2018.07.05)

ずばり昨季よりかなり遅い、その記事に更にその過去3年分の記録のリンクも貼ってあり。それを見るとここ4シーズンでは一番遅い、が、5シーズン前よりは早い。それらを以下に、再度書いてみた。

[2018]07/05 [2017]07/07 [2016]07/05 [2015]07/24

今季が遅いのは、梅雨寒が続いている影響だろうか?。

2019.07.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

バンバン飛んだアオバト

昨日は東北一のヒメボタルの聖地に行ったが、東北のヒメボタルの聖地、玉砕.....(;O;)、今日はアオバトの聖地に行ってみた。

19/07/15 アオバト1

着くや否やバンバン飛んだ、が、が、止まらず、止まっても青葉の中、アオバトだからね..........^^;。

19/07/15 アオバト2

粘ること1時間強、運よく遠いがそこそこ撮影も。

19/07/15 アオバト3

時々、アォーアォーという鳴き声も聞こえた...................\(^o^)/。

2019.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)キジバトはほぼ冬鳥

17/07/11 キジバト

毎度の通勤・昼休み散策の都市公園、昨日の昼休み久しぶりにキジバトを観察、貼ったのは昨日の昼休みのキジバト。

あれ?、当地では絶滅危惧???、いや、いるときは結構続けて観察したはず。論より証拠?、毎度の観察記録からここ1年+α分を以下に拾ってみた。

[2019/07]07/11
[2019/06]06/25,06/14,06/13
[2019/05]なし
[2019/04]04/30,04/19,04/16,04/15,04/11,04/09,04/05
[2019/03]03/28,03/19-18,03/15-14,03/13-12,03/08-07,03/06-04,03/01
[2019/02]02/27-25,02/22-21,02/18,02/15,02/12,02/08-04,02/01
[2019/01]01/31-28,01/22-21,01/18-15,01/11-07
[2018/12]12/28-25,12/21-17,12/14-13,12/11,12/07-04
[2018/11]11/30-26,11/22-21,11/19,11/15-14,11/12,11/09,11/08-05,11-01
[2018/10]10/31-29,10/26-24,10/22,10/11,10/05-03
[2018/09]09/18,09/14
[2018/08]08/13
[2018/07]なし
[2018/06]06/22,06/13,06/07,06/05-04
[2018/05]05/29,05/18,05/10,05/01

結果は、5月~9月までは観察は稀、10月~3月は頻繁に観察。

以上より、1年中見られる留鳥のキジバト、MFでは絶滅危惧ではなくほぼ冬鳥という結果だった。

2019.07.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF(都市公園)のオオタカ

先日、本館に仙台MF)ハヤブサの餌場?(2019-07-05)という記事を書いた。通勤・昼休み散策している都市公園、通称MFではハヤブサ以外の猛禽類、オオタカにも稀に出逢える。

入会している都市鳥研究会のアンケート?に、「あなたに町で、オオタカを見かけることはありますか」という問いがあったので、毎度のMFの記録から以下に拾ってみた。

拾ってみた情報は、ほぼウィークデー散策&記録をネットにアップし始めた「2002/04~2019/07現在」。

[2019]05/22
[2018]03/15,05/08
[2017]06/02,11/27,11/29
[2016]05/30,06/08,09/29
[2015]11/27
[2015/05~2012/09は不定期散策]
[2012]01/30,02/21,02/27,03/07,03/16,03/21,06/11
[2011]12/19,12/22,12/26
[2010]08/30
[2009]03/18,03/27,10/27,11/06
[2008]04/22,11/25,12/05
[2007]10/01,12/04
[2006]02/16,03/03,11/07,12/05
[2005]03/03,09/28,11/07,12/05,12/14
[2004]06/11,09/08,11/26,11/29,12/20
[2003]02/28
[2002]なし

以上の結果から、稀ではあるがほぼ年間通して観察できるが、秋~春、特に冬場多いように思われる。約16シーズンの観察記録からは観察はコンスタント、特に近年出逢いが増えてはいない。

2019.07.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)7月のアオバトって?

どんより曇り、肌寒の仙台だが、雨が降っていないので今日の昼休みも都市公園散策に行ってみた。

19/07/09 赤とんぼ

今朝は本館2019仙台MF)ノシメトンボ初認と書いたように赤トンボ類を観察。もっといるのでは?、と昼休みは草地を重点的に探すと、アキアカネっぽいも含め複数いた。朝以降、たくさん飛んできたのかな?、貼ったのはそのアキアカネっぽいの。

せっかくだから指に止まらせて撮りたい、今季初手掴みでもいいな。そう思って狙っていると、え?、え!、アォ~アォ~アォ~アォ~とアオバトの鳴き声がした。トンボところではない.....(@_@;)、慌ててアオバトの姿を探すと針葉樹のてっぺんから飛び去る鳥影を発見、あ!、飛んじゃった.......(;_:)。

当地でアオバトの観察は複数あり、確かかなり遅い時期もあったはず、が、7月上ってあったかな?。毎度の歳時記から、以下に過去の記録を拾ってみた。

[2018]05/16,06/04,08/31,10/12
[2016]06/17,10/28
[2015]10/15,10/30
[2012]06/15
[2011]10/21
[2010]06/14
[2006]06/14,11/17
[2004]10/14
[2003]10/27,10/31
[2002]10/11

遅いのは6月中、早いのは8月下旬という記録あり、今日はその間の7月記録になった。観察記録は少ないものの、データ的にMFでは5月~11月まで出逢える可能性ありということになる。

2019.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)ブトのボソの棲み分け

19/07/09 ハシボソガラス

先日、通勤&昼休み散策の都市公園散策、通称MFで以下の記事を書いた。

2019仙台MF)ナゾボソガラスの巣出ちっ子を観察...^^;(2019-07-04)

そこにも書いたように、巣立っち子は観察したものの営巣場所が謎。その翌日も揃って観察できたが昨日は出逢えず、もしや公園周辺で繁殖したのではなく、やや遠いとこから来た可能性もあるのかと思った。

今朝はいるかな?、と散策をするとまたまた3羽に再会、う~ん、やっぱり公園近くの街路樹に営巣したのかも。貼ったのは、今朝のハシブトガラス。

今朝は他にハシブトガラスのファミリーもいた、棲み分けはいったいどしてるのか?。パッと見、ボソは公園中央の芝生がテリトリーで決して林には行かず。ブトは林の木々に止まり、公園中央の芝生にはで来ず。う~ん、これで棲み分けているっぽいな。あ!、そういえば先日、ブトが芝生に下りようとしたら、ボソが慌てて飛び去ったのをみたっけ。

2019.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台MF)ニイニイゼミ初認

19/07/08 ニイニイゼミ

2019仙台MF)アブラゼミ初認の写真を撮っていると、あれ?あれ?、同じ木にニイニイゼミも止まっている、それも脱け殻に止まっている。

ニイニイゼミは07/01に初鳴を聞いたが、姿・脱け殻は未だ観察できずだったが、その両方をまとめて観察!。

気温が低めだから?、アブラゼミ同様ニイニイゼミもやや元気がなかった。

2019.07.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

2019仙台MF)アブラゼミ初認

19/07/08 アブラゼミの脱け殻

本館に書いたように、今朝の散策もやや肌寒でセミの鳴き声は聞こえず。が、昼前後には晴れ間が見える天気予報、きっと昼休みはセミの鳴き声が聞こえるのではと思って散策に出たら、え!、え?、晴れ間はないし半袖では寒いぐらい。

まずはウメの木の幹回りでニイニイゼミの脱け殻探し、まったく見つからず。メタセコイヤにもよく脱け殻あったはず、ここも探してみるがまったく見つからず。

最後にカリンの幹回りも探してみたら、おぉ!、おぉ!、アブラゼミっぽい脱け殻みーつけーた!、今季初!.........\(^o^)/。

19/07/08 アブラゼミ

今季初なので脱け殻の写真を撮っていると、え!、え!、アブラゼミ本体もいるじゃないか!!!.......もちろん姿も初!。そっと捕獲してみると♂、が、全く声は出さず。たぶん、今朝羽化したばかりでまだ鳴けないのではないかと思われる。羽化後、鳴き出すまでは1週間ぐらいかかると聞いたことがあるし。気温が低めだから?、アブラゼミはやや元気がなかった。

よくよくみたら、アブラゼミっぽい脱け殻は全部で2つあった。

2019.07.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

夏が似合う隼

19/07/06 チゴハヤブサ

本日も所用があって、実家山形市へ日帰りで行った。

今朝の仙台は霧雨で半袖ではやや肌寒い、長袖でもいいぐらい、が、笹谷トンネルを抜けると雨は降っておらず晴れ間も見えた。

所用が済んだ後、夏隼は子育て順調?の地にさくっと行ってみた。

仙台は肌寒だったのに山形はやや暑い、う~ん、夏、夏隼が似合う空模様だった。

2019.07.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ハシボソガラスの巣立ちっ子はしわがれ声だった

19/07/05 ハシボソガラス

本館に 2019仙台MF)ナゾボソガラスの巣出ちっ子を観察...^^;と書いたように、2019-07-04(木)にハシボソガラスの巣立ちっ子を観察。

ハシブトガラスの巣立ちっ子は甘えた声で鳴くが、あれ?、あれ?、ハシボソガラスの巣立ちっ子は??。似たような鳴き声だと、区別付かないとなぁ?。

と、と、思ったら翌日(7/5)も観察でき、巣立ちっ子の鳴き声を聞くことができた。なんとその鳴き声は、親烏同様、がぁーがぁーに近いしわがれ声だった、これならハシブトガラスの巣立ちっ子と識別できるな。

2019.07.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2019仙台MF)樹液カナブン解禁

19/07/02 カナブン

昨日、2019仙台MF)ニイニイゼミ初鳴(07/01)、本日の昼休みも散策したらまたまた鳴いていた...............................\(^o^)/\(^o^)/。

が、が、かなり高いところ鳴いているようで、姿は全く探せず。

じゃ脱け殻を!、と探していると、シラカシの樹液にカナブンが3匹、やや離れたとこにも2匹いた。樹液にカナブン、今季初!.............................\(^o^)/...............樹液カナブン解禁!。

2019.07.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

2019仙台MF)ニイニイゼミ初鳴(07/01)

2019 セミの歳時記

先週は蒸し蒸し日が連続続き、通勤・昼休み散策の都市公園、通称MFでそろそろニイニイゼミの初鳴が聞かれるのでは?、と期待しながら数日散策。

セミ歳時記のページも2019年シーズ分準備し、6月分の夏日をまとめてみた。その結果、下旬は暑い日が続いたというのは気のせいで2日しかなかった、記憶って当てにならない........(^_^.)。

昨日の朝も昼休みの散策し、ニイニイゼミの鳴き声を探すが聞こえず。きっときっと羽化はしているはず、まもなく鳴き出すはずと思っていたら、夕方に初鳴を観察.......\(^o^)/。

今季初なので、以下にセミ歳時記から過去の初鳴を拾ってみた。

[2018]06/27 [2017]07/03 [2016]07/01 [2015]07/02 [2011]07/08
[2010]07/05 [2009]07/06 [2008]07/07 [2007]07/09 [2006]07/07
[2005]07/01 [2004]06/30 [2003]08/04 [2002]07/17 [2001]07/12

結果は、平年並みのやや早めかな。

2019.07.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

「生物季節観測データベース」なかなかよさげではあるが....

通勤・昼休みに散策している都市公園、MF(マイフィールド)と称して、記録をネットで公開してる。

メインは野鳥だが、この時期はセミ歳時記も公開している。

全国のセミ初鳴情報をググっていたら、以下のような情報はヒットした。

生物季節観測データベース(CPS-IIP Project - 国立情報学研究所)

へ~へ~、よさげなサイト、いろんな生物等の歳時記がアップされている。

MF(マイフィールド)でも、本日夕方ニイニイゼミの初鳴を観察!!!....................\(^o^)/。報告すれば「仙台で初鳴」と載せてもらえる?????と、思ったら各管区気象台の情報を収集し載せているだけっぽい。

「生物季節観測データベース」なかなかよさげではあるが....気象台だけに限るってもったいなさすぎ。

2019.07.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数