fc2ブログ

鳥見人の心をくすぐる角鷹(クマタカ)、蜂角鷹(八クマ)

角鷹(クマタカ)

TLの鳥見なまかさんが、角鷹と書いて「クマタカ」と読ませるウィスキーを飲んでいると目にした。コンビニで販売されていて、味もよくコスパがいいとか。

ググってみたら角鷹(クマタカ)、蜂角鷹(八クマ)の2種類があるらしい、ズバリ鳥見人の心をくすぐる。

本日の散策、コンビニでおにぎりを買う際、お酒コーナーをみたら貼った写真のように角鷹(クマタカ)の小さいビンを見つけた、なんだ普通に売ってるのね。どうせ買うなら大きいサイズを、ということで散策帰りに酒の量販店に、が、なかった、その後、スーパー、コンビニ数軒回ったがどこにもなかった。

あるところにはある、ないとこにはない、当たり前か.......................(^^;。

スポンサーサイト



2020.02.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

黒雀は遺伝するっぽい

20/02/29 スズメ

先日、白雀は遺伝する?という記事を書いた。

その中のに亜種オオスズメこと(^^;...............黒雀のことを書いたが、今日も我が家近くで出逢えた、今日はばっちり撮影も成功...............\(^o^)/。

ここの黒雀、数年前からいるし、1羽だけではなく数羽いる、ということは黒雀は遺伝するっぽい。

2020.02.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2020仙台)閏日にツクシ

20/02/29 ツクシ

今季が暖冬、が、昨日のあれ?、ウメにジョウビタキは.....に書いたように、それほど植物に春がやってくるのは早くない。

が、が、もしやそろそろツクシが顔を出すのでは?、数日前から探し、本日の閏日に我が家近くで発見!!!!。

1本だけ、それもやや潰れかかっているけど、今季初 !、他も探すが見つからず。

過去記事を探すと、以下を書いていた

2019仙台)ツクシをみーつけた!(2019.03.22)
2018仙台)ツクシをみーつけた!(2018.03.10)
仙台)ツクシをみーつけた!(2017.03.07)

これまでで最速だった、やっぱり暖冬の影響?。

2020.02.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

あれ?、ウメにジョウビタキは.....

20/02/28 ジョウビタキ

通勤途上散策している都市公園、今季のウメの開花は以下に書いたように2月上旬。

2020仙台MF)ウメが開花(2020.02.08)

その開花した木は咲き続け、今現在八分咲きぐらいかな。他の木もどんどん開花して、そろそろ見ごろかと思いきやさもあらず、明日で二月も終わりなのに満開にはほど遠い。

暖冬だから開花が早く、満開も早いかと思っていたが、全然そんなことはなかった。開花後、寒の戻りがあった?、いや、それほどなかった体感。もしや、そこそこに冷え込み、暖かくならないと早く咲かないのか?。

いまいち開花が進まないウメの木に、今朝はジョウビタキが止まっているのを観察&撮影。見てわかるように、ジョウビタキの右側にウメの蕾、まだまだこんな状態がたくさん。

2020.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

眠り鳩、桜鳩

20/02/28 キジバト

先日、ソメイヨシノの2020年桜の開花予想があった、在住の仙台は「3/31」とのこと。ここ最近より約1週間程度早いかな、ここ数年、どんどん早くなる傾向がある、温暖化の影響なのか?。

その桜に今朝、キジバトが止まっているのを観察、撮影。ねむねむしている眠り鳩、いや、桜の木に止まっていたから桜鳩か?..................(#^.^#)。

あと一ヵ月したら、ほんものの桜鳩が見られるね。

2020.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

BRのbirdathon#2

昨年の6月、以下に書いたようバードリサーチ第1回バードソン(6/1~6/16)に参加した。

BRのbirdathon#1)まとめ1(2019.06.18)

2020年年明け、第2回インターネット・バードソンという情報を目にした。今回の参加はどうしようかと思ったが、以下に書いたよう参加した。

ひ鳥バードソン(2020.01.02)
探すと出逢えない?、イソヒヨドリ(2020.01.09)

第2回インターネット・バードソンその1

やり始めたらついつい夢中になり、以下に書いた記事で終了。

BRのbirdathon #2 しんがりはピピットさん(2020.01.19)

結果は種数部門は11位、探鳥スポット部門は4位となった。

第2回インターネット・バードソンその2

探鳥スポット部門4位で、豪華賞品「宮島沼水鳥・湿地センター(北海道美唄市)」をいただきました。

2020.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

閏年、3回続けてツグミが話題

今年は4年の1回の閏年、過去の閏年の2/29に、blogで何を話題にしていたか調べてみた。

ゲット!、紅白藪ツグミン!(2016-02-29)
地上ツグミと梢ツグミが混在(2012-02-29)
暖かくなって人の影響が出てきた(2008-02-29)

閏年、3回続けて偶然ツグミが話題...................\(^o^)/..............(#^.^#)...............(*´▽`*).............毎年越冬していて、極々普通に見られる冬小鳥だからね。

4度目の閏年の今年は!、明日は土曜で通勤しないので通勤都市公園散策はしないし、この話題書いたのでまさかツグミは書けないよなぁ....................(^^;。

2020.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

白雀は遺伝する?

20/02/18 スズメ

先日、亜種オオスズメは遺伝する?という記事を書いた。

その中に白雀のことも書いたが、ここ最近、よく出逢えている、今朝も出逢えた。

今朝は普通のスズメと一緒に2羽でいた、もしかしてカップルになった?、だとすると、ここで子育てしてくれるかな?。

ところでこの部分白化、遺伝するのかな?、相手が普通の体色でも遺伝するなら白が残るよね、今後に期待!。

2020.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

レンジャクが食べていた針葉樹の実は?

本館に書いた連なる雀が生るの続き

20/02/11 レンジャク1

レンジャクが食べる実といえば、ヤドリギ・ピラカンサ・ナナカマド・キヅタ・カキの実、ヤナギの新芽等が思い浮かぶが、ここのレンジャクは針葉樹の実を主に食べていた。

20/02/11 レンジャクが食べていた実

生垣用に植えられていた針葉樹、実はこれ。いろいろなキーワードでググってみた、カイズカイブキ?、コニファー?、アスナロ?、何れもしっくりこない。う~ん、う~ん、いったいどの木?。

20/02/11 レンジャクの軍糞1

その実を食べた後のレンジャクの糞、果肉は緑っぽい。

20/02/11 レンジャクの軍糞2

赤っぽい糞もあり、これは別の木の実だと思う。

(PS1)
Instagramにもアップして、Twitter、facebookにも連携したら、何れにも「カイヅカイブキ」ではというコメントをいただいた。

(PS2)
カイヅカイブキは漢字では「貝塚伊吹」と書くそう。
海辺などに自生するイブキ(ビャクシン)の園芸品種。大阪の「貝塚」で作られたので、そう命名されたとか。

2020.02.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

白雀再び

20/02/10 スズメ

昨日、スズメについて以下のような記事を書いた。

白雀、黒雀(2020.02.09)

白雀のほう、以下にも書いたように観察難易度が結構高い。

【続】都市公園のスズメも結構漂鳥?(2020.01.06)

過去の記録を、今朝も含め以下にまとめてみた。

■2010/02/10朝
■2020/02/08AM
■2020/01/06昼
■2019/12/16昼
■2019/10/17昼

約1ヶ月に1回程度の観察、従って今朝はいないだろうなと思っていたら、一昨日とほぼ同じところにいた。

もしや当地で子育てもある?、この時期、既にカップルになっているスズメを見かけるが、この個体はまだ群れで行動中。ということは、このままどこへ移動するかな?。

2020.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

マガンは農地で生きてる

令和元年度生物多様性フォーラム

昨日、鳥見仲間と、令和元年度生物多様性フォーラム「渡り鳥の暮らし~国内最大級の越冬地,宮城~」に参加した。

ずばり、かなり面白かった&楽しかった、参加してよかったよかった...........................\(^o^)/。得るものたくさんあった、忘れちゃいそうなので以下に書いておこうと思う。

■ラムサール条約と条約湿地について
 もちろん伊豆沼・内沼、蕪栗沼、化女沼、志津川湾の四ヶ所が登録湿地は既知。
 が、釧路湿原についで、日本で二番目とは知らなかった。
 今では日本各地にあるが、北海道、沖縄に次いで三番目の多さとは知らなかった。

■伊豆沼・内沼は川だった
 伊豆沼・内沼、どっちも川には繋がっているのは既知だったが、なんとちゃんとした川、荒川という川の一部、そこの湿地だったというのは知らなかった。ちゃんとした川の一部ということで、鮭の遡上、モクズガニも上ってくるとか。
 昔から洪水が多い場所のため、昔からの家には洪水対策の和船があるとか。

■ハス
 おそらく日本一のハスの面積、午前中に咲き、午後には閉じる、従ってハス祭りの船は午前中に乗るのがお勧め。
 ハスの花の寿命は3日。

■トンボ
 伊豆沼・内沼はトンボの宝庫。絶滅危惧種のオオセスジイトトンボもたくさんいる。

■ハクチョウ類・マガン
 ハクチョウ類が北へ、マガンが東へ北帰行する。

■マガンと餌
 落ち籾への依存度がかなり高い。圃場が進み、バインダーからコンバインに変わり、落ち籾が増え、マガンには好都合となっている。転作の落ち大豆もマガンの重要な餌となっている。マガンは農地で生きている、農家の営みがマガンの生活を支えている。
 落ち籾は稲刈りが始まる9月上から、落ち大豆は11月上旬から食べられるようになる。
 昨今、麦類の食害も出てきているが、これはまだ詳細は不明。

■ハクチョウ類・ガン類とカモ類
 ハクチョウ類・ガン類は一夫一妻で一生添い遂げる、そのため雌雄同色。
 カモ類は毎年、つがいの相手を変える。選んでもらうため、♂は色鮮やかになった。

■オオハクチョウの餌
 沼一杯に広がる野生のハスの根っこ、レンコンをたくさん食べている、落ち籾も食べているが。
 手代木沼では、柿を食べているのも観察されている。

■カモによるハクチョウの糞食
 沼が凍ると、餌が採りにくくなるのか、ハクチョウの糞をカモが食べる行動をが見られる。
 ハクチョウの糞には、繊維質が結構に残っているらしい。

■伊豆沼・内沼のガン・カモが集まるわけ
 餌が豊富で、凍らない塒に出来る浅い水辺があるため。
 暖冬が進んでおり、中継地の秋田・北海道は以前は凍っていたが、凍らない年も出てきており、中継地が越冬地になる場合もあり。

■減ってきている魚を食べる水鳥
 カイツブリ、サギ類、潜水鴨が減ってきている、原因は餌となる小魚をブラックバスが食べてしまっているため。
 ブラックバスがオオジュリンを捕食した記録もある。
 ブラックバス駆除を実施しており、復活しつつある。

■マガン以外のガン類の餌について
 シジュウカラガン:落ち大豆をよく食べる
 カリガネ:牧草をよく食べる
 ハクガン:渡来数が少ないので不明な点多いが、マガンと同じと思われる

■北帰行しないハクチョウ類は?
 必ず北帰行する、しない個体は見た目は元気そうでもどこか具合が悪いと思われる

■越冬のガン類が増えているが、世界的には?
 世界的な個体数はほぼ同じと思われる。
 ガン類は日中韓で越冬越冬するが、中国では狩猟が行われているため減っている、それが日本に来ている可能性あり。


2020.02.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

白雀、黒雀

20/02/09 スズメ

通勤散策の都市公園、以下に書いたように部分白化のスズメにたまに出逢える。

【続】都市公園のスズメも結構漂鳥?(2020.01.06)

その後出逢える機会はなかったが、昨日の土曜、鳥見仲間を案内したら運よく白雀を観察、撮影に至らずだったが。その帰り道、我が家近くで黒化のスズメを観察、これまた撮影できず、ここのは以前から時々見かける。

今日の昼近く、黒雀を探しに行くよ、いた!、いた!、なんとか写真も撮れたが、貼ったように後ろ姿のみ.....................( ̄▽ ̄;)。

2020.02.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ロウバイパクパクヒヨドリ

20/02/08 ヒヨドリ

通勤散策の都市公園、以下に書いたようロウバイが開花した。

2020仙台MF)ロウバイ開花(2020.01.17)

が、が、今季、その花を食べるヒヨドリ見かけないぞ、何故?。

本日、散策したらロウバイパクパクヒヨドリいた、単なるタイミング合わずだったらしい。

2020.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

街ど真ん中公園でマンサクが間も無く開花

20/02/08 マンサクその1

2020仙台MF)ウメが開花に書いたようにウメが開花、その前のまん(ず)咲くマンサクはもう既に咲いているはず。なかなか見にいくチャンスがないが、今日の午後見に行ってみた。まずは黄色いマンサク、う~ん、開花はまだかな、間も無く開花だが。

20/02/08 マンサクその2

赤いマンサクは黄色より平年やや遅い、その通りやや固いが間も無く開花しそうだった。

あれ?、あれ?、まん(ず)咲くマンサク、ウメより遅いのか、今季は。

2020.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

2020仙台MF)ウメが開花

20/02/08 ウメ

先日、2020仙台)ウメが開花(2020.01.31)と記事を書いた。

通勤散策の都市公園でも間も無く咲くかと、毎朝、早咲きの木を観察していたが、未だに蕾が固い。

本日は土曜、休日なので通勤散策はなしだが、鳥見仲間を案内で散策。そ、そしたら、早咲きじゃないとこで貼ったようにウメが開花していた.................(@_@;)。ありゃりゃ、ここの木が先に咲くとは油断していたよ。

2020.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

鳥見はタイミング

本日、本館MFのツグミはもう渡去?と書いた、今朝はあちこちいくら探してもツグミの陰なし、鳴き声も全く聞こえず。

20/02/03 ツグミ

昼休みは風もなく気温も上がったので、久しぶりに今月3回目の昼休み散策に行ったら、公園中央の芝生ではなく、南斜面の草地に2羽いた、鳥見はタイミングなんだな。

20/02/03 アカハラ

散策を終了し、職場へ戻ろうとしたら、藪に鳥影、そっとコンデジを向けシャッターを切ったら朝は出逢っていないアカハラだった、、鳥見はタイミングなんだな。

2020.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'20仙台MF)二月桜になった

20/02/03 十月桜

一昨日から2月、2月始めの通勤都市公園散策、先日以下に書いた十月桜を見に行ってみた。

'20仙台MF)一月桜になった

1月も「1本目は全く開花なし」と書いた木、その後も元気はなく咲いていなかった、枯れちゃった?。根っこ近くの土を削って、遊歩道作ってしまったから元気ないのかも。

2本目は今回もたくさん咲いていた、きっとこのまま春まで咲き続ける、ん?、もう明日立春だから春か?、もう延命桜になてるじゃん................(#^.^#)。

2020.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

10年選手のコブハクチョウじゃないよね?

20/02/02 コブハクチョウ

本日行った三陸の湿地、1羽のコブハクチョウがいた。カモ類はいたが、コブ以外のハクチョウ類はおらずひ鳥。

在住の宮城でのコブハクチョウについては、以前、以下のような記事を書いた。

10年選手のコブハクチョウは?(2018.12.02)

もしや10年選手のコブハクチョウが移動した?、別の個体と考えたほうが無難のような気がする。

2020.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コクガンの海鮮丼の南三陸町においでよ

20/02/02 コクガン

本日、宮城県渡来のガン類コンプリート(2019-12-29)に引き続き、南三陸町のコクガンに逢いに行ってきた。

在住の仙台から南三陸町までは以前はかなり時間がかかったが、三陸自動車道が開通してからはさくっと行ける時間的な距離になった。

南三陸町といえば海鮮丼等の海鮮料理がおいしい、コクガンも場所によっては比較的近くで観察できる。

コクガンの海鮮丼の南三陸町においでよ.........................(#^.^#)...................\(^o^)/。

2020.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

高山鷽が磯鷽に?

20/02/02 ウソ

本日のオオワシに逢いたくての地、海近くの林になんとウソがいた。

ウソといえば高山で繁殖し、冬季は低山で越冬、雪が多い時は平地まで下りて来る。が、が、今季は暖冬、平地ならまだしも何故に海岸まで下りてきたのか?。

北上山地でウソが繁殖しているの?、北上山地は奥羽山脈より低いような気がするが。あ!、早池峰山があったか!、検索してみたら「標高: 1,914 m」、知らないだけで高山だったのね。

高山鷽が磯鷽に?と思ったが、北上山地で繁殖しているとしたら、低山に下りて来たということだったのか.............(^^;。

2020.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

宮城県沿岸カモメ類が激減は何故?

20/02/01 ユリカモメ

先日、仙台?、宮城?のユリカモメの聖地?(2020-01-11)に書いたように、ここ最近、ユリカモメが激減。今日行った県南の海岸線では、貼った写真のようにいたが1羽だけ、何故?、何故?減ったのか?、餌付けが関係している?。

20/02/01 オオセグロカモメ

ユリカモメ以外のカモメ類も減ってる、ウミネコはそこそこいるが、貼ったようなオオセグロカモメもかなり減っているように感じる。一時期、仙台新港付近でも営巣しているという話があったが、ここはもしかすると東日本大震災でダメになったのかも。が、が、冬鳥として渡ってくるのも少ないように感じる。

宮城県沿岸カモメ類が激減は何故?、東日本大震災の影響だろうか?。

2020.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数