fc2ブログ

'20/8/31仙台)セミ全く鳴かず

20/08/31 仙台の最低・最高気温

本館の'20)渡去の夏鳥4番目はムシクイ類に書いたように、今朝の通勤都市公園散策、セミの鳴き声全く聞かれず。

その後、午前中は雨が降ったり止んだり、昼休みは上がったので昼休み散策に行ったが、同じくセミの鳴き声聞かれず。唯一、ミンミンゼミの一鳴きは聞こえたが。

夕方はフレックスタイム制で早帰り、その際もセミの鳴き声全く聞こえず。

夕方、犬の散歩をしたが、これもまた林で全く聞こえずで、'20/8/31仙台)セミ全く鳴かずとなった。

貼ったように今日の「最低気温:20.5℃」、「最高気温:22.1℃」、ここにはないが日照時間は0。8月でもセミが全く鳴かないというのあるんだね、最終日ではあるが。

スポンサーサイト



2020.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

干潟にミサゴの生る木

20/08/30 ミサゴ

シギ・チドリ祭りは中休み?の干潟、遥か遠くにミサゴが複数止まっている杭あり。

干潟にミサゴの生る木じゃないか、他の個体もいて干潟で水浴びもしていた。

干潟って生き物の宝庫、ミサゴも集まるのね。

2020.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

シギ・チドリ祭りは中休み?

20/08/30 キアシシギ」

今季、シギ・チドリ類の観察はまずは以下のよう埋め立て地に行った。

埋め立て地のシギチ充でオオソリオグロ(2020-08-22)
【続】日傘片手に埋め立て地へシギチ充に(2020-08-18)
日傘片手に埋め立て地へシギチ充に(2020-08-13)

何れもなかなかな結果、昨日は以下に書いたよう休耕田巡りをし惨敗。

難易度高し、休耕田でのシギチ充(2020.08.29)

本日は、近場の干潟に行ってみた。潮位は18cm、そこそこに引き干潟が出た、ほぼ干潟がなくなるまで2時間程度定点観察をしたが、あれ?、あれ?、シギ・チドリはどこ?、ってな状況だった.............( 一一)。

満ちてみた後、場所を変えてみたら貼ったようなキアシシギ、それからソリハシシギをそれぞれ1羽、アオアシシギの鳴き声を観察。

シギ・チドリ類の渡り、メインは9月中旬、それより早めに渡るのはこの年生まれの幼鳥と言われている。もしや、今はシギ・チドリ祭りは中休み?。

2020.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

夏と秋の生き物が共存する風景

20/09/29 ツバメと赤とんぼ

明日明日8月が終わり9月になるのに、処暑も過ぎた、が、が、毎日毎日酷残暑、熱帯夜も続いている。

あー、もう暑いの勘弁して欲しいと思っていたら、電線に夏と秋の生き物が共存する風景が見られた、ツバメと赤とんぼ、ノシメトンボかな。

ツバメは夏の生き物に間違いない、赤とんぼは秋の季語だと思うが、7月下旬頃から普通にいるけどね...............(^^;。

2020.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

難易度高し、休耕田でのシギチ充

20/08/29 コチドリ

本日は休耕田に降り立つシギ・チドリ、通称シギ・チドリ祭りを目当てに海沿いの耕作地に行ってみた。

まずは昨季、約1時間半のシギチ充(2019-08-26)と書いた場所へ。結果は休耕田ではなくなり、すっかり耕作地のなっていた。

なかなかよさげな休耕田ないもんだな、そういえばこの前、県南からの帰路、一ヵ所よさげなとこあったはず。記憶を頼りに行ってみたら、おぉ!、おぉ!、かなりよさげな休耕田。車窓からしっかり探してみた、結果は貼ったコチドリが全部で2羽だけ。羽毛が結構落ちていたので、もっと入っていたような気がする、タイミングが悪かったかな。

う~ん、難易度高し、休耕田でのシギチ充。

2020.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'20仙台MF)ヒヨドリの巣出ちっ子を観察

20/08/28 ヒヨドリ

今朝の通勤都市公園散策、渡去の夏鳥を探しているとサンコウチョウっぽい鳥影を発見。

足を止め姿をじっくり観察すると、貼ったようにヒヨドリだった、それも今季生まれの若鳥。

ヒヨドリの子育てについては、先日以下の記事を書いた。

少蝉でヒヨドリの子育てに影響?(2020-07-17)

当地で巣立ったとすると、これまでの最遅は「8/23」を更新したことになるが、巣立ち直後っぽくなし、別の場所から移動して来た可能性もありかな。

2020.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

蝉肌は人肌並みだった

先日、インスタグラムに手掴みんみんと称して、ミンミンゼミの動画をアップしたら、セミって温かいですよね、カブトムシは冷たいイメージですがというコメントをもらった。

そういえば毎季、セミの手掴みはするが、セミの体温が全く意識したことがなかった。そのコメントをもらってから、是非、是非、セミの体温を触診?、体感したいと思った。が。が、その後、なかなかチャンスなし。

20/08/28 ミンミンゼミその1

数日経った今朝、ようやくそのチャンス到来。貼ったように、鳴いてるミンミンゼミ雄を手掴みで捕獲。が、が、触った感じ、全然温かさを感じない、もちろん冷たさも感じない......(?_?)。

20/08/28 ミンミンゼミその2

もしや鳴いているお腹側、発音膜という鳴き声を出す器官があるとこは温かいのではないのか?。ひっくり返して、そのお腹側を触ってみたら..おぉ!、やや温かい、ズバリ蝉肌は人肌並みだった................(#^.^#)。

2020.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

'20)渡去の夏鳥3番目はサンコウチョウ

20/08/26 サンコウチョウ

本日の本館に'20)渡去の夏鳥2番目はワタリコムクドリという記事を書いた。

渡りの夏鳥は朝がメインだが、以下の一昨年のよう昼休みの暑い中散策に行ったらサンコウチョウを初認したことがあるので、今日も暑いが散策に行ってみた。

'18仙台MF)渡去の夏鳥、トップバッターはサンコウチョウ(2018.08.21)

結果は期待通り、貼ったようにサンコウチョウを1羽観察..................\(^o^)/。

この秋初なので毎度の歳時記から、過去の秋の渡りの初認を拾ってみた。

[2019]なし   [2018]08/21 [2017]08/25 [2016]09/12 [2011]09/06
[2010]09/09 [2009]08/25 [2008]08/27 [2007]08/24 [2006]08/25
[2005]09/12 [2004]08/17 [2003]09/04 [2002]09/11

早めの年、遅めの年とかなりばらつきがあるが、今季はその早めの年の平年並みかな。

2020.08.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】避暑地からモズが戻って来た?

20/08/26 モズ

昨日、通勤・昼休み散策の都市公園で、モズについて以下の記事を書いた。しっかり見たのは1羽だが、もう1つ鳥影があったのでもう1羽いた可能性あり。もし2羽いたら関係は?、既に越冬モードなら縄張り争いは如何に。

避暑地からモズが戻って来た?(2020.08.25)

今朝の散策でもモズの鳴き声、姿を探してみたらやっぱり2羽いた。

ん?、関係は?、姿を探すと貼ったような今季生まれっぽ若モズに見えた。いまいち枝被り、位置を変えるともう1羽が警戒の鳴き声っぽのを出した。

ん?、もしかしてここで繁殖した親子?、時期的にあり得ないこともないが、今季、それっぽい行動は目にしなかった。春~初夏は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、通勤なしのテレワークが多かったので見逃した可能性は無きにしも非ず。

警戒されたので親子だと思うが今季当地で繁殖行動は観察していない、別の場所で繁殖し、一緒に当地へ移動して来た可能性はないのかな?。

2020.08.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

白いハクセキレイ?

20/08/26 ハクセキレイ

先日、ネットに白いカラスの情報が載っていた。通勤・昼休み散策の都市公園でも、随分前だが、以下に書いたよう部分白化のハシブトガラスが結構な期間観された。

どんどん白化が進む?シロボソガラス(2010-10-28)

白いといえば、以下に書いたよう先日まで白雀が観察された。

6ヶ月選手の白雀が旅立った模様ス(2020-08-04)

今朝の都市公園散策、貼ったような白っぽ過ぎるハクセキレイを観察。色合いが薄いだけで、白化じゃないよね?。

2020.08.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

避暑地からモズが戻って来た?

20/08/25 モズ

通勤&昼休み散策の都市公園、モズは年によっては繁殖する。

繁殖してもしなくとも、真夏には一時いなくなる、たぶん、低山等に避暑に行っているのではと推測している。

今季はたぶん繁殖なし、真夏にはいなくなった。それが07/27に避暑地からモズが戻って来た、7月下旬はまだ真夏じゃないか...................(^^;。

とはいえ、間違いなく一時いなくなったのは間違いない、それが戻ってきた。

今朝は出逢えずだったが、昼休みには出逢えた、貼ったのはそれを撮ったもの。このまま越冬するのかな?、この時期にこんな話題早すぎる?。

2020.08.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'20)今頃だけどツマグロヒョウモン初認

20/08/23 ツマグロヒョウモン

本日、我が家近くのヒガンバナの聖地に行ったらツマグロヒョウモンを観察、今頃だど今季初。

あれ?、今季は蝶類にあまり出逢っていないような気がする、今季は新型コロナウイルス(COVID-19)の関係でテレワークで、通勤・昼休み散策日数が少な目だからか?。その他の散策もやや自粛目だったからか?、酷暑だからか?。

過去はいつ頃だっけ?、検索してみたら以下を書いていた。

残暑が和らぎ探蝶の季節になった(2019.08.19)

ということは酷暑の真夏の前は外出自粛気味、その後は酷暑で出逢い少な目、今からが出逢いの季節なのかもね。

2020.08.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

白いヒガンバナ?、ナツズイセン

20/08/23 白いヒガンバナ?

先日、以下に書いたよう今季初のヒガンバナの開花を観察。

'20仙台)観察史上最速でヒガンバナ開花(2020.08.20)

数日経ったので、もしや我が家近くのヒガンバナの聖地でも咲き始めているのでは?。犬と一緒に行ってみたら、貼ったような白いヒガンバナっぽいのがほんのちょっと咲いていた。

白いヒガンバナでいいのかな?、ナツズイセンではないよね?。

2020.08.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

セミクイドリぼさこは若鳥?

20/08/21 ヒヨドリ

昨日の記事、ギャオスの渡り?で話題にしたセミクイドリ、もしかして今季は当地で子育てしなかった?と書いた。

が、セミクイドリを撮った写真、あれ?、ぼさこだぞ。もしや、今季生まれの若鳥かな?。

今季は新型コロナウイルス(COVID-19)の関係でテレワークで、通勤・昼休み散策日数が少な目で、気が付かなかったのかも。

2020.08.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'20仙台MF)アブラゼミが減ってきた?

20/08/21 アブラゼミ

通勤&昼休み散策の都市公園、通称MF(マイフィールド)散策、夏はセミの初鳴を観察しセミの歳時記を公開している。

今季、ニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの初鳴は、以下よう一気に観察。

'20仙台MF)ニイニイ・ミンミン初鳴、アブラゼミ一鳴き(2020-07-27)
夏蝉の初鳴コンプリート(2020.07.27)

そのアブラゼミ、今季は鳴き声が少ないように感じる。今季は新型コロナウイルス(COVID-19)の関係でテレワークで、通勤・昼休み散策日数が少な目ではあるが、一桁という日が多い。

過去の記録を参照してみると、あれ?、あれ?、8月中旬遅めから激減、発生時期が終わりに近づいているということらしい。

ググってみたら、大阪はアブラゼミが減ってクマゼミに取って代わっている、東京も減っていてミンミンゼミに取って代わっているという情報があったので、仙台も東京に似てきたかと思っていたが..........................(^^;。

今季は前述したよう散策日数が少な目、更に初鳴がやや遅めだったからなのか?。逆にミンミンゼミは増えているようで、それで減ったように感じるのか?、今後も観察しないと何とも言えないかな。

貼ったのはアブラゼミの翅を運ぶアリ、落蝉のアブラゼミも少ないような気もしないでもない。

2020.08.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

'20仙台)観察史上最速でヒガンバナ開花

20/08/20 ヒガンバナ

先日、twitterでお彼岸頃に咲くヒガンバナ、開花したらしいというつぶやきを目にした。

もしや通勤・昼休み散策の都市公園、または我が家近くのヒガンバナの聖地で咲き始めているのではと先日偵察。結果は都市公園では全然、聖地では同じ仲間のナツズイセンはたくさん咲いていたがヒガンバナはまだ。

昨日の帰り道、ふと合同庁舎の敷地内に視線を向けると、え?、ヒガンバナが開花?。昨日は電車の時間の都合上、確認には至らず。

今朝の通勤、満を持して観察に行ってみると、貼った写真のようにちゃんとヒガンバナが開花していた。

昨季は、いつ記事を書いたっけ?、探してみると以下の2つあり。

'19仙台MF)ヒガンバナ開花(2019.09.17)
2019仙台)ヒガンバナ開花(2019.09.12)

やっぱり早くても9月中旬頃が平年だよね。

が、が、過去に8月に開花というのも記憶にある。以下で公開中の「通勤・昼休み散策のマイフィールド(都市公園)でのヒガンバナ開花、アオマツムシ初鳴観察記録」を参照すると、これまでの最速は「2017/8/31」だった。

ヒガンバナ・アオマツムシ歳時記

今回はMFではないが、仙台市内、またMFのおひざ元、'20仙台)観察史上最速でヒガンバナ開花と言っていいよね。

2020.08.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

2020仙台MF)チッチゼミ初認(08/19)

20/08/19 セミの歳時記

本館ミンミン蝉時雨が爆音並みに書いたように通勤・昼休み散策の都市公園、通称マイフィールド(MF)で昼休みチッチゼミの初鳴を観察。

これでMFでの今季のセミの初鳴、コンプリート.......................\(^o^)/。以前はヒグラシも候補だったが、ここ数年、聞かれなくなったので対象外かな。

MFの歳時記は、セミ歳時記で公開中。それを見ると、なんと昨季と同日だった。

2020.08.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

おんぶサルに萌え

20/08/17 ニホンザル

高山に避暑と探蝶にに行く途中、サルに注意という看板がいくつかある。

年に数回通るが、1度だけちらっと見たことがあるぐらい、注意って書いてあるんだから結構な頻度で出るんじゃないのかな?。

ところで注意って何を?、野生動物との交通事故であるロードキル?、襲われないように?、たぶん、どっちもだろうなぁ。餌付けしないでくださいとは書いてないので、それはないんだろうな、っては絶対止めて欲しいが。

そんなことを思っていたら、帰り道に数頭のサルを観察、子ザルをおんぶしているのもいた、萌えた.....................(#^.^#)。

2020.08.17 | | Comments(0) | Trackback(0) |

2020仙台)チッチゼミ初認(08/17)

20/08/17 ミンミンゼミ

本館高山に避暑と探蝶にに書いたように、高山の蔵王で本日チッチゼミの初鳴を観察。

やっぱり高山は秋が早いんだな、帰り道、館公園にも寄ってみたらここでもチッチゼミが鳴いていた。今季は?、いや、今季も?、酷暑だが、秋は着々と近づいている、もしやあっという間に来る?。

過去のチッチゼミの初鳴記事を探すと、以下を書いていた。

2019仙台MF)チッチゼミ初認(08/19)(2019.08.19)
'18仙台MF)チッチゼミ初鳴、観察史上2番目の早さ(2018.08.10)

全然早くなく、極々平年並みだった。

貼ったのはあっちこっちに虫の息で、落ちていたミンミンゼミ、夏蝉の季節も終わりに近づいていると感じた。

2020.08.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続々】やっぱり仙台はツクツクボウシが多い

20/08/16 ツクツクボウシ

ほぼ毎夕の犬の散歩、林の際を歩いている。セミは、ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシと平地で聞かれるのがすべている。

今日の散歩ではツクツクボウシがかなり増えていた、あれ?、そういえばヒグラシは聞こえなかった。

ヒグラシとツクツクボウシについては、過去の以下のような記事を書いている。

仙台)ツクツクボウシの初鳴は7月中~下旬(2020-08-07)
MF)ヒグラシが絶滅?(2018-07-30)
【続】やっぱり仙台はツクツクボウシが多い(2019.08.16)
ヒグラシの激減は場所による?(2019.08.09)

犬の散歩コースでもツクツクボウシが多い、ヒグラシは減ってるようの感じる、貼ったのは今日の夕方のツクツクボウシ。

2020.08.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

2020仙台近郊)スイッチョン

20/08/13 ツバメの塒

【続】ツバメの塒はいつから?(2020-08-14)の記事の、ツバメの塒を観察に行った日(8/13)、たくさんスイッチョンを聞いた。

 ■2020年08月13日(木) 仙台近郊(東部)

昨季は、以下の記事に書いた通り。

2019仙台・山形)スイッチョン(2019.08.21)
 ■2019年08月13日(火) 実家山形市
 ■2019年08月17日(土) 仙台市北部

酷暑が続いているが平年並みかな、実家山形市は今季帰省せずで不明。

酷暑と書いたが、昨季の記事にも酷暑と書いてあった.............................(^^;。

2020.08.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

山形にうじゃうじゃういるコムクドリが仙台に?

在住の仙台と出身の山形では、以下に書いたことがあるようかなり鳥相が違う。

その記事の書いているよう「山形では普通にあちこちで見かけるコムクドリ、仙台でが少ない」、「山形ではどこに行ってもうじゃうじゃういるコムクドリ」。

仙台と山形の鳥相(2013-05-25)
【続】 仙台と山形の鳥相(2013.05.25)

が、その後、以下のような記事も書いた。

仙台)コムクドリが増えている?(2018.06.10)

が、状況は変わらず、山形ではうじゃうじゃ、仙台では局地的なのは未だ変わらず。

が、が、仙台市内でコムクドリの大群の塒が観察できるという情報を聞いた。

20/08/14 コムクドリその1

情報は聞いたもののなかなか食指が動かなかったが、数日経ってからの夜に行ってみたら................え!、え!!!!、ほんとのコムクドリの大群が塒入りしていた。夜は暗くて写真は撮れずだったので、翌朝日の出前に行ってみたら、貼ったような風景を見ることができた。

20/08/14 コムクドリその2

日の出前なので暗い、が、出来るだけ多数が写るように撮ってみた。その日の夕方も塒入りを観察に行ったが、たぶん、万羽コムクドリだと思う。

コムクドリの塒と言ったら、ムクドリの大きな群れの数羽は見たことがあるが、コムクドリだけでこれだけの大群は初めてみた。

本日、お墓参りで山形へへ日帰りした、ムクドリはいたが繁殖期あれほどいたコムクドリには出逢えず。もしかして、山形にうじゃうじゃういるコムクドリが仙台に来たのかも。山形のうじゃうじゃいるコムクドリの渡りは、奥羽山脈を越えて太平洋側へ、その後南下するのかも?..................全く科学的根拠はないけどね.................(^^;。

2020.08.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

あれ?、シギ・チドリ祭り

20/08/14 アオアシシギ

昨日は日傘片手に埋め立て地へシギチ充に【続】日傘片手に埋め立て地へシギチ充にに書いたようにシギ・チドリ祭りだった。

もしや市内の干潟もいい?、午後遅めの時間に行ってみた。結果はキアシシギ1羽、アオアシシギ2羽のみ。

ここの干潟、ここ最近、潮汐がほぼ関係ないので確認していかなかったからか満潮気味だった。あれ?、やっぱりここも潮汐関係あるようになったのかな?。帰宅後、確認するとちょうど行った頃が満潮だった.................( 一一)。

2020.08.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】日傘片手に埋め立て地へシギチ充に

本館に書いた日傘片手に埋め立て地へシギチ充に(2020-08-13)の続き

20/08/13 コチドリ

埋め立て地の水辺、まず目についたのはコチドリ、あっちにもこっちにもいた。今季生まれの若鳥、たぶん、周辺で巣立ったのだと思う。

20/08/13 キアシシギとソリハシシギ

次に目についたのがキアシシギ、複数個体がいた、じっくり探すと1羽だけソリハシシギもいた。

20/08/13 トウネン

コチドリ、キアシシギと同じぐらいたくさんいたのはトウネン、夏羽が残っている個体も結構いた。

20/08/13 ウズラシギとキアシシギ

他にも何かいないか?、じっくりじっくり探すとキアシシギの中にウズラシギを発見!。

20/08/13 タカブシギ

別の水辺にも行ってみたらタカブシギもいた、飛んだ鳥影を見た限りでは2羽いたようにも思われた。

20/08/13 チュウシャクシギ

ぐるっと水辺を回り、車に戻って昼食にしようと思ったらチュウシャクシギ2羽がいた、丸一日滞在していると、入れ代わり立ち代わりでやってくるかもね。

20/08/13 オバシギとオオメダイチドリ

昼食後、岸壁にも行ってみたらオバシギ3羽、オオメダイチドリ若3羽もいた。

シギ・チドリの鳥影が多いからか、午後はハヤブサが飛びシギチを狙っていた。オバシギが襲われ、狩られそうになったが、オバシギは上手で逃げ切った。

2020.08.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'20/8/13)薄暮にホオアカが歌う

20/08/14 ホオアカ

本館【続】ツバメの塒はいつから?と書いたように、昨日の夕方葭原にツバメの塒入りを観察に行った。

塒入りするまで、他の鳥も観察すると、オオヨシキリの地鳴き、ホオアカの囀りっぽいのを観察。オオヨシキリは姿は見えそうにないがホオアカは見えそう、姿を探すと薄暮の中で囀っているのを発見!、貼ったのはそのホオアカ。

ホオアカは宮城県では夏鳥、一部県南で越冬するらしいと聞いたことがあるものの、ここでは越冬しないはず。仮に越冬するとしても、モズの縄張りのように鳴いて防衛はしないと思うし。この時期でも囀りが聞かれるのはウグイスやイソヒヨドリ、ホオアカも繁殖期が終わっても遅くまで囀るのね。

2020.08.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

オオセグロカモメ増えて、ウミネコ減ってる?

20/08/10 オオセグロカモメ

本日、本館干潟もシギチも出ずあくびという記事を書いて、オオセグロカモメの写真を貼った。

それ以外にもオオセグロカモメは、貼った写真のようの複数いた。

20/08/10 ウミネコ

ウミネコもいたが、あれ?、あれ?、オオセグロカモメ増えて、ウミネコ減ってる?。

2020.08.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ほんもののキアシ、イソ(笑)

本館に書いた、 干潟もシギチも出ずあくびの続き

20/08/10 キアシシギとイソシギ

最後の最後にキアシシギ7羽とイソシギ1羽を辛うじて観察、それもどっちもかなり近くで。

おぉ!、キアシシギ、ほんとに黄足鴫じゃないか!、そもそも黄色っぽいがこれほどしっかり見えることはあまりないね、でもないか................(^^;。

イソシギも干潟だが、磯っぽいとこにいたから磯鴫だし...................(#^.^#)。

2020.08.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

越夏でもえっかカモ

20/08/10 マガモ

本日は干潟もシギチも出ずあくびに書いたよう、干潟のシギ・チドリ類を観察に行った。

干潟もシギチも出ずで、他の鳥も探すと、カルガモの群れの中にスズガモ?、キンクロハジロ?が1羽いた、たぶん、前者だと思うが遠すぎてよくわからず、写真も撮れず。

帰路、穀倉地帯の沼にも寄ったら、貼ったようなマガモを観察。

スズガモ?、キンクロハジロ?、マガモも越夏でもえっかカモなのかもね。

2020.08.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

カラーマーキングを装着した鳥を観察したら

19/05/31 の記事のスズメ

昨年の初夏、通勤・昼休み散策の都市公園で、以下に書いたようカラーの足輪がついたスズメを観察した。

誰が何の目的でつけたスズメの足環?(2019.05.31)

その後、すっかり忘れたいたがtwitterのフォロワーさんがよさげなサイトをつぶやいていた、以下がそのサイト。

日本鳥類標識協会
 カラーマーキングの部屋

さくっと見た限り、登録担当者がいて、見つけたら一報をということらしい。

とりあえず、先のスズメ、連絡してみようと思う。

(PS)
連絡の結果、標識調査の足環ではないと思われるとのことだった。

2020.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

砂浴びは涼しい?

20/08/06 スズメ

今朝の通勤都市公園散策、貼ったようなスズメの砂浴びを観察。

本日は朝から暑い、砂も暖まっているのでは?。いや、朝だからまだ暖まっていないか。足を止めて観察すると砂浴び場は数ヵ所あり、代わる代わる砂浴びしいた。

この暑い時期に砂浴びはよくするんだっけ?、過去記事を探すと以下を書いていた。

スズメ地獄に見えるぞ.....(^^ゞ(2010-08-26)
酷暑で砂浴びも木陰で?(2010-08-24)

同じ年に書いた記事ではある、また1つは日陰ではあるが、案外砂浴びは涼しいのかも、砂がひんやりするとか。

2020.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数