fc2ブログ

ほっかぶりガンならぬほっかぶりカモ

本日は仙台七北田低地にシジュウカラガンをに書いたように、我が家近くにガン類、特にシジュウカラガンを探しに行った。

シジュウカラガン、顔?、頭部の黒白模様がほっかぶりしているように見えるので、ほっかぶりガンとその昔呼ばれていたとか。

21/01/31 カルガモ1

ほっかぶりガンはいなかったが、黒白が逆?だが、ほっかぶりしたようなほっかぶりカモに出逢えた。最初は珍鳥かも?と思ったが、頭部の部分白化のカルガモに見えた。

21/01/31 カルガモ2

カルガモ×〇〇の雑種?、そんな可能性はないよね?。首から上が白化のカルガモだと思うが、どうかな?。

スポンサーサイト



2021.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

山から下りてきたウソ

21/01/31 ウソ1

在住に宮城県でウソは、夏は高山で、冬は低山で1年中で出逢える留鳥。更に寒冬?、厳冬期になると平地でも時々出逢える。

今季も期待し、出逢えるポイントに何度か通い、今日山から下りてきたウソに出逢うことがでできた..........\(^o^)/。

いつもはフィ、フィ、と口笛のような鳴き声で気が付き発見するが、今日は地上で採餌している鳥影で発見!。

21/01/31 ウソ2

ウソの学名名は「Pyrrhula pyrrhula」、鳥の学名 (グリーンブックス 96)を開いてみたが意味が???。

「愛媛の野鳥観察ハンドブック 」を開いてみたら、以下とのこと

Pyrrhula:ウソ(ギリシャ語の”炎色の”に由来)
pyrrhula:ウソ(ギリシャ語の”炎色の”に由来)

炎色が二度も????、ベニバラウソのことかな?。

英名:Eurasian Bullfinchも???、雄牛のようなアトリ???

2021.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

エレガンスと灰色頭

今日も強風で遠出する気が起きず、先日の強風でもエレガンスな方!の地へまた行ってみた。

21/01/31 ミヤマホオジロ

今回もいたいた..............\(^o^)/..............今回は時間に余裕があったので雄も撮ることができた。やっぱり、やっぱり、学名通りエレガンスだよね................(#^.^#)。

21/01/31 アオジ

同じホオジロの仲間アオジもいた、ミヤマホオジロより警戒心強め。アオジの学名って?、ぐぐってみると「Emberiza spodocephala」とのこと。

「spodocephala」って????、鳥の学名 (グリーンブックス 96)を開いてみたら、「灰色の頭」という意味だとか。英名は「Black-faced bunting」、学名は頭が黒い、英名は顔が黒いなのね。一番え????は、和名のアオジだけど.............(^^;。

2021.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

鴨そばは家鴨そば?

21/01/30 マガモ

本日の近くの沼あり公園を散策、水面にカルガモと小数のマガモがいた。マガモと言えば、それを飼いならして家禽?、家畜化したのがアヒルらしい。

アヒルと言えば、先日、鳥インフルの関係で養鶏場でアヒル約500羽を殺処分したというニュースを見た。

え?、養鶏場でアヒル????、アヒルって食べるの?、食用アヒルって聞いたことないとTLで呟いたら、鴨〇〇はアヒルなんだとか。

鴨そば、鴨鍋のカモは、マガモとアヒルの雑種アイガモとばっかりと思っていた。確かにそれに使われるのであれば、たくさん需要がある。

アヒル、漢字で書くと家鴨だし、マガモを飼いならしたものだから鴨ではある。アヒルといえば、お風呂の浮かべる黄色いのを思い浮かべちゃうが.....................(^^;。

2021.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】オダイビタキ......(^^;

昨日書いたオダイビタキ......(^^;の続き

21/01/29 ジョウビタキ

今日の散策、貼ったようなジョウビタキ雌に出逢えた、昨日書いたオダイビタキに見えたということではないが。

今日出逢ったジョウビタキ雌、最初はルリビタキ雌ではないかと思い、ドキドキした。

昨日の記事に「フィールド図鑑 日本の野鳥(文一総合出版)」を開いて生息域を確認した際、ルリビタキもさくっとみたらジョウビタキより広範囲だったのを思い出した。ルリビタキの繁殖域は、オジロビタキ同様でロシアの北部で東西に随分広い。越冬地はオジロビタキと違って日本と中国南部。あれ?、ということはもしかして、世界的にはルリビタキよりジョウビタキのほうが少ない?、貴重?、そんなことをふと思った。そういえば関東以南では、都市公園でも普通にみられるらしいのでやっぱりそうなのかな?。

2021.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

強風でもエレガンスな方!

本館に書いた強風には羽毛より毛皮が強しの続き。

強風でも散策を続けると子供たちの元気な声がたくさん聞こえた、近くの保育園児が散歩に来ていた模様。観察すると子供たちは何かを探している、ちょっとだけ観察すると、まもなく節分だからか鬼に仮装した保育士さん探しをしているようだった..............(#^.^#)。

21/01/29 ミヤマホオジロ

元気に挨拶してくれる子供たちをやり過ごし、引き続き散策していると、お!、おぉ!、エレガンスエンベリザことミヤマホオジロを発見!、今季初......................\(^o^)/。

雌雄いたが、シャッターを押せたのは雌だけ、貼ったのはそのミヤマホオジロ雌。

(PS)
ミヤマホオジロ 学名:Emberiza elegans

2021.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

オダイビタキ......(^^;

21/01/26 ジョウビタキ

一昨日の昼休み散策、間近でジョウビタキを観察できた。尾羽を上げてまるでオジロビタキみたい、尾白じゃなく尾橙だからオダイビタキか?.................(#^.^#)。

ところでこのジョウビタキ、生息域は?、「フィールド図鑑 日本の野鳥(文一総合出版)」を開いてみた。へぇ~、へぇ~、繁殖地は中国の西部と案外狭いのね。中国の南西部も一部繁殖地に入っているので、緯度的に日本で繁殖しても全然不思議ではない、事実昨今は繁殖しているところがあるしね。

オジロビタキも見てみたら、繁殖地はロシアの北部で東西に随分広く、ジョウビタキより繁殖域が広い。越冬地はインド周辺、繁殖の東の端っこはサハリン島の北東に半島まで含まれているので日本を通過、越冬してもあり得ると思う。世界的にはジョウビタキより、オジロビタキのほうが多いのかも。

不思議なのは亜種、別種扱いのどちらもあるニシオジロビタキ、繁殖地も越冬地も日本から遠いのに、ここ数年、観察例が増えているらしいこと、ここは謎。

2021.01.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2021仙台)イソヒヨドリがぐぜる

21/01/28 イソヒヨドリ

今週は昨日まで気温が高めポカポカ陽気だった、もしや先日以下に書いたイソヒヨドリの囀り聞かれるかもと期待したが聞かれず。

うちのイソヒヨドリはまだ歌わず(2021-01-22)

今日は一転して気温が低く、最高気温が5℃にも届かず。

まさか今日はイソヒヨドリの囀りは聞かれないだろうなと思ってはいたが、昼休み散策の際、時々姿を見かける場所を注意して探してみたらいたいた!........\(^o^)/。

が、歌わないだろうな?、と思ったら、鼻歌?、いや小声で歌った!、ぐぜったと言ったほうがいいのかもね。

囀り始めるのは気温もあるだろうが、日照時間も大いに関係するらしい。ここ最近の日照時間を調べてみたら、今日は「10時間10分」、元日は「9時間34分」なので「44分」も延びたことになる。

2021.01.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

寄り添うスズメ

21/01/27 スズメ

1年中見られる留鳥は、渡りをしなくていいからか?、繁殖行動が早いらしい。

通勤途上の都市公園では、ムクドリ、スズメ、そしてトビらがそれっぽいこ行動を開始した。

今朝は歴史館の屋根に、貼った写真のように寄り添うスズメを観察、カップルだろうな。

先日、我が家近くのスズメについて、黒色スズメは遺伝するっぽいという記事を書いた。今朝のスズメのなんだか黒っぽいような、案外黒っぽいスズメっているのかな?。

2021.01.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2021仙台MF)ロウバイ開花

21/01/27 ロウバイ

通勤途上の都市公園、一昨日、ロウバイが今にも、いや間もなく咲きそうだった。

この時期の花は、間もなく咲きそうでもなかなか咲かないんだよなと思って、今朝も見に行くと開花していた。近くの電線にはヒヨドリが止まっていたので、早々に花食に来たのかも。

ロウバイは木にによって、園芸種類によって?、かなり開花の時期が違う。

ここのロウバイの過去の開花記事、探してみたら以下を書いていた。

2020仙台MF)ロウバイ開花(2020.01.17)
2019仙台MF)やっとロウバイ開花(2019.02.04)

2020と2019の中間、ということは極々平年並みということかな。

2021.01.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

フウチガビチョウが婚活?

この夏、以下に書いたよう我が家近くの風致公園でも、最近、増えているガビチョウを目にした。

フウチガビチョウ(2020/05/31)

その後、夏場も犬の散歩はそこそこしたものの目にしなくなった。侵出してみたものの、一時的な滞在?、単なる通過?、季節移動の途中だったのかなと思っていいた。

21/01/26 ガビチョウ1

本日の昼休み、さくっと散策に行ってみたら賑やかにがびがびという鳴き声が聞こえ、貼ったようなガビチョウを再発見。

21/01/26 ガビチョウ2

賑やかだったのは、その個体の下にもう1羽いたかららしい、フウチガビチョウが婚活?。

図鑑には大きな声で1年中鳴くと書いてあるが、これまで聞かれずだったので、婚活なんじゃないのかな?。

2021.01.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

海獣イタチに逢いたい

海獣ウォッチング(Sea Animal Watching)

毎週月曜の夜は、何かしながらワイルドライフ(NHKBSプレミアム)を見る、見るというか流れているだけで見てもチラ見程度だが。昨日は「北海道 霧の岬にラッコが集う」と題して、道東霧多布岬のラッコの話題だった。ラッコ、海のイタチって表現していた......(#^.^#)。

以下で公開しているよう自称、海獣ウォッチャー、他にホエールウォッチャー、アニマルウォッチャー、バットウォッチャーと哺乳類好き........(#^.^#)。

海獣ウォッチング(Sea Animal Watching)

番組に出ている方は、以下の宿もやっている片岡さんだった。

えとぴりか村

随分昔だが泊まったことがあったはず、エトピリカに逢えたけっかな?、エゾライチョウに出逢った記憶はあり。

ところでラッコに出逢えるの?、これまたその昔、ラッコウォッチングに行こうと計画を立てたことがある。場所は根室半島だったはず。ラッコに出逢える確率はまずまず、交通手段を検討中、情報をいただいていた観光協会の方から急遽情報の提供はできなくなったと連絡が来た。理由はラッコによる漁業被害が大きくなり、観光資源にするわけにはいかない状況になったからとのことで、それを聞いて行くのを諦めた。

過去のメールをほっくり返してみたら、検討したのは「2010年07月」だった。

前述したTV番組、今回も家事しながらのながらで見た程度だが、根室の話題もあった、やはり根室では漁業被害が出ているらしい、霧多布で被害が出ていない?、少ないらしい、なんでも漁業の方法によるんだとか。

またラッコに逢いたくなった、海獣イタチに逢いたいな。

(PS)
録画したワイルドライフ「北海道 霧の岬にラッコが集う」を再度みた、以下、今後のために書いておこうと思う。

①霧多布で定期的に見られるようになったのはここ8年
 昨年取材したのであれば、2012年ころからになる
②繁殖期は特になし。出産後、約半年で子別れ
③雄それぞれが縄張りを持つ、現在、霧多布には6頭いる
 雌は縄張りを持たず、雄の縄張り等を移動する
④他のエリアでは漁業被害が問題となっているが、霧多布がある浜中町では、ウニはかごの中で育てるため被害は少ない
 2010年ラッコウォッチングを計画した根室は、ウニの漁業被害が甚大だった
⑤求愛行動は切りもみ泳ぎ

2021.01.26 | | Comments(0) | Trackback(0) |

ツグミが向かって来た先には......

今朝の通勤都市公園散策、本館に書いたよう少冬小鳥。シメもアオジもツグミも鳴き声のみで姿は探せず、少なということなのかな。

21/01/25 ツグミ

散策終間際、地上にいるツグミを観察。せっかくだからとコンデジを向けシャッターを押そうとすると、え?、え!、そのツグミ、こちらへ向かってくるように見える。まさか餌付けされているの?、ツグミの餌付けというのは聞いたことがないし、餌付けするなら餌は?。

もしやツグミが向かった先は、私ではなく背後の藪に採餌に行こうとしていただけかも。背後の藪に視線を向けてみたら別のツグミがいた、やっぱりそこに移動したかったのだろうな。

21/01/25 トラツグミ

そのツグミ以外にも鳥影がある、先日、ここの藪ではアカハラ、トラツグミもいた、そのどっちかだったらいいな。やや期待して視線を向けると、なんと!、なんと!、そこにじっとしていたのはトラツグミだった。もしかして、私に向かって来たように見えたツグミ、そのトラツグミを威嚇しようとしていたのかも。

2021.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

黒色スズメは遺伝するっぽい

21/01/24 スズメ

先日も黒雀は元気(2020.12.19)に書いた黒色スズメ、その後も時々目にする。

今日もいた、それも2羽、随分前からいる、過去記事を探すと以下で7年目。

7年目の亜種オオスズメ?....(^^ゞ(2017-12-23)

更に遡り、最初に写真を貼った記事は以下で、11年になる。

丸4年連続使用のデジカメ(2010-01-25)

まさかこのスズメ、11年生きているわけないないと思うので何度かは世代交代しているはず。ということは、黒色スズメは遺伝すると考えていいよね?。

2021.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'21仙台)まんず咲いた

昨日、金沢兼六園でマンサクが咲いたという記事を目にした。そういえば、この時期、七北田公園探鳥会で毎季、マンサクを開花を観察してたっけ。

21/01/24 マンサク1

本日、午前中、そのマンサクの花に逢いに行ってみた。何本かあるマンサクの木、1本目は咲いておらず。あれ?、今季は降雪が多く、寒冬だから遅いのか?。2本目を探すと、あったあった、咲いていた....................\(^o^)/。

21/01/24 マンサク2

木によっては、花によってはまずまず咲いていた。見ごろはこれからで、案外長持ちするんだったと思う。

以下に、過去に書いた記事も探してみた。

仙台)マンサク、スイセン開花(2019.01.14 )
まんず咲くが咲いた!(2012.01.22)

過去記事はあまりなかったが、まんず平年並みだな。

2021.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

これからどんどん目撃例が増える?ミヤコドリ

17/07/08 ミヤコドリ

本日もシギチドリ Online ミーティング 2021に参加した、その中の「根室市春国岱におけるミヤコドリの渡来状況」についてを視聴し、「これからどんどん目撃例が増える?ミヤコドリ」と思った。

日本でのミヤコドリの聖地と言ったら、以下に書いたように東京湾の三番瀬。

ミヤコドリの聖地巡礼(2018-10-28)

が、以下に書いたようにどこから来て、どこに行くかは?。が、この発表によると根室市春国岱で渡りの時期に定期的に観察され、それも年々増加の傾向とのこと。ということは、春国岱経由で越冬にやってきて、春国岱経由で繁殖地に帰るのか?。と思ったら、春の渡りは多いが、秋は少ないので渡りのルートが違うとか、更に経由しているというデータは今のところないらしい。

ふなばし三番瀬海浜公園のミヤコドリっていったい?(2017.07.09)

上記の記事に貼ったミヤコドリ、実は数年前に仙台市宮城野区蒲生干潟で観察・撮影したもの。2017/07/04に11羽いると情報をいただき、2017/07/06の夕方に見に行って10羽に出逢えた。これだけの数は今のところ最多ということだが、数は少ないものの時々観察したという情報を聞くようになったので、やっぱり「これからどんどん目撃例が増える?ミヤコドリ」なのかも。

2021.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

スウェーデンからミヤマガラスの問合せ

21/01/22 旅がらす

随分前に北日本のミヤマガラス・コクマルガラスの観察記録に興味を持ち、情報収集をし以下にまとめた。カラスな仲間から論文にまとめたらという話があり、手掛けたがいろいろあって挫折。

北日本のミヤマガラス・コクマルガラス聞き耳・見情報

そのページを見て、先日、スウェーデンの方から英語と日本語( Googleで翻訳)で問合せのメールが来た、可能なら英語で返信して欲しいとも書いてあった。

英語でと書いてあったので、返信を躊躇していたら催促があったので日本語で返信した、そのやり取りは以下。

【問1】 日本では、鳥は元気ですか?

日本では冬鳥です。

【問2】 日本では、鳥はどんどん広がっていますか?

ほぼ日本全国で観察できるようになりました。

【問3】 人々はこの鳥が好きですか、それとも嫌いですか?

好きです。

【問4】 人々はそれを狩り、楽しみのために殺しますか?

狩りの対象ではありません。

【問5】 彼らはまた、都市に住んでいますか、人々の近くに住んでいますか、それとも森だけに住んでいますか?

主に広い田園で観察できます。

改めて読んでみたら、問3は私は好きだが人々は人によってと書くべきだった......^^;。

返信をしたら、お礼と以下の旨のコメントがあった。

①スウェーデンでは、この鳥とカラス科のすべての鳥がハンターによって狩られている。
  理由は農作物への食害、が、狩りをしたい言い訳
②日本では狩りの対象になっていないのはうれしい
③日本のミヤマガラスを見に行ってみたい
④corvus frugilegusはcorvus frugilegus pastinatorの亜種、是非、観察してみたい
 亜種の違い、大変興味があり観察してみたい

④は、
 ヨーロッパの亜種ミヤマガラスは「corvus frugilegus」
 日本に来るシベリア・モンゴル・中国の基亜種ミヤマガラスは「corvus frugilegus pastinator」
ということらしい

ヨーロッパの亜種ミヤマガラスは「corvus frugilegus」、ググってみたら以下のサイトに情報があった。

ミヤマガラス(野鳥散歩)

上記によると、ヨーロッパの亜種は「ニシミヤマガラス」と和名がついているらしい。写真もあるが、外見の違いはよくわからず。

同じ冬鳥のコクマルガラスも、ミヤマガラスと同じコクマルガラスとニシコクマルガラスの2亜種があるらしい。これは図鑑にも載っていて、日本での記録も数例あるとのこと。近いうち、ニシミヤマガラスも記録される可能性もあるかもね。

(PS)
コクマルガラスとニシコクマルガラスは別種だった

2021.01.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

火気厳禁って書かれてもヒッカチドリだけど

21/01/21 ジョウビタキ1

今朝の通勤都市公園、ヒッカチカチと鳴くヒッカチドリことジョウビタキを間近で観察。

せっかく間近だからとデジカメを向けると、恥ずかしがってじっとしていてくれず、警戒心だけどね............(^^;)。

そのうち、火気厳禁の看板の前の杭に止まった。火気厳禁って書かれてもヒッカチドリだけど、と思った今朝だった........(#^.^#)。

21/01/21 ジョウビタキ2

間近で観察・撮影もできた、足輪、カラーリングはなし。

(PS)
ヒッカチドリは、火がかちかちと燃えるような鳴き声に聞こえるから、これって私だけ?......(^^;。
ヒタキの語源は「火叩き」または「火焚き〉」と言われているとか、またヒタキ類の多くは火打石をたたきあわせる音に似たヒッヒッ、ピッピッ、カタカタという声をよく出すこともよるそう。

2021.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'21仙台MF)初ベジタリアンヒヨポン

21/01/21 ヒヨドリ

通勤散策の都市公園では、以下に書いたように冬季、地面に下りて草を食べる通称ベジタリアンヒヨポンが観察できる。

シモトリアンヒヨドリ(2019-12-10)
'18仙台MF)ジベタリアン&ベジタリアンヒヨポン(2018.12.26)

今季は当地では見かけないなぁ、他では見たがと思っていたら、今朝、その姿を初認。

今季は餌はまだ残っていたからか?、いや、たぶん、在宅勤務で散策日数が減ったからかもなぁ。

2021.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'21仙台)キジバトが歌い出した

21/01/20 キジバト

今朝の始業前散策、我が家近くの公園でデデッポポウとキジバトの鳴き声が聞こえた。

この鳴き声、以前は普通の鳴き声と思っていたが、囀りだとか。鳴き声図鑑(バードリーサーチ)のWebページにも、キジバトのさえずりに分類されている。

囀りということは繁殖行動の走り、1月なのにもうキジバトが歌い出したってことだよね。が、雌雄どっちもこの声で鳴くんじゃないのかな?。図鑑を開いてみたら、え!、この鳴き声は雄だけと書いてあった、今まで知らなかった..........( ̄▽ ̄;)。ということは間違いなく囀りで繁殖行動の走り、もっともハト類はピジョンミルクというのがあって年中繁殖できるらしいが。

(PS)
キジバト以外のハト類も同じ?、鳴き声図鑑を再度みたら、カラスバト、シラコバト、アオバトにも「さえずり」という文字ある。これまで普通鳴きと思っていたハト類の鳴き声、全て囀りだった模様。

2021.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コクマルガラス成鳥にクロマルはいない

21/01/03 記事

先日、コクマルガラスについて以下の記事を書いた。

'21仙台)コクマルガラス、シロマル(2021/1/3)

その記事に、昨今は黒色タイプは幼鳥、白色タイプは成鳥、その中間は中間という説があると書いた。

新しくても日本の図鑑はそうだが、外国の図鑑にどう書いてあるのかな?。英語の図鑑を読むのは敷居が高いので、以下の和訳図鑑を開いてみた、

ヨーロッパ産スズメ目の識別ガイド(Identification Guide to European Passerines)

それによると、成鳥は「必ず淡色型」と明言、ということは通称シロマルは成鳥ということになる。幼鳥は「どちらの型もある(淡色型の未成鳥は淡色型の成鳥よりくすんだ暗い色である)」書かれていたので、通称クロマル、チャマルは幼鳥ということになる。

いやぁ~、これでコクマルガラスの淡色型、暗色型、その中間、すっきりした.......(#^.^#)。

2021.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'21榴ヶ岡天満宮)ウメ開花

21/01/19 ウメ

最近は歩くルートを変えたので、久しく行っていない天満宮に今朝行ってみた。今年は丑年なので撫で牛詣でと遅めの初詣、それから梅の開花も期待して。

ウメは予想通り、数輪開花し始めていた。まだまだ咲き始めで、見ごろは1月下旬?、2月になってからかな。

昨季の記事を探すと、以下を書いていたので、やや昨季より早い。

2020仙台)ウメが開花(2020.01.31)

検索したら、あれ?、あれ?、今季はもうウメの開花に出逢っていた記事が、以下がそれ。

'21仙台)ウメ開花(2021.01.02)

あ!、三が日確かに観察したっけ.......................( ̄▽ ̄;)。

2021.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

トビの生る木の移動は餌付けのせい?

21/01/18 トビ1

通勤散策の都市公園、今季も以下の記事に書いたように、鷲の生る木ことトビの生る木が南東の高木に形成された。

'20仙台MF)今季も公園に鷲の生る木(2020.11.18)

その生る木、先々週終盤より南東の高木より、噴水北側の常緑広葉樹のシラカシに多数止まるようになった。今季は冷え込みが厳しい日があるから?、積雪も多いからかと思っていた。

21/01/18 トビ2

今朝もそのシラカシに15羽、南東の高木には2羽のみ。生る木が変わってしまったなぁと思っていたら、複数が噴水付近を低空飛行。あ!、もしや餌付け人か?、見に行っていたら、穀類っぽいのが撒かれていて、ドバト、ハシブトガラス、そしてトビが餌付いていた。

トビの生る木、ここに移動したのは餌付けにせいかもなぁ。トビって、穀類にも餌付けられるんだ。

(PS)
餌付け人はいかったが...........................以下のよう餌付けは止めて欲しい

害鳥幇助は止めて!
止めて欲しい撮り屋のトビの餌付け

2021.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

日向ぼっこしながらも樹洞確保のムクドリ

21/01/18 ムクドリ

今朝の通勤都市公園散策、地面で採餌しているムクドリを観察。留鳥のムクドリ、以下に書いたように秋には繁殖用の樹洞確保を開始している。

'20MF)ムクドリの樹洞確保開戦?(2020-10-09)

今朝はどうかな?、見に行ってみたら色合いから雌雄と思われるカップルが寄り添って朝日で日向ぼっこをしていた。

こりゃ絵になるぞ!、写真を撮ろうと思たがいまいち2羽の全身が入らず。位置を変えていたら、突然、1羽がスズメを追いかけだした。原因は確保している樹洞をスズメが覗き込んだため、その防衛による攻撃だった。日向ぼっこしながらも、ちゃんと樹洞確保はしてるんだめ、地上で採餌していた個体たちは戻ってきてからなんだろうな。

2021.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

アメリカコハクチョウのツーショット

本日の【続】仙台北部で探雁、雁活?、最初がガン類はおらずコハクチョウを観察。

21/01/17 アメリカコハクチョウ1

すると、嘴の基部の黄色がほんのちょっとしかないアメリカコハクチョウを発見!!!。

21/01/17 アメリカコハクチョウ2

撮影していると、え?、え?、もう1羽いる???。先の個体より、更に嘴の基部の黄色は小さい。

21/01/17 アメリカコハクチョウ2羽

やや離れているが、アメリカコハクチョウのツーショットも撮ってみた。

観察した限りではほとんど近づかず、う~ん、カップルではないのか?、家族でもないのか?。

2021.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

日本で一番絶滅に近い種のオガヒワ(くざいもん)を応援したい

オガサワラカワラヒワ

今現在、亜種になっているオガサワラのみに生息する「オガサワラカワラヒワ」、独立種にというニュースリリースを見たのがまだ新しい、以下がそれらの情報。

小笠原諸島のオガサワラカワラヒワを独立種とすることを提唱する研究成果を論文発表しました(山階鳥類研究所広報ブログ)
日本固有の鳥が 1 種増える!? ―海洋島で独自に進化を遂げた希少種オガサワラカワラヒワ―(山階鳥類研究所プレスリリース)

そのオガサワラカワラヒワ、略してオガヒワ、本日、「オガサワラカワラヒワの現状とワークショップの結果に関する講演会「オガサワラカワラヒワぜんぶわかっちゃう」をYouTubeでLive配信します!」という情報を目にして視聴した、オフィシャルサイトは以下。

オガサワラカワラヒワ-絶滅阻止限界点への挑戦-

資料してみてびっくり、個体数は200羽ほどしか確認されておらず、日本で一番絶滅に近い種なんだとか。が、ワークショップを立ち上げ?、開催し、保護に向けて着々と計画されているらしい。

マッチョくざいもん

通称「マッチョくざいもん」というマスコットもできたそう、グッズが販売されたら支援するため購入したいと思う。

(PS)
以下のサイトも参考になる
オガサワラカワラヒワを絶滅させない!(WWFジャパン)

2021.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'21)仙台?、宮城?のユリカモメの聖地?

21/01/17 ユリカモメ

先日、ユリカモメについて以下の記事を書いた。

'21宮城)今季もユリカモメが少ない(2021.01.11)

そこにも書いたように、昨季書いた以下の聖地?にも1羽もいなかった。

仙台?、宮城?のユリカモメの聖地?(2020-01-11)

本日、別の目的で訪れてみたらびっくり、約90羽のユリカモメがいた。ハクチョウ類、カモ類に餌付けしている方々が結構いたので、たぶん、これらのユリカモメ、この餌付け狙いではないかと思う。今日の状況だと、昨季に引き続き「'21)仙台?、宮城?のユリカモメの聖地?」と言えるかも。

以前は餌付けにもいたが、干潟や河口などの海辺にも普通にいた。海岸線で見かけなくなったのは、餌になる小魚やゴカイ等が減ったのかな?。東日本大震災の大きな津波で、海岸線は洗い流されたのでその可能性はあるかもしれない。東北、北j関東より以西のユリカモメはどんな状況なんだろう?。

2021.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コブありハクチョウ、首曲がりハクチョウ

本日のハクチョウ類のカウント、コハクチョウの嘴の色のパターンに書いたようにじっくりじっくり観察していると...............

21/01/16 オオハクチョウ1

あれ?、あれ?、コブハクチョウじゃないコブがあるハクチョウがいる。何か飲み込み、喉に引っかかったのか?、しばらく見ていたが変わらず、苦しそうでもない、奇形かな?。

21/01/16 オオハクチョウ2

コブありハクチョウの他、首曲がりハクチョウもいた。案外じっくり観察すると、いるもんなのかな?。

2021.01.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コハクチョウの嘴の色のパターン

先週、今日とハクチョウ類のカウントをした。以前はオオハクチョウはほとんどで、コハクチョウは稀かと思っていたが、少ないもののそこそこいた。

21/01/16 コハクチョウイラスト

コハクチョウと言えば、昔、大学の卒論?セキレイの調査をしている方から、コハクチョウは嘴の黒で出身地を特定できるらしいと聞いたことを思い出した。昔使っていた図鑑に手書きしていたはず、探してみたら車の積んである古い図鑑に手書きしていた。

それによると、黄色と黒色の割合で、「Darty」、「Yellow neb」、「Penny face」の3つのパターンの分かれる。出身地は聞いたか、わかるらしいで終わっていたのは定かではなし。

本日のハクチョウ類のカウント、コハクチョウはそこそこいたので探してみた。

21/01/16 コハクチョウ(Darty)

「Darty」タイプを見つけた、ググってみたら「Darty」ではなく「Darky」だったらしい。

クチバシの黒色部分が額の羽毛部分まで達してタイプで、「ダーキー」と読むらしい。

ググってみて、ヒットし参考にしたサイトは以下。

21/01/16 コハクチョウ(Pennt Face)

「Penny face」タイプも見つけた。

黒色部分が額まであるが、途中に黄色部分があるタイプ、「ペニーフェイス」と読むらしい。

21/01/16 コハクチョウ(Yellow neb)

「Yellow neb」タイプも見つけた。

黒色部分が途中で無くなり黒と黄色に別れているタイプ、「イエローネブ」と読むらしい。

コハクチョウの個体識別をしてみよう!(国土交通省 東北地方整備局 酒田河川国道事務所)
コハクチョウの個体識別・・・ビルパターン(フォト エチュード  Photo-Etudes)
この冬は このタイプの白鳥を探してみて!(ハクチョウ その生態を追う)

2021.01.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

バードウンコロジー

本館に書いた在宅勤務中鳥見んぐ...^^;の続き

21/01/13 ヒヨドリ

ベランダの手すりでイソヒヨドリを観察した数日後、イソが付かないヒヨドリもやってきたのでまたまた撮ってみた。

21/01/13 ヒヨドリの糞

あっという間に飛び去った後には、立派な糞が残されていた、飛ぶ鳥跡を濁さずではなく濁していた........^^;。

インスタにアップした際、facebookにも連携したら、葉っぱ類を食べた糞ですね、もう美味しい実は残っていないんですかねというコメントをいただいた。確かに、果実を食べて種は入っていない、なるほどここ観察しなきゃだったのね。

鳥見はバードウォッチング、痕跡はバードトラッキングという、糞はバードウンコロジーかな...................(#^.^#)。

2021.01.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数