fc2ブログ

コクガンの労働寄生をじっくり観察してみた

前の週末、慌ててコクガンに逢いに(2022-02-26)に書いたよう、南三陸町の志津川湾まで行った。

コクガンと言えば、先日の記事、志津川湾をコクガンが飛ぶ(2020-12-29)に、コクガンはオオバンが潜って採ってきたアマモを横取りする労働寄生の話題を書いた。

その労働寄生、実は横取りするのではなく落としたものをいただくもの、更に略奪するヒドリガモ等からオオバンを守っているという話しを聞いた。今回は時間があったので、漁港の岸壁に車を止め、車窓から観察してみた。

22/02/27 コクガンその1

今回は時期がやや遅いためか?、漁港内にアマモが少ないのか?、またまた撮り屋の影響か?、コクガンは2羽のみ。本館に書いたよう最初は岸壁で寝ていたが、撮り屋が飛ばしてしまい水面に浮いた。その2羽、オオバンに付かず離れず。オオバンが潜ってアマモを採ってくると、その周辺を偵察し落ちているのをちょうだいしている、決して力づくで奪ってはいない。

22/02/27 コクガンその2

そのうちに2羽のコクガンがやってきて、合計4羽になった。見ている限り、1羽のオオバンに1羽のコクガン、その後、ヒドリガモがやってきた、オオバンが採って来たアマモを奪おうとしているように見えた。

22/02/27 コクガンその3

そのヒドリガモ、コクガンがオオバンの近くにいるためか近寄れず。結果的にコクガンはオオバンが採ってきたアマモを食べてるが落としたもの、更に結果的にヒドリガモ等のオオバンからの略奪を防いでいるのでエスコートしていると言っても過言ではないかも。

22/02/27 コクガンその4

岸壁で休んでいた際は、ヒドリガモと一緒に寝ていたし、オオバンに近寄って来ても能動的に追う掛けたりもしないコクガン、案外友好的な水鳥なのかもね。

スポンサーサイト



2022.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

よみがえる“みやぎ”の海を見に

先週の金曜の夜、NHK仙台ローカルのよみがえる“みやぎ”の海へという番組を見た。

その翌日、慌ててコクガンに逢いにに行く予定だったので探して行ってみようと思った。ネットで情報を検索すると、以下がヒットした。

八幡川河口に復活した干潟の生物調査(南三陸町)
津波で復活の干潟調査 宮城・志津川高が文部科学大臣賞(河北新報 2021年01月09日)

八幡川河口域ということで地図を見て行ってみたが、どこかいまいちわからず。南三陸ネイチャーセンターにも寄ったので、TV番組で見た干潟ってどこですか?、と聞いてみた。結果ははやり八幡川河口とのこと、高い堤防ができたらからわかり難いかもとも、目印は「震災遺構 ブライダルパレス高野会館」の海側と教わった。

22/02/27 八幡川河口

あれ?、あれ?、さっき行ったとこと同じ????。復活の干潟、生き物が復活と聞いて、すっかり海鳥もたくさんいる干潟をイメージしたのでどこかわからないだけだった。これから、どんどん干潟が再生していくのかもね。

2022.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ハクセキレイは雌も囀る?

22/02/28 ハクセキレイ

今朝の通勤都市公園散策、噴水付近でハクセキレイの囀り?、鼻歌?、ぐぜりを観察。

冬羽の雄かなと思ったが、雌のようにも見える。

雌の囀り種、オオルリ、イソヒヨドリ等を観察したことがあるが、ハクセキレイの雌も囀るのかな?。

(PS)
帰宅後、よく図鑑を見たら雄の冬羽っぽいな................(^^;。

2022.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

慌てて海鷲に逢いに

本館に書いた慌ててコクガンに逢いにの続き、今季はまだ海鷲にも逢ってないので同じく慌てて逢いに行ってみた。

22/02/26 オオワシ

南三陸町まで行ったので、志津川湾内をさくっと探すが見たらず。帰路、昨季出逢った水辺にも行ってみた。ここでも見当たらず、ぐるっと車で回ると遥か特に発見!、じっくり視線を向けるとオオワシ、更にオオワシはオジロワシを追っていた。運よく、海鷲2種ゲット!.................\(^o^)/。

2022.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】我が家近くにハクセキレイの花が咲いた

昨日、我が家近くにハクセキレイの花が咲いたという記事を書いた。

22/02/26 ハクセキレイの塒その1

犬の散歩は終わってから17時過ぎ(日没 17:26)、昨日の塒の木に行ってみた。着いたのは17時半頃、既に塒入りしている個体が複数いた。

22/02/26 ハクセキレイの塒その2

塒入りしている個体はいたものの、西側の病院の屋上、南西の商業施設の屋上にもまだまだハクセキレイが止まり、続々と入りした。既に塒入りしているのは全数把握できないものの、全部で200羽以上はいた。

塒入りが完了し、鳴き声も静かになったのは17:46過ぎ、日没時間を確認すると17:26、日没20分後ぐらいまでが勝負ってところらしい。

(PS)
2/28(月)(日出6:10」)早朝、飛び立ちを見に行ってみた、6:07現在で既に1羽もおらず、何時頃に飛び立つのだろうか。

2022.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

我が家近くにハクセキレイの花が咲いた

先日の夕方、我が家近くの商業施設で買い物した帰り道、自走式駐車場の屋上付近へ飛ぶハクセキレイ複数を観察。

本日は仕事で帰りが遅くなったので、遅いついでにその駐車場のハクセキレイの塒を探しに行ってみた。一番怪しいポイントは屋上、きっと駐車場の手すり付近の並んでいるのでは、結果は鳴き声皆無、糞すらなし。あれ?、あれ?、下の階かな、順々に3階分探してみたが、ここにも影も形もなし。

22/02/25 ハクセキレイの塒その1

1羽も見つけれらず「そして僕は、途方に暮れる」だな...............(*'▽')........商業施設から出て家へ向かうと、え?、え?、毎秋見事に咲くキンモクセイの大木に白い影、あ!、あ!、いた!、いた!....................\(^o^)/。

22/02/25 ハクセキレイの塒その2

キンモクセイにハクセキレイの花が咲いたみたい!

2022.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

シージュクジュクと鳴く?シジュウカラ

22/02/25 シジュウカラその1

先日からあちこちでシジュウカラが歌うとかいたよう、あちこちでシジュウカラの囀りが聞こえるようになった。

22/02/25 シジュウカラその2

今朝の通勤公園散策でも聞こえ、姿を探すと2羽いた、たぶん、カップルになったのだと思う。

22/02/25 シジュウカラその3

シジュウカラと言えば、命名は鳴き声からという説があるらしい。これまでは特に意識したことはなかったが、それ聞いてからは「シージュクジュク」と聞こえるようになった...................ような気がする。他の野鳥の聞き無しも、言われてみればそう聞こえなくもない、いあ、そう聞こえるようになるのもある.........................^^;。

漢字では四十雀と書くのは、雀40羽ぶんという意味合いもあるとか。何は40羽分?、たぶんスズメより40倍害虫を食べてくれる益鳥って意味かもね。

2022.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)ハチクマに再会したい

昨日、本館の花壇破壊の地でツーショット採餌に書いたように、1997/10中から通勤・昼休みバードウォッチングを始め、先日、観察100種を達成した。

その100種の中で、やや自信なしで「?」が付いているのはハチクマとコマドリ。何れも渡りの時期の観察なのでほぼ間違いないと思うが、再会して写真も撮りたい。コマドリはかなり難易度が高いと思うが、ハチクマはそれほど難易度は高くないかも。来季は是非、是非、ハチクマに再会したい。

まずは「?」付きの記録を探してみた、日付は2004/09/24、時間帯は「12:10~12:40」。

次にここ最近、有志で行っている県南のタカの渡りの調査記録から、以下にここ4シーズンのハチクマの渡りの最大日を拾ってみた。

[2021]09/27(25羽) 曇後晴   [2020]09/22(31羽) 薄曇
[2019]09/21(18羽) 曇      [2018]09/23(07羽) 晴れ後曇り

以上より、秋分の日近くであれば再会の可能性あり。その週は出勤日とし、フレックスで朝の散策を長めにすれば再会も夢ではないかも。

2022年9月をカレンダーで確認すると
 18(日) 19(敬老の日) 20(火) 21(水) 22(木) 23(秋分の日) 24(日)
従って20(火)~22(木)かな。

日出時間も確認すると、「20(火) 5:21~22(木) 5:23」、9月下旬でも案外早い、始発の電車に乗っても日出には間に合わない...........^^;。

雨だと飛ばないので、天気予報を確認しつつ、野望達成に燃えようかな.................................(#^.^#)。

2022.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'22仙台MF)やっと地上シメにしめしめ

22/02/24 シメ

この冬は何度も冬小鳥が少ない少ないと書いた、特にツグミとアオジが通勤散策の都市公園で。そのツグミ、ようやく数前より普通に目にするようになり、アオジも今朝今季初越冬モードと思われる個体を観察。

その少ない冬小鳥の中で、まずまず普通だったのが唯一シメ、個体数は平年より少な目ではあるが。今朝は地上で採餌する場面を観察、遠いし暗いが撮ってみた、貼ったのはそのシメ。

平年、今の時期は地上で採餌するシメを観察でき、しめしめと思っていたはず、過去記事を探すと以下を書いていた。

地上シメにしめしめ(2020-01-23)

う~ん、平年より地上シメにしめしめは遅いかもなぁ。

2022.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ツキボソガラスは巣材物色?

22/02/24 ハシボソガラス

通勤散策の都市公園、以下に書いたようハシボソガラスの観察は公園中央の芝生が多い。

凍てつく芝生をひ鳥占め(2022-01-11)
湿った芝生の地上ツグミを期待したが....(2021-11-24)

先日からは、以下に書いたよう樹上に止まり巣材を物色する風景も観察。

ハシボソガラスが巣材物色(2022.01.18)

明日明日3月、巣材集めはほぼ終わったかな?、と思っていたら今朝も鳴き声と樹上に止まる姿を観察、またまだ造巣期なんだろうね。

小枝を折る姿を期待し、ちょっとだけ足を止め観察、が、意識しだし警戒するような素振りを見せたので、月をバックに名付けてツキボソガラスを撮って早々にその場を後にした....................(#^.^#)。

2022.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'22仙台)ガンもう1種

本館に'22仙台)大規模圃場地にガンガンと書いたようにマガンをたくさん観察。

22/02/23 ヒシクイ

1羽だけだが、オオハクチョウといっしょにオオヒシクイもいた。

もしかすると、今季も仙台東部&七北田低地にガン類(2021-11-22)に書いた・貼ったのと同じ個体の可能性もあるかな。いまいち元気なさげで、その後、舗装路に座り込んでいた。

2022.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

黒白冬鳥のびっくりなツーショット

本館に書いた'22仙台)大規模圃場地にガンガンの続き、ガン類は飛んでしまった後、黒白冬鳥、ミヤマガラスとハクチョウ類を観察してみた。

22/02/23 ミヤマガラスとオオハクチョウその1

ミヤマガラスはスズメ目カラス科カラス属、ハクチョウはモ目カモ科ハクチョウ属と全然違うは、同じ田んぼで似たようなものを食べていた、そこそこな距離を保って。が、若干、ハクチョウにかなり接近しているのがいた。ミヤマガラスは若鳥のようで、好奇心があるのかも。

22/02/23 ミヤマガラスとオオハクチョウその2

かなりかなり接近しキスまでしてた..................ように見えた。写真は撮れずだが、このミヤマガラス、ハクチョウの頭部の羽毛を抜こうとした行動もしていた。

2022.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

MFに水場リトライするか

22/02/22 ムクドリ

昨日の通勤都市公園散策、水飲み場の下に溜まっている水を飲んでいるムクドリを観察。気温は氷点下まで下がっているはず、なのに凍っていないのか、ん?、もしや水道管が破裂した?。ムクドリが水飲みをしていたので、そこまでは確認せず。

22/02/22 キジバト

先日、マンホールヒヨポンは冬の風物詩という記事を書いた、昨日はマンホールキジバトンがいた。

22/02/22 キジバトとヒヨドリ

マンホールヒヨポンとマンホールキジバトンのツーショット、離れているけどね。

22/02/22 ヒヨドリ

別の場所でもマンホールヒヨポンがいた、この時期は水場があれば鳥が集まるのね。

以前、以下に書いたようMFに水場を作ってみた。

【続】MFに水場を作ってみた(2016.12.22)
MFに水場を作ってみた(2016.12.20)

リトライしてみようかな、とちょっとだけ思った朝だった。

2022.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

一戸建ての庭先をうまく利用するジョウビタキ

今季は冬小鳥は少ない少ないと書いているが、ジョウビタは以下を書いてからそこそこ出逢えてるような気がする。

21仙台MF)観察史上最速でジョウビタキ初認(2021.10.14)

22/02/20 ジョウビタキ

本日も我が家裏ぬ沼周辺で出逢えた、たぶん、裏に一戸建ての庭先にいたのが移動したのだと思う。

そういえばジョウビタキって、うまく一戸建ての庭先を利用するよね。数はある野鳥の中で、町中にアンテナや電線に止まる姿を目にする。たぶん住宅地を縄張りにしている、警戒ポイントなんだと思う。

庭先に来る野鳥、この時期はツグミ、ヒヨドリ、メジロ等のいるが、個人的にはジョウビタキがダントツのような気がする。

2022.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

公園アオジになった、別名コンクリアオジ(^^;

先日、我が家近くの公園でアオジを観察し、以下の記事を書いた。

【続】仙台MF)アオジ激減(2022.02.16)

22/02/20 アオジ1

渡りの通過アオジかなぁと思っていたら、本日午前中にも観察。しっかり公園で採餌、通称公園アオジになっていた。

22/02/20 アオジ2

公園で越冬するアオジは案外警戒心がない、コンクリートに出てきて採餌する場面もよく見かける。さて今日のは?、期待通り警戒心は薄目でコンクリアオジになるのも観察。

2022.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】モズが新芽食?

本館に書いたモズが新芽食?(2022-02-18)の続き

22/02/18 モズその1

モズは新芽っぽいのを突っついていたのを拡大したもの、遠くからみたら新芽を食べているように見えるよね。

22/02/18 モズその2

ぐりぐり、ぐりぐりほじくりだしたのを拡大したもの、間違いなく新芽ではなく動物系。枝先の隙間で冬眠していた幼虫?、それとも隙間で蛹になっていたのをほじくりだしのか。

22/02/18 モズその3

幼虫?、蛹の中身?、それを丸飲み。

22/02/18 モズその4

飲み込んだ後、やや喉にひかかったのか、嘴を上へ向け流し込んでいた...........ように見えた、雄たけびかもしえないが.............(^^;。

2022.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

都市鳥隼も飛んだ

本館に書いた都市鳥鷲が繁殖行動開始の前に、都市公園上空をハヤブサが鳴きながら飛ぶのを観察。

22/02/19 ハヤブサその1

鳴き声に気づいて上空を見たら2羽の鳥影、ハヤブサの求愛行動飛翔?、と思ったが、あっという間に1羽を見失った。

22/02/19 ハヤブサその2

あちこち探すと、公園北側のマンションの屋上に鳥影、怪しまれないよう確認するとドバトだった。う~ん、ハヤブサ2羽ではなく、ドバトを追うハヤブサだったのか?。

本来ハヤブサは海沿いの崖に生息するが、随分前から通勤散策の都市公園でもたまに目にするようになった。都市鳥隼と呼んでもいいような気がするが、気が早い?。

2022.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

緑島にアトリの群れ

昨日、本館に書いたモズが新芽食?の続き

22/02/18 アトリその1

ここの場所、緑の孤島、通称緑島だがアトリとマヒワがいた。

22/02/18 アトリその2

マヒワは1羽のみだが、アトリは4羽と12羽の群れがいた。

22/02/18 アトリその3

マイフィールドの都市公園より小さいし、樹木も少ないは庭付き一戸建ては多いと思うここの緑島、それがいいのかな?。

2022.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

都市鳥鷲の塒入り

昨日は人間ドックが早めに終わったので、宿泊ホテルまで約40分、徒歩で向かった。途中、遠回りだがマイフィールドの通勤散策都市公園もさくっと散策した。

22/02/18 トビその1

16時前後、公園上空をたくさんのトビは帆翔。こりゃこりゃ、待っていると、きっときっと、南東の高木のトビの生る木に塒入りするはず。待つことしばらく、期待通り、予想通り塒入りしてくれた、時間は16:12頃。日の入りは17:17、ということは1時間も前に塒入りするのね。

22/02/18 トビその2

この時点で塒入りしたは8羽、まだ5羽以上帆翔していたので、塒入りは早い個体、遅い個体がいるのだと思う。

鷲も鷹も同じ仲間、大きいのは鷲、それ以外は鷹と呼ぶのが一般的だとか。だとするとトビは大きいから鷲、都市公園にいるから都市鳥。以上より、ここのトビの塒入りは、都市鳥鷲の塒入りと言っていいよね....................(#^.^#)。

2022.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

小さい都市公園も鳥は日替わり

昨日の昼休み、我が家近くの公園を散策したら【続】仙台MF)アオジ激減に書いたようにアオジを観察した。アオジ以外にもツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ等を観察できた。

22/02/17 モズ

今日も行ってみたらまずはモズを発見、たぶん先日、モズは枯草から何を捕獲?(2022-02-11)に書いたのと同じ個体。

昨日のアオジは見当たらず、代わりにオナガの鳴き声がした。オナガはかなり久しぶり、キョロキョロ、姿を探しようやく見つけたがじっくり観察する前に飛び去ってしまった、もちろん写真も撮れず。

22/02/17 ビンズイその1

アオジ以外にジョウビタキも見つからず、ツグミはいた。小さい都市公園も鳥は日替わりなのかもね、今日は抜けが多い日からと思っていたら、最後の最後にビンズイを発見!、これでテンションが一気に上がった..................\(^o^)/。

22/02/17 ビンズイその2

ビンズイは全部で2羽、しきりに地上で採餌していた。ずばり、小さい都市公園も鳥は日替わりなのね。

2022.02.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ユキドリ2種

本館に書いた「ユキイソヒヨ」の続き、雪の中、名付けてユキドリ2種。

ユキドリって本家はいたはず、eBird Japanで検索するとユキドリはミズナギドリ目ミズナギドリ科で南極大陸で観察されるらしい。

22/02/17 キジバト

小雪が舞う中、キジバト1羽が電線に止まっていた。じっと降雪に耐えているようにも見えたが、でもないのかな?。こっち見るなよ!、何よ!、って顔してる?。

22/02/17 シジュウカラ

小雪は舞う中、シジュウカラは人家の庭木で餌探しをしていた。何かをついばんでいるように見えた、もしやカイガラムシかな?。

2022.02.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ベランダから覗く鳥影は?

本日はリモワ、黙々とパソコンに向かっていると、ベランダを鳥影が動いたような気がした。

過去にベランダに来たお客様は、スズメ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ハシブトガラスもあったかな?。

22/02/16 イソヒヨドリ

そっと席を立って、ベランダに寄ってみるといたいた。お隣さんとの際にいた、ベランダから覗く鳥影は誰鳥。

飛ばないよう飛ばないよう人影も注意しながら、デジカメを準備して確認するとイソヒヨドリ雄だった。

間違いなくベランダから、部屋の中を覗いているよね?、よね?、そう見えるよね...................(#^.^#)。

2022.02.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】仙台MF)アオジ激減

本館に「仙台MF)アオジ激減」という記事を書いた、激減はMFの藪の撤去が進み、生き物に優しくないなと思っていたがその影響が出てしまったのだろうかと書いたが、全般的に減っているような気もする。

我が家近くの小さ目に公園でもアオジが我が家近くにもやってきたに書いたよう、平年は越冬個体している個体を観察できるが、今季は滅多に出逢ず。

MFで激減は、藪が減った外的要因もあると思うものの、平地の公園で越冬する個体が減った可能性もあるかも。山から平地に下りてくる個体が少ないのか?、それとも今季の仙台は降雪日が多いためもっと南下したのか?。

22/02/16 アオジ

そんなことを思いつつ、昼休みに我が家近くの公園を散策したらアオジの地鳴きがし、姿も観察・撮影することもできた。

2022.02.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

湿った芝生に下りたツグミ

本館に書いた春街鶫後は、街ど真ん中事務所で所用を片付けいつもの事務所へ。

22/02/15 ツグミ

雪はまだ降りやまずだったが、途中毎度の公園をさくっと通過。昨日の記事、サイレントスワンに「樹上でツグミ2羽を発見、カチコチの芝生では採餌できないから下りないのか」と書いたが、今朝は積雪で湿った芝生のツグミが下りていた。

やはりカチコチの芝生では採餌できないから下りないのかもね、湿ってくると土壌生物のミミズ等が動きだろうしね。

2022.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2週間経つのもまだ咲かずの赤いマンサク

1月下旬(1/28)に、赤いマンサクの花について、以下の写真をtwitternに連携してインスタグラムに貼った。



22/02/15 マンサク

それから約2週間、そろそろ開花したに違いない、もしや満開?。今朝見に行ってみたら、2週間前とほぼ同じ蕾だった。

今季は降雪はそれほどではないが、降雪日が多く平年より寒い冬のような気がする、その影響だろうか?。

2022.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

フラインググラスひよぽん

以下に書いたよう通勤散策の都市公園では、今季もベジタリアンヒヨポンこと、草を食べるヒヨドリを観察した。

'22仙台MF)初ベジタリアンヒヨポン(2022-01-14)

今朝もベジタリアンヒヨポンを観察、そういえばまだ南東の角のトウネズミモチの実があったはず。実は残っているのに、草を食べ始めるの?、実が残っていることに気がついていないのか?。それとも草の方が美味しいのか?。

南東の角のトウネズミモチ、見に行ってみたらもう完売、実は食べ尽くされていた。

22/02/14 ヒヨドリその1

草を食べるヒヨドリ、草の葉っぱを千切ってそのまま食べればいいと思うが、千切った後に、一度放り投げて嘴で持ち直しこと多々のように思う、名付けて「フラインググラスひよぽん」か!....................(#^.^#)。

22/02/14 ヒヨドリその2

昆虫類を捕食であれば、食べ易い?、飲み込み易いほうがあると思う。草の葉っぱも同じように、食べ易い側があるのだろうか?。

2022.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

シラカシに生るトビは若鷲

今朝の通勤散策都市公園、毎季、トビは営巣する西側付近の桜の梢のトビが止まっているのを観察。

そろそろ、営巣活動で巣材の小枝物色かな?、警戒させない距離でじっくり観察しようかなと思っていると、犬の散歩人が樹下を通り飛んでしまった。興味を示さないと樹下を人が通っても気にせずかと思ったが、そうでもないらしい。

昨季の今頃の記事を検索すると、以下を書いていたので、そろそろ営巣活動を始める頃ではある。

小枝をくわえたまま交尾のトビ(2021-02-12)
トビカップルが揃って造巣(2021-02-19)

22/02/14 トビ

営巣を始める頃ではあるが、公園内にはトビの生る木はまだある。今朝は南東の高木に2羽、噴水の北側に5羽生っていた。噴水の北側のシラカシに生るトビ、やや近いので撮ってみたら羽毛に白い部分があるので、たぶん若鷲。この時期もまだ生っているのは、若鷲が多いんだろうと思う。

2022.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

町にもツグミが増えてきた

昨日、里山の谷津にはツグミがうじゃうじゃという記事を書いた。

22/02/13 ツグミ

本日は我が家近くの田んぼにツグミの姿を探しに行ってみたら、先日までは極々僅かしかいなかったのに複数いた。

例年ここの時期は、田んぼや畦道で採餌する姿を観察できるが、今季はまだそこまでではなくやや警戒心が高め。貼ったのは切り張りしているが、同じウメっぽい木に止まったツグミ。

2022.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

我が家近くにも旅烏の固定化された渡来地?

先日、ミヤマガラスについて旅烏の渡来地が固定化?(2022-02-05)という記事を書いた。

22/02/12 ミヤマガラスその1

そういえば我が家から西北西に車で約15分の田んぼにも来ているところがあったはず、今季も出逢っている。本日午前中、行ってみたらいたいた、結構大きな群れがいた。我が家近くにも旅烏の固定化された渡来地があるのかも、結構広い田んぼがあるから。コクマルガラスも混じっていたら通うのだが、ここでは混じっているのを見たことがない。

22/02/12 ミヤマガラスその2

そこから車で5分ぐらいの里山の谷津田に行ってみたら、更にたくさんもミヤマガラスがいた。この時期、ここでミヤマガラスを見たのは初かも。

22/02/12 ミヤマガラスその3

近くには、ミヤマガラスの生る木が複数あった。

2022.02.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

里山の谷津にはツグミがうじゃうじゃ

22/02/12 ツグミ

先日、少ない少ないと何度も書いたこの冬のツグミ、ようやく増えてきて以下の記事を書いた。

今季最多ツグミン!(2022-02-10)

本日は里山の谷津に行ってみたら、雪解けで湿った田んぼにたくさんのツグミがいた。群れで行動しているもの、単独で田んぼで採餌しているのもとあちこちにうじゃうじゃ。

やっと南下の個体が増えて来たのか?、やっと山から下りて来た個体が増えたのか?。きっと、都市公園、町中でも極々普通になるだろうと思う。

2022.02.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数