fc2ブログ

イソヒヨドリに営巣はまだっぽい

23/04/29 イソヒヨドリその1

ここのところ我が家周辺ではイソヒヨドリの囀りがよく聞こえる、そろそろ営巣も始めたかも。と思っていたら、昨日、今日もまだ雌の姿があった。

23/04/29 イソヒヨドリその2

雌の姿がまだ観察できるということは、抱卵はまだ開始していないということだろうか?。

平年5月下旬頃には巣立ちが見られるはず、抱卵開始から孵化までは約15日間、育雛期間は15~18日間らしいので、そろそろ抱卵を初めてもいい頃だと思うが、このつがいは遅めなのかもしれない。

スポンサーサイト



2023.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

謎な鴫?.....まだまだだな(^^;

高級かも(笑)の続き

23/04/22 エリマキシギその1

シマアジを観察していると、コガモの近くにシギ類がいるのを発見!、ん?、誰鴫?。

23/04/22 エリマキシギその2

ぱっと見、エリマキシギと思ったが、エリマキシギしては小さ過ぎじゃないか?。

23/04/22 エリマキシギその3

大きさはハマシギぐらい、いや、もっと大きい、サルハマシギぐらいかな。羽の模様はオバ系のような、大きさからするとコオバシギ?、でも体系が違うような。やっぱりエリマキシギか?、だとしたら足がもっと長いのでは?。

23/04/22 エリマキシギその4

散々迷った後、よくわからずもやっとしたまま、’23年春のシギ・チドリ類一斉調査へ向かった。

その後、シギ・チドリ類一斉調査参加者、現地で出逢った方々と再度見、やっぱりエリマキシギということになった。

そういえばエリマキシギは、雌雄でかなりな体格差があったのを思い出した。

過去にもそんな覚えがあり、探してみたら以下に記事を書いていた。

シギチ充で元気復活(2019-09-07)

「シギ・チドリ類ハンドブック」には、♂:L26~32cm、♀20~25cmと書いてあった。従って、この個体は雌ではないかと思われた。

謎な鴫?と思ったが、.....まだまだだな(^^;.,...........識別................( 一一)。

2023.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

高級かも(笑)

先日、強風で泣きながらシギ・チドリ類カウント(2023-04-22)に書いたよう、’23年春のシギ・チドリ類一斉調査に参加した。

23/04/22 シマアジその1

調査地へ向かう途中、通り道の用水沼をさくっと見てみたら、なんとシマアジがいた。

23/04/22 シマアジその2

シマアジは渡りの季節に時々観察できるが、繁殖羽になった雄は比較的稀。

調査の集合時間が迫っているのでそれほど時間はないので、駆け足でさくっと観察し撮影。

23/04/22 シマアジその3

現地では気が付かなかったが、写真を見ると嘴で濾して採餌していた模様。

23/04/22 シマアジその4

運よく、直立し、羽ばたく写真も撮れた。

シマアジと言えば同姓同名の魚のシマアジがいる、この魚は高級魚らしい。カモもシマアジも比較的稀なので、高級鴨と言っていいかも、高級かも?ってことにしておくか..............(^^;。

2023.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】仙台MF)今季はクロジが当たり年?

久しぶりにMFでクロジを観察(2023.04.21)に書いたよう、通勤・昼休み散策の都市公園で5年ぶりにクロジを観察。

渡りの途中であっという間にいなくなるだろうなと思っていたら、仙台MF)今季はクロジが当たり年?(4/25)にもまた出逢った。

23/04/28 クロジその1

もういないだろうと思っていたら、またまた数日後(4/28)に観察。

23/04/28 クロジその2

同じ個体が長居しているのか?、今季は渡りの通過の当たりと年なのか?。

23/04/28 クロジその3

前回、前々回は雄成鳥、今回は雄第1回夏羽のような気がする。

5年ぶりに観察した日、少なくとも2羽いたので長居していると考えたほうが妥当かな?。

(PS)
同じホオジロ類のアオジについて、先日、以下の記事を書いた。

歌い続けているのは越春アオジだよね(2023-04-27)

クロジも、アオジ同様越春中なのか?。

2023.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

鎮守の森の住鳥になる?

4月上旬に鎮守の森の住鳥に逢いに(2023-04-16)という記事を書いた。

23/04/15 オシドリ

鎮守の森がある寺社仏閣といえば、その前日、鎮守の森のケヤキの大木にオシドリのカップルが止まっているのを発見!。

23/04/15 オシドリその2

じっくり観察すると、2羽のみではなく3羽いる。

23/04/15 オシドリその3

その3羽はケヤキの樹洞覗きをしていた、雄2羽は雌の確保を巡ってか小競り合いもしていた。

23/04/15 オシドリその4

小競り合いの隣にはカップルがいた、従って雄3羽、雌2羽が一緒にいたことになる。

ここの神社、オシドリが営巣できそうな樹洞は複数ある、水場は裏に池が2つ、すぐ近くに一級河川がある。

鎮守の森の住鳥になって、ここで繁殖してくれたらいいのになぁ、札幌では街中の公園で繁殖することもあるらしいので。

(PS)
この観察をしたのは4/15(土)の午前中、午後もさくっと行ってみたら、裏の池に雄1雌1がいた。
翌々週の4/23(日)にもさくっと行ってみた、結果は見つからず、移動しちゃったのか?。

2023.04.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

仙台MF)今季はクロジが当たり年?(4/25)

先日、久しぶりにMFでクロジを観察(2023.04.21)という記事を書いた、その記事に書いた通りMFでは5年ぶりの観察。

23/04/25 クロジその1

週末を挟んで4日経った昨日(2/24)は見つからず、もう渡って行ってしまったのかもねと思っていたら、今朝(4/25)もいた。

今季は越冬せずだったアオジ、春先になると藪から舗装路に出てきて採餌する姿を見かける、アオジは都市公園で普通に越冬するので違和感はない。

23/04/25 クロジその2

クロジが都市公園で越冬するのは稀、特に東北では、従って舗装路で採餌する風景は見たことがないが。

23/04/25 クロジその3

が、今朝はアオジ同様、舗装路に出て採餌している場面を観察................................(#^.^#)。

23/04/25 クロジその4

先週から滞在中のクロジなのか?、別個体なのかはわからず。

2023.04.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'22シーズン仙台MF)そろそろ冬鳥の終認の頃

今朝の通勤散策都市公園、昨日まで複数いたツグミ類が激減。

一昨日ツグミ類は渡ってしまった?(2023-04-26)に書いたよう、ツグミ以外のツグミ類は渡ってしまったよう。

23/04/28 ツグミ

今朝は本家ツグミもいないぁと思っていたら、散策中盤に1羽のみ観察。

23/04/28 シメ

ツグミ同様、当地の冬常連のシメもここのところ減ってきた。今朝観察できたのは1羽のみ、写真も狙ったが残念なががら撮れず。昼休みも散策に行くと、朝と同じ付近にいて撮影することができた。

ツグミもシメも、そろそろ終認の時期かもなぁ。

過去にも似たような話題の記事を書いた記憶が、探してみたら以下が見つかった。

'21シーズン仙台MF)冬鳥終認記録(2022.05.10)

それによるとツグミはそろそろ終認の時期、シメはGW開けぐらいまでは出逢えるよう。

2023.04.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コゲラが巣作り?

23/04/27 コゲラその1

今朝の通勤散策都市公園、コゲラが熱心に幹を木突きしている場面を観察。

23/04/27 コゲラその2

採餌にしては熱心、更にほぼ移動しない。こりゃ巣作りかな?

過去に当地でコゲラの巣立ちを観察したことがある、ここ最近は完成したらスズメの横取りされちゃったというのを観察した。

果たして今回はうまくいくか?、今後も観察したいと思う。

2023.04.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】MFにも近々イソヒヨドリ進出か

23/04/27 イソヒヨドリ

先日、MFにも近々イソヒヨドリ進出か(2023.04.11)という記事を書いた。

今朝の通勤都市公園散策、開始早々にイソヒヨドリの微かな囀りが聞こえた。いよいよ、MFに進出か?、姿を探せねば。

声を頼りに姿を探すと、囀りは公園の西側外のような気がする。更に耳を澄ますとさもあらず、南東側の仙台サンプラザ方面かだ聞こえているよう。

が、視線を向けても見当たらず、信号も渡って探すがビルの陰で歌っているのか見当たらず。

諦めて公園へ戻り、未練がましく再度見るといたいた!!。ビルのてっぺんに雄発見。

かなりかなり遠いが囀っていた、ということでMF進出はまだだった。

2023.04.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】渡りのツグミ類が滞在中?

本館に書いた渡りのツグミ類が滞在中?の続き

本館にはアカハラを貼った、シロハラ、ツグミは今日も撮ったので貼ってみた。

23/04/25 シロハラ

アカハラとシロハラは似たような藪の環境にいた、好んで?争わずだが、どちらかというとシロハラが優勢だったように見えた。

23/04/25 アカハラ

アカハラはシロハラと鉢合わせする前に、自ら避けていたように見えた。

23/04/25 ツグミ

アカハラ、シロハラがツグミがいるやや開けた場所に出ると、ツグミが鉢合わせする前に避けていたように見えた。

従がってツグミ三兄弟?、三兄妹?、三姉弟?は、シロハラ>アカハラ>ツグミの勢力と感じた。

2023.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

越春中の?アオジが歌う

先日、アオジについて越春アオジ?、渡りのアオジ?という記事を書いた。

23/04/25 アオジその1

その後もアオジは定期的の観察できている、どんどんアオジが渡っているのか?、この時期になって滞在、越春中なのか?。

23/04/25 アオジその2

そのアオジ、今朝は囀っている個体もいた。やっぱり越春中の個体ではないのか?。

アオジは主に低山以上で繁殖するが、一部は河川敷や干潟の葭原でも繁殖するので越春しても不思議ではないのだが。

2023.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ツグ類の渡りのピーク?

今朝の散策は渡りアカハラが通過で、その後終了間際にシロハラも観察した。ここのシロハラは、冬季稀に姿を見かけたところのため、越冬していたのがまだ巡回して来たのか渡りなのかわからず。

昼休みも散策に行くと、北西側のポイントでツィーというツグミ類の地鳴きが聞こえた。

23/04/24 シロハラ

姿を探すと色が薄いアカハラ?、いや、シロハラっぽい。冬季ここでは見なかったので、渡りのシロハラではないかと思われる。

23/04/24 アカハラその2

その後もキビタキの再来を期待し、あちこち探すとまたまたアカハラとシロハラの姿を見つけた。

23/04/24 アカハラその

渡りアカハラが通過に貼ったアカハラのようにガン黒ではないので、亜種アカハラのよう。

更に更に一瞬だが大き目のどんくさいツグミ類、トラツグミっぽい鳥影が飛んだ。慌てて追ったが、その先には人影があり探せず、残念。

23/04/24 ツグミ

朝撮ったものだが、ツグミもまだいた。

今日はツグ類の渡りのピーク?、そんな朝・昼の都市公園散策になった。

2023.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

渡りアカハラが通過

先週金曜日、シロハラについてキョロンキョロンと謎ツグミが歌う(2023-04-21)という記事を書いた。

今期、MFでシロハラが越冬したかどうかは定かではない。以前は冬季は毎日のように出逢え、確実に越冬していると言えたが、今季は稀に出逢えた程度。従って時々、別の場所から巡回して来た程度ではないかと思われる。

アカハラも以前は、毎冬のように複数個体が越冬していた。公園内の散策路の舗装化が進み、藪の大幅撤去がされたころから減り続け、ここ何年かは越冬しなくなってしまった。

23/04/24 アカハラ

今朝はそのアカハラを観察、今季も越冬せずと判断できるので渡りの個体と思われる。

この時期はツィーと鳴き、梢を通過する謎ツグミであることが多いが、今朝は地面に降りて採餌していたので短期間ではあるが滞在する可能性もあるかも。短期間でも滞在するなら、キョロン、キョロン、ツィーの囀りも聞けたらいいな。

(PS)
写真を見たらガン黒、亜種オオアカハラかも。

2023.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

高原に夏鳥・冬鳥

23/04/23 ツバメ

本日ふと思い立って早起きし高原へ散策へ、着いた早朝はなんと氷点下。が、ちゃんと夏鳥のツバメが帰って来てた。

平地よりも気温が低い、春がやちゃ遅めでも帰還は遅くないのね、っていうかもう4月下旬か........(^^;。

23/04/23 ツグミ

冬鳥のツグミもまだいた、そろそろ渡去なのだと思うが。

ツグミはいたが、そろそろ渡って来て、同じ環境にいてもいい頃の、シロハラ、アカハラ、クロツグミは見当たらず。さくっと草地を眺めただけだから、探せなかった可能性もあるけどね。

23/04/23 ジョウビタキ

高原だからサクラが見ごろ、何サクラかよく見なかったが。それをバックに、ジョウビタキが囀っていた。

2023.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'23宮城県)今季もセイタカシギ

昨年春、'22宮城県南)セイタカシギ科2種(2022.05.24)という記事を書いた。

23/04/22 セイタカシギその1

セイタカシギ科2種ではなく1種だが............(^^;、今季もセイタカシギを観察できた。

23/04/22 セイタカシギその2

昨季以外も以下に書いたよう、ここ数年定期的に観察できるようになった。

宮城県)セイタカシギの記録(2021.10.28)

もしや県内で繁殖もあり得るのではないか、ということで以下の記事も過去に書いた。

日本でのセイタカシギの繁殖記録(2022.08.03)

ほんと近々繁殖もあり得るのではないかと思うが、他県でもそこそこ出ているとすればそんなことないか....................(^^;。

2023.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】山形の平地の夏鳥の定番帰還

本館に書いた山形の平地の夏鳥の定番帰還の続き

23/04/23 コムクドリその1

雌雄一緒にはうまく撮れなかったが、雌は比較的ばっちり観察でき、写真もまずまず撮れた。

23/04/23 コムクドリその2

雄は雌より警戒心が高いような?、渡って来た頃はそうなのか?、それとも縄張り意識が強いからか?。

23/04/23 コムクドリその3

やや粘って、羽繕いしているを撮れた。

2023.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'23仙台)サギコロにダイサギ、ゴイサギ、コサギ帰還

以下に書いたよう、この時期は市内のサギのコロニーに、繁殖のために帰還するサギ類を観察に行っている。

'22仙台)サギコロにダイサギ、ゴイサギ帰還(2022.04.16)
'22仙台)サギコロにチュウサギ帰還(2022.04.29)
'22仙台)サギコロのコサギが婚姻色に(2022.05.06)

今季はすっかり忘れて、本日、シギ・チドリ類の調査の帰りに立ち寄ってみた。

23/04/22 コサギ

まず目についたのはコサギ、目先と足指が赤っぽい婚姻色になって、巣に座っている個体もいた。一時減ったコサギ、昨季戻って来たと感じていた、今季は更に増えているように感じた。

23/04/22 ダイサギとダイサギ

ゴイサギ、ダイサギも戻って来て、巣に座っている個体もいた。

23/04/22 ダイサギ

一番多いのはダイサギ、次はゴイサギ、最後はコサギの順、チュウサギはまだ見当たらず。

2023.04.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

久しぶりにMFでクロジを観察

今朝の通勤散策都市公園、キビタキ♂を初認したが写真は撮れず。昼休みもまだいるのでは、いたら是非とも写真をとそのポイントに散策に行った。

23/04/21 クロジその1

キビタキの地鳴きは全くしない、聞こえるのはアオジ?、いや、アオジにしては強めの地鳴きだな。もしやクロジかも?、姿を探してみたらピンポン!、貼ったようなクロジを観察・撮影.........................\(^o^)/。

23/04/21 クロジその2

当地でのクロジは稀な渡りの夏鳥、以前はそこそこ出逢えたはずだがこんことご無沙汰、久しぶりにMFでクロジを観察でき、テンションがあがった..................(#^.^#)。

23/04/21 クロジその3

以下にMF歳時記から、春の渡りを拾ってみた。

'18/05/15(V1)
'10/05/06(V2)
'09/04/24(V1),4/30(V2)
'08/05/01(V1),05/16(V2)
'05/5/11(V1),5/25(V1)
'04/5/10(V1),5/11-12(V2),5/13(V1,C1),5/18(V1)
'03/5/6(V2),5/7(V2),5/9(V1)

ずばり2000年当初は毎年のように観察できていた、年を経るごとに見られなくなった。

前回は2018年なので、5年ぶりの記録となる。

2023.04.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'23仙台MF)キビタキ初認

本館に書いたキョロンキョロンと謎ツグミが歌うの続き

23/04/21 シロハラ

キョロンキョロンと鳴く謎ツグミ、姿を探しているとやや小さめの鳥影が飛んだ。大きさからはツグミ類ではない、が、ビノキで確認すると、え!、え!、レモン色!、キビタキの雄だった。

今季は早過ぎじゃないか?、昨季の記事を探すと以下を書いていた。

'22仙台MF)キビタキ初認(2022.04.22)

その記事の過去の初認情報を、昨季も含め以下に拾ってみた。

[2022]04/22 [2021]05/06 [2019]04/23 [2018]04/26
[2017]04/25 [2016]04/21 [2015]04/29 [2012]05/01
[2011]05/02 [2010]05/07 [2009]04/23 [2008]04/30
[2007]05/01 [2006]05/01 [2005]04/22 [2004]04/22
[2003]05/01 [2002]04/24 [2001]05/02 [2000]05/02
[1999]05/10

ずばり早くなかった、平年並みの早めといったところだった。

今季は春が駆け足でやって来たので渡りの夏鳥も早いかと思ったが、先に観察したセンダイムシクイ、オオルリ同様キビタキも平年並みだった。

今季初認なので、かなりかなり粘って写真を狙ったが、なかなか姿を捉えられず、捉えたがコンデジのファインダーに入らず結局撮れず。

代わりにキョロンキョロンと謎ツグミ、シロハラを貼ってみた。

2023.04.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ツグミが終結

23/04/20 ツグミ

今朝の通勤散策都市公園、歴史館近くの公園中央の芝生にツグミがうじゃうじゃいた。

昨日の朝も多く6羽いた、今朝は更に多い。

ざっと数えてみたら11羽、その後、更に増え17羽になった。

昨季もこんなんだっけか?、記録を参照するとたくさん観察できたのは4月上旬まで。4月上旬でも、今朝ぐらいうじゃうじゃではなかった。

もしかするとこのうじゃうじゃは終結で、このまま渡去するのかも。明日もうじゃうじゃいるか、渡去で激減か観察しようと思う。

貼ったのはそのツグミたち、うじゃうじゃいたが、残念ながら全部は入りきらず。

2023.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

六ヵ月桜終焉

23/04/19 十月桜

通勤・昼休み散策の都市公園、'22仙台MF秋)暦通りに十月桜開花(2022.10.11)後、約六ヵ月咲き続け、先日、葉桜になり桜の花は終焉となった。

思い立ったので、以下に六ヵ月の軌跡、それぞれの記事と写真も貼ってみた。

23/04/12 十月桜

終焉になる直前の4/12(水)は、花も葉も元気いっぱい。その後、花が散り、4月上までのように蕾が引き続き開花はせず。もう咲き続ける蕾は作られずだった。

23/03/01 十月桜

'23仙台MF)三月桜になった(2023.03.01)

23/02/01 十月桜

'23仙台MF)二月桜になった十月桜は霜焼け(2023.02.01)

23/01/05 サクラその1

'23仙台MF)一月桜になった(2023.01.05)

22/12/28 十月桜その1

'22仙台MF)観桜納め(2022.12.28)

22/12/01 十月桜

'22仙台MF)十二月桜になった(2022.12.01)

22/11/07 十月桜

'22仙台MF)十一月桜になった(2022.11.07)

22/10/11 十月桜

'22仙台MF秋)暦通りに十月桜開花(2022.10.11)

2023.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ハナズオウでアオジが歌う

通勤・昼休み散策の都市公園、通称MFで今季のアオジの囀りは、以下に書いたよう4月上旬だった。

アオジとウグイスの囀りコラボ(2023-04-05)
【続】アオジとウグイスの囀りコラボ(2023.04.05)

今季はMFでは越冬せず、渡りの途中の立ち寄り歌っていったのかなと思っていたら、以下のようその後も続々と観察。

越春アオジ?、渡りのアオジ?(2023.04.11)

23/04/19 アオジその1

今朝の散策でセンダイムシクイの囀りを観察し、姿を探しているとアオジの姿を発見。やっぱり渡りのアオジが続々なのか?、それとも越春のアオジなのか?。

23/04/19 アオジその2

その後、別の場所でもがん黒のアオジ、♂を観察。

そのアオジを観察していると囀りも観察でき、なんとほぼ満開のハナズオウで歌う姿も観察・撮影することができた。

2023.04.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

'23仙台MF)渡りの夏鳥、二番バターは青い鳥!

本館に書いた'23仙台MF)渡りの夏鳥、トップバターはちよちよびー!の続き

23/04/19 センダイムシクイ

今季初の渡りの夏鳥、センダイムシクイの囀りと姿を観察でき、今朝の散策はもう最高!。

23/04/19 オオルリその1

これだけでもう十二分な成果とは思ったが、その後も探すと今度はオオルリ♂を初認.........\(^o^)/。

23/04/19 オオルリその1

これまでの渡りの夏鳥トップバッターに輝いたのは、センダイムシクイ、オオルリ、コムクドリ、クロツグミの順で4種。そのオオルリをトップバッターと同日に観察できるちは、もう、もう、最高過ぎる!。

ツィーと鳴くツグミ類も観察したので、もしかしたらクロツグミ?。可能性は無きにしも非ずだが、ツグミ類の地鳴きは識別できないからなぁ、識別できたら更に楽しいのに。

2023.04.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

玄関前でミサゴを被った

23/04/18 ミサゴその1

昼休み散策後、家へ戻りかけると、裏の沼方面からハクセキレイの警戒する鳴き声がした。視線を向けると猛禽類にモビングしているように見えた、誰鷹?、確認するとミサゴだった。

23/04/18 ミサゴその2

過去にもここ沼の上空でミサゴの観察記録あり、たぶん、沼にいるバスバスター(バスの捕食)にやって来たのだと思う。

ハクセキレイのモビングに閉口したのか、餌を捕らずに飛び去ってしまった。その際、玄関前でミサゴが被った...............(#^.^#)。

2023.04.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】うちのコチドリも帰還

23/04/18 コチドリその1

先週金曜日にうちのコチドリも帰還(2023.04.14)という記事を書いた、今日の昼休み散策も同じ田んぼにコチドリがいた。

23/04/18 コチドリその2

更に奥の奥にもう1羽いた、もしかしてつがいかも。

過去に、砂利の駐車場で警戒されたことがあるので、ここで繁殖している可能性あり。チドリ類のヒナは早成性で、孵化後すぐに巣を離れるので、かなり運がよくないと観察は難しいと思うが、観察してみた。

2023.04.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】ガビチョウが駆逐する種は?

先日、ガビチョウが駆逐する種は?(2023.04.14)という記事を書いた。

23/04/18 シロハラその1

その翌日、渡りのシロハラ?(2023.04.14)という記事を書いた、その4日経った今日も同じ場所に同じ個体と思われるシロハラがいた。

23/04/18 シロハラその2

今日はそのシロハラがいるとこのちょっと手前で、大音量で囀るガビチョウを観察。

23/04/18 シロハラその3

先日の記事に土壌生物のミミズ等を餌にするツグミ類と生息がバッティングするのではないと書いた、もしやガビチョウvsシロハラが見られる可能性あり?。ちょっとだけ足を止め観察してみたが、ガビチョウはやって来なかった。

田んぼに行くとまだツグミがたくさんいたが、ここにもガビチョウはおらず。

シロハラ、ツグミ、特にツグミは開けた場所で採餌する、ガビチョウは藪への依存度は高いからか開けた場所では見たことがない。う~ん、だとすると、ガビチョウとツグミ類は生息がバッティングしないかもなぁ。

2023.04.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

特別な許可で調べてみたいハヤブサの食痕(^^;

昨日、野鳥の会支部の総会が開催された地上24階建ての高層ビル、てっぺんでよくハヤブサは観察されるとのこと。

23/04/15 食痕1

総会は開催されたのはそこの23階、窓際にはそのハヤブサが食べたと思われる食痕が複数見られた。これは嘴が長いのでカワセミではないかとのこと、眼下には城跡公園があり、そこのお堀にカワセミが生息している。たぶん、そこのが狩られ、食べられてしまったのではないかと思う。

23/04/15 食痕2

中型の食痕もあり、右側に目の窪みがある頭蓋骨っぽいのが見える。ヒヨドリあたりだろうか?。

23/04/15 食痕3

手羽っぽいのが見える食痕もあった、これはツバメだろうか。

無人カメラを取り付けて、観察してみたいなぁとふと思ったが、個人じゃ無理だろうなぁ。

あ!、某ダー〇ィンが来たで、よく出る「特別な許可を得て撮影しました」なら、撮影・調査できるかね...............(^^;。

2023.04.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

うちの春告げ鶲にも再会

昨日、ノビタキについて'23仙台)春告げ鶲という記事を書いた。

もしや我が家近くの農耕地にも来ているのでは、昼休み駆け足で散策してみた。

23/04/14 ノビタキその1

春の渡りは秋より短期間、タイミングが合わないと出逢えない。さて今季は?、と思ったら、早々に畑で観察。菜の花類がほぼ満開の畑の杭に複数個体いる,,,,,,,,,,,,,,,,,,\(^o^)/。昨日の引き続き春告げ鶲に再会、うちの春告げ鶲にも再会と言っていいかな。

23/04/14 ノビタキその2

黒っぽく夏羽になりつつある雄もいた。

23/04/14 ノビタキその3

全部で4~5羽のノビタキが乱舞の、楽しい楽しい昼休み散策となった。

2023.04.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

うちのコチドリも帰還

昨日、水を張った田んぼのコチドリ帰還という記事を書いた。

コチドリは毎季、我が家から歩いてすぐの田んぼでも見られる。今季はまだ再開していない、今日の昼休みの散策に行ってみると極一部の田んぼに水が張られていた。こんな環境のとこに入るんだよね、まだいないかと思ったらピィーとチドリ類の鳴き声がした。

23/04/14 コチドリその1

こりゃいる、警戒させないようそっと探すといたいた!、うちのコチドリも帰還..................\(^o^)/。

23/04/14 コチドリその2

やはり警戒させちゃったようで、こっちもガン見して来た......^_^;.......ので早々に立ち去った。

2023.04.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

渡りのシロハラ?

昨日、ガビチョウが駆逐する種は?に書いたように、丘陵地の森林型都市公園でシロハラに出逢えた、ここのは越冬した個体だと思われる。

23/04/15 シロハラその1

本日昼休みは近くの田んぼへ行った、その途中の小さな公園の脇を通るとツグミっぽい鳥影を発見。そろそろツグミともお若手かもなぁと思ったらツグミではないような?、足を止めて観察するとシロハラだった。

23/04/15 シロハラその2

ここの小さな公園は越冬するほど広くないので、渡りの途中の個体のように思う。いよいよ、渡りが始まったのだと思う。

2023.04.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数