fc2ブログ

キジバトは雪宿り?

本日は天気予報通り、午前中は一時吹雪となった。

23/11/30 キジバトその1

昼前のは雪も止んで、雲の隙間から青空も見えたので毎度の公園散策に行ってみた。いつもはどんぐりが落ちている地面にキジバトがいる、今日はいないなぁと思ったらシラカシの樹内のいた。

午前中、吹雪いていたので雨宿りならぬ雪宿りして、そのまま佇んでいたのかも。

23/11/30 キジバトその2

珍しく警戒もせずだったので、拡大して撮ってみた。

スポンサーサイト



2023.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

巡回カケスだったよう

23/11/29 カケスその3

昨日、カケスについてヤマガラの貯蔵をカケスが食らう?という記事を書いた。そのカケス、滞在しているのか?、巡回しているのか?疑問だった。

本日昼休みも散策と公園へ向かうと、途中、田んぼがある耕作地方面から公園に飛ぶ鳥影あり。その鳥影、ジェイと鳴いたのでカケスに間違いなし。

公園散策でカケスを探す、鳴き声とちらっと姿が見えた。本日の観察だと滞在しているか巡回なのかの疑問は、巡回していると考えていいだろうと思う。写真は撮れず、昨日の写真を貼った。

同じ公園でも2周、3周すると、別の鳥たちに出逢えることがあるのは、この巡回のタイミングにも関係してるんだろうね。これがから都市公園散策、いや、都市公園鳥見聞は止められない................(#^.^#)。

2023.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【備忘録】鳥類標識調査・回収記録データ参照方法

ここ最近、以下で公開されている「環境省自然環境局 生物多様性センター」の「 鳥類アトラスWEB版(鳥類標識調査 回収記録データ)」というのを時々参照している、以下のそのサイトのリンク。

生物多様性センター
 鳥類標識調査
  鳥類アトラス Web-GIS

Webページには、「鳥名(和名から検索)」等をクリックして種名を特定、表示されたGoogle Earthの画像をクリックすると標識調査の結果が表示されると書かれている。が、何度やっても表示されず、kmlという拡張子がついたファイルがDLされるのみ。

いったいどうしたら表示できるのか?、いろいろやってみた結果、Google Earthを起動してDLしたkmlファイルをインポートすれば表示させることができることがわかった、手順は以下の流れ。

Google Earthにアクセスし「Google Earthを起動」を押す
②左上の「ファイル(F)」をクリック
③「KMLまたはKMZファイルをインポート」を選択
④DLしたファイルをインポートする

以上の操作で、日本地図をメインにどこで標識され、どこで回収されたかの情報が表示される。

鳥類標識調査・回収記録データ参照方法、備忘録として書いてみた。

(PS)
・Googleアカウントでログインが必要かもしてない
・一度インポートしたデータは、「ローカルKMLファイル」として、削除しない限りGoogle Earthに残っている

2023.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ヤマガラの貯蔵をカケスが食らう?

本日は朝から降ったり止んだりの雨模様だが、昼休みは傘片手に我が家近くの公園を散策してみた。

23/11/29 カケス

今日もカケスがいた、ここで初認した際、カケスが都市公園にやってきた(2023-11-14)という記事を書いた。それから約半月、未だに出逢えるということは滞在中なのか?、それとも巡回コースに入っているのか?。

23/11/29 カケスその1

せっかくだら傘を片手にコンデジで狙ってみたら、木の切り株と思われる穴に嘴を突っ込んでいた。

23/11/29 カケスその2

もしや中に餌があるのかも?、しばらく観察していたら丸い実を取り食べていた。

カケスが貯蔵したものだろうか?、ヤマガラが貯蔵したものを、カケスが発見して食べてしまったのかも。

もしかして先日コツコツ鳥2種(2023-11-15)に書いた

2023.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】う、う、ウが増えてきた

昨日、本館にう、う、ウが増えてきたという記事を書いた。

23/11/29 カワウ

今朝のゴミ出しでも確認すると、う、う、ウ、う、う、ウ、う、う、ウ..................更に黒い鳥影がいっぱい。

毎度、見かけた瞬間から右往左往で飛び回ったり、潜水して隠れたりではあったが、ざっと数えてみら少なくとも10羽はいた。

ここの用水沼のカワウ、朝方は見かけるもののそれ以外の時間帯はほぼいない。巡回の途中に立ち寄るだけなのか?、飛んでいる方角から見る限り、南方面から飛んできて、北方面へ飛んでいくように思える。北方面には、沼あり森林型都市公園がある。やはり、今後、そこに営巣もあり得るかもしれない。

2023.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

ヒガラは当たり年?

23/11/28 ヒガラその1

一昨日、本館にそしてツグミもいなくなった'(2023-11-26)という記事を書いた。

タイミングの可能性もあるかも、今日の昼休みもそこの公園を散策してみたが、やっぱりおらず。ここんとこの暖かさで、どっか行ってしまったのか?、まさか北上?、山へ行った?。

代わりにヒガラが観察できた、今のところここの公園、ヒガラが当たり年かも。

23/11/28 ヒガラその2

針葉樹内を動き回り、なかなかシャッターチャンスなしだが、粘ってシャッターを何枚も押してみたら、ピントは甘いがそこそこ撮れたかな。

2023.11.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

11月下旬仙台)マンサク咲く

23/11/27 ボケ

昨日、所用は昼過ぎまでかかったのでそのまま仕事は休みにした。中途半端な時間なので、犬を大き目の公園に散歩に連れていった。車の助手席に犬を乗せようとしたら、お隣さんの庭にボケが開花し始めていた。

過去記事を検索してみると、以下を書いていた。

ボケは初冬から咲き始める?(2018.11.30)

従って、それほど珍しくはないのだと思う。

23/11/27 マンサクその1

大き目の公園で思う存分犬を散歩させた、興味を示すものがたくさんあるのか、いくら歩いても無尽蔵の元気。こちらが飽きてきて、さぁ帰ろうと指示を出し、最後にマンサクを見に行ったら、え!、え!、若干ほころんでいるじゃないか。

23/11/27 マンサクその2

少ないもののいくつかもうほころんでいた、開花したと言っていいかもね。

たぶん、この時期にマンサク開花は、かなり早いと思う。

2023.11.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

初雪に甲羅干し

在住の仙台、今季の初雪は「11/25」と気象台か発表あり。

23/11/25 キンクロハジロ

今季の初雪は見逃した、積りはしなかったしね。そう思いながら、その日、裏の沼あり森林型都市公園に散策に行ってキンクロハジロを観察・撮影していたら、小雪が舞っているの見えた、初雪見たぞ!。

キンクロハジロの写真、確認してみると、左側下に白い線が、これたぶん、初雪だと思う。

23/11/25 ホシハジロ

ホシハジロもいたので撮ってみた、頭に積雪?、潜水して水滴はついているだけだよね?。

23/11/25 ミシシッピアカミミガメ

初雪が降ったが日差しはある、甲羅干しのカメは?、ポイントの倒木に姿勢を向けたら1匹だけいた。

初雪の日に甲羅干しのミシシッピアカミミガメ、見たぞ!。

2023.11.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

仙台ってハクチョウ類が多い?

23/11/28 オオハクチョウ

昨日の本館に書いた雑木森林公園はカケスの聖地、上空をハクチョウ類が2羽飛んだ。鳴き声、撮った写真からオオハクチョウだと思う。

ハクチョウ類と言えば、昔々、SNSで知り合った南関東の方が仕事で仙台に来る、時間があったらハクチョウ類を見に行きたいという希望があり、駅で待ち合わせ鶴ケ谷中央公園へ連れて行ったことがある。

仙台に住んでいるとハクチョウ類は、結構あっちこっちで目にする。稀ではあるが、我が家のベランダから見えることもある、犬の散歩('23)犬の散歩で初白鳥(2023.11.05))でも上空を飛んだり鳴き声が聞こえることもある。

ハクチョウ類の渡来数は一説によると新潟県が一番らしい、が、宮城県もそれには負けていないはず。

もちろんここに行ったら出逢えるというところもあるものの、それ以外にも飛んでいるのを結構見かける。仙台ってハクチョウ類が多いかも、そう思った昨日の朝だった。




2023.11.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

宮城県)ホシムクドリが増えている

2年前、ホシムクドリについて以下の記事を書いた。

宮城県)ホシムクドリの記録(2021.11.02)
eBirdで見た日本国内のホシムクドリの記録(2021.11.03)

昨季も冬椋鳥に出逢えた(2022.11.26)、県南では毎年越冬していることになるのではないかと思う。

そのホシムクドリ、仙台市内にも渡来したという情報を目にし探しに行ってみた。

23/11/23 ホシムクドリその1

ムクドリの群れを探しながらゆっくりと車を流すといたいた、車を止めてホシムクドリが混じっていないか探すとピンポン混じっていた。まずは証拠写真、車の中からコンデジで撮ろうとしたら飛んじゃった。何故飛んだのか?、その先を見ると撮り屋さんが3人いた、その方々に警戒した模様。

23/11/23 ホシムクドリその2

その後、畑に下りたように見えたが、見失ってしまった。助手席に犬を乗せていたので、そこから離れ、散策しながら犬を散歩させた。かなりしばらく経ってから、同じところで戻ってみたら、ホシムクドリも戻って来ていた、撮り屋さんの姿はなし。

車の中から観察・撮影すると、ムクドリの群れの少なくも3羽はいた。

23/11/23 ホシムクドリその3

更にじっくり観察すると4羽、よく見るともっといるっぽい。

23/11/23 ホシムクドリその4

ムクドリとホシハジロのツーショット、同じくらいの大きさかな。

23/11/23 ホシムクドリその5

その後、畑に下りて採餌、草の陰に隠れてよく見えなかったが、粘っていたら開けてところに出てきた。ホシムクドリ、数えてみたら14羽はいた。

これまでは県南で少数が越冬という状況だったが、これだけに数が県中に出たということは、宮城県内で越冬するホシムクドリが増えているのかもしれない。

2023.11.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

翅がボロボロのモンキチョウ

23/11/23 十月桜

先月下旬、十月桜がギリチョンで開花(2023.10.29)と書いた十月桜、本日は更に先、そこそこ見ごろになっていた。

23/11/24 モンキチョウ

本日は曇り時々晴れ時々小雨、風もあり、虹が見えたりと不安定な空模様だったが、気温は高めで小春日和だった。

小春日和だからか、蝶類がいつか飛んでいた。飛んでいたのはシジミ類、白っぽいウラナミシジミ?、黄色っぽいキタキチョウ?、が、何れも止まらず。

やっと止まったと確認・撮影すると、黄色っぽいのはキタキチョウではなくモンキチョウだった。翅がボロボロ、そろそろ天寿を全うかもね。

2023.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

ガンガン潜るカルガモ

本日散策した二級河川が隣接をする都市公園、公園内に大き目に池がある。

23/11/24 カルガモその1

人工の池だが、毎季、カルガモ以外の冬鴨類も数少ないが入る。それらを探していると、潜るカモ影がいくつかあり。潜水カモがいる?、確認するとカルガモだった。

23/11/24 カルガモその2

以前からここの池ではカルガモは潜る姿を見る、今日は3~4羽が代わる代わ潜っていた。

23/11/24 カルガモその3

水浴びをしている個体もいた、潜る行動は水浴びなのか?、水中にの苔を採餌していたのか?。

2023.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

めっちゃ少ないシメ

本館に書いたえーながめはあったがしめしめではなしの続き

本館に書いたよう今季は「めっちゃ少ないシメ」、平年なら極々普通に出逢える二級河川が隣接をする都市公園でも地鳴きすら聞こえず。

23/11/23 シメその1

最後の最後に微かな地鳴きがカエデ科の樹内から聞こえた、このビッグチャンス逃さずと探すがなかなか見つからず。飛ぶなよ飛ぶなとと祈りながら探すと、ようやく樹内に発見、すげー枝被り、いや、葉被り。

23/11/23 シメその2

コンデジのファインダーでもどこにいるか??だったが、何枚かシャッターを切ってみたらなんとか写っていた。

ここの公園、今月上旬に'23/11)地上ツグミがいっぱい(2023.11.01)という記事を書いた。今日もいるかと思ったら、公園中央に芝生にはおらず、地鳴きが聞こえた程度、移動してしまったのかもしれない。

2023.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

キュンキュン旅烏にキュンキュン

今季、旅烏ことミヤマガラス、コクマルガラスの再会は、以下に書いたように10月下旬だった。

'23仙台)旅烏に再会(2023.10.29)

コクマルガラスは若鳥と言われている黒色タイプ、また、写真は撮れず。本日、白色タイプと写真を狙って、助手席に犬を乗せて東部の穀倉地帯に散策に行ってみた。

23/11/23 ミヤマガラス

まずはミヤマガラスの群れを探さねば、探すことしばらくそこそこの群れを発見。

23/11/23 コクマルガラスその1

ミヤマガラスの群れのコクマルガラスが混じっていないか探し始めると、かなり近くからキュンキュンとコクマルガラスの鳴き声が聞こえてきた。いったいどこにいるの?、探せど探せど姿が見つからず、ん?、すぐ近く?、よくよく探すと頭上の電柱にいた。全身を撮りたかったが、電柱の陰で撮れず。すぐ下を人が通っても飛ばず、こりゃ車を下りても警戒されない?、降りてみたらやっぱり飛ばれた。通行人と違い、全身から撮気(殺気)がバリバリ出ていたんだろうな(笑)。

23/11/23 コクマルガラスその2

黒色タイプでももっとじっくり撮りたい、願わくば白色タイプも。別の田んぼでミヤマガラスの群れを探すと、結構大きな群れを発見。白色タイプを探すといたいた、ひこばえ?の中で発見!。

23/11/23 コクマルガラスその3

その後、畔に移動したので、コクマルガラスとミヤマガラスのツーショットも撮ってみた。

23/11/23 コクマルガラスその4

他にも白色タイプがいないか探すが見当たらず、黒色タイプは3~4羽いた、貼ったのは黒色タイプのコクマルガラス2羽。

間近でコクマルガラスのキュンキュンという鳴き声を聞け、キュンキュンした...............(#^.^#)。

(PS)
コクマルガラスの鳴き声、これまでは「キョンキョン」と表現していた、今日は「キュンキュン」と聞こえた。

2023.11.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

11月下旬の蝶類

チョウ類について、先日、枯草にツマグロヒョウモン(2023.11.20)という記事を書いた。

本日昼休みは小春日和、昼休み散策に行った近くの田んぼ、チョウ類を探してみた。

23/11/22 イチモンジセセリ

まず目についたのはイチモンジセセリ、かなり翅が擦り切れていてずばり虫の息かな。

23/11/22 ウラナミシジミ?

次はベニシジミっぽい蝶、かなり紅色が薄くなっちゃったのね、そろそろ時間が差し迫って来たので、よくよく確認せず写真を撮って終了。

帰宅後、写真を確認すると、え?、え?、ベニシジミではない。翅の裏になみなみの模様があり、後翅の下にオレンジ色斑あり。フィールドガイド日本のチョウで確認するとウラナミシジミのよう、この蝶は温暖な地域では成虫越冬するらしい。

23/11/22 キタキチョウ

最後はキタキチョウ、翅の擦り切れなし、このまま成虫越冬するのかもね。

11月下旬の小春日和、思ったより蝶に出逢えた昼休みだった。

2023.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

夜明け直後の鳥たち

本日の日の出は「6:24」、随分遅くなってしまった。これまで10月下までは朝の散策は6時開始でよかったが、昨今は6時半過ぎではないと薄暗い。

とはいうものの遅い時間に散策をすると始業時間が遅くなり、終業時間も遅くせざるを得ない。そんなわけで日の出直後から、散策に出かけた。

23/11/22 ジョウビタキ

夜明け直後の鳥たち、裏の沼の周辺でまずはうちの女美鶲(ジョウビタキ)に出逢えた、まだ滞在中のよう。

23/11/22 スズメ

都市公園ではスズメの鳴き声が聞こえた、どこにいるのか姿を探すがなかなか見つからず。やっと見つけたら、1羽で建物の塀に止まっているのを発見。この時期のスズメ、群れでいることが多いような気がするが単独だった、なんだか寒すずめっぽく見えた。

23/11/22 ヒヨドリ

最後はヒヨドリ、昇ってくる朝日に寒いぞ?、あったかくなって来たぞ?、と鳴いているように感じた。

2023.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

まだまだたわわな柿の実・鶫

干し柿

10月下旬に里山に鳥見聞に行った際、無人販売所で干し柿用の柿を購入した。2週間ちょっとで干し柿が完成し、今現在は冷凍庫に保存し、時々食している、

23/11/22 ツグミその1

本日昼休みは自宅近くの田んぼに散策に行った、そこへ向かう途中の農家さんの庭先に以前から柿の実がたわわに実っている。

そろそろ良い塩梅に熟して、鳥たちがたくさんやって来て閉店かな?。鳥たち以外にももしかしたらハクビシンも食べに来たかも?、まさかクマはないよね。通りすがりの確認したら、まだまだたわわに実っていた。

でも、もうかなり熟しているよね?、手が届く高さの実を触ってみたらまだ固かった。実によって熟しかなり違い模様、もしかするとまだ干し柿できるかも。

23/11/22 ツグミその2

柿の実がまだまだたわわということで、それを食す鶫(ツグミ)もたわわに生っていた、いや、止まっていた。

2023.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】マチセキレイは事故に合いやすい?

今朝は出社しIB公園を散策、この公園では街ハクセキレイはビルハクセキレイにも(2023-11-13)に書いたよう、鳴き声はするが公園内に下りていることは滅多にない。

23/11/21 ハクセキレイその1

が、今朝は公園内に下りている個体がいた。じっくり観察、撮影を試みたら左足が欠損していた。9月まで散通勤・昼休み散策していた都市公園でも、足が欠損している個体を観察したことがあり。探してみたら、以下の記事だった。

足が欠損?のハクセキレイ(2022.06.08)

他には以下の記事も書いていた、マチセキレイは事故に合いやすいのかな?、やっぱり。

マチセキレイは事故に合いやすい?(2021.02.19)

街ど真ん中公園なので、ポイ捨てされた釣り糸はないはず。他に絡まるものがあるのか?、ここ以外で欠損した可能性もあるか。

23/11/21 ハクセキレイその2

ハクセキレイはもう1羽いて、こちらは欠損なし。

都市公園で見かけるドバト、ここの公園にはたくさんいる。そのドバトも、都市公園では欠損しているのがいると聞く、ここではまだ見たことがないがないが。ハクセキレイはさておき、ドバトで検索してみたら、以下がヒットした。

ハトの足指切断、原因は人間の髪の毛? 仏研究(CNN.co.jp)

2023.11.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

探せばいる?、なんちゃらタヒバリ

23/11/18 タヒバリその1

先週、土曜、区内東部に田んぼに散策に行ったら、ピピットさんことタヒバリが数羽いた。タヒバリは随分前に初認したが、今季初撮りは今回が初かな。

23/11/18 タヒバリその2

そういえばタヒバリってどこから渡って来るおか?、図鑑で確認するとユーラシア大陸の中部・北部らしい。

図鑑を見て同じ並びでおぉ!と思ったのが、セジロタヒバリとムネアカタヒバリ。おぉ!、と思った理由は、繁殖地と越冬地の間に日本列島があること、従って渡りの途中に通るよねと。

セジロタヒバリもムネアカタヒバリも、何度が高いがじっくり観察できれば識別できると思う、セジロは厳しくてもムネアカタはね。が、タヒバリは頻繁に動きまわるため、なかなかじっくり観察は難しい。

だとしたら、地鳴きで識別できるのでは?、鳴き声図鑑(バードリサーチ)を参照すると、以下のそれぞれあり。

ムネアカタヒバリ:チーと鳴く、ツィーとメジロに似た声で鳴く
セジロタヒバリ:チュッ、ツィーと鳴く、ハクセキレイに似てる?

地鳴きもムネアカタヒバリだったら識別できそうな気がする、今後はもっと注意して観察してみたいと思う、特に渡りの時期は。

2023.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

枯草にツマグロヒョウモン

23/11/18 ツマグロヒョウモン

先週、土曜、枯草で【続】シメシメに未だにならない(2023-11-18)を探していると、ツマグロヒョウモンを見つけた。

11月もまもなく下旬なのに、まだまだチョウ類っているんだね、そう思って撮ってみた。

見る限り、ほとんど擦り切れていない、ということはまだまだ生きていけるのかな?。この時期でも咲く花はある、小春日和だと動けるだろうし、果たしていつ頃まで成虫越冬しないチョウ類が見られるのかな。

2023.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

【続】今季も近くにハクチョウ類

先日、在住の区内の西部で今季も近くにハクチョウ類(2023.11.12)を観察した。

23/11/18 ハクチョウ類

毎年東部でも、ミヤマガラスとハクチョウ類、そして稀のガン類も観察できる。前の土曜、それらを探しに行ってみた。

結果はミヤマガラスとハクチョウ類がいた、どちらに平年よりかなり少ないと感じた。

23/11/18 オオハクチョウ

ハクチョウ類は拡大して写真を撮ってみたら、オオハクチョウだった。

ミヤマガラスは、平年よりかなり少なく、写真は撮れず。

2023.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】ムベで昼アオマツムシが鳴く

約一ヵ月前、ムベで昼アオマツムシが鳴く(2023.10.19)という記事を書いた。

その後、アオマツムシはいつまで鳴いていたか?、覚えておらず。TL(現X)のつぶやくを検索してみたが見つからず、昨今よく利用しているMastodon(Fedibird)のトゥートを探すと「11月7日」というのがあった。終鳴の時期としては、まぁ妥当かなと思う。

アオマツムシが止まっていたムベ、アケビのように食べられるという情報を目にした。先週水曜(11/14)、そこを通ったのでいただいて食してみたいと思った。保育園のフェンスなので、園の方がいたら許可を得ようと思ったが見当たらず。実を確認すると収穫した形跡はなし、また、既に朽ちていた実もあったので、3ついただくことにした。

23/11/14 ムベその1

実は何故かアケビのような紫色系と、キウイフルーツのように毛が生えているものあり。割合的には、毛が生えているのは多かった。

23/11/14 ムベその2

もぎ取った数日後の昨日、ナイフで切ってみた。アケビ科ということだが、ずばりキウイのような断面。どっちかというと、キウイのの果肉と種の位置が逆かな。

さてお味は、ずばりアケビ似だった。

ムベと判断したのは植物素人の自分、また、車の行き来が多い道路添いのため排気ガスをたくさん浴びているはず。そんなわけもあってサクッと味見した程度とした、食してみたいの目的は達成したので。

2023.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

【続】恋人たちの街路樹(笑)

恋人たちの街路樹(笑)の続き

思い立ったら吉日ではないが、昼休みの傘を片手に「バナナのような実」を探しに行ってみた。

23/11/17 カツラの実その1

探してみるがなかなか見つからず、バナナのような実ということなのでミニバナナをイメージしたが、そんなに大きいわけないよね。雌雄異株ということなので、雄株が多いのか?、それとも既に実は落ちてしまったのか。

更に探すと、やや高めの枝の発見!、これバナナのような実だよね。

23/11/17 カツラの実その2

最初に見つけたのは結構高かったので、低めの枝にもないか探してみたら見つかった。実の根本の赤いところは?、来季の新芽かな?。

23/11/17 カツラの実その3

バナナのような実、中身も見てみたかったので、ほんのちょっと採集して来た。

帰宅後、実を割いてみたが、うまく割けず。中身がペラペラっぽい、たぶん、種が平べったいのかも、これから大きくなることはないよね?。

2023.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

恋人たちの街路樹(笑)

23/11/17 カツラ

我が家周辺のはカツラの街路樹がある、秋になるとその落ち葉から甘い香りがする。この匂い、案外好き。

以下を参照すると、落葉して乾燥するとその香りがするらしい、なるほど。カツラという名前、「香りが出る=香出(かづ)る」が名前の由来という説があるとか、これもなるほど。

カツラ :: おすすめコンテンツ ≫ 植物図鑑(筑波実験植物園)
カツラの甘い香り(11月)(国立研究開発法人 森林研究・整備機構)

カツラの葉っぱを見ると、ハートマークだよねといつも思う。

この甘い、ハートの形から、ふと恋人の聖地ってのが思い浮かんだ、全然縁がないどね.........^_^;。で、いったいこれって何が起源?、サイトをいみたら恋人の聖地プロジェクトの趣旨というページあり、なるほどである。

カツラに葉っぱ、恋人たちの街路樹って名付けてもいいかも..............................(#^.^#)。

昨日、ケヤキクイバト?という記事を書いた、カツラの実を食べる鳥がいるのでは?。どんな実が生るのか?、検索してみたら以下がヒットした。

カツラ/かつら/桂(庭木図鑑 植木ペディア)

参照すると雌雄異株、へぇー知らなかった。雌株にバナナのような実が生り、果実は秋になると黒褐色に熟すらしい。もう遅いかな?、今度探してみようと思う。

2023.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

ケヤキクイバト?

出社した際散策しているIB公園、毎度ドバトがドバっといる。

今週月曜は「65羽」、今朝は「73羽」もいた、いったい何を食べているのか?。

たぶん、餌付けされているんだろうなと思うが、未だにここでは餌付け人は見たことがない。

23/11/16 ドバトその1

散策するのは朝早く、ここ最近は更にそれより早くなったのでその時分にはいないだけか?。そんなことを思って、ドバトを観察・撮影していると、近寄ってくる個体がいた、やっぱり餌付けされているのかも。

だとしたら餌付けの痕跡があってもよさそうな気がするは、探してみても見つからず。餌付けの痕跡はわからなくなるほど完食しちゃうので、よくよく探さないとわからないのか?。

23/11/16 ドバトその2

更に観察を続けると、ドバトたちが何かをついばんでいる。ドングリ?、ここの公園はシラカシ等はなさげのように見える。ついばんでいるものはドングリよりも小さいもののよう。確実のこれだ!、とは言えないが木、葉っぱからどうもケヤキの実を食べていたよう。

もしかするとここの公園のドバト、餌付けもあるが、ケヤキの実にもかなり依存しているのかも。

2023.11.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

イソヒヨドリが戻ってきた?

23/11/15 イソヒヨドリ

昨日、イソヒヨドリがピラカンサに帰還という記事を書いた。

きっと戻って来たのに違いない、今朝の始業前散策で探してみたが見つからず。やっぱりイソヒヨドリも、他の鳥のようにあちこち巡回していて、タイミングが合わないと出逢えないのかなぁと思った。

本日は空気は冷たいが快晴、昼休みベランダから外をみたら斜め向かいの建物の手すりに鳥影を発見。大きさ、動きからはイソヒヨドリっぽい、慌ててコンデジで撮ってみたらイソヒヨドリ雄だった。

昨日、ピラカンサに来ていたのと同じ個体かも。2日続けてイソヒヨドリ雄を観察、イソヒヨドリが戻ってきたと言っていいかな。

(PS)
近所のイソヒヨドリは季節移動した?(2023.11.07)に書いた・貼ったイソヒヨドリ雌は、未だに再会できておらず。

2023.11.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

【続】カケスが都市公園にやってきた

昨日、本館にカケスが都市公園にやってきたという記事を書いた。

23/11/15 カケスその1

小さ目の公園なんで、移動の途中に立ち寄ったのかなぁ思っていたが、今朝も昨日と同じ付近にいた。行動を観察すると、紅葉したカエデ系に木に移動したので追って観察。何枚か写真を撮ってみたら、何かの実を食べていた。

23/11/15 カケスその2

ここの公園、どんぐりが生る木が結構ある。その実を食べに滞在中なのか?、その実を食べにどこからか通勤して来ているのか?。

2023.11.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

カワセミも水場を巡回する?

23/11/14 ジョウビタキ

我が家近くの公園を散策する時は、裏の沼(82m×86m)周辺も併せて散策することが多い。

昨日の朝の散策、チーとカワセミの鳴き声がした、確か先日もしたはず。先日は姿は探せずだったが、昨日の朝は姿を発見、写真も狙ったが残念ながら撮れず。

今朝もいるかな?、あちこち探してみるが見当たらず、鳴き声もせず。カワセミは水辺に依存する鳥、ここにいないということはカワセミもあちこち巡回しているのかも。巡回するのは冬期のみかな?、過去記事を探すと以下を書いていた。

極小バスバスターズ(2022-11-05)
バスバスターズ小鳥(2021-06-05)

以上から冬期とは限らない模様、年中見られるチャンスはあるということかな?。

貼ったのは昨日の朝の6時15分頃に撮ったジョウビタキ、日の出は「6:15」だがまだ上りきらないため薄暗かった。

2023.11.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

近くの公園にツグミ定着か、シメは?

本館に書いた カケスが都市公園にやってきたの続き

23/11/14 ツグミ

本館に書いたよう今朝の始業前散策、ツグミも観察できた。

毎季、ここの公園ではツグミが複数越冬する。いつ頃からか覚えていないが、地面で採餌する姿も頻繁に観察できるようになる。

今季は役所の予算の都合でか?、公園内の秋の草刈りが終わっておらず、つい最近まで茫々状態で地上で採餌できる状況ではなかった。

ここ数日、ようやく草刈りされた模様、今朝のツグミはその地上で採餌する地上ツグミだったのかも。たぶん、定着ツグミではないかと思う。

ところでシメ、ほんとに今季少ない。平年なら、今頃、都市公園でもごくごく普通に出逢えていいのに、ここの公園では全く見当たらず。いったいどうしちゃったのか?、今季のシメ、ここ以外でも滅多に見かけないし、地鳴きも聞こえない。

2023.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

イソヒヨドリがピラカンサに帰還

先日、うちの近所のイソヒヨドリについて以下のような記事を書いた。

近所のイソヒヨドリは季節移動した?(2023.11.07)

その後も、ことあるごとに探しているが全く見当たらず。

やっぱり季節移動してしまったのか?、我が家周辺で観察できるようになってからは定住していたと思っていたが、実は季節移動していたのか?。これまで、それに気が付かなかったのか?。

23/11/14 イソヒヨドリその1

本日のリモートワーク、所用で分断で出かけた際、ご近所さんにピラカンサから飛び上がる鳥影を発見!。もしやイソヒヨドリでは?、先を急ぐもののサクッと観察すると予想通り。イソヒヨドリ雄が、ご近所さんのピラカンサの実を食べに来ていたよう。

23/11/14 イソヒヨドリその2

そもそもいたのに気が付かずだったのかはわからないが、取り合えずイソヒヨドリがピラカンサに帰還かな。

2023.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数