fc2ブログ

【備忘録】フクロウ

山形の実家近くの鎮守の森がある神社、毎年、アオバズクが営巣している模様。

樹齢数百年?のかなり太いケヤキがあり、その樹洞を利用している模様。老木化が進み、一部伐採される木も出て来た。

80/05/24 チョウゲンボウ

うん十年前、そのケヤキの樹洞でチョウゲンボウも子育てをした。このケヤキは伐採され、今はない。

22/06/11 フクロウ

フクロウもうん十前には営巣していて、毎年、巣立ちの時期になると保護という名の拉致をされていたらしい。

今では餌場となる畑、果樹園が周辺になくなり、フクロウは営巣していないものと思っていたら、前の週末、実家の2階で寝ていたら、夜中にゴロスケホウホウとフクロウの鳴き声が何度も聞こえた。

同じシチュエーションで、以前も聞こえたことがあったはず。

以下に備忘録として、先日と検索したのを書いておこうと思う。

■2022年02月17日(土) 23時頃
■2020年07月07日(火) 22時頃 (TLのログ)

残念ながら検索は1件しか見つからず、もっとあったような気がするが。

貼った写真は「2022/06/11」、某所で観察できた巣立ちっ子。

スポンサーサイト



2024.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

大逆転の赤い鳥

本館に書いた暖冬で冬鶲程度の続き

24/02/18 ベニヒワその1

2班に分かれて時計回りのコースを取った探鳥会、終わり際にコゲラがいますとと声がかかり、参加者は皆、そっちを見た。自分はそっちじゃなく、別の鳥影を発見。マヒワか?、数羽いる、ん?、その中に頭が赤い子がいた。

24/02/18 ベニヒワその2

べ、べ、ベニヒワじゃないか!。年明け早々に、当地で観察したという情報は聞いていたが、その後、行方不明で見つからとも聞いていた。

24/02/18 ベニヒワその4

4羽ぐらいいたが、探鳥会で15名程度の人数、更に城跡の狭い土塁の上。なんとか場所をかえつつ、撮ってみた。

24/02/18 ベニヒワその3

ものの数分で、数羽のベニヒワとマヒワは移動してしまった。

探鳥会終了後、単独?、有志で?、探してみたが見つからず。

ベニヒワを初めて観察したのは南関東在住だった1989.03に奥日光の戦場ヶ原で。その後、2009.3に札幌で(【続】 やっぱり違うな北の大地の野鳥)。その昔、蒲生海岸でも見た記憶があるが、何年だったか覚えておらず。

街中の都市公園でベニヒワの群れ、これはかなり珍しいのではないかな?。

2024.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

2月中旬)山形でも亀が甲羅干し

まだ2月だが、以下に書いたよう先日、在住の仙台で亀の甲羅干しを観察。

立春に亀が甲羅干し(2024-02-04)

24/02/18 ミシシッピアカミミガメ

昨日は山形市の霞城公園のお堀で甲羅干ししている、ミシシッピアカミミガメ3匹を観察。

平年いつ頃見られるのか?、情報はないが、この暖かさで起きて来たのは間違いないと思う。

2024.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

山形)シジュウカラが歌合戦

本館に書いた暖冬で冬鶲程度の続き

24/02/18 シジュウカラ

暖冬で冬小鳥が少ない代わりに、キリコロキリコロとカワラヒワが囀っていた。気温が高いと、やっぱり歌いだしたくなるのかもね。

極めつけはシジュウカラ、探鳥会終了後もサクッと歩いてみたら、複数個体が囀り、まるで歌合戦をしているようだった。

シジュウカラの囀りは、在住の仙台で以下に書いtたよう初認済。

日が長くなりシジュウカラが囀る(2024.02.07)

初認は1羽の囀りだったが、今回は複数個体。暖かさで囀り出したというのもあるが、もう繁殖行動なのかもね。

2024.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数