アオマツムシ、仙台市北部では絶滅危惧種かも

ここ何年か秋になると、「リーリーリー」と鳴くアオマツムシの鳴き声が聞こえる。

過去に以下のよう何度か話題にした。

仙台駅前でアオマツムシ
今期は静か、仙台市北部のアオマツムシ
アオマツムシの北限

今季の初音...........(初音ってウグイスだけに表現?)..........は昨日の夕方マイフィールド近くの合同庁舎裏の街路樹。いつもより遅いような気がする。

その帰り道、仙台市北部の我が家周辺でも聞き耳を立てて歩いたが................全く聞こえず。

仙台市内のアオマツムシは、東北以南から運ばれて植樹された樹木に密航してきたのではないかと一部で言われている。それらが一時繁殖をし、生息域を広めたが昨今は縮小しているのかも。特に仙台市北部では絶滅危惧種かもしてない....................そもそも外来種だから絶滅を危惧することはないけどね..................(^^ゞ

宮城県の他の地域、また隣県の山形、福島ではどんな状況なのだろうか?

山形は以前「気がつかないかな?爆音!山形市民!」と書いたことがある......2年前の体験記、今はどうなんだろうなぁ。

スポンサーサイト

2009.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数