子連れカモとまだカモ

本館の続き

日本野鳥の会宮城の青葉山探鳥会、博物館前の五色沼でカワセミを十二分に堪能し、広瀬川の大橋で向かった。

10/06/06 オシドリ

大橋から広瀬川の水面を皆で覗き込み鳥影を探すと.......中州を撤去してしまったせいか、鳥影が少ない。先日はすっかりなくなったのが若干復活していたけどね。探すこと数分、下流に向かって左岸にオシドリのカップルがいた。そろそろ雛連れの愛らしい姿を見られてもいいんじゃないのかな?、と期待してキョロキョロするが......雛はいないよう。このカップルは繁殖行動はまだなのかな?、それとも何かしらの要因で繁殖に失敗してしまったのだろうか?

10/06/06 カルガモ

オシドリに雛っ子に出逢えず寂しいなぁと思っていたら、下流に向かって右岸にカルガモの雛連れがいるという声が飛んだ。どこどこ?と聞き探すといたいた.......やっぱり雛連れは萌え萌えだよなぁ......(*^_^*)........探鳥会参加者が数を数え、○○羽いるよ、いやもっといる△△羽だよという声が.......子沢山で無事育つのは随分少ないんですよねと言いかけたが......興ざめされると思って、ぐっと言葉を飲み込んだ.....(^^ゞ

10/06/06 カワトンボ

長沼ではそろそろ咲くかなぁといつヒツジグサにカワトンボが止まっていた、参加者によると♂は羽に色があって、メスは透明らしい、ということは♂ってことでいいんだよね。

その他探鳥会ではハヤブサ、オオルリもばっちり観察することができたが、高愛率ではあるがコンデジ(コンパクトデジカメ)では限界ありで、まともに取れず。他にちらっと姿のサンコウチョウ、鳴き声だけだがキビタキとなかなかの探鳥会だった。

スポンサーサイト

2010.06.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数