コムクドリが多いのは山形市は標高が高いから?

本館の続き

10/06/12 コムクドリ

在住の仙台市ではムクドリはうじゃうじゃいるがコムクドリは少ない、どちかというとわざわざ見に行かないと出逢えない。実家の山形市はあちこちにコムクドリがいる。住宅の雨どい等の隙間はムクドリ、樹洞はコムクドリと繁殖場所を棲み分けているように感じる、真相は?だが。帰郷中の実家でカッコウ探しをしていたら、目に前の木にコムクドリを発見、貼ったのはそのコムクドリ。目の前の畑にもあちこちにいた。鳥見のネット仲間によると、標高が高めのところにはムクドリは極々僅かでほとんとがコムクドリらしい。ということは仙台市と山形市は隣接するが、山形市は仙台市より標高が高いからなのかもしれない。そういえば、在住の頃、街中の公園、大学の構内でチゴモズが繁殖したという情報もあったし。

スポンサーサイト

2010.06.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数