ヤマガラはえぐくないのか?

昨日の本館の続き

鳥見を趣味とする方々、通称「鳥見人(トリミニスト)」が「エゴの木」といったら「ヤマガラ」が浮かぶ......はず。何故かというと、エゴの実をヤマガラが好物らしいから。エゴ ヤマガラ - ウェブ検索で、山のようにヒットする。

昨日貼ったように今現在、あちこちでそのエゴの白い花が満開で目を楽しませてくれる。タイミングよくTwitterにも写真を貼られた方がいた。コメントしたら......なんとエゴに実、有毒なサポニンという成分を含んでいるんだとか......(@_@;).....更にそれを利用し、その毒を利用し魚を取ったとか......全然知らなかった。あ!、そういえば....過去にその実、歯でで噛んだことがあったような......大事に至らなくてよかったよかった.....(*^_^*).....ネットで検索したら、以下に詳しく載っていた。

エゴノキ - Wikipedia
エゴノキ(Y.HADA'S Home Page)

ほんでもって....エゴという名前は「果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来する」だとか。

その実を好んで食べるヤマガラ、えぐぐはないのかな?.....(^^ゞ....ん!、そういえば口に入れたのは、ヤマガラが食べる時期の晩秋か初冬だったはず、その頃のはカラカラというかカチカチになているからえぐぐないのかも。だからと言って......ジューシーな状態の時に口に入れてみたいとは思わない......(^_^;)

スポンサーサイト

2011.06.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数