アオマツムシがやっと鳴いた>仙台

関西の自然史博物館のメーリングリストでは、もう随分前からアオマツムシの鳴き声を聞いた話題になっている。秋の虫なんだから、より北の仙台はそれより早く鳴いてもいいのでは?と思うが、不思議なことにそうではない。ここ数週間、ずっと聞き耳を立てているが未だに聞くことができなかった。もしかすると、仙台では絶滅したのではとも思ってしまった.......(*^_^*)

が、昨日の夕方、マイフィールドで初聞き!.....\(^o^)/......外来種だけに喜ぶべきではないのかもしれないが、季節を感じられたので嬉しかった。その後、自宅近くでも聞くことができた。随分、遅いよなぁ、過去にも話題にしたはず、過去の記事を探すと以下があった。

アオマツムシ、仙台市北部では絶滅危惧種かも(2009.09.29)
仙台駅前でアオマツムシ(2008.09.17)
秋の虫は夜更かしで朝寝坊?(2006.09.22)

何れも9月中旬~下旬、ということはほぼ平年並み、全然遅くない。

夏の虫のセミの鳴きだし、縦に長い日本、南から始まるのはわかるが、秋の虫のアオマツムシも南かあ始まるというのは何故なんだろうか?。そもそもこの虫、南方系だからなのだろうか?

スポンサーサイト

2011.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数