【秋の虫No.3】今度こそ鳴き声が名前のコオロギ

【秋の虫No.2】簡単に聞けるからカンタンじゃないのねの続き

昨日のこと、我が家マンションのベランダからなかなかの美声の秋の虫の鳴き声が。

小学低学年だった頃は虫好きだった下の子、中学になってからはさっぱり興味を示さなくなってきたが、珍しく昨晩は「今鳴いているのなんて虫?、生き物詳しいから知っているよね?」と私に聞いてきた.....(*^_^*)。

チャンスとばかり、「虫しぐれ」の出番。まずは、印刷&パウチした秋の虫検索表を見せて、文字にするとなんて聞こえる?......と親子の会話成立......^^;。が、いまいち乗ってこず、会話成り立たず。次、「虫しぐれ」さらさらっと聞いたら、カネタタキっぽい。子どもにこれかな?、と聞かせると「うん!、それだね」と......\(~o~)/.....あっという間の出来事だったが、ちょっとだけ嬉しかった。

さて、毎度の命名について、こりゃ間違いなく「今度こそ鳴き声が名前のコオロギ」だろうと、確信しつつネットで確認。結果はずばり虫の声 | カネタタキなどを見ると、ピンポンだった。

仙台では珍し目だよな、得したなぁと思っていたら、カネタタキ - Wikipediaを見ると、大都市の街路樹などにいる、極々普通種だった.......^^;。そういえば、先日、Twitterにアオマツムシがたくさん鳴き出したとつぶやいたら、横須賀ではアオマツムシは盛りを過ぎカネタタキになってきたとコメントをもらったのを思い出した。気がつかないだけで仙台でも増えているのかな?、それともまだそれほど増えていないのか?

スポンサーサイト

2011.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数