ウトウのツノは骨化しても残る

シカのホネホネもあったんだっけの......ん?.....クジラの歯もあったの続き

11/11/16 ウトウに頭蓋骨その1

我が家にも,.....というか実家の私の部屋にウトウの骨格標本......というか頭蓋骨があったのを思い出し、先日実家に行った際に持ち帰った。骨の入手は、若かりし頃、北海道のとある無人島に野鳥の調査に行った際に拾ってきたもの。たぶん繁殖地の離島で着陸等に失敗し、お亡くなりになりそのまま風化してもの思われる。ウトウと分かったのは、ずばりクチバシの上の突起。綺麗な骨格標本にするのは漂白するらしいが、面倒だし、そのままでも十分風化しえいるので、そのまま保管しようと思う。

11/11/16 ウトウに頭蓋骨その2

そういえばこのクチバシ、「拾えばよかった川原のホネホネ」でも話題にしたように、皮というか鞘(嘴鞘というらしい)を被っているのだとか。このウトウの黄色っぽいクチバシも鞘被っているのかな?。ツノは繁殖期が終わると取れるらしいのdえ、これも鞘みたいなもんだろうか。

スポンサーサイト

2011.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の生き物等

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数