ん?、黄色っぽい顔のホオジロ類?

本館の続き

本館に雪には雪の日の観察があると書いた、行動もしかりではあるが、実は出逢える種類もしかりだったりする。これまでそれに該当したっぽいのは、ベニマシコ、ミヤマホオジロ、カシラダカなどだったかな。過去記事を探してみたら、以下があった。

ミヤマからホオジロがやって来た....\(^o^)/(2011-12-02)
赤い鳥が来た!、雪さまさま!(2011-02-02)

12/02/01 カシラダカ

さくっと過去記事読んでみたら、雪も関係あるが寒さも関係しそうな感じがする。今朝は冷え込み、本格的な雪、なので「雪には雪の鳥」に出逢えるかと期待をしていると、ウメ林の東側の針葉樹で黄色っぽい顔のホオジロ類ががいた。ん!、もしたミヤマホオジロじゃないの!.......\(^o^)/......まずは撮影し、その後写真判定だな、と撮影を試みるがなかなかチャンス来ず。こりゃ撮影より前に、ビノキュで確認が先だな、MFでは久しぶりのビノキュを出し確認。黄色っぽい顔のホオジロ類は.......ミヤマではなくカシラダカだった。それも5羽、地面に降りて採餌していた。当地ではカシラダカは越冬しない、稀に通過する個体を観察できるだけ、なので今朝のも通過中の群れなんだろうなぁ。とは言え、「雪には雪の鳥」をゲット!。

12/02/01 アオジ

カシラダカを観察・撮影していると、アオジもすぐ近くにいた。アオジは昨日も撮ったが、せっかくだから今朝も撮らせていただいた.......(*^_^*)

スポンサーサイト

2012.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数