渡りノスリかな?

本館の続き

今朝も降雪があったが、着々と春に近づいているはず。なのに、マイフィールドでは鳥達の囀りはまふぁ聞かれず。毎度の昼休みの散策、ウグイスのチャ、チャという地鳴きが聞こえたので、もしや対抗心を燃やすのでは?、と口笛で遠慮がちに「ホーホケ」やってみた、人影がなかったので.......^^;。残念ながらウグイスの対抗心は聞かれず、代わりにツグミに「ケケ」と、笑われたような気がした.........(*^_^*)

12/03/13 ノスリ

そろそろタイムリミットだなぁ、でもアオジにぐぜりでもいいから聞けないかな?、南東のアオジのポイントへ向かうと上空を帆翔するシルエットを発見!。トビよりは小さい、先日稀な小さな猛禽類が止まったに書いたチョウゲンボウよりは大きい。ということはオオタカかノスリか?、色合いはクリーム色っぽい。お!、ということはノスリ.......\(^o^)/。この時期、川原や田んぼに行くとノスリは普通にいるが、都市公園の当地では稀。公園上空を通過したってことは、ノスリの渡りが始まったってことかな?、いや、タカの渡りはもっと遅いはず、念のため「Hawk Migration Network of Japan」を参照すると、青森龍飛崎の昨季の3月にたくさん記録あり。ということは、渡りのノスリだった可能性もありか。

スポンサーサイト

2012.03.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数