今季の仙台のアオマツムシは平年並かな

先日、年を重ねるとスイッチョンも聞こえなくなるの?、アオマツムシも?という記事を書いた。その中にもしやアオマツムシ、聞こえなくなっちゃってるのかなぁ?、とも書いたが......昨日の夕方、自宅近くの公園で今季も聞くことができた.......\(^o^)/.......外来種だけに喜ぶべきか迷ったものの、老化で聞こえなくなっていないことにほっとして嬉しいかも.......(#^.^#)。

それでもって、初聞きってことは、毎度の過去に情報と見比べねば、ということで昨年の記事から拾ってみた。

アオマツムシがやっと鳴いた>仙台(2011.09.13)
・アオマツムシ、仙台市北部では絶滅危惧種かも(2009.09.29)
・仙台駅前でアオマツムシ(2008.09.17)
・秋の虫は夜更かしで朝寝坊?(2006.09.22)

ずばり、早くもなく遅くもなく平年並みってことかな。

昨日、彼岸の暦通りに初ヒガンバナ)仙台を観察、仙台のアオマツムシもほぼヒガンマツムシって言っていいかもなぁ。

あ!、初物といえば、昨日のヒガンバナもそうだったが、過去の情報と比較するのを忘れた。過去情報を探してみたら、昨年は以下に書いてた。

ヒガンバナ前線はないのか?

それを見る限り、今季は酷残暑にも関わらず、やぱっぱりほぼ平年並みの開花っぽいな。

以前から疑問に思っていたヒガンバナ前線について、以下のような情報があった。

●ヒガンバナの開花日の結果について(いきものみっけ みんなでいきものみっけよう!)

それを見ると、全国お彼岸の頃に一斉に咲くらしい。従って、一般的に秋の花=北から南へという図式は成り立たないらしい。ヒガンバナ前線のようなものはなく、咲く場所にとるっぽい。

スポンサーサイト

2012.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数