東京オリンピック競技予定地葛西スラロームコースについて

大きく国民が2020年の東京オリンピック開催決定を喜んでいると思う、マスメディアはあっちもこっちもその話題で持ちきり。

その中で、日本野鳥の会 カヌー会場見直し求め声明というニュースも目にする。以前からその話題は、Twitterで流れていて既知ではあったが、詳しい情報は知らなかった。開催決定というのあり、以下に情報を集めてみた。

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会
 言わずとしれた誘致委員会のサイト。もちろん誘致したわけだから、招致プラン情報もある。その中の競技会場プランに「カヌー(スラローム)の会場となる葛西スラロームコース」情報あり。が、それ以上の詳しい情報はない。

野鳥の会は、なんと意見しているのか?、が、以下のURL

環境保全と両立するオリンピックの開催を求めて

葛西スラロームコースの予定地そもそもを反対しているわけではなくて、見出し通り環境保全と両立を求めている。都側は、詳しい情報公開を拒んでいるとも書かれている。う~ん、これじゃ話にならないのでは?

次にその場所ってどんなとこなの?、実は行ったことないので未知、以下がそのURL。

葛西臨海公園
 ずばり遊園地みたい.....^^;.....が、園内マップを見ると、バードウォッチングという文字がある、ここのことね。ここに影響がないうように作ればいいのでは?、と思うが、そもそも詳しい情報がないのでは判断できない。

詳しい情報、他にないの?.......ネットで検索してみたら、以下があった。

2020年オリンピック東京招致・カヌースラローム競技場建設に意義あり!(WE LOVE 葛西臨海公園)
 これを読むまで、単なるカヌー競技をする大きな池を作るだけなら、場所さえ調整すればと思っていたが、大違いだった。カヌースラローム競技場は急流を人工的につくる施設であり、なんと1秒間に13立方メートルもの水を流すとか。これでは間違いなく、海に棲む生物、海に依存する生物への影響は避けられないと思う。2020オリンピック東京招致の問題点には、更に詳しい情報が掲載されている。

開催が決まったのだから、堂々と情報公開をし、環境保全と両立するオリンピックの開催をして欲しいと思う。

スポンサーサイト

2013.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数