レンズだけカメラ「DSC-QX10」で撮り鳥

この春、携帯をスマホにした際、どうせならカメラの望遠レンズ機能がついているのが欲しかった。が、どの機種にもそんな機能はなし。なんでも、この薄さ、大きさではその機能を付けるのは無理ということだったとか。

それから数ヶ月経ったある日、ソニーからスマホに接続して使える望遠レンズもどきが発売されるという情報を目にした。それほど高くないなら是非購入したいな、もちろん使い勝手もあるけれど。発売近くなったら、以下のような情報を見つけたので読んでみた。

レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(後編) (1/3)
レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(前編) (2/3)
レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(後編) (3/3)

なるほど、スマホには接続はしてもしなくてもいいのか、Wi-Fi通信になるのか。発売されてから現物みてからでもいいかな、が、即完売で入荷待ちってのもなんだな。ということで、発売前にカメラのキタムラに行って聞いてみたら、価格はたぶん一番安い、が、ネックは発売当日に入荷せず、注文必須で11月に入らないと入荷しないとのこと。う~ん、欲しくなったら待つのはなぁ、ということでヨドバシカメラに聞いてみたら発売日に入荷あり、それもまだ予約いっぱいではないらしい。価格を聞いたら、やや高めだったがポイントがつくというので即決予約をした........(^o^;;

発売日の翌日の土曜、現品を引き取りに行き、実家へ帰る帰る予定があったのでそのまま実家へ。到着後、開封すると、まずは充電しなきゃいけないってことで充電開始、更にスマホにそれを制御するアプリをインストール。購入した日は、それまでで終了。

次に日、初撮り鳥は電線にいたスズメ、その次は神社の落ち葉を上を歩いていたキジバト、その次はNDスタジアムのモンテ参戦に行った際、遥か遠くのの向こうにいた相手チームのマスコット一平くんを撮って、そろぞれInstagramに貼ってみた。キジバトは、切り張りしてシメシメじゃないな……(^^;にブログの記事として貼った。



その後は、自宅近くの公園でジョウビタキを狙ってみたが、動きが追いつけずデジカメ撮影に変更。(撮りジョビ太........\(^o^)/)。その後、同じくその公園で赤とんぼ(動きが少ない生き物なら)、通勤途上の小河川散策でも赤とんぼ(通勤小河川散策にもジョウビタキ)を撮った。そして、今朝の通勤途上の小河川散策で、対岸の電柱に止まっているアオサギを撮ってみた。貼ったのは、撮ったすぐにInstagramにアップしたのを利活用。今日の本館にも書いた通り、使い勝手は大きめので動きがない鳥であればそこそこに撮れると思う。小鳥でも近くで、動きがない場合もそこそこに撮れるのでがないかと思う。きっと、先日撮り鳥逃がしたジョウビタキ、縄張りがしっかりしてきて、見通しがよいところに止まるようになると撮れるのではないかと思う。

スポンサーサイト

2013.10.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | ネット関連(スマホ含)

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数