コサギを狩った狩人は誰?

本館、「ツグンミンミンになってきたかな」に書いた「散乱していた真っ白な羽毛」について。Instagramに貼った画像を再利用し、以下にまとめてみた。



毎度の朝の通勤小河川MF散策時、スマホのカメラで撮った真っ白な羽と羽毛が散乱した風景。通行人の視線が気になり、コンデジしかり、レンズだけカメラも出せず............(^^;。大きな河川、湖沼、田んぼであれば、シラサギが狩られるというのは有り得ると思うが、こんな小河川であるの?。もしや、白っぽいドバトという可能性もと、疑問符付きだった。



たまたま昼近くに出掛けたので、ほんのちょっとだけ現場を通過し、コンデジで撮ってみた。写真を見る限りでは、やっぱりドバトじゃないよな?。シラサギに見える、コサギがダイサギかな?。ここんとこシラサギはダイサギしか見ないので、きっとダイサギに違いない。



羽毛じゃなく風切も撮った写真を見ると、え!、え!、黄色い足指も写っているじゃん..............(^_^;)。足指は黄色、ってことはダイサギじゃなくてコサギってことになる。

ところで、このコサギを狩った狩人はいったい誰だろうか?。可能性として考えられるのはノネコ、オオタカ等の猛禽類、それから可能性は低いがハシブトガラスかな?。ノネコはここの川原で複数見かける、その可能性大かな?。オオタカは、過去に伊豆沼でシラサギを食べる場面を見たことがある、が、当地ではオオタカは観察したことがない。ハシブトガラスが狩るのは、ムクドリ、ドバトは見たことあるが、それ以上大きなのは見たことがない。ということは、やっぱりノネコと考えるのが一番妥当だろうか?

スポンサーサイト

2013.12.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数