仙台でのキタキチョウの成虫越冬って普通?

本館に書いたコンデジ初撮り鳥は茶色い子たちを観察した後、土手の陰でキタキチョウを観察した。



成虫越冬するチョウはタテハチョウ類だけかと思っていたが、以前の記事冬小鳥が少ない、昆虫が目立つようなに書いたようにキタキチョウも越冬するのは既知。その当時、フィールドガイド日本のチョウでも確認したが、再度図鑑を見てみた。そこで疑問が、冬季のライン上の成虫に「東京近郊」と書いてあることが。わざわざ東京近郊って書いてあるってことは、仙台での越冬記録は少ないのか?。ネットでもいろいろ検索してみたが.............仙台でのキタキチョウの成虫越冬って普通なのか?、稀なのか情報見つからず。我が家にある他のチョウの図鑑でも確認してみたが、キタキチョウの名前すらなかった.........^^;.....キチョウというのはあったけど。

どんどん生息域が北上しているツマグロヒョウモン、アオスジアゲハってのもいるのでキタキチョウも越冬域を広げているとか?.......キタキチョウの越冬域、情報お持ちの方、いらっしゃいましたら教えてくださいませ............m(_^_)m

スポンサーサイト

2014.01.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数