行ってみたよ!、龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”

先日、書いた記事、龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”に行きたい!、えいやっと行ってみた.............(*^_^*)



前日は盛岡泊(先日の生き物ウォッチングは別記事に)、早起きし6時前後に出発、盛岡市内の道路も凍結していたが、そこから北上山地を越える峠筋はさらにつるつるで圧雪の道だった。岩洞湖を通ると、凍った湖面にはたくさんのワカサギ釣りのテントがあった。車の温度計を見ると、氷点下9度だった、こりゃがちがちの凍るよなぁ。



ずばり、岩泉町は遠かった、雪道じゃなきゃそうでもないのかもしれないが。8時半頃、龍仙洞着、周辺はほとんど積雪がなかった。同じ県内でも、こんなにも気候が違うんだね。



あまりにも早く着き過ぎたので、道の駅やコンビニで時間をつぶした。更に、こうもりウォッチングの鍾乳洞ではない。新洞を先に見学した、ずばりいまいちかな.......^^;。11時ちょっと前、龍泉洞でこうもりウォッチングの案内人を待つが、時間になっても人影が現れない。入り口の係り員に聞いてみると、チケット売り場に迎えに行ってくれた。いざ、こうもりウォッチング出発、参加者は私一人だけだった.....^^;。入り口には、恋人の聖地という看板も。



鍾乳洞では早速、コウモリに出逢えるのかと期待をしていたら、鍾乳洞の説明が始まった。どうもメインは鍾乳洞、サブ?、おまけ?でコウモリっぽい。が、途中コキクガシラクモリですという案内あり.........\(^o^)/........遠目だし、先に行くといっぱいいるだろうと撮影せず。一番奥まで行き、戻りのコースに、なんでも蝙蝠穴付近が一番コウモリの密度が高いらしい。

当地で出逢えるコウモリは、コキクガシラ、キクガシラ、ウサギ、テング、モモジロの5種、が、年中見られるのはキクガシラ類の2種だとか。他の3種は、夏は森林に棲み、冬季だけ洞窟に冬眠にやってくるんだとか。蝙蝠穴は、キクガシラ類が夏に出入りする場所らしい。



ようやくぶら下がるキクガシラコウモリ、間近で観察&撮影することができた.......\(^o^)/......もっとうじゃうじゃいるかと思ったら、この1頭だけだった。



別の角度から撮ったキクガシラコウモリ、名前の由来になった鼻の菊模様も見えた。



キクガシラ類は岩にぶら下がるが、ウサギ、テング、モモジロは岩の隙間に入り込んでいるらしい。念入りに探すが発見できず。が、最後の最後にテングかモモジロのどっちかを発見、結局、どっちかわからずだったが、帰宅後、デジカメで撮ったのを拡大するといテングコウモリだった模様。

あっという間の案内で終了、案内人と別れた後、1人戻り再度観察。当初、11時と14時の両方に参加する予定だったが、2度目も同じということなので1回のみとした。



鍾乳洞、コウモリを楽しんだ後は、売店で龍仙洞の水を使った、地ビール、サイダー、珈琲等をお土産に買った。なんでも、岩泉町の一般家庭の水道は、ここ龍仙洞を流れる水を取水しているとか。あ!、わざわざお土産かわなくとも、町内で水を汲めばよかった?......まさかね.....(*^_^*)



昼過ぎの帰路の峠道、朝よりは上がったものの氷点下だった。従って、帰りも路面はつるつる。が、行きよりもややましになったので、ヤドリギにレンジャクでもいないか探すと........いた!、いた!.........ヤドリギのレンジャクってほんとうなのね..........\(^o^)/。コンデジでも撮影、そっちは本館に記事を書いて掲載した。

帰宅後、コウモリに詳しい方から聞いた話だと、観光地でのコウモリウォッチングは難しいらしい。何がというと、コウモリが警戒して移動してしまうことが多いからと。そういえば、案内人の方、先日は岩の隙間で越冬する仲間、間近で観察できたが近づきすぎて移動してしまったような話をされていた。龍泉洞ぶろぐを見ると、ウォッチングを開始したのは昨年度から、ということは今年度は2度め。商業ベースでやっていくのであれば、ウォッチングガイドラインが必要なんだろうなぁ。できたらコウモリにも優しい、そしてウォッチャーも楽しめるイベントとして長続きして欲しい。

もしかしたらコウモリの会にガイドラインあるんじゃ?......覗いてみたらコウモリ観察会実施ガイドラインってにがちゃんとあった.......^^;。

スポンサーサイト

2014.02.04 | | Comments(0) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数