探蛙もしてみた

生き物ウォッチングが好きというブログを開設している通り、なんでも生き物はウォッチングするのが好き、もちろん両生類のカエルも。



昨日、金糸猴鷺見っけ!、亜麻色の君?の後、ツバメの調査もしていると、カッコウの鳴き声が聞こえてきた。声を頼りに河原へ向かうと、途中に通った田んぼにカエルがたくさんいた。姿を探すと、トノサマガエルの仲間、生息分布からは仙台はトウキョウダルマガエルのはず、出身の山形はトノサマガエル。識別ポイントがわからないので、取りあえず撮った。



帰宅後、山渓ハンディ図鑑日本のカエル+サンショウウオ類を開いてみる。緑で黒斑のあるカエル(3種)、トノサマガエル・トウキョウダルマ・ダルマガエルを見る。ダルマガエルは分布上いない、また、背骨上の線がないから違う。トノサマおトウキョウはどこが違うのか?。背中の黒斑が、繋がっているか否かがポイントらしい。前者はトノサマ、後者はトウキョウダルマ。繋がっていないてことで、トウキョウダルマガエルに決定!。これまで何度も見ていたが、ちゃんと識別したのが今回は初めて。今度、山形へ行った時は、トノサマガエルをしっかり識別しようと思う。



本日は、今日は探蛙会......(#^.^#)に書いたように、モリアオガエルを観察。こんな風景じゃないと、見ることないし、出逢ってもわからない.............(^^;



雨で中心になった探鳥会から戻っても、雨止まず。カエルつながりで、近くの田んぼの探蛙に出掛けてみた。確か、緑色のカエルは、アマガエル以外にもシュレーゲルアオガエルってのがいたはず、で、普通にいるらしい。識別ポイントは?、事前に図鑑で確認。鼻先から鼓膜にかけて黒い線があるにがアマガエル、ないのがシュレーゲルらしい。いざ、シュレーゲルを探せ!。見つけた緑色のカエルは1匹だけ、それもアマガエルだった。識別ポイントがわかったから、今後の楽しみだな。



田んぼの普通にいるのは、アマガエルの他にアカガエル。アカガエルは、ニホンアカガエルとヤマアカガエルがいるらしい。識別ポイントは、二ホンは、背お脇腹の境の筋がほぼ直線か否かだとか。アカガエルの仲間はたくさんいたが、全部直線だった。ヤマはそもそも、田んぼにはいないっぽいが、今後の識別に楽しみかな..................(#^.^#)。

スポンサーサイト

2014.06.08 | | Comments(1) | Trackback(0) | その他の生き物等

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-06-10 火 20:17:25 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数