探蝶11連発

本館仙台周辺のカッコウはホトトギスに負けたのでは?の続き、実は今日のメインはこの探蝶だったのだが.........................(#^.^#)

甲虫探し、樹液が出ていないんではいないな、場所を変えて探蝶に行くか。と思ったが、黄色い花が目についたので、もしやチョウがいるのでは?、と花が咲いているところ行ってみた。



飛んでいるのはタテハ類、キタテハかシータテハか観察するとキタテハ、いてもそんな程度かな。と、と、思ったらヒョウモンっぽいのがいる。さっそく図鑑を見ながら、これでもない、これかな?の識別を開始。翅の外縁に黒いnマーク、ということはウラギンヒョウモンかギンボシヒョウモンってことになる。他の識別ポイントも併せると、ウラギンヒョウモンっぽい。



目玉マークの蛇の目系はたくさん、止まったのを撮影、図鑑で確認すると目玉の数等からヒメウラナミジャノメっぽい。



目玉マークの蛇の目系、もう1種類しっかり観察。表には目玉なし、裏には遠慮気味に目玉模様、全体的な色合いからヒカゲチョウっぽい。



三つの筋があるミスジ系もいた、コミスジっぽい。



ちっちゃいシジミ系もいた。尾状突起なし、裏のオレンジっぽいのもなし。以上より、ルリシジミっぽい。



ちっちゃいのは茶色いセセリ系もいた。前翅の濃いラインからヒメキマダラセセリっぽい。

さて、次はどこへ行こうか?、仙台市野草園にしようか?、泉ボタニカルガーデンにしようか?、前者はやや遠いし、後者は未知ということで後者に行くことにした。

最後に泉ボタニカルガーデンの池に、モリアオガエルの卵が3つぐあいあった。係員が、行く人行く人に説明していた。人工ですか?、と聞くと、自然らしい。たぶん、既にオタマジャクシは下の池に落ちた後っぽい。


泉ボタニカルガーデンに着くや否や、ミスジ系が、ほくほく顔で撮影。



が、が、ミスジじゃないぞ?、筋は一つしかない。といことは、イチモンジチョウかアサマイチモンジ。後翅の赤っぽのありで、イチモンジチョウっぽい。

園内に入ると、ありゃ、予想より花が咲いていないじゃん、更に結構ダム沿いは起伏が激しい、更に雨も降ってきた。



あちこち歩き回り、花が咲いているとこへ到着。チョウの姿を探すと、ウラギンヒョウモン、コミスジっぽいのがたくさんいた。その中にクロアゲハ系も、これはクロアゲハでいいかな?、いまいちカラスアゲハと区別できないだよなぁ。

雨も上がって、天気もよくなってきたせいか、人出が増えてきた、そんなわけもあって退散することに。



出口近くにまたまたイチモンジチョウっぽいが、が、が、筋が違いな。散々迷い、粘って観察するとメスグロヒョウモンの♀っぽい。



メスグロヒョウモン♀がいるってことは、♂もいるよね、探して撮ってみた。が、が、帰宅後、図鑑で確認すると、前翅下方の翅脈上の性標が4本あるんでミドリヒョウモンっぽい、メスグロヒョウモンは3本」らしいので。



帰宅後、デジカメの写真を整理していたら、え?、え?、という写真が。裏しか写っていないが、図鑑で確認するとアサマイチモンジっぽい。

アサマイチモンジかと思っていたが、蝶見仲間より「後翅の中室外側の2黒条が並行なのでイチモンジチョウでは」というコメントをもらった。図鑑を見直すと確かにそう、表・裏を見、更に識別ポイントをじっくり見なきゃだね。色合いは、個体差がある種類、いるんだとか。

スポンサーサイト

2014.06.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 蝶(アサギマダラ・他)

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数