エナガって営巣早いのね

先日、本館に書いた珍鳥、ヒゲエナガ見っけ....(#^.^#)の続き。

写真は、アップが日課になっているmagpie_sendai on Instagramから流用。



先日、近くの公園にウグイスの初音を聞きにいった時、エナガの巣材運びを観察した。本館には「もう、エナガは繁殖期突入ってことか。」と書いたが、再度、考えてみるとやっぱりかなり早いよね。



同じ公園内の桜に、平地の冬鳥のウソが滞在中、それも複数羽で。渡る鳥は遅めとだとしても、1年中見られる留鳥のスズメ、ムクドリだってまだだしね。



巣材運びは2羽でやっていたので、雌雄でやるんだね。あ!、もしかして、エナガの巣って、結構立派だからできるまでに時間がかかるってことなのかな?。う~ん、そうえば関西では、GW頃に巣立ちエナガが見られるらしいので、やっぱり営巣が早いのかもね。

子育てが滅法早いと言われているのは渓流の鳥カワガラス。早い理由は、餌になる水生昆虫が豊富になる時期に合わせているらしいが、エナガもそんな事情があるのかな?。

スポンサーサイト

2015.03.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数