仙台のツクツクボウシ初認が年々早くなっているような?



昨日、本館の早くも秋蝉!、樹液の蝶が来た!に書いたように、マイフィールドで今季初のツクツクボウシを観察した。記事にも書いた通り、随分早いなとは思ったが、過去の記録からは以下のようまずまず平年通りだった。

[2015] 7/21 [2011] 7/25 [2010] 7/21 [2009] 7/27
[2008] 7/22 [2007] 8/01 [2006] 8/07 [2005] 8/08
[2004] 7/26 [2003] 8/13 [2002] 8/08 [2001] 8/10

並べてみて、え!、と思ったのは、ばらつきはあるものの年々早くなっているんじゃない?。以前は、8月の入ってからだったのに、ここ最近は7月下旬に鳴き始めている。これっていったい、何を意味するのか?。

話題から外れるが、以前、以下のような記事も書いた。

ツクツクボウシがいない(2008-08-14)

出身の山形では聞いたことがないような気がするという内容。ほんとにいないのかな?、再度ネットで検索してみたら、以下に目が留まった。

ツクツクボウシ(Wikipedia)
 (略)元来北日本では川沿いのシダレヤナギ並木など局地的にしか分布していなかった。しかし近年、盛岡や仙台においてこのセミが増えつつある(略)

あ!、生まれ育った山形で聞いたことがないのは気のせいじゃなくて、分布していないってことらしい。

更に仙台ではアブラゼミが減ってツクツクボウシが増えているという記述も、原因は温暖化も原因の1つではと。ん!、もしかして年々初認が早くなっているのも、この温暖化に関係しているのか?。

貼ったのは、今朝の通勤都市公園散策で撮った今季初のツクツクボウシ。

スポンサーサイト

2015.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数