温暖化でツクツクボウシが北上か?

昨日、仙台のツクツクボウシ初認が年々早くなっているような?という記事を書いた。それに「(略)元来北日本では川沿いのシダレヤナギ並木など局地的にしか分布していなかった。しかし近年、盛岡や仙台においてこのセミが増えつつある(略)」と書いた。その話題をTwitterでも、若干触れたら..............以下のようなコメントをいただいた。

・盛岡では普通に見られる
・北海道もいるす。札幌は少ないが、函館あたりでは普通種

え!、え!、昨日書いたのは誤情報なのか?、古いのか?。再度、情報を検索すると環境省 生物多様性センターに以下の情報があるのを見つけた。

身近な生きもの調査
 ツクツクボウシ分布と生態
 調査結果を見ると、東北地方では山形、青森には記録なし、北海道もなし。が、が、北海道にもいるが、数が極めて少ないため調査結果が集まらなかったのではと書かれている。

あ!、調査結果は古いのか?、いつのか?、確認すると1995年の調査らしい。それから約20年、昨日の記事に書いたように、温暖化でどんどん生息域を北上している可能性ありかもね。

スポンサーサイト

2015.07.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | むし

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数