仙台市地下鉄東西線は、ずばり地下を走るモノレール



昨日は、先週(2015/12/6)開業、仙台市地下鉄東西線の全路線に載ってみた。まずは在住の泉中央から南北線で仙台駅へ、仙台駅で東西線に乗り換え。ずばり。2路線しかないのに、わかり辛いのなんのて、更に乗り換えに時間がかかるなぁというのが感想。南北線から東西線に乗り換え、1駅なら乗らないで地上を歩いたほうが、ストレスないし早いのではと感じた.....................(#^.^#)。



さて電車、噂によるとかなり小さい、背の高い外国人は天井に頭がつかえるのでがとも。実際は確かにこじんまりしている、が、それほどでもない。フル規格?の南北線と、差引なしで比較するからそう感じるのではと。以下ようなニュース記事もあったので、それを加味して乗る必要があるのかもね。

-----
八木山動物公園駅は全国の地下鉄駅で最も高い場所にあり、急勾配を登るために駆動方式はリニアモーターを採用した。建設費削減のため、車両の大きさは南北線よりも4割小さくした
-----

車両が小さい分、立つエリアも少ない、網棚も席に上にまんべんなくではなく、ところどころにしかない。前述したような理由だから、致し方ないんだろうと思う。入口に立ち止まらず中に、リュックサック等は抱えてとマナーよくすればなんだが、なかなかねぇ......................(^^ゞ。貼ったのは、終点で乗客がおりた車内。



車内の電光掲示板は四か国語表示、どの車両に乗っているか、所要時間もあり、こりゃなかなかよい!。



車内の電光掲示板は、更にホームの出入口の表示、これもなかなかよい。南北線にもあったらいいのにだが、機能追加ってはなかなか難しいんだろうなぁ。



東に始発荒井駅北口には、藁で作られたマンモスの親子とトリケラトフスのオブジェがあった。なかなか出来栄え、一見の価値あり!、が、駅にも案内がなかったのはもったいなぁようなぁ。



卸町駅にも藁で作られたオロッシー あり、が、荒井同様、駅の案内ないし、更に遠いから誰もいなかった、もったいないよなぁ。



最後に西の始発、八木山動物園公園駅のエントランスのシジュウカラガンのオブジェ、これも案内なし。本館の昨日に記事、雁は四十なんだって...シジュウカラガン(笑)にも書いたように、情報を聞かないと気がつかなかった。

以上、仙台市地下鉄東西線開業記念の一日乗車券で全線制覇し、八木山動物園のも入園。帰宅後、一日乗車券だと、入園料の割引があるのを知った。下調べが不十分だった私の非だが、PR不足じゃないか?、動物園にチケット売り場でも一言あってもいいのでは?、と思うけどね................(^^ゞ。

市交通局のサイトで、情報探してみたが、どこに載っているのか見つからず............(T_T).......ググってみたら、以下にあった。

交通局ホーム > 運賃・定期券・乗車券 > お得な乗車券 > 市バス・地下鉄1日乗車券

スポンサーサイト

2015.12.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数