時代と共に変わる都市鳥



極々普通の公園で見かけるヒヨドリ、40か50年くらい前は都内での繁殖はしておらず冬鳥だったらしい。もしや在住の仙台、出身の山形でもそうあったのかな?。残念ながら、その頃の情報は未知なのでわからず。

そんじゃそこいらに極々普通のハクセキレイも、同じく山形ではその頃は冬鳥だったと鳥見の先輩から聞いたことがある。

記憶にないし、昔は?って聞いたこともないが、もしかすると街中で普通に見かける、ゴミ漁りで問題になっているハシブトガラスもそうだったのかな?



私が都市鳥になったのでは?、と実感が持てるのはハシボソガラス。通勤途上の都市公園散策で、以前はほとんどいなかったのにここ最近よく見かけるようになった。貼ったのは、そもそも生息している郊外の写真だが。

コゲラ、イソヒヨドリもしかり、時代と共に変わるだね都市鳥って。

スポンサーサイト

2016.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数