コクマルガラスも増えつつあるのか?

本日は、本館名付けてニジュウマルガラス......(#^.^#)に書いたように、若林区の海沿いの田んぼに旅烏を見に行ってみた。



一時期より、田んぼ全般にいたミヤマガラス、いるエリアが狭くなったような気がするが、これは東日本大震災で津波の大きな被害があった田んぼの圃場整備中だからなのかも。いるとこには、こんなにうじゃうじゃいた。その昔は、そのうじゃうじゃのミヤマガラスの中に僅かにコクマルガラスがいたが、ここんとこ結構な割合で混じっている。この写真も、実は左上の写っている。



群れの中を探すと、こんな場面もあちことに。

ここ以外でも、
何故、毎季、ほぼ同じとこに来るの?(2016.01.11)
に書いたように、今季は県南部にも複数いた。

もしかして、年々コクマルガラスも増えつつあるのか?

スポンサーサイト

2016.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数