今回は爆睡コウモリだった

先日、リトライするかなこうもりウォッチング(2016.02.18)に書いたウォッチング、弾丸こうもりウォッチングツアー(2016-03-13)で行ってみた。そこにも書いたが、ここにも追加情報を書いておこうと思う。

行ってみたよ!、龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”(2014.02.04)に引き続き2度目で2年ぶり。



カーナビ通りに走ったら、運よく盛岡市内の探鳥地、高松の池の脇を通ったので車を止めてちょっちとだけ散策してみた。単なる池だけかと思ったら、奥に芦原っぽいのもありなかなかよさそうなところのよう。雪化粧の岩手山が綺麗に見えた、ハクチョウと一緒だとなかなかよい。



盛岡の街中からは、毎度、峠越えで岩洞湖の脇を通った。3月も中旬、もう氷上でワカサギ釣りの方々はいないと思ったら、まだまだたくさんいた。車の車外の温度計は「-10度」、この時期でもこんなにも寒いところなのね。幸い、道路は乾いていて前回のように、車のお尻フリフリは皆無だった。



入洞券売り場&売店の前には、大きな大きなウサギコウモリの木彫り、是非、是非、実物に逢いたいな。



ツアーまでの待ち時間、売店に入ってみたら.......................ここにもウサギコウモリのお土産がたくさん。買おうかな?、いや、出逢えたらにするか。

さてこうもりウォッチング、私以外にもいるかと思ったら............私1人.........(^^;.......やっぱりそんなもんか......(#^.^#)。が、たまたま、開催時間に入館するお客さんが5人が、ちょっとだけ興味を持ったらしく参加した。



ガイドさんの話だと、キクガシラコウモリとテングコウモリがかなり至近距離で観察できるらしい。ずばり、キクガシラコウモリは府k複数個体、それも爆睡しているしく、全然動かず。かなり、かなり、至近距離で観察できた。が、が、翼をしっかり閉じてるのでなかなか顔が見えない。あちこちの個体を観察すると、ようやく顔が若干見えるのもいた.................\(^o^)/。



テングコウモリもキクガシラコウモリ同様、個体数は少ないものの、かなり、至近距離で観察できた。前回は、遠くに1頭だけだったので、これはかなり嬉しかった。約5時間弱かけて来た甲斐があった....................\(^o^)/。

残念ながら期待のウサギコウモリには出逢えず、前回いたコキクガシラキウモリもいなかったような..........モモジロも残念賞。またのお楽しみが残ったということかな........................(#^.^#)。

ということで、ウサギコウモリのお土産は今回は買わず。帰路も、岩洞湖脇を通ったが、昼過ぎでも温度は2度前後だった。次回来るときも、3月になってかあがいいかもなぁ。

スポンサーサイト

2016.03.21 | | Comments(0) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数