早めのキビタキは無口、遅めは歌う

通勤途上に散策している都市公園では、春と秋の渡りの時期、キビタキが定期的に観察できる。

秋はさておき、春は囀りも聞かれる。へぇ~、渡りの途中でも囀るんだと思っていたが、観察記録を積み重ねたら、早めのキビタキは無口?、遅めは歌うということに気が付いた。



今季の初認は「04/21(V♂1)」、初めて囀りを聞いたのは今日(05/13)、写真はその個体。

参考まで歳時記から、同様の情報を拾ってみた。

[2012] 05/01(初認) 05/07(初囀り)
[2011] 05/02(初認) 05/17(初囀り)
[2010] 05/07(初認) 05/17(初囀り)
[2009] 04/23(初認) 05/11(初囀り)
[2008] 04/30(初認) 05/02(初囀り)
[2007] 05/01(初認) 05/08(初囀り)
[2006] 05/01(初認) なし(初囀り)
[2005] 04/22(初認) なし(初囀り)
[2004] 04/22(初認) 05/12(初囀り)
[2003] 05/01(初認) 05/22(初囀り)

2002年以前は記録が曖昧なので省いたが、上記からは、ずばり「早めのキビタキは無口、遅めは歌う」だった。渡りが早めの個体は繁殖地に着いてから囀るが、遅めの個体は繁殖地に着く前に囀りたくなっちゃうのかな。他の鳥でも、同じような種類がいるのかもしれないが、ムシクイ類は囀らないと識別できないし、それ以外は数がそもそも少ないからわからず。

スポンサーサイト

2016.05.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 野鳥

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

アクセス数